彼氏がうざい時の対処法とは?鬱陶しいと感じる瞬間にしてはいけないこと

付き合い始めの頃は彼氏の事をうざいと思うことがなかった彼女でも、お付き合いを続けている内に段々と彼氏を『うざい』とイライラを感じてしまうものです。大好きな彼氏の事をうざいと思う原因って、一体何なのでしょうか?今回は、彼氏をうざいと感じる瞬間や心理、彼氏への『好き』より『うざい』が勝ってしまった時の対処法をご紹介します!

公開日:
著者:
彼氏がうざい時の対処法とは?鬱陶しいと感じる瞬間にしてはいけないこと

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

彼氏がうざい時どうしたらいい?

付き合い始めの頃は、彼氏の事をうざいと思うことがなかった彼女でも、お付き合いを続けている内に段々と彼氏を『うざい』とイライラを感じてしまうものです。

何が原因で彼氏をうざいと思ってしまうのか自分自身でさえわからないけど、なぜか彼氏の存在をだるいと思ったり鬱陶しいと感じる…。大好きな彼氏の事をうざいと思う原因って、一体何なのでしょうか?

今回は、彼氏をうざいと感じる瞬間や心理、彼氏への『好き』より『うざい』が勝ってしまった時の対処法をご紹介します!

彼氏のことをうざいと思う瞬間

彼氏のことをうざいと思う瞬間

彼氏をうざいと感じる瞬間には、何か明確な理由があるはずですよね。お付き合いの期間が長い分だけ、どうしても彼氏への『好き』が落ち着いてきます。カップルとしての燃え上がりが安定した時には、彼氏のちょっとした態度や行動にイラッとしたり、だるいと思ってしまうもの。

しかし『彼氏のことを最近ちょっと鬱陶しい、ハッキリ言ってうざい…』と思っても彼氏を嫌いになった訳ではありませんよね。ここでは、世の中の彼女たちが、彼氏の発言や行動にうざいと思う瞬間を3つ解説します。

 

 

彼女の存在を履き違えている

彼氏をうざいと思う瞬間は、彼女の存在を履き違えていると感じる事が原因となったパターンです。例えば『彼女だからとやたら甘えてくる時』や『過度な依存を感じる』『何でも許されると思っている』と、彼女という存在に甘えきった彼氏の態度に、彼女はうざいとイライラしてしまうのです。

どんな人でも、彼女という存在を履き違えて度を超えた対応ばかりされればもちろん嫌になりますよね。『最近ちょっと、親しき仲にも礼儀ありという事を忘れてない?』と感じた時に、彼氏の存在をうざいと感じるのです。

 

『何してるの?』がしつこい

彼氏をうざいと思う瞬間は、彼氏からの『何してるの?』がしつこい時です。休日、自分の趣味を楽しんでいる時や友達と遊んでいる時に『何してるの?』としつこい連絡が来ると、彼女もウンザリしてしまいますよね。

また、平日の仕事後に家でゆっくりしたい時に『何してるの?暇だったら電話しようよ』と言う彼氏に、ちょっと鬱陶しいな…と感じる女性は少なくありません。

疲れてだるい時は『悪いけど気を使ってくれないかな…』という気持ちから、彼氏をうざいと思うのです。

 

リアクションが大きすぎる

彼氏にうざいと感じる事は、実は日常の何気ない一コマにも隠れています。例えば、彼女の話に対するリアクションがわざとらしい。自分がミスをした時のリアクションが大きすぎる時に彼女は『ちょっと鬱陶しい…』と思うのです。

とくに、デート中に人前であるにも関わらずオーバーリアクションで対応される事で『ちょっと恥ずかしいんだけど』と、彼女をイライラさせてしまいます。

対処法に困る『大きすぎるリアクション』は控えめにしてもらいたいといった気持ちが、彼女たちの本音なのです。

 

彼氏のことをうざいと思う心理

彼氏のことをうざいと思う心理

彼氏のことを『ちょっと鬱陶しいな…』と対処法に困る時、彼女の心理の中は一体どんな気持ちが渦を巻いているのでしょうか。日頃からちょっと鬱陶しいタイプの彼氏であれば、些細な行動ひとつとってもうざいなと感じるものです。

しかし『最近なぜかうざいと感じるようになった…』という女性は、自分自身の心理の変化が原因となっている可能性があります。彼氏への好きが変わってしまっていないか、自分の心理状態を見つめ直す意味でも『彼氏のことをうざいと思う心理』について見ていきましょう。

 

かまってが鬱陶しい

彼氏をうざいと思う心理で多いのが『彼氏のかまってが鬱陶しい』が原因になっている場合です。例えば、彼女が仕事で忙しい時や心理的に余裕がない時に『LINEしようよ〜』だとか『今からそっち行っていい?』と、しつこいかまって攻撃を受けると、彼女の心理状態はイライラのピークに達してしまいます。

