取引先の男性を好きになった…恋愛に発展させる方法&注意点を徹底解説!

会社で働いていると、素敵な男性との出会いも多くなるもの。とくに相手が取引先会社の男性だった場合は、どのように恋愛を発展させていけばいいのか悩むでしょう。今回は、取引先会社の男性に恋愛感情を抱いてしまった女性必見の『取引先の男性との恋愛の進め方』をご紹介します。

公開日:
著者:
取引先の男性を好きになった…恋愛に発展させる方法&注意点を徹底解説!

取引先の男性と恋愛関係になる方法が知りたい

会社で働いていると、素敵な男性との出会いも多くなるもの。素敵だなぁと思う男性はいっぱいいても、恋愛感情まで発展する確率は少ないですよね。とくに相手が取引先会社の男性だった場合は、どのように恋愛を発展させていけばいいのか悩むでしょう。

営業先や取引先会社の男性だと、毎日顔を合わせられる訳ではありませんし、接点も掴みづらもの。今回は、取引先会社の男性に恋愛感情を抱いてしまった女性必見の『取引先の男性との恋愛の進め方』をご紹介します。

縁があって出会えたのですから、恋愛のチャンスを逃さずに素敵な恋へと発展させていきましょう。

取引先の男性が恋愛対象になったきっかけ

取引先の男性が恋愛対象になったきっかけ

取引先会社の男性を好きになったとき、一体どんなきっかけがあるのでしょうか。毎日顔を合わせる相手ではないからこそ、たまに職場で顔を合わせたときに、些細なことでキュンとしてしまうのかも。

ここでは、取引先会社の男性に恋愛感情を抱いた経験のある女性たちに共通する『恋愛対象として意識したきっかけ』を4つ解説します。自分と同じような恋の始まりはあるか、チェックしてみましょう。

 

 

仕事に対する姿勢に惚れた

取引先会社の男性が恋愛対象になったきっかけは、仕事に対する姿勢に惚れた、というもの。例えば、打ち合わせをしているときの真摯な対応にグッときた、だとか、仕事に責任感を持って取り組んでいる、または、説得力のあるプランニングに惚れた、など。

取引先会社に勤める彼だからこそ、女性をキュンとさせるポイントがあるのです。仕事に真面目に一生懸命取り組んでいる男性は素敵にかっこよく見えるもの。

取引先会社の相手だからこそ、恋に落ちるきっかけが多くあるのではないでしょうか。

 

外見が好みだった

取引先会社の男性が恋愛対象になったきっかけは、外見が好みだった、ということ。例えば、取引先会社に新しく就任した男性が、営業先に挨拶に来るのはよくあること。

そのときに、営業先に挨拶をする彼の初々しい姿のドキッとする女性も少なくありません。とくに、自身の職場に恋愛対象となる男性がいない場合は、自分の職場にはいない素敵な彼の姿は、特別かっこよく見えるはず。

外見が好みだと、恋愛感情に発展しやすいのです。

 

爽やかな笑顔にキュンとした

取引先会社の男性が恋愛対象になったきっかけは、爽やかな笑顔にキュンとした、というもの。取引先会社の男性という存在は、女性に『特別感』を感じさせやすいです。

取引先会社の人物なので、気を使わないといけない、という気持ちや職場にきたらもてなさなければいけないという緊張感を感じる心理から、ドキドキを錯覚しやすいのです。

潜在意識の中で緊張感を感じる相手がふとしたときに爽やかな笑顔を見せたとき、一気に恋愛スイッチが入ってしまう女性も少なくありません。

 

営業先への気遣いが素敵

取引先会社の男性が恋愛対象になったきっかけは、営業先への気遣いが素敵だということ。例えば、営業先であるあなたの職場に来るときには必ずお菓子や飲み物などの手土産を持ってきてくれる。

取引先会社とはいっても、毎回必ず手土産を持参する人は少ないもの。とくに自腹で差し入れをしてくれるなど、大きな気遣いができる男性は、『大人の余裕』や『きちんと感』が感じられるので、とても素敵に見えるでしょう。

営業先への気遣いが素敵だと、取引先会社の男性に恋心を抱く女性は多いのです。

 

取引先の男性への恋愛アプローチ

取引先の男性への恋愛アプローチ

取引先会社の男性を好きになったとき、一体どうアプローチしていけいいのか迷うもの。同じ職場の男性陣のように、毎日顔を合わせられる訳でもないし、たまに会えたとしても、恋愛アプローチができるほどチャンスが巡ってくるものでもありませんよね。

