告白する勇気が出ない女性必見♡失敗しないコツを知って好きな人へ思いを伝えよう

告白する勇気が出ない時の対処法を伝授!大好きなあの人に勇気を出して告白をしたい…!そう思っても、いざとなると出ないのが勇気です。今回は、告白をしようと意気込んでも勇気がスルスルと無くなる女性にお伝えしたい、告白する勇気について紐解きます。

著者:
公開日:
告白する勇気が出ない女性必見♡失敗しないコツを知って好きな人へ思いを伝えよう

告白する勇気が出ない時の対処法を伝授!

大好きなあの人に勇気を出して告白をしたい…!そう思っても、いざとなると出ないのが『勇気』です。頑張って思いを伝えようと思っても土壇場になると尻込みしてしまう、そんな自分にウンザリするもの。

今回は、告白をしようと意気込んでも勇気がスルスルと無くなる女性にお伝えしたい、『告白する勇気』について紐解きます。告白の流れ、タイミング、言葉を効果的に活用して自分自身で『勇気』のお守りを作るのです。長い片思いを今こそ完結させましょう。

告白する勇気が出ない理由

恋愛

好きな人に長い片思い中の女性が、いつになっても『告白する勇気が出ない』のは一体なぜでしょう。勢いのまま自分の思いを伝えられたらいいのに、そう思っても理屈じゃないのが恋愛であり片思いです。

多くの女性を悩ませる『告白する勇気』がことごとく無くなってしまう理由を解説します。自身の心理の根底に渦巻く勇気が出ない理由を知るのはとても大切なこと。

告白しようと思うと足がすくむ女性たちの『理由』をご紹介します。

 

 

理由①自信がない

告白する勇気が出ない理由は『自信がない』です。告白できない理由の大きな要因とポイントです。告白しようと决意を固めてもいざとなると自信の無さから勇気が無くなる…。

辛い片思いの状況から抜け出せない女性は、なぜ自信が持てないのか、告白することを極端に怖いと感じるのか。根本的な原因を見つけ出しましょう。

容姿に自信がないなら綺麗になるための自分磨きを。好きな人との関係性に自信がないなら今より恋愛アプローチをして基盤を固めてみること。

自分に自信がないならどうすれば自信がつくのか、掘り下げて考えてみると対処方法や解決策が見えてくるはずです。

 

理由②好きな人との距離感がビミョウ

告白する勇気が出ない理由は『好きな人との距離感がビミョウ』です。例えば、好きな人への気持ちが一方的な片思いだと痛いほどに痛感している時、告白を决意してもいざとなると足がすくんでしまいますよね。

自信を持って告白に挑むためには、ある程度好きな人との距離を縮めておくといいかも。社会人同士ならお酒の席に誘ってみてもいいですし、友達を交えて何回か遊びに行くのもおすすめです。

タイミングを見て好きな人との距離を詰めていくと、告白する勇気が培われていくでしょう。

 

理由③片思いが長い

片思いが浅い状態で、好きな人との距離感が掴めていない時期でも『告白する勇気』は芽生えにくいものですが、反対に片思いが長いと告白する勇気が減っていってしまうのもまた事実です。

好きな人に対して『告白で関係が崩れるのではないか』だとか『片思いのまま側に居られるだけでも幸せ』だと、今の現状から抜け出すことに怖いと感じるようになるのです。

告白する勇気が消えてしまう前に告白まで進めればいいですね。

 

告白する勇気が出ない時の対処法

恋愛2

勇気は出そうと思って簡単に湧き出てくるものじゃありません。好きな人を心から好きだからこそ、勇気を出せずにいるのですよね。実践して欲しい『対処方法』をご紹介します。

自分にとってしっくり来る対処方法を知ることで、今後の片思いが大きく変わっていくかもしれません。好きな人に思い切って自分の本当の気持ちを伝えたい、その勇気が欲しいと願う女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

特に婚活中の女性は、この告白を成功させることで結婚まで結びつけられるかも。

 

対処法①直接じゃなくてもOK

女性に多い共通点が『直接の告白がいいはず』という固定概念です。告白にはいろんな形の思いの伝え方があります。直接顔を見て伝える勇気がないなら、LINEや電話、手紙でもいいのです。

