女友達を好きになった時に見せるサインって?男友達からのアピールを見逃さないで

女友達を好きになった時に見せるサインって?今回は、女友達を好きになった時の男性心理やサインを解説した上で、女友達を好きになる瞬間やきっかけなども合わせてご紹介します。

公開日:
著者:
女友達を好きになった時に見せるサインって?男友達からのアピールを見逃さないで

女友達を好きになった時に見せるサインって?

たまに、元々女友達だった女性を好きになり恋人になったという話を聞きますが、友達期間を経ることによってお互いに素の自分で居られる信頼関係ができているので、いいお付き合いができそうですよね。男性が女友達を好きになった時には、どのようなサインを見せるのでしょうか。

もし男友達が自分に対して好意を持っているのであれば、見逃すことなく上手に関係を発展させていきたいところです。今回は、女友達を好きになった時の男性心理やサインを解説した上で、女友達を好きになる瞬間やきっかけなども合わせてご紹介します。

女友達を好きになった時の男性心理

恋愛

まず、女友達を好きになった時に男性がどんな心理になるのかを見ていきましょう。友達だと思っていた女性に対して恋心を抱いた時、男性は仲良しがゆえに複雑な心理になることが多いです。

一番気になるのは、今の関係がどうなるのか、そして相手の女友達がどう思うのかというところですが、大事な友達として失うのは怖いけど、1人の女性として片思いしている相手が他の人に取られたくないといったように、いくつかの思いが入り混じります。

特に友達期間が長ければ長いほど、友人関係が終わることを恐れる気持ちが多くなりがちです。

 

 

バレたら嫌われるか不安

女友達を好きになった時の男性の心理1つ目は、バレたら嫌われるか不安ということです。今まで何とも思わなかった女友達に対して、ふとした瞬間や何かがきっかけになって恋愛感情が生まれると、この気持ちがバレることによって嫌われてしまうのではないか不安になる男性は多いです。

嫌われてしまうと、ここまで信頼関係を築いてきた大事な友達関係まで終わってしまうかもしれず、今の自分の恋心がバレることによる影響を気にします。女性からすると意外かもしれませんが、そのくらい女友達を好きになった時の男性心理は繊細なのです。

 

他の男に取られたくない

女友達を好きになった時の男性の心理2つ目は、他の男に取られたくないということです。友達として一緒に過ごす中で、とあるきっかけで女友達を好きになった瞬間から、その女性の周りを取り巻く異性関係を急に意識するようになります。

気になる女友達に対し、嫉妬や独占欲などの感情が生まれ、彼氏が出来たらどうしよう、他の誰にも取られたくないという男性心理が働くのです。逆に、他の男に取られたくないという感情を自分で認識して初めて、自分はその女性のことが好きになっているんだと知る男性もいます。

 

自分をどう思ってるのか気になる

女友達を好きになった時の男性の心理3つ目は、自分をどう思ってるのか気になるということです。男性に限ったことではないですが、自分が片思いしている相手が自分をどう思っているのか気になるものです。

自分は急に意識するようになったからと言って相手もそうだとは限らず、今まで無意識に一緒にいることも多かった分、相手の感情や自分に対する気持ちがわからないのです。男性は好きだからこそ、ついいじわるやちょっかいを出してしまうこともありますが、実はその時の相手の反応で気持ちを感じ取ろうとしいる人もいます。

 

女友達を好きになった時のサイン

恋愛1

続いて、男性が女友達を好きになった時に見せるサインを見てみましょう。男性心理は意外にもとても素直なもので、普段の行動に表れやすく、場合によっては周りの方が本人よりも先に気付くこともある程です。そのため、一緒にいる時の行動や連絡を取っている時の態度などをよく見ることで気付けることが多いです。

ふとした瞬間に出ているものなので、無意識だと見逃してしまいますから、相手の言動を意識して気にかけてみましょう。自分に対する態度と周りに対する態度に違いがあることが分かると、より確実でしょう。

 

目で追う

女友達を好きになった時のサイン1つ目は、目で追うことです。男性心理として、気になる女性のことは目で追っていることが多いです。それは好きな女友達に対しても同じで、気づくと目が合う瞬間が多いなと感じる場合、友達以上の感情を持っていて、あなたのことを1人の女性として見ている可能性が高いでしょう。

大勢でいる時でも2人きりの時でも、あなた自身が、彼が自分をよく見るかどうかを気にしていく中で、よく目が合うタイミングが増え、さらに彼も意識するというパターンもあるので、関係が発展するきっかけにもなり得ます。

