喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴とは?別れた方がいいパターンもご紹介

喧嘩するほど仲がいいと聞くけど本当なの?喧嘩が多いカップルは別れた方がいい?など、付き合っていて喧嘩が多いとこの先不安になりますよね。 今回は、喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴と、喧嘩が多く別れたほうがいいカップルの特徴をご紹介します。

公開日:
著者:
喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴とは?別れた方がいいパターンもご紹介

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

喧嘩するほど仲がいいと聞くけど本当なの?喧嘩が多いカップルは別れた方がいい?など、付き合っていて喧嘩が多いとこの先不安になりますよね。

今回は、喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴と、喧嘩が多く別れたほうがいいカップルの特徴をご紹介します。

喧嘩するほど仲がいい説は本当?

喧嘩するほど仲がいい説は本当?

 

 

喧嘩の仕方次第!

喧嘩するほど仲がいい説は本当なのか。その答えは、喧嘩の仕方次第であると言えます。言いたいことを我慢して溜め込むような関係性では長続きしません。

自分の気持ちを相手に伝えたり、相手も気持ちも理解することがとても重要になります。そのため、自分の言い分だけを一方的に言いつけたり、相手をけなすような喧嘩をするようなカップルであれば、決して喧嘩するほど仲がいいとは言えません。

自分の気持ちは溜め込まずに伝える、相手の気持ちも聞き入れる、という、今後より深い関係になるような喧嘩をするカップルは、喧嘩するほど仲がいいと言えるでしょう。

 

不満を溜め込まれるのは男性心理としてNG

男性心理として、女性が不満を溜め込んでいて、我慢できなくなって急に爆発されることが苦手です。しかしその一方で、常に自分の希望や気持ちばかりを押し付けてこられるというのも苦手です。

喧嘩にならないようにと不満を溜め込むよりは都度言ってほしい。けどあまりにも一方的に言われるのはしんどい、という心理なのです。

そのため、相手の気持ちや状況も踏まえつつ、自分の希望や気持ちを適宜伝えることが大事になります。喧嘩するほど仲がいい説は、このあたりの男性心理が大きく影響しているのかもしれないですね。

 

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴

いい関係性を築くための喧嘩をしている

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴1つ目は、いい関係性を築くための喧嘩をしているということです。喧嘩するほど仲がいいカップルの喧嘩をする理由は、単純に腹が立ったから言わないと気が済まない、相手がどう考えていようと自分の意見が正しい、などいうような、自分本位なものではありません。

これからも付き合っていきたいからこそ、自分がやられて嫌だと感じたことや、言われて悲しいと感じたことを伝えたいという思いから起こることが多いです。そしてなぜ相手がなぜその言動をしたのか、どういう背景があったのかも知ろうとします。

 

不満は直接言い合って解決する

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴2つ目は、不満は直接言い合って解決するということです。たまに、周囲の友達や同僚に恋人の愚痴を言う人もいますが、喧嘩するほど仲がいいカップルは、周囲に愚痴を言っても意味がないことを知っています。

不満があるのであれば直接言い合うべきだし、直接言われたいと考えています。自分の不満を、自分以外の人に言われるというのは、相手に信頼されていないと感じるものです。

本人同士のことは、直接言い合うことでしか解決できません。喧嘩するほど仲がいいカップルは、お互いに信頼しているからこそ言い合うことができるし、喧嘩を重ねる度にさらに信頼が生まれると考えています。

 

好きな人だからこそ本音で話したいと考えている

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴3つ目は、好きな人だからこそ本音で話したいと考えているということです。好きな人の前では、いい自分で居たい、嫌われたくないから不満は言わない、と思う人は多いです。

しかし本音で話せない相手とは長続きしません。本音じゃないことはいつか相手にばれますし、自分自身も疲れます。

恋愛関係だけではなく夫婦であればなおさらそうですが、本音で話すことで絆が生まれるものです。喧嘩するほど仲がいいカップルは、本音で話すことの重要さを分かっているのです。

 

喧嘩は分かり合うための話し合いと心得ている

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴4つ目は、喧嘩は分かり合うための話し合いと心得ているということです。喧嘩と聞くと多くの人は、言い合い、怒鳴り合いなど感情的なイメージが湧くかと思います。

しかし喧嘩するほど仲がいいカップルは、喧嘩はお互いが分かり合うための話し合いと心得ています。喧嘩するほと仲がいいカップルにとって「喧嘩をした」というのは、実際は「意見の食い違いがあったから話し合った」という意味合いが強いです。

 

喧嘩中の態度が同じ

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴5つ目は、喧嘩中の態度が同じということです。喧嘩中の態度は、人によって違います。距離を取って一人になりたがる人、一緒に居ても口は利かないという人、寝たら忘れるという人、様々です。

