友達が好き。「男友達から彼氏」に関係を進展させる方法が知りたい!

今回は、単なる友達から恋愛関係に発展して『彼氏』になってくれるポイントや、実践したい方法について詳しく解説します。どんなきっかけで友達から彼氏へと発展させるのか、今後の付き合い方はどうすべきなのか迷っている女性はぜひご覧ください。

著者:
公開日:
友達が好き。「男友達から彼氏」に関係を進展させる方法が知りたい!

男友達から彼氏にするポイントが知りたい

男友達に片思いをしている女性は、『どうすれば友達から彼氏になってくれるの?』と、切ない思いでいっぱいのはず。そもそも友達関係の彼が彼氏になってくれるのか疑問と不安に感じる女性も少なくないでしょう。

今回は、単なる友達から恋愛関係に発展して『彼氏』になってくれるポイントや、実践したい方法について詳しく解説します。どんなきっかけで友達から彼氏へと発展させるのか、今後の付き合い方はどうすべきなのか迷っている女性はぜひご覧ください。

効果的に男性の心理を刺激して、友達から恋人への恋愛のステップアップを叶えましょう。

男友達から彼氏になる男性の心理

恋愛

男友達から彼氏になって欲しい、そう願う女性は少なくありません。ただの友達という距離感を超えたいと思っていても相手の男性がどう思っているかをきちんと理解しなければいけません。

一方通行ではいかないのが恋愛。いつ、どんなきっかけがあるかもわからないので、普段から男性の心理に寄り添った行動をすることが友達から彼氏になってもらう効果的なポイントでもあるのです。

 

 

心理①恋人以上の関係になれそう

友達から彼氏になる男性の心理は『恋人以上の関係になれそう』です。例えば、友達期間がなくひと目見た瞬間に『魅力的だな』と恋愛意識を持った女性よりも、友達期間のある程度長い女性との恋愛の方が長続きしそうというもの。

友達から交際に発展しているので、お互いの性格や価値観、趣向を知っているポイントが多いのも事実です。そのため、いざ恋愛がスタートしたら『恋人以上の感情や愛情で付き合っていけそう』と前向きに考えている模様。

友達から彼氏になる要素としてはポジティブな心理状態だと言えます。

 

心理②発展に時間がかかるかも

友達から彼氏になる男性の心理は『発展に時間がかかるかも』です。女友達から恋愛アプローチをされた時には、多くの男性が『恋愛対象として意識できるか』だとか『恋人として大切に出来るだろうか』と不安要素を抱えているもの。

少なからず『女性』として意識している分には、恋愛対象としてその女性を見ることが出来るものの、全くの『友達』と認識している場合は、恋愛感情が芽生えるまでに時間がかかると思っている男性が多いようです。

しかし、どんなきっかけで恋愛がスタートするかわかりません。いつ恋愛がスタートしてもいいように彼へのアプローチを意識的に行っていきましょう。

 

心理③友達の反応が気になる

友達から彼氏になる男性の心理は『友人の反応が気になる』です。例えば、友達から恋人として恋愛はスタートした時、男性としては共通の友達からの目線がどうしても気になってしまうようです。

社会人になると冷やかされるといったことは少なくなるものの、彼女を優先にして友達付き合いが減ったり印象が変わることになると、彼氏の心理は穏やかではいられない模様。

彼女にも自分にも共通している大切な『友達たち』だからこそ、交際スタート後も友達との付き合いに気を使わなければならないのです。

 

男友達から『彼氏』を意識した瞬間

恋愛2

友達から彼氏になって欲しいと望む時、女性には一体どんな心理の変化や影響があったのでしょうか。今までずっと『ただの友達』だと思っていた彼を恋愛対象として見るなんて、何かしらのきっかけがあったに違いありません。

他のカップルの恋愛のきっかけがどうやって芽生えたのかってやはり気になるもの。ここでは、単なる友達から彼氏になって欲しいと意識した瞬間を3つご紹介します。

彼氏になってもらうためのアプローチ法と併せてご覧ください。

 

瞬間①男らしさを意識した時

友達から彼氏を意識した瞬間は『男らしさを意識した時』です。例えば、社会人になってからの友達よりも学生の頃にスタートした友達関係に多く当てはまるポイントですが、今までは『異性』と意識したことがなかった彼が、思いの外力持ちだった時や体力の差を感じた時。

ふとしたきっかけで『男の人なんだな』と、実感することってありますよね。男性だとか女性だとか、そんな『性』について意識したことのない彼のふとした男らしさが垣間見えた瞬間に『彼氏』になって欲しいと淡い恋心が芽生えるのでしょう。

 