こだわりすぎていると、そこに意識が集中して告白に対して強い強迫観念が芽生えてしまいかねません。直接じゃなくても思いが伝わる方法を探してみるのもいいはずです。

 

対処法②自分なりの方法を探す

告白する勇気が出ない時の対処法は『自分なりの方法を探す』です。例えば、片思いが長い女性にとって好きな男性に思いを伝えるにはかなりの勇気が要ること。

どうしたら勇気を集めて離さずに抱いておけるのか。そう悩む女性も少なくありません。自分なりに告白の勇気やモチベーションを維持できる方法を探しましょう。例えば、自分磨きをして自分を磨く、例え振られても凹まない強さを培っておくなどです。

自分ができるモチベーションの維持方法を用意しておくと、告白する勇気を保ち続けられるはず。

 

対処法③考える前に行動してみる

告白する勇気が出ない時の対処法は『考える前に行動してみる』です。いざとなった時に自分の中でアレコレと考え過ぎてしまうのはNG。

例えば、好きな人への告白が近くなると、『振られたらどうしよう』だとか『元の関係にすら戻れなくなるかも』または、『上手く伝えれなかったら…』と、自分自身で不安になることを考えているのです。

不安なことに対して考えれば考えるほど勇気は零れ落ちていくもの。告白する、と強く决意したなら『もう余計なことは考えない!』と腹をくくるのも潔い方法です。

 

告白する勇気を出すためのタイミング

恋愛3

一体どうすればそのまま思いを伝えられるのだろうと思い悩むもの。思うように勇気が掴めないと悩む女性に知ってもらいたい『勇気を出すためのタイミング』を解説します。

告白すると决意して土壇場で勇気が欠落するのは、タイミングが上手くキャッチ出来ていないためかも。上手にタイミングを掴んで告白へと流れましょう。

 

タイミング①好きな人と会話が盛り上がった時

告白をしたいと思える程に自分の気持ちが温まったら、好きな人との接点を多くするよう心がけることが大切。例えば、好きな人と2人っきりで話す機会を多く持つとか、タイミングを見計らって好きな人との時間を設けるなど。

自然な流れで『ちょっと話でもしようよ』と誘えたら、いつ告白のタイミングが訪れてもいいように、日頃から伝えたい思いを整理しておくといいですね。

 

タイミング②デートの約束をする

告白する勇気を出すためのタイミングは『デートの約束をする』です。告白に大切なのは、雰囲気作りやその場の流れ、気持ちが伝わる言葉を上手に操ること。

もしも告白のタイミングを見図るのが難しいなら、自分で『タイミング』を作り出してみるのもおすすめです。例えば、『今度の週末、2人で遊びに行こう』とデートの約束を取り付けられると効果的です。

デートという告白にピッタリなシチュエーションを自分で作り出すことで、自分の力で勇気を生み出すことができるはず。デートの最中に2人でゆっくりお喋りができるタイミングがあるなら、その時こそ勇気を発揮するいい流れが出来ているのです。

 

タイミング③電話をかける

告白する勇気を出すためのタイミングは『電話をかける』です。好きな人への思いが募ったらもうその場で電話をかけるのもアリです。タイミングばかりを見定めようとするから勇気はどんどん消滅していくもの。

『思いを伝えたい』と、片思いにピリオドを打つ决意ができたなら、その流れを大切にしましょう。電話の向こうから『どうしたの?』と電話の理由を促されれば、きっともう後戻りはできないはず。

自分で自分の背中を押すには、電話の発信ボタンを押すだけなのです。

 

告白する勇気を出すための流れ

恋愛4

好きな人に告白する勇気が欲しい時、意識して欲しいのが『流れ』を上手く掴むこと。例えば、会話の中やデート中のタイミングなど、2人の間に流れている空気感や雰囲気が落ち着いたら『いい流れ』が来ているはず。

好きな人に自然な流れで告白をしたい、そのための勇気を日頃から持っていたいという女性は、ぜひ空気感の流れとタイミングを意識してみてくださいね。

流れをキャッチして告白する勇気を出す方法を解説します。

 

流れ①LINEでタイミングを計る

告白する勇気を出すための流れは『LINEでタイミングを計る』です。例えば、電話やLINEで告白をしようと决意した場合はこちらの流れを意識してみましょう。

直接の告白でない場合は、相手が何をしている最中なのか、告白を聞ける状況であるかのタイミングを計ることが大切。相手が忙しい時に告白をするのはいい流れだとは言えませんよね。

