小松菜を使った副菜レシピ24選!《和風・洋風・中華風》を味わう人気料理をご紹介

小松菜の簡単な副菜の人気料理☆小松菜は鉄分や葉酸、ミネラルやカルシウムが豊富に含まれている食材です。そんな小松菜を使った人気の副菜を作り、毎日の献立に役立ててみてはいかがでしょうか。冬が旬ですが年中手に入るものなので手軽に使える食材ですよ!

公開日:
著者:
小松菜を使った副菜レシピ24選!《和風・洋風・中華風》を味わう人気料理をご紹介

小松菜の簡単な副菜の人気料理☆

小松菜は鉄分や葉酸、ミネラルやカルシウムが豊富に含まれている食材です。またカロテンやビタミンCはほうれん草と同じくらいの成分が含まれているため、とても栄養価が高い食材だということがわかります。

そんな小松菜を使った人気の副菜を作り、毎日の献立に役立ててみてはいかがでしょうか。小松菜は冬が旬ですが年中手に入るものなので手軽に使える食材ですよ!

小松菜の簡単な副菜の人気料理《和風》

簡単な副菜に!小松菜とツナの卵炒め


このレシピは卵と一緒に炒め合わせるため、小松菜を少し細く切ってバランスをとっていく料理です。さらに人気のツナを加えることで旨味がアップし絶品の副菜となります。

メインのおかずが少し手が混んでいて大変だと言う時はこのような簡単にできるレシピがあると助かりますよね。ささっとフライパンで炒めてシンプルに食べられる料理です。

詳しいレシピはこちら

 

 

美味しい和風の副菜に!小松菜の煮浸し


この料理は小松菜と油揚げを一緒に煮込んでいく作り方で優しい味わいのする副菜です。さっぱりとしていくらでも食べられるので濃いめのおかずによく合いますよ。

小松菜がトロッと煮込まれているためその分かさが減ります。小松菜を大量に消費したい時にも活用できる副菜になるでしょう。また油揚げを入れることで食べ応えも出て旨味もアップしますよ。

詳しいレシピはこちら

 

おすすめの副菜!小松菜と厚揚げのみぞれ煮


厚揚げをたっぷりと使用することで食べ応えもある副菜となり、献立も豊かになるでしょう。このレシピは大根おろしを一緒に煮込んでいるため大根の甘みが感じられる優しい味わいとなります。

小松菜はお好みの硬さで煮込んでもよいですが、しっかりと煮込むことで食べやすくなりますよ。冷蔵庫の常備菜として活用できる副菜なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

詳しいレシピはこちら

 

副菜におすすめ!鶏肉と小松菜の卵炒め


このレシピは鶏胸肉もほんの少し入ったおかず感のある人気の副菜です。鶏胸肉を小麦粉で少しまぶしてから焼き、調味料と合わせることで少ない調味料でもしっかりと味がつきます。

小松菜はシャキシャキ感が少し残るように炒めていき、あとは卵をふんわりと一緒に混ぜ合わせて完成です。タンパク質も摂れるこの副菜は献立に重宝するレシピとなるでしょう。

詳しいレシピはこちら

 

簡単な副菜料理に!小松菜のかつおじゃこ和え

小松菜の簡単な副菜の人気料理《和風》5

gucci_fuufu

お漬物のような感じで食べられるこの副菜は、じゃことかつお節をたっぷりと小松菜に合わせたレシピです。

あっさりとしているので少し濃いめの味付けのおかずにもよく合いますよ。箸休めとしてこの副菜があればちょうど良い組み合わせになるでしょう。

小松菜は歯ごたえが少し残るくらいにしていき、シャキシャキ感を楽しんでくださいね。

詳しいレシピはこちら


 

副菜にぜひ!小松菜のしいたけのさっと炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《和風》6

ai.ouchigohan

和風仕立てのこのレシピは献立が和ティストだと言う時にちょうど合う副菜となるでしょう。

しいたけも入っている分、しいたけのエキスが小松菜にも移り絶品の美味しさとなりますよ。

フライパンで軽く炒めていくだけですぐに完成する料理なのでずぼらさんでも簡単に作れます。

お弁当の隙間おかずとしても重宝するかもしれませんね。またキノコはしいたけの他にもエリンギやえのきを使っても美味しく食べられます。


 

副菜のレシピ!小松菜と明太子の自家製ふりかけ

小松菜の簡単な副菜の人気料理《和風》7

yukirichi119

ふりかけとしても使えるこの料理は明太子をたっぷりと使用した副菜となります。

明太子はみんなにも人気がある食材なので、たくさん購入した時は副菜用に作ってみてはいかがでしょうか。

特にご飯の上にふりかけるととても美味しい味わいとなり、白ご飯が足りなくなるかもしれませんね。

小松菜を1袋分使っても足りないくらい絶品の副菜となるでしょう。

詳しいレシピはこちら


 

