スタイリッシュな部屋作りには枝もの植物が欠かせない!枝もの植物のある空間

観葉植物ともお花ともちょっと違う枝もの植物の魅力。お部屋に枝ものを飾ると空間が垢抜けた雰囲気になり、爽やかな印象を運んでくれます。 今回はそんな枝もので、大人っぽくスタイリッシュにコーディネートしたお部屋をご紹介します。

公開日:
著者:
スタイリッシュな部屋作りには枝もの植物が欠かせない!枝もの植物のある空間

著者名

asunaro0312

asunaro0312

小さな子供を2人持つママです。カントリーを基調としたインテリアが大好きで、100均やホームセンター巡りをしながらDIYアイテムを探して練り歩いています。小さな子供がいても楽しめるインテリア作りを提案していきたいと思っています。

観葉植物ともお花ともちょっと違う枝もの植物の魅力。お部屋に枝ものを飾ると空間が垢抜けた雰囲気になり、爽やかな印象を運んでくれます。

今回はそんな枝もので、大人っぽくスタイリッシュにコーディネートしたお部屋をご紹介します。

何か植物をプラスしたい…、それなら枝ものがおすすめ!

枝もので鮮やかなリビング

枝もの植物

tuzu____26

枝ものの定番といえばドウダンツツジ。画像のように、ひと枝でも大胆でスタイリッシュなイメージを作りだします。

お花屋さんに置いてあることも多く、価格もひと枝800円〜1,000円前後が一般的。時期によってはかわいい白い花を咲かせてくれますよ。


 

 

枝もの植物2

asasa0509

シンプルでヴィンテージ感のある小物と一緒に、枝ものを添えるのも素敵。

茶色・黒の落ち着いたコーディネートに鮮やかなグリーンが足され、華やかな印象になります。


 

枝もの植物3

acoknack

こちらはブルーベリーの枝ものを飾ったアイディア。

ブルーベリーの小さな実がかわいらしく、お部屋全体がやわらかい雰囲気になりますね。


 

枝ものでハイセンスなキッチン作り

枝もの植物4

kayo.home00

キッチンに何かグリーンを…と考えている方は、枝ものを置いてみてはいかがでしょうか?

大きな枝もの植物が爽やかで洗練されたイメージを作り、キッチンに清潔感を与えてくれます。


 

枝もの植物5

hiiroooon

モノトーンのクールなキッチンに枝ものグリーンをオン。シンプルで生活感のない空間に、親しみやすさが生まれました。

枝ものの大胆な雰囲気は、控えめで落ち着いたインテリアにこそよく合いますよ。


 

和テイストは枝ものとの相性が抜群!

枝もの植物6

akincona

和室に植物を飾る場合も枝ものがおすすめです。

観葉植物を置くよりも繊細で上品なイメージを生み、和の雰囲気によく馴染みますよ。


 

枝もの植物7

acoknack

こちらはうんりゅう柳の枝もの。赤・ピンクのかすみ草をプラスすることで、懐かしくもかわいらしい和のイメージに。

このように、枝ものに主張しすぎないお花を添えるのもテクニックです。


 

枝もの植物8

sho.candy

こちらはサンキライとつるうめもどきを飾っています。

キッチンの画像ですが、和テイストのお花をプラスすることで一気に和風キッチンに早変わり。

かわいらしくて和めるキッチンは、一番のお気に入りの場所になりそうです。


 

枯れ枝もので落ち着いた印象に

枝もの植物9

chienario

グリーンやお花が印象的な枝ものですが、実は枯れ枝もインテリアになり得るのです。

こちらは雲竜柳。葉をつけた姿も迫力がありますが、枯れ枝となることで静かな重厚感を感じますね。


 

枝もの植物10

rinoouchi

シンプルな枯れ枝ものにオーナメントをプラス。

そのままだとちょっと寂しい枯れ枝ものも、オーナメントで遊び心を出せば大人かわいいインテリアとなります。


 

ちょっと変わった枝ものの飾り方

枝もの植物11

ayane_ciel

枝ものは花瓶に挿すばかりではありません。画像のようにドライフラワーと一緒に壁に飾っても◎。

こちらはたくさんのドライフラワーと一緒にプラスしていますが、枝ものひとつを壁の真ん中に飾るのも、モダンで魅力的です。


 

枝もの植物12

amanatsu2627

絵と一緒に立てかけることで、階段のアクセントインテリアに。

一緒に飾る絵と枝ものの相性が必要ですが、こちらは黒と赤の暗めのコーディネートが壁の優しい色合いとマッチしています。


 

枝もの植物13

_____mariagram

こちらは花瓶をメインとし、枝ものをサブにする上級者テクニックです。

大きくて美しい色合いの花瓶に、爽やかな緑をプラスすることで涼しげなイメージを作り出しました。


 

まとめ

枝ものは寿命も長く、葉→開花→枯れ枝と3段階で楽しめるのも魅力です。

お部屋に植物をプラスしたいと考えている方は、是非枝ものにチャレンジしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告