 

2人で会いたがる

女友達を好きになった時のサイン2つ目は、2人で会いたがることです。普段はグループで行動しているうちの1人の女友達を好きになった場合、単純にその女性に会いたい一心だったり独占欲などの男性心理が働き、2人だけで会おうとすることが多いです。

みんなでいるとゆっくり話せなかったり、他の男友達と仲良くしている姿を見て嫉妬したりするので、2人で会いたいのです。2人になると、より親密さを出したい気持ちやアピールから、褒める時に頭をポンポンしたり肩に手を触れてきたりして、積極的にボディタッチしてくる男性もいます。

 

真摯に相談に乗る

女友達を好きになった時のサイン3つ目は、真摯に相談に乗ることです。基本的に男性は誰かに頼られることが好きですが、好きな女性からの相談事であればなおさら真剣に話を聞き、悩み事にも真摯に向き合います。

好きな女友達から悩みを打ち明けられることで、なんとかしてあげたい、力になりたいと強く思い、改善策なども本気で考えます。

また、好きな女性の話は基本的に忘れないので、その後の進展も気にかけてくれるといった特徴もあり、一度相談したことについて心配してくれるようであれば、友達以上の好意を持っている可能性が高いでしょう。

 

女友達を好きになる瞬間・きっかけ

恋愛11

次に、女友達が恋愛対象になるきっかけを見てみましょう。過去の恋愛で、一度も男友達から発展した経験がない女性にとって、どんなきっかけで女友達を意識するようになるのかは気になるところですよね。

まず女友達としての友情から恋愛感情に変わるには、前提として信頼関係を築いていることが必要で、その上で女性らしさや意外な一面を見た瞬間に好きになることが多いようです。友人だったからこそ、自分のことを正しく分かってくれることもきっかけになり得るため、普段から友達を大事にする姿勢が重要になります。

 

嫉妬を感じた時

1つ目は、嫉妬を感じた時です。これまで女性として意識していなかった女友達に恋愛相談をされたり、他の男性と仲良くしている姿を見ることによって、嫉妬している自分に気付いたことがきっかけとなり、好きになることがあります。

友達付き合いにおいては嫉妬という感情はないので、女友達の周りにいる男性に対して嫉妬を感じた瞬間に、異性として意識するようになるのです。彼氏ができたら嫌だなと感じたり、自分が一番この女友達のことを分かっているのにという独占欲が生まれて、女友達を女性として好きになります。

 

意外な一面を見た時

2つ目は、意外な一面を見た時です。友達として見ているいつもの姿とは違う意外な一面を見た瞬間に、ギャップを感じたことがきっかけになって女友達を好きになるパターンも多いです。

例えば、普段はさばさばした性格の女友達が、実は一途な女性だったということを知ったり、ふとした瞬間に女らしさ全開の行動や可愛い表情を見ることによって、どきっとして女友達を一人の女性として好きになっていきます。男性自身もその瞬間はびっくりして恥ずかしい気持ちになり、急によそよそしくなることもあるでしょう。

 

自分のことを分かってくれていると感じた時

3つ目は、自分のことを分かってくれていると感じた時です。自分をよく分かってくれる人のことは、男性の心理として好きになりやすく、特に彼女や奥さんになる人には、一番の理解者であり味方であってほしいと考えています。

そのため、女友達に何気なく相談した時に、自分をよく分かってくれているからこそのアドバイスをくれたり、自分でも気付いていないことに気付いてくれたなどの瞬間がきっかけとなり、女友達を一人の女性として意識し始め、徐々に好きという感情になっていくのです。

 

女友達から異性として好きになってもらう方法

恋愛12

女友達を好きになる瞬間やきっかけを知ったところで、次は異性として意識してもらう方法をご紹介します。恋愛関係に発展できたらいいなと思う男性がいても、自分が何をしたら意識してもらえるんだろうと心配になる女性は多いことでしょう。大事なのは、男友達にある男性心理を上手く利用することです。

急に好きになってもらおうとして、友達関係まで崩れてしまっては意味がないので、少しずつ、男友達が「あれ?なんかいつもと違うかな?気のせいかな?」くらいの変化を意識していきましょう。

 

相手をよく知る

1つ目は、相手をよく知ることです。自分を意識してもらおうと思ったら、まずは自分の方から男友達のことをよく知ることが大事です。男性心理として、自分を理解してくれる人のことは大事にしたいと思うきっかけになるもの。