瞬間②頼りがいを感じた時

友達から彼氏を意識した瞬間は『頼りがいを感じた時』です。『異性』として相手を意識するきっかけは、多くの場合が『体力の差』や『体格の差』。そして『男性としての頼りがい』を感じた時も、ただの友達という枠ではなく彼氏候補として意識するポイントでもあるのです。

例えば、女性が困っている時や悩んでいる時に親身になって話を聞いてくれて、解決策を一緒に考えてくれた。または、引っ越し作業をテキパキと手伝ってくれた、虫が出た時に何でも無さそうに対処してくれたなど。

男の人としての頼りがいを感じた瞬間に、キュンとなり恋愛がスタートした経験がある女性も少なくないはず。

 

瞬間③距離の近さを感じた時

友達から彼氏を意識した瞬間は『距離の近さを感じた時』です。例えば、これまで特に恋愛対象としての付き合い方をしてこなかったにも関わらず、何気ない瞬間に『他の男友達よりも一緒にいる時間が多いな』だとか『他の友達よりも気が合う』と感じた時に、異性を超えた『居心地のいい距離感』を感じるようです。

距離の近さを意識した瞬間に、恋愛対象として相手を見始めたという女性も珍しくありません。彼にも同じようなきっかけや瞬間を感じさせれば、距離感の近い2人の恋愛はスムーズに運んでいくはず。

距離の近さを相手に意識してもらうためにも、恋愛アプローチを効果的に実践していきましょう。

 

男友達から彼氏にするきっかけ

恋愛3

単なる友達同士の関係から『恋愛対象』として意識させるには、きちんと2人の間に流れる空気感や『きっかけ』をキャッチする事が大切。ですが、これまで単なる友達としての付き合い方しかしてこなかった彼に、突然『恋愛対象』を意識させる付き合い方をするには少々ハードルが高いと感じることもあるでしょう。

ここでは、効果的に男性の心理にアプローチを仕掛けて『友達から彼氏にするきっかけ』の作り方を解説します。友達という枠を飛び越えて、意中の彼に彼氏になって欲しいと願う女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

きっかけ①恋愛話をする

友達から彼氏にするきっかけは『恋愛話をする』です。仲のいい友達同士が集まった時、それとなく恋愛話が始まることもあるでしょう。

ですが、単なる世間話程度の『誰かの恋バナ』では効果的ではありません。男友達に『彼氏・彼女』の関係を意識させるには、他の誰でもない自分たちの恋愛話を盛り上げる方法がおすすめ。

例えば、2人っきりになった時やLINEでの会話の中で、それとなく『そういえば今まで聞いたことがなかったけど、◯◯ってどんな女の子が好みなの?』と、彼の好みの女性を探る会話からスタートさせてみるといいかも。

 

きっかけ②友達以上恋人未満を意識

友達から彼氏にするきっかけは『友達以上恋人未満を意識させる』です。友達から彼氏になってもらえるようにきっかけを作るなら、明らかな恋愛要素を意識させることが大切。

例えば、2人っきりでデートに出かけるだとか、女性から手を繋いで『恥ずかしいね♡』とはにかんでみるなど。友達関係から恋愛スイッチを入れるには、少しあからさまなくらいのきっかけを使った方法が効果的なのです。

特に友達期間の長い2人だと、多少の刺激では『彼氏・彼女に発展したら…』ということを考えにくいもの。友達から彼氏になってもらうためにも『友達以上恋人未満』の付き合い方を意識してみてはいかがでしょうか。

 

きっかけ③2人の時間を多くする

友達から彼氏にするきっかけは『2人の時間を多くする』です。単なる友達ではない、という意識を植え付けるには『他の友達とは違うポイント』を見つけるといいかも。

例えば、他の友達よりも一緒にいる時間を多く持つ、2人っきりで遊びに行ったり日常的にマメに連絡を取るなど。他の異性の友達とは違った濃密な関係を築けることが重要なのです。

意中の男友達に、2人の心の距離の近さに気づかせる方法こそ恋愛をスタートさせるきっかけとなるのです。

 

男友達から彼氏にする方法

恋愛4

友達から彼氏にする方法は、相手の心理状態をどこまで見極められるかが重要なポイントとなります。女性の方が『恋愛対象』として友達を見ていても、肝心のお相手が『単なる女友達としか見ていない』という状況では、恋は一方通行のまま。

ここでは、『友達の内の一人』から『恋愛対象の女性』へと変身して、男友達に彼氏になってもらう方法を解説していきます。効果的なきっかけや付き合い方を意識して、好きな人の好きな人に昇格しましょう。

 