LINEで『今忙しいかな…?』と、相手の状況を聞くなどの流れを作りましょう。

 

流れ②真剣な空気を作る

流れをコントロールして告白をする勇気が欲しい時、大切なのは空気をどれだけ演出できるかというポイント。

例えば、冗談を言い合っている最中に真剣な告白をしようと思っても難しいはず。そんな空気じゃないのに『いつ告白しようか』と、タイミングを計ると、どんどん流れていってしまう『時間』に焦り、その分だけ勇気が減っていくのです。

女性から真剣な空気感を作り出すことが告白の流れを作る秘訣。好きな人とのお喋りの合間に『お互いが無言になるタイミング』を作り出すのです。

 

③手紙を渡す

告白する勇気を出すためのポイントは『手紙を渡す』です。

例えば、好きな人と2人で他愛も無いお喋りをしている時に、どちらともなく会話が止まるタイミングで、『あのね…、実は渡したい物があるの』と、好きな人への思いを綴った手紙を差し出しましょう。

もちろんその場で読んでもらうことが大切。手紙を隣で読まれるのは照れくさいものもあるでしょう。ですが、そのシチュエーションこそが『告白の流れ』を作り出すポイントでもあるのです。

手紙を渡す。それだけの勇気さえ準備できれば、あとは『状況』が背中を押してくれるはず。

 

告白する勇気を出すための言葉

恋愛5

告白すると决意した女性にぜひ知ってもらいたいポイントがあります。

それは『告白を成功に導くための言葉』です。告白が成功しやすくなるための『準備』を日頃から用意できていれば、いざというときに勇気を持ってぶつかれるはず。

ここでは、告白をスマートに運んでくれる『勇気の出る言葉の使い方』をご紹介します。どんな流れで告白をするか悩む女性は、ぜひ告白をスタートさせるための『言葉』を参考にどうぞ。

 

言葉①上手な切り出し方

告白する勇気を出すための言葉は『上手な切り出し方』をする言葉です。告白する勇気を生み出す秘訣は、切り出し方を意識するといいでしょう。告白の流れが思うように掴めないのは、どんな切り出し方をすればいいのか悩むため。

例えば、好きな人とお喋りが出来るチャンスに直面したら、世間話がスタートする前に『今日はね、伝えたいことがあるんだ』と切り出してもOK。

いつもとは違う女性の様子に、相手をかなりドキッとさせられるでしょう。

 

言葉②ストレートに伝える

告白をする勇気を出すための言葉は『ストレートに伝えること』です。告白を决意したなら、その勢いのまま『ストレートな言葉』を使った切り出し方をするといいかも。

例えば、『今日は◯◯に聞いてもたいたい話があるんだけど、聞いてくれるかな?』と、告白をするという雰囲気を全面に押し出すのもアリです。ストレートな言葉は自分に言い聞かせる、というポイントでも大きな役割を果たしてくれます。

ストレートな切り出し方と言葉で相手に向き合った時、自分自身に対しても『ああ、私は今から告白をするんだ』と、後戻り出来ない勇気を実感できるはず。

 

言葉③返事を待っていると伝える

告白をする勇気を出すための言葉は『返事を待っていると伝わること』です。勇気を出して告白をしたなら、最後に忘れてはいけない言葉が、『返事、待ってるね』という確認の言葉。

この言葉を伝えることで、相手はなるべく早く返事をしなければ、という『相手の心理を急かす』効果が期待できます。相手が告白に対してOKなら、その場で返事が聞けることも。

勇気を出し切る前に、『返事を待ってる』と伝えましょう。

 

告白する勇気を出して恋愛を成就させよう!

好きな人に告白をするのは、女性にとって一大イベントですよね。

勇気を出そうと頑張りながら、なかなか思うように勇気が持てなかった、告白のタイミングや流れが掴めない、どんな切り出し方や言葉をすればいいのかわからないという女性は、今回の記事をぜひ参考にしていただけたら幸いです。

多くの女性が勇気を出して恋愛を成就させられるよう願っております。勇気がないからと友達に頼るのではなく、自分で自分の背中を押すのも素敵な告白の仕方ではないでしょうか。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告