喧嘩中の態度が違うと、相手に拒絶されたと感じたり、どちらか一方の中ではもう解決しているのに一方はまだ引きずっているなど、価値観の違いから、必要以上に距離が空いてしまうことがあります。

喧嘩をしている時というのは、怒っているとはいえ好きな人との距離を感じて心許ないものです。喧嘩中の態度が同じであれば、必要以上に悩むことがなく、喧嘩している内容だけに集中できます。

喧嘩するほど仲がいいカップルにとって、必要以上に悩みを広げないのが、喧嘩の流儀なのです。

 

仲直りのタイミングが合う

喧嘩するほど仲がいいカップルの特徴6つ目は、仲直りのタイミングが合うということです。喧嘩中の態度同様、仲直りのタイミングも人によって違うものです。

相手が謝るまで絶対に謝らない人、喧嘩を無駄に長引かせないために自ら仲直りしようと歩み寄る人、喧嘩したその場で仲直りしようとする人など、様々です。

仲直りのタイミングが違いすぎると、そのことでまた新たな喧嘩になることがあります。また、お互いに、相手が謝るまで絶対に謝らないタイプだった場合は、無駄に喧嘩が長引きます。

喧嘩するほど仲がいいカップルは、仲直り上手なので安心して喧嘩ができるのです。

 

喧嘩が多く別れた方がいいカップルの特徴

喧嘩が多く別れた方がいいカップルの特徴

嘘をつく場合

喧嘩が多く別れた方がいいカップルの特徴1つ目は、嘘をつく場合です。相手のことを想った嘘であればいいのですが、自分を守るためだけの嘘は許し難いものです。信頼関係が築けないのも無理ありません。自分本位な嘘をつく人とは、喧嘩をしても仲が深まることはないでしょう。

分かり合うために喧嘩をするものなのに、そこに嘘がある場合は分かり合うことができませんよね。喧嘩するほど仲がいいと言われるカップルの喧嘩は、音で話し合える誠実な関係だからこそ成り立つのです。

 

自分のことしか考えていない

喧嘩が多く別れた方がいいカップルの特徴2つ目は、自分のことしか考えていないことです。喧嘩は、自分の気持ちを伝えるだけではなく、相手の気持ちや価値観なども聞き入れて初めて意味のあるものになります。

自分のことしか考えていない場合は、相手に歩み寄ることができずいい関係性を築けないので、喧嘩するほど仲がいい関係とは程遠くなります。

 

価値観が逆のことが多い

喧嘩が多く別れた方がいいカップルの特徴3つ目は、価値観が逆のことが多いことです。多少の価値観の違いであれば誰にでもあることでしょう。しかし、何かと全く逆の価値観である場合は、新鮮な関係性と捉えるか、相性が合わないと捉えるかのどちらかです。

逆の価値観を、お互いに新鮮と捉えられればいいですが、価値観の違いによって不毛な喧嘩が多い場合は相性が合わない、つまり喧嘩するほど仲がいい関係にはなれないと捉えた方が自然でしょう。

 

相手をけなす言葉を使う場合

喧嘩が多く別れた方がいいカップルの特徴4つ目は、相手をけなす言葉を使う場合です。いくら喧嘩とはいえ、相手をけなしたり人格を否定するような言葉がある場合は、相手を見下していたり自分が否定されないように強がっているだけなので、別れた方がいいでしょう。

相手を尊重した話し合いができないのは、喧嘩ではなく単なるけなしあいです。相手をけなすような喧嘩が多いカップルは、喧嘩するほど仲がいいとは言えないでしょう。

真の喧嘩するほど仲がいいカップルは、根本に信頼や愛情があるので、いくら喧嘩になっても、相手をけなずような言葉は言いません。

 

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント

喧嘩はより良い関係性を築くためのものと考える

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント1つ目は、喧嘩はより良い関係性を築くためのものと考えることです。喧嘩を単なる言い合いとして捉えるのではなく、自分の気持ちを伝え、相手を受け入れるためのものと捉えると、自然といい喧嘩ができます。

より良い関係性を築くために話すという意識を持つことで、自分本位な言い方になることはないですし、相手の気持ちや考えも聞き入れやすくなります。

喧嘩するほど仲がいいと言えるカップルは、この先の関係を考えた上で喧嘩しています。

 

違いを受け入れる

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント2つ目は、違いを受け入れることです。いくら一緒にいるカップルや夫婦でも他人は他人です。

全て同じ価値観や考え方の人はいません。違いがあって当たり前、むしろ違いは新鮮、と前向きに受け入れることが大事です。

喧嘩をすることでまず違いを認識し、その上で「なるほど、そういう価値観もあるんだな」と受け入れることで、自然と、喧嘩するほど仲がいいカップルになっていくものです。

 