上品な副菜料理に!小松菜と揚げの煮浸し

小松菜の簡単な副菜の人気料理《和風》8

hana.tana

小松菜と油揚げを使ったこの和風レシピはとても優しい味がして、どのような献立にも合わせられる副菜となります。

簡単にできる煮物なのでぜひささっと作ってみてはいかがでしょうか。

小松菜はあまり煮すぎないようにするのがポイントで、少し茎の部分はシャキシャキ感が残る程度に煮込んでいきましょう。

また小松菜のほかに水菜を代用しても美味しく食べられますよ。


 

話題の副菜に!小松菜のワサビ風味お浸し


少しわさびの風味がツンと聞いたこのレシピは、食べるごとにくせになる人気の味わいとなります。味のベースは白だしとなっていて、さっぱりしているのにしっかりとしたテイストが感じられます。

そのため中華風の料理にも会い、それぞれの美味しさを引き出してくれるでしょう。この小松菜料理は2袋分使ってもあっという間に消費してしまうので、常に常備菜として冷蔵庫に置いておきたいくらいです。

詳しいレシピはこちら

 

副菜の簡単レシピ!小松菜と高野豆腐の含め煮


高野豆腐は、一度購入すると使いきれずに収納庫にあまりがちな食材ですよね。そんな高野豆腐は小松菜と一緒に合わせておいしい副菜にするのがおすすめです。

高野豆腐は栄養価も高くおいしい旨味を吸収するので、ひと口食べると煮汁がジュワっと口の中で広がり幸せな気持ちになりますよ。ほんのりと甘みを感じられるこの含め煮はいろいろな料理にも合わせやすい副菜といえます。

詳しいレシピはこちら

 

おすすめの副菜に!小松菜じゃこのおかか和え


和風のサラダのようなこのレシピは小松菜とじゃこを合わせた旨味のある和え物です。小松菜はお湯で茹でずにレンジで加熱することで余分な栄養が逃げないため、おすすめの調理法です。

さらに時短にもつながるので簡単に副菜を作りたいときはこのレシピを使用してみてはいかがでしょうか。じゃこの塩気とおかかの旨味が合わさり、思わずスプーンですくって食べたくなるほどの美味しさです。

詳しいレシピはこちら

 

小松菜入りの副菜!もやしとパプリカの和風炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《和風》12

ai.ouchigohan

この和風テイストのレシピはパプリカやもやしなどの野菜がたくさん入った栄養満点な人気の副菜です。

それぞれの野菜の食感を活かしていき、簡単に炒めていくだけなのですぐに作れる料理となっています。

ハンバーグのような煮込みのこってり料理によく合い、箸休めとして重宝するでしょう。

仕上げにすりごまなどをたっぷりとかけてさらに栄養価を高めてみてください。


 

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》

洋風の副菜に!小松菜のペペロンチーノ

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》

ryoya.saya.h_h

お弁当の隙間に入れる副菜としても活用できるこの小松菜ペペロンチーノは、簡単にできるレシピとしてぜひ覚えておきたいものです。

ニンニクと唐辛子をフライパンで炒めていき香りを出すのがポイントです。

それさえできれば後は完成したものと同じなので、小松菜と塩などで味付けをすれば完成します。

献立の副菜としても美味しいのでたくさん作って食卓に並べていきたいものですね。


 

 

人気の副菜に!小松菜とハムのうまマヨ炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》2

ai.ouchigohan

ハムが入ったこの洋風料理の副菜ですが、実は味付けに昆布茶をほんの少し入れていて和風の味付けにしています。

優しい味わいの料理ですがやはりハムが良いアクセントとなっており旨味も十分感じられますよ。

小松菜や人参もささっと炒めるだけですが、にんじんの火の通りが遅いため時間差で先に炒めるのがおすすめです。

さらに人気のマヨネーズもプラスしているのでコクが感じられる副菜になっています。


 

副菜に!小松菜とじゃがいものバター醤油炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》3

ai.ouchigohan

ジャガイモとベーコン、そして椎茸がたっぷりと入ったこの洋風のレシピは、バターと醤油で炒めている人気の副菜です。

簡単にささっと作れるものなので献立を考えるときに加えてみてはいかがでしょうか。

バターと醤油は定番人気の調味料なので、子供ももりもりと食べてくれるでしょう。

また仕上げに胡椒をたっぷりとかけておつまみ風にしても良いですね。


 

人気の洋風副菜に!小松菜の塩バター炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》4

ai.ouchigohan

この料理はコーンとベーコンをたっぷりと使用した副菜です。

一見塩辛いように思えますが、コーンが入っている分甘みが感じられて良い調和が取れています。

厚切りのベーコンをたっぷりと入れて旨味を小松菜やコーンに移していきましょう。

この副菜は朝食にも使えるお手軽なレシピなので、ぜひ積極的に使ってみたいものです。バターの量はお好みで調整してみてくださいね。


 