だからこそ、ちょっとしたチャンスでも上手にキャッチする必要があるのです。小さなことの積み重ねで恋愛は発展していくもの。取引先会社の男性への効果的なアプローチで、恋のチャンスを掴み取りましょう。

 

会社の窓口担当になる

取引先会社の男性への恋愛アプローチは、会社の窓口担当になること。仕事で必要なやりとりをするときには、必ず自分が窓口となれるように態勢を整えておくといいですね。

例えば、自分から『取引先会社との窓口になります』と立候補しておくといいでしょう。会社の窓口になれば、取引先会社との電話連絡や営業先訪問のときの受け付けをすることができます。

さらに発展していけば、打ち合わせの席にも顔を出すことができるかもしれません。

 

社会人としてのマナーでアピール

取引先会社の男性への恋愛アプローチは、社会人としてのマナーをアピールすることです。社会人としてのマナーの基礎といえば、『挨拶』ですよね。取引先会社の男性が営業先訪に訪れた際は、恥ずかしがらずに自分から挨拶をしてみましょう。

取引先の男性といえども恋愛感情を抱いている男性に自分から声をかけるのは抵抗がある…という女性もいるでしょう。だからこそ『社会人としてのマナー』を活用するのです。

社会人としてのマナーだから、と言えば、過度に愛想よくしても違和感はありません。軽い世間話を振っても笑顔を振り向いても『愛想のいい女性』だと認識してもらえるのです。

 

連絡先を聞く

取引先会社の男性への恋愛アプローチは、連絡先を聞くことです。これは、ある程度距離を詰めていないと、相手に不信感を持たせたり距離を置かれてしまう可能性があるので十分な注意が必要です。

社会人らしい内容で説明できればいいのですが、恋愛感情を少しだけ伝えたいという場合には、相手と自分の関係性や距離感をよく分析してみましょう。

顔を合わせれば、何気ない世間話ができるくらいの距離感であれば、『良ければLINEなどの連絡先を教えてください』と言ってみるのもアリですね。

 

デートに誘う

取引先会社の男性への恋愛アプローチは、デートに誘うことです。まだまだ恋愛感情には気づいて欲しくない、という場合は、仕事の話があるからと会う口実を作って誘うのもおすすめです。

もしも、お互いに脈ありサインを感じ合っているなら、積極的に『良かったら今度の週末デートしてくれませんか?』と、ストレートに誘ってみるのも恋愛を発展させるのに効果的な方法です。

とにもかくにも、相手の反応を見ながらデートのお誘いをすることが大切です。

 

取引先男性の恋愛の脈ありサイン

取引先男性の恋愛の脈ありサイン

取引先会社の男性との恋愛を発展させるためには、相手の脈ありサインを上手に見極めていく必要があります。もしも取引先会社の男性もあなたに恋愛感情を抱いているとしたら、効率よく恋愛を進めていきたいですよね。

なかなか顔を合わせることのできない相手だからこそ、きちんと脈ありサインを見抜いて気持ちを確認し合うべきなのです。ここでは、取引先会社の男性が見せる『営業先女性への脈ありサイン』を4つご紹介します。

 

職場にきたら挨拶してくれる

取引先会社の男性からの脈ありサインは、職場にきたら挨拶してくれることです。会社同士のお付き合いですから、営業先会社の人物にはもちろん愛想のいい挨拶をしなければいけません。

ですが、あなたが職場内で遠く離れた場所で仕事をしていたとしても、わざわざ近くに来て挨拶をしてくれるようなら、脈ありの可能性は高いです。職場にきたらどんな状況でも必ず隙を見つけて挨拶にきてくれるのは、取引先会社の男性もあなたに関心があるから。

せっかく顔を合わせられたのだから、一言でも言葉を交わしたいという心理の表れなのです。

 

仕事ぶりを褒めてくれる

取引先会社の男性からの脈ありサインは、仕事ぶりを褒めてくれること。例えば、取引先会社の男性が営業先であるあなたの職場にきたときに『今日も頑張っていますね』だとか『さすがだなぁ』と褒めてくれる場合は、脈ありサインの可能性が高め。

男性は、好きな女性のことを褒めまくる特徴があります。どんな些細なことでもきちんと褒めてくれるのは、『自分を好きになってもらいたい』という心理の表れなのです。

仕事ぶりを褒めてもらえるのは、女性にとっても嬉しいですよね。取引先会社の男性から仕事ぶりを褒められたときは、謙遜しながらも嬉しそうな笑顔でお礼を言えば、さらに好感度アップです。

 