自分自身の事で一杯一杯なのに、彼氏への対処法も考えなくてはならないなんて、鬱陶しいどころの話ではありませんよね。彼氏の気遣いの無さにうざいという気持ちがグルグルと渦巻いてしまうのです。

 

好きが重い

彼氏をうざいと思う心理は、彼氏の『好き』が重くなっている可能性があります。人には誰だって、好きの気持ちに波があるもの。好きで好きで仕方がない時や、好きの気持ちが安定している時もあれば、最近ちょっと好きじゃないかも…と思う時期だってあります。

なぜか最近彼氏の好きが重い…と感じるのは、彼氏の『好き』と、自分の『好き』がうまく重なり合っていない事が原因だと言えます。気持ちの波は、まさに波のように時が経てば再び大波のように『彼氏への好き』が大きくなるでしょうから、過度に心配する必要はありません。

今はこんな時期だ、と落ち着くことが最善の対処法だと言えるでしょう。

 

だるい時は放っておいてほしい

彼氏をうざうと感じる心理は、彼女の心身の調子が関係している可能性があります。例えば、体調が悪い時は何もやる気が起きずベッドが出られないように、心理的にだるい時はいくら彼氏であっても放っておいてもらいたいものです。

だるい時は放っておいて欲しいのに、彼氏からいつもの調子でしつこいLINEが来たり、オーバーなリアクションをとられることで『ちょっと鬱陶しい…』と、ストレスを感じるのです。

この時にベストな対処法は、寝たふりをして連絡をシャットアウトする事がお互いに傷つかずに済みおすすめです。

 

彼氏のことをうざいと思う時の対処法

彼氏のことをうざいと思う時の対処法

彼氏をうざいと思う時の対処法を知りたいと思うのは、まだ彼氏との関係を続けていく意思がある証拠。最近、なぜか彼氏のことをちょっと鬱陶しいと感じる自分を責める必要はありません。

彼氏をうざいと感じている自分の心理をしっかり把握出来たら、彼氏をうざいと思った時に効果的な対処法を見つけましょう。自分に合った対処法をすることで、彼氏への愛情が湧き上がってくるかもしれません。

ここでは、彼氏をうざいと思う時の対処法を3つご紹介します。

 

対処法1:行動を注意する

彼氏をうざいと思う時の対処法で効果的なのが『彼氏のうざい行動を注意すること』です。うざい行動が目立つ彼氏は、自分がうざい行動をしていることに気づいていません。

ですから、彼氏とこれからも仲良く過ごしていきたいという意思があるなら、彼氏にきちんと『こういう行動は嫌』と分かってもらう必要があります。

ハッキリと『うざいからやめて』というのではなく、あくまで『こんな行動は嫌』と、オブラートに包むことをお忘れなく!

 

対処法2:『ちょっと待て』をする

彼氏をうざいと思う時は『ちょっと待ての対処法』がおすすめです。例えば、彼氏が理由もなく『今すぐ会いたい、会いに行っても良い?』としつこい連絡がきた時こそ『ちょっと待ての対処法』をとりましょう。

彼氏が心身共に健康であれば、過剰に彼女が対応する必要はありません。『今日はちょっと疲れているから、明日いっぱいラブラブしようね!』と可愛く伝えて自分の時間を死守しましょう。

『ちょっと待て』の後にポジティブな内容を足すことで、彼氏の心理を傷つけずに誤魔化せる対処法です。

 

対処法3:なぜうざいのか自問自答

彼氏をうざいと感じる時に効果的な対処法は、なぜ鬱陶しい、うざいと感じるのか自分の心理に自問自答することです。彼氏の存在をうざいと感じる原因は、彼氏に対する不満だったり自分の気持ちの変化かもしれません。

もしこのことが原因となっている場合、的確な対処法をとらずに放置しておくと、ますます事態が悪化してしまう恐れがあります。

なぜうざいのか対処法を考えられる内に、的確な対処法をとりましょう。

 

彼氏のことをうざいと思う時にしてはいけないこと

彼氏のことをうざいと思う時にしてはいけないこと

彼氏のことをうざいと感じる時、やってはいけないNG行動が3つあります。もしもこのNG行動をやってしまうと、彼氏への鬱陶しい気持ちが増幅する危険性だけでなく、彼氏の気持ちも深く傷つけることに繋がる恐れがあります。

彼氏をうざいと思っていても、彼氏への好きがハッキリしている時は、対処法に気をつけて行動しましょう。ちょっとしたことで、彼氏との関係が壊れる可能性があることをしっかり認識しておくべきです。

 