方法①恋愛対象か判断

友達から彼氏にする方法は『恋愛対象か判断する』です。女性の方が相手を『恋愛対象』として見ていても、彼が『あの子は仲のいい友達』としか思っていなかったら、恋愛は一向にスタートしません。

共通の友達にそれとなく聞いてもらうのもいいですし、『私って◯◯の恋愛対象かな?』と聞いてみるのもいいでしょう。

例え『意識したことなかったけど…』と、残念な反応が返ってきても、『そっか。じゃあこれから恋愛対象として見てもらえるように頑張るね!』と、明るい笑顔で返事ができれば、効果的に相手をドキッとさせられるはず。

 

方法②告白をしてみる

友達から彼氏にする方法は『告白をしてみる』です。友達としての期間が長いと、どうしても男性は相手の女性のことを『今さら恋愛対象として見るなんて…』という固定観念に支配されがち。

ですが、どんなきっかけで恋心が芽生えるかは誰にも想定できないことなのです。友達から一歩踏み出すには『告白』をしてみるのもひとつの方法です。

『ずっと好きだったの』というようなシンプルな告白でも、友達としての付き合い方が長かった2人には効果抜群。素直な告白で、今の関係を覆して意中の彼に『恋愛感情』を意識させましょう。

 

方法③周りに協力してもらう

友達から彼氏にする方法は『周りに協力してもらう』です。友達から彼氏になってもらうきっかけで大切なのは、いかに効果的な方法で『相手に恋愛感情を抱いてもらうか』というところ。

今の関係を変わらないと嘆いているなら、思い切って共通の友達に協力してもらうのも効果的な方法です。共通の友達に自分の恋心を打ち明けるのは勇気が要りますが、信頼のできる相手ならきっと素敵なきっかけとなってくれるはず。

周りの友達に、デートの機会や彼の本音を聞き出す役割を担ってもらって、スマートに恋愛を進めていきましょう。

 

男友達から彼氏になった時の付き合い方

恋愛5

恋愛アプローチが功を奏して、見事『男友達』から『彼氏』になってもらう事ができたら、次は『良好な関係を維持するための付き合い方』をマスターしていきましょう。

一般的な『恋愛のスタート』ではなく『友達関係からの恋愛のスタート』は、いくつか気をつけたいポイントがあるのです。ここでは、友達から彼氏・彼女の関係に発展できた女性必見の『上手な付き合い方』についてご紹介します。

 

付き合い方①女性らしさを維持

友達から彼氏になった時の付き合い方は『女性らしさを維持する』です。友達関係がある程度長かったカップルにとって、お互いを異性として意識するにはそれなりの努力が必要。

一旦『女性』として見るようになったものの、ふとしたきっかけで『友達だった頃』の関係や見方に戻ってしまう男性も少なくありません。だからこそ、交際がスタートしたからと安心するのではなく『女性らしさ』を維持して、いつまでも『一人の女性』『恋人』として見てもらえる努力をすると、素敵な付き合い方ができるはず。

 

付き合い方②相手を尊重する

友達から彼氏になった時の付き合い方は『相手を尊重する』です。友達関係が比較的長く、恋愛関係にステップアップした場合、ついやってしまいがちなのが『相手を人として尊重出来なくなった』という事態。

友達関係の頃は一人の人間として尊重出来ていたのに、カップルになってしばらく経つと『友達だった頃』の感覚を忘れて『何でもわがままを聞いてくれる存在』と考えてしまう女性も珍しくありません。

過度な甘えは良好な付き合い方をする上で避けたいもの。相手を尊重する意識を忘れない付き合い方を心がけましょう。

 

付き合い方③人間関係を守る

友達から彼氏になった時の付き合い方は『人間関係を守る』です。友達から彼氏になると、どうしても『今までの友達関係』に影響が出るもの。友達絡みの付き合いができる素敵な関係でもあるのですが、共通の友達が多いからこそ生まれるデメリットがあるのもまた事実です。

彼氏とも友達とも、これまでと同様に良好な付き合い方を保つには、『喧嘩をしても共通の友達には愚痴らない』だとか『過渡にノロケ話をしない』という意識を持つことが大切です。

 

友達から彼氏にするには距離の縮め方が大事

意中の彼を友達から彼氏にするには、友達の時の『距離の縮め方』を大切に考えてみるといいでしょう。できれば、告白をする前に女性との『恋愛要素』に気付いてもらえるのことが理想ですね。

日頃からコツコツと恋愛アプローチや恋愛要素を意識してもらう方法のきっかけ作りを心がけて、ただの友達から彼の『特別な女性』へと昇格しましょう。多くの女性の恋愛が叶うことを願っています。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告