適度な距離感を保つ

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント3つ目は、適度な距離感を保つことです。距離が近すぎることで、見る必要がない部分まで見えてしまったり、大事なものが見えなくなってしまったりします。

その結果、小さい喧嘩や意味のない喧嘩が増えます。ある程度距離間を保つことで、意味のある喧嘩だけになり、喧嘩するほど仲がいい関係になれます。

必要に応じて物理的に距離を空けることも大事ですが、どちらかというと、精神的に距離を保つように意識しましょう。依存していたり、いつもべったりという関係性だと距離が近すぎるので、メリハリのある距離感にすることが大事です。

 

仲直りのルールを決めておく

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント4つ目は、仲直りのルールを決めておくことです。喧嘩したら3日以上は長引かせない、喧嘩しても毎日おやすみのキスはする、など2人だけのルールを決めておくようにしましょう。

喧嘩した時にも、余計なストレスや気苦労を抱えることなく喧嘩の内容に集中できますし、安心して喧嘩しやすくなります。喧嘩するほど仲がいいカップルは仲直り上手なのです。

 

言わなくても分かるだろうと思わない

喧嘩するほど仲がいいカップルになるためのポイント5つ目は、言わなくても分かるだろうと思わないことです。いくら長く付き合っていても、言葉で言わないと分からないことは多いものです。

自分の基準は他人の基準ではありません。自分の中で当たり前に思っていることが、相手にとってはそうではないことも少なくありません。

喧嘩するほど仲がいいカップルは、言葉で伝えることの大事さを分かっているので、喧嘩も意味のあるものになり、信頼がどんどん深まります。

言葉で話さなかったことが原因で喧嘩になった場合、その時には既に深い溝ができてしまっている可能性があります。それほど、言わなくても分かるだという考えは危険なのです。

 

喧嘩するほど仲がいいカップルの仲直りする時のポイント

喧嘩するほど仲がいいカップルの仲直りする時のポイント

無視はしない

喧嘩するほど仲がいいカップルの仲直りする時のポイント1つ目は、無視はしないことです。喧嘩後、いくら話したくないからと言って相手が話しかけてきても無視をするというのは、喧嘩するほど仲がいいカップルにはなれません。

喧嘩するほど仲がいいカップルは、無視をすることに意味がないことを知っています。しかし腹が立ってどうしても話したくない、顔も見たくないという場合もあるでしょう。

その場合は、距離を置きたい旨を事前に伝えるのです。話さない期間をあえて作ることで、お互いに冷静になり、反省したり素直に謝ろうと思うものです。また、その際は「3日間は距離を置きたい」など期限も付けると、必要以上に不安になることもなく、自分の気持ちの整理もつけやすくなります。

 

具体的な解決策を伝える

喧嘩するほど仲がいいカップルの仲直りする時のポイント2つ目は、具体的な解決策を伝えることです。特に女性が、彼氏に対して怒って喧嘩になった場合、具体的な解決先を伝えましょう。

男性は、彼女が怒っている本当の原因を理解できないことがあります。そうすると、「じゃあどうすればいいのか、どうすればよかったのか」というポイントが正しくつかめません。

そのため、喧嘩するほど仲がいいカップルは、女性側から「こういうことをされて、私はこう感じたから、こういう風にしてくれると嬉しい」などと、喧嘩になった原因について具体的な解決策を伝えるのです。具体的に伝えることによって、同じような原因で起こる喧嘩はぐんと減ります。

 

最後は必ずスキンシップ!

喧嘩するほど仲がいいカップルの仲直りする時のポイント3つ目は、最後は必ずスキンシップをとることです。喧嘩するほど仲がいいカップルは、喧嘩の最後はスキンシップで気持ちを切り替えます。

ハグやキスなど、直接触れ合うことで、より愛おしさを感じるのです。この喧嘩の最後のスキンシップは、喧嘩するほど仲がいいカップルと言われる秘訣です。

 

喧嘩するほど仲がいいカップルになろう!

喧嘩するほど仲がいい説は、喧嘩の仕方次第ということが分かりましたね。どんなに長く付き合っていても、自分の気持ちや考えは言葉で表現しないと分からないものです。

気持ちのすれ違いを避けるためにも、言葉で伝えることと、相手の言葉を聞くことが大事です。

喧嘩するほど仲がいいカップルにはその意識が根本にあるので、喧嘩も悪いものではなく、この先2人がより良い付き合いができるような意味のあるものになると考えています。

喧嘩を3人の信頼と絆を深めるきっかけにして、喧嘩するほど仲がいいカップルになりましょう♡

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告