うざいと感じることを言う

彼氏をうざいと思う時、うざいと感じていることを直接言ってはいけません。逆の立場になった時、彼氏に面と向かって『ちょっとうざいんだけど…』と言われてしまったらどうでしょう。

自分では予期していなかったことで相手にうざいと思われていたなんて、かなり大きなダメージを受けてしまいますよね。うざいと思っていても、彼氏への愛情があるならやんわりと『私はこういう行動は嫌だなぁ』と伝えましょう。

優しい言葉で自分の意思をきちんと伝えることこそ、相手への敬意と愛情ではないでしょうか。

 

ツイートに愚痴を書く

彼氏のことをいくらうざいと思っていても、ツイートで愚痴を零すのは絶対NGです。とくに、彼氏と共通の知り合いがいる場合、彼氏の顔に泥を塗るだけではなく、女性自身の評価も落とすことに繋がります。

恋人への愚痴ツイートに対して、同情してくれる人よりも『いい大人が恋人の悪口をツイートに上げるなんて…』そんな風に思う人の方が多いです。

もしも彼氏にそのツイートを見られたら、どんな対処法をしても無意味に終わってしまうでしょう。

 

彼氏の人格否定

彼氏のうざいところをどうにかして欲しいという思いから『こんな行動はやめて』というのは良いです。彼氏との関係を続けるためには、お互いに不満を抱えていては成り立ちません。

ですが、彼氏に改善を促す時に彼氏の人格を否定する言葉で責めてはいけません。例えば『あなたのこんなところ、人としてどうかと思う』だとか『そういうネガティブな性格、直した方がいいよ』など、彼氏の存在を否定する言葉はNGです。

あくまで『私はこういう行動が嫌なの』と『私にとって嫌な行動をどうにかして欲しい』と伝えましょう。

 

彼氏のことをうざいと思わない方法

彼氏のことをうざいと思わない方法

大好きな彼氏のことですから、出来るだけうざいなんて思わずに平和に毎日を過ごしたいですよね。そのためには、まず彼氏のことをうざいと思わない方法を身につける必要があります。

彼氏のことを出来るだけうざいと思わないためには一体どうするべきなのか、彼氏のことをうざいと思わないための対処法を3つご紹介します。

 

年上になったつもりで流す

彼氏のことをうざいと思わないためには、年上になったつもりで流すことが大切です。例え彼氏の方が年上でも『精神年齢的には私の方が年上のつもりで…』と落とし込むことで、彼氏の鬱陶しい部分を上手く流せるようになります。

例えば、彼氏から『会いたい』としつこいLINEが来た時には『仕方ないなぁ』という風に、可愛い年下を相手にする気持ちで対処しましょう。決して上から目線になるのではなく、あくまで自分の中でだけ『お姉さん気分』で対応するのです。

 

愛情表現だと変換する

彼氏のことをうざいと思いたくないのでしたら、彼氏の鬱陶しい性格や行動は『彼女への愛情の大きさからくる愛情表現』だと解釈しましょう。彼氏の鬱陶しい発言や行動も、愛情表現だと解釈することで『どんだけ私のことが好きなのよ』と、不思議と可愛らしく思えてくるものです。

逆に、彼氏からの鬱陶しい愛情表現が減った時には彼女の方が『最近ちょっと冷たいんじゃないの?』と感じてしまうこともあるでしょう。お互いをどれだけ受け入れられるかが、カップルが長続きする秘訣なのです。

 

子犬のようだと考える

彼氏をうざいと思わないためには、彼氏を子犬のようだと考えることです。決して彼氏を見下せという意味ではありません。彼氏を『子犬のように可愛い存在』だと考えることで、彼氏の鬱陶しい行動ですら『可愛い』と思えるでしょう。

『鬱陶しくてうざい人』よりも『子犬みたいで可愛い人』の方が、愛情を感じるのではないでしょうか。愛情深く守ってあげたいと思えるようになったら、彼氏のことをうざいと思うことも無くなっているでしょう。

自分の意識ひとつで、自分の感情をコントロールすることが出来るのです。

 

彼氏をうざいと思ったら心を落ち着かせて!

長く付き合うほど、彼氏と彼女の間には遠慮がなくなってしまうものです。大好きな彼氏に対して『最近ちょっとうざいな…』と感じてしまうもの無理もないのです。

彼氏に対して鬱陶しいと感じた時は、我慢の限界で爆発する前に『私はこういう行動は嫌だから、直して欲しいな』と優しく抗議しましょう。彼氏との関係を良好なものにしたいなら、相手を傷つけないように配慮しながら自分の主張をきちんとする必要があります。

彼氏をうざいと思ったら、一旦心を落ち着かせて的確な対処法を探すことが大切なのです。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告