彼氏になってから知ろうとしても、恋愛感情があると本来の姿が分からない可能性もあるので、女友達という関係だからこその立場を上手に利用して、彼の考え方や性格を知るようにしましょう。彼のことでいいなと思ったところは尊敬することを伝えると、より一層効果的でしょう。

 

いろいろな面を見せる

2つ目は、いろいろな面を見せることです。ほとんどの人が、友達としての一面と恋愛している時の一面に少なからず違いはあるはずです。友達としての面だけでは、いつまでも女友達のままという可能性が高いので、自分のいろいろな一面を、自然なきっかけで見せていきましょう。

自分の頑張っていることや夢中になっている趣味について話したり、裁縫グッズやハンカチを持ち歩いたりと、普段の生活から女性らしさがにじみ出るような瞬間に、女性は魅力的に見えるものです。

 

頼る

3つ目は、頼ることです。いきなり恋愛対象になろうとするのではなく、女友達という立場で相談を持ち掛けることは難しくないのではないでしょうか。彼が得意そうなことで相談すると、より一層効果的なので、普段から彼の生活や性格を知っておくといいでしょう。

男性心理として、他の人ではなく自分を頼りにされることで、女友達に対して庇護欲が増したり、自分の存在価値を認めてもらえたような気持ちになるので、恋愛感情に切り替わる瞬間のきっかけになるように、一人の男性として頼ってみましょう。女友達であるあなたのことを好きになる可能性が高まります。

 

好きになることがない女友達の特徴

恋愛334

女友達を一人の女性として好きになる男性がいるのは事実ですが、逆に好きにならない場合もあります。男性に好きになってもらう方法だけではなく、好きになってもらえない女友達の特徴とはどのような女性なのかも知っておきましょう。

異性として好きになってもらうことに力を入れ過ぎてしまうことで、周りが見えなくなって、関係を発展させる以前に異性としてみてもらえなくなるかもしれません。とは言っても、男性が好きになることがない女友達の特徴は、友達関係がどうこうという前に、最低限の女性のたしなみとして基本的なことと言えます。

 

女性らしさを感じない

1つ目は、女性らしさを感じないことです。基本中の基本とも言えますが、女性らしさを感じなければ、異性として見られることはないので恋愛関係には発展しません。女友達としての人間的な魅力に加えて、女性らしい一面を感じさせることが大事です。

良好な友達関係を築く上で女性らしさは必要ないものの、恋愛対象になるには少なからず必要となるので、彼の前で女性らしい仕草や表情も出すように意識しましょう。ただし、女性らしさにも好き嫌いがあるので、彼のタイプや過去の恋愛の傾向などを聞いておくといいかもしれません。

 

自分勝手な性格

2つ目は、自分勝手な性格ということです。相手の話は適当に聞くのに自分の話は聞いてもらわないと気が済まない、待ち合わせ時間を守らない、みんなと遊んでいても自分の意見を押し通す、など自分勝手だと感じるような女友達のことは、好きになりにくいです。

むしろ、こんな女友達を見て、こんな女性の彼氏にはなりたくないなと感じて、恋愛対象からは遠ざかることも。自分の感情に素直な天真爛漫な女性は好きという男性は多いですが、自分勝手と混同しないように気をつけましょう。友達想いな女性こそ、男友達にも大事にされるものです。

 

マナーや品がない

3つ目は、マナーや品を感じないことです。男性はマナーや品がない女性は苦手な人が多く、普段の様子を意外とよく見ているものです。逆に言えば、マナーがしっかりしている女性や品がある女性は、割と簡単に恋愛対象に入ります。

付き合った場合に、マナーがしっかりしていて上品な女性の彼氏である自分のことを、男として優位に感じたり、周囲にも自慢できると思うものです。その場限りのアピールはあまり効き目がないので、身近にいる存在だからこそ、普段からマナーや品のある女性になるように意識して行動しましょう。

 

好きサインを見極めて女友達から恋を進展させよう♡

友達関係から発展した恋愛は、既に信頼関係ができあがっているので、安心して付き合えますし、お互い素の状態で過ごせるため長続きもしやすいでしょう。普段の彼の様子を観察したり、自分の行動を意識したりして憧れの関係を目指したいですよね。

もしあなたに好きという感情を持っている男友達がいたとしても、今の関係が壊れるのが怖くて、告白をできずに友達関係を続けているかもしれません。男友達からのアピールを見逃すことでせっかくのチャンスを無駄にしないように、「好き」サインを見極めて恋を進展させましょう♡

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告