会社の付き合い以上の親睦を求める

取引先会社の男性からの脈ありサインは、会社の付き合い以上の親睦を求めてくること。例えば、営業先女性であるあなたの個人的な連絡先を聞いてきたり、プライベートで食事に誘われる場合は脈ありの可能性大です。

仕事とは関係ないプライベートでのデートに誘う理由は、もちろんあなたとの関係を今以上に発展させて深めていきたいから。取引先同士であれば、恋愛のもつれがトラブルにも発展しやすい危険性もあります。

それでもあなたに仕事以上の付き合いを求めてくるのは、相手だって軽い気持ちでのお誘いではないということです。

 

見た目の変化に気づいてくれる

取引先会社の男性からの脈ありサインは、見た目の変化に気づいてくれることです。取引先会社の男性であれば、毎日顔を合わせる機会はありません。それゆえ相手の変化には気づきにくいもの。

もちろん、かなりのロングヘアから肩上ショートにまで変化していれば嫌でも気づくでしょう。ですが、少し前髪を変えただけ、ネイルを変えただけ、というちょっとした見た目の変化に気づいてくれる場合は、脈ありサインの証拠です。

あなたへの好意から細かいところまで見ているからこそ、ちょっとしたした変化にも気付けるのです。

 

取引先の男性との恋愛での注意点

取引先の男性との恋愛での注意点

取引先会社の男性との恋愛では、気をつけるべきポイントが多くあります。もちろん、同じ職場ではないので、職場恋愛には引っかからないし、恋愛は個人の自由です。

ですが、取引先男性との間で恋愛感情のもつれから関係がギクシャクしてしまうと、打ち合わせや対応時、お互いの仕事先へ行くときのモチベーションなど、仕事への影響は少なからず出てしまうもの。

ここでは、取引先会社の男性との恋愛での注意点を4つご紹介します。

 

職場の人に気づかれないように注意

取引先会社の男性との恋愛での注意点は、職場の人に気づかれないようにすること。取引先会社の人物なので、直接的な職場恋愛には当てはまりませんが、同じ仕事をしている者同士であることには間違いありません。

もしも職場の人たちに気づかれてしまうと、取引先会社に勤める彼との恋愛事情に首を突っ込まれる可能性が高いです。お節介な行動をされて困ることもあるでしょう。

また、上司などから『取引先相手との仕事に私情を挟まないように』と、恋愛を止めらることも考えられます。

 

発展に焦らない

取引先会社の男性との恋愛での注意点は、発展に焦らない、ということ。取引先会社の男性とはなかなか顔を合わせる機会がないことから、心理的に焦りやすい特徴があります。

早く距離を縮めたい、仲良くなりたいという気持ちを強く持つと、恋愛の進展が気になったり仕事にまで影響が出てしまったりと、何かと都合の悪い出来事が起こりやすいのです。

発展に焦るのではなく、相手の反応を見極めながら恋愛を進めていきましょう。

 

営業先とのトラブルに気をつける

取引先会社の男性との恋愛での注意点は、営業先とのトラブルに気をつけることです。例えば、相手の会社と取引だけではなく営業関係もある場合、『恋愛感情』という私情を挟むことで会社間のトラブルを招く場合もあるのです。

例えば、営業先に務める女性からの恋愛アプローチに嫌悪感を持った男性が、自社の上司に頼んで仕事を降ろさせてもらうケースだってよくあること。

取引先とのトラブルを防ぐには、過度な恋愛アプローチは避け相手が脈ありかどうかをきちんと見極めていく必要があるのです。

 

仕事に私情を挟まない

取引先会社の男性との恋愛での注意点は、仕事に私情を挟まないこと。恋愛をしていると、どうしても相手との恋愛状況次第では、気持ちが落ち込んでしまったり、ウキウキとして仕事にも精が出ることもありますよね。

ですが、仕事に感情の波を持ち込むと、自分自身が疲れるだけでなく、周囲からの信用をや評価を失うことも考えられるのです。取引先会社の男性との恋愛を、自身の仕事にまで持ち込むのは避けましょう。

 

取引先男性との恋愛を楽しんで♡

取引先会社の男性が自分好みの素敵な男性だった場合、どうしたら仲良くなれるのか気になって仕方がありませんよね。毎日顔を合わせられる相手じゃないからこそ、たまたま会えたときはドキドキするし、舞い上がってしまうのです。

相手が取引先会社の人物だったとしても、的確な恋愛アプローチをしていくことで、恋愛に発展させることは十分可能です。取引先会社の男性との出会いを大切に、上手に2人の関係を発展させていきましょう。

素敵な恋が実ることを心より祈っています。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告