簡単な副菜のレシピに!小松菜のナムル


今日の晩御飯がお肉系の重たい献立だと言う時は、このようなあっさりしたナムルの副菜が良いかもしれませんね。ごま油の香りがよく効いているので食欲も増え、お肉ももりもりと一緒に食べられます。

ナムルの料理はたくさんありますが、小松菜にすることで栄養価も高まり全体的にバランスの取れた献立になるでしょう。小松菜の根っこの部分も栄養が高いので使用するようにしてくださいね。

詳しいレシピはこちら

 

小松菜そぼろ


小松菜と鶏ひき肉と調味料を一緒に炒めてから蒸し焼きにすることで、全体的に味がうまく回るようになります。料理のベースとなるのは中華スープの素なので少し濃いめの味付けとなっていますよ。

さらに人気のあんかけ風に仕上げていけば体も温まることでしょう。上から少し生姜を添えるとさらに体がポカポカになりますよ。少しボリュームのある副菜が欲しいと言う時はこの料理がぴったりです。

詳しいレシピはこちら

 

付け合わせの副菜に!小松菜とささみのゴマ和え


鶏肉のささみはゆでるのではなくレンジで加熱する調理法なので、簡単にできるレシピとなります。それぞれの食材の調理法は違いますが、同時進行で行っていけばそれほど時間もかかりません。

最後は全ての食材と調味料を合わせて完成します。野菜ももりもりと食べられる副菜なので、お肉や魚がメインの献立にぜひ付け合わせてみてはいかがでしょうか。

詳しいレシピはこちら

 

人気の副菜料理に!小松菜の簡単炒め


中華料理で言う空芯菜のようなこの小松菜炒めは、とても手早くできる調理法です。慣れてくれば5分ですぐ完成させられるので、メインのおかずが少し時間のかかるような料理であればちょうど良いかもしれませんね。

ニンニクの風味と少しピリ辛な唐辛子が感じられて、さらに程良い塩気もあります。一度お箸をつけてしまうと、そのまま永遠に食べてしまいそうなくらいクセになる副菜です。

詳しいレシピはこちら

 

美味しい副菜に!小松菜とちくわの甘辛炒め


この美味しい料理はちくわをごま油で焼き色がつくまで炒めてから小松菜を投入し、甘辛く炒めていくレシピとなっています。ごま油が入ることで和風とは違ったテイストとなり、食欲も湧いてくるでしょう。

またちくわはいつもおうちに余ってしまう食材なので、小松菜と合わせて炒めてみてはいかがでしょうか。小松菜の切り方はお好みでも良いですが、食べやすいように少し細く切ると良いかもしれませんね。

詳しいレシピはこちら

 

人気の副菜に!小松菜のじゃこたま炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》10

gucci_fuufu

この中華風の副菜は、椎茸や玉ねぎ、じゃこが入った栄養バランスの良い料理です。

味付けはオイスターソースを使用しているのでしっかりとしたテイストとなっていますよ。

炒め物のレシピはそれほど難しくないので献立に重宝するものとなるでしょう。

さらにふんわりした卵が加わっているため食感の良いアクセントとなりますね。じゃこの旨味も良い仕事をしてくれています。

詳しいレシピはこちら


 

おすすめの副菜に!小松菜の黒ごま塩ナムル

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》11

ai.ouchigohan

この料理はとても簡単に作れて、おかずの箸休めになるため常備菜としてストックしておくと何かと便利です。

今は黒ゴマより白ゴマを使うことが多くなったので、たまにはこのような黒ゴマをたっぷりと使用した副菜を作ってみても良いですね。

黒ゴマでまた違う香ばしさが感じられて絶品となりますよ。小松菜の芯の部分はあえてシャキシャキ感を残すように作るとお漬物風な食感となります。


 

副菜に!もやしと桜えびのガツンと中華炒め

小松菜の簡単な副菜の人気料理《洋風・中華》12

ai.ouchigohan

このレシピは鶏がらスープやオイスターソース、にんにくを豪快に食材と炒める副菜となります。

本格的な中華料理のような味わいが食べられ、野菜も豊富に摂取できるため副菜に活用してみてはいかがでしょうか。

毎日の献立の中で野菜が足りないと言う時にこのレシピを作って補っていきましょう。

濃いめの味付けなので、魚料理や鶏料理などあっさりしたものと合わせると良いかもしれませんね。

詳しいレシピはこちら


 

小松菜の簡単な副菜の人気料理☆まとめ

これまでたくさんのレシピを紹介してきましたがお気に入りのものは見つかりましたでしょうか?どれも美味しく食べられ、栄養バランスも取れている副菜ばかりなのでぜひいろいろな献立に合わせてみてください。

小松菜は栄養がたくさん含まれている食材で、積極的に摂取していきましょう。和風から中華までいろいろなシーンに合わせて組み合わせてみてくださいね!

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告