愛情表現が苦手な彼氏の本音とは?男性がされて嬉しいこと&好きな人にだけすること

日本人男性は、外国人男性に比べると奥手で奥ゆかしい男性が多い傾向にありますが、そんな奥手な彼氏に対して「もっと愛情表現をして欲しい!」と思う女性も少なくないですよね。そこで今回は彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現や好きな彼女にだけする愛情表現などをご紹介します。愛情表現をしない男性について、疑問点を追求しちゃいましょう!

公開日:
著者:
愛情表現が苦手な彼氏の本音とは?男性がされて嬉しいこと&好きな人にだけすること

日本人男性は、外国人男性に比べると奥手で奥ゆかしい男性が多い傾向にありますが、そんな奥手な彼氏に対して「もっと愛情表現をして欲しい!」と思う女性も少なくないですよね。

そこで今回は「彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現」や「彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現」「愛情表現をしない男性の本音・心理」などをご紹介します。愛情表現をしない男性について、疑問点を追求しちゃいましょう!

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現

 

 

辛い時に愚痴を聞いてくれる

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現1つめは「辛い時に愚痴を聞いてくれる」というものです。男性は、仕事に対するプレッシャーや愚痴を、女性の前で吐き出しにくいという傾向があります。

ですから、自分が辛い心理状態に陥っている時に、愛する彼女が何も言わずに寄り添ってくれるのを感じたり、自分の愚痴を言った時に何も言わずに「うんうん」と真剣に聞いてくれるだけで、彼氏は彼女から大きな愛情を感じるのです。

 

ストレートな言葉での愛情表現

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現2つめは「ストレートな言葉での愛情表現」というものです。例えば、彼氏のことを好きだと実感した時に「好き」「愛しい」という気持ちを言葉で伝えてみたり、何気ない会話の中で「そういう男らしいところ、かっこいいよね」と、褒めると男性は嬉しく感じるようです。

ストレートな言葉で愛情表現をしてくれる彼女に対して、彼氏は「愛されているなぁ」としみじみと実感するのです。

 

日常的なスキンシップ

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現3つめは「日常的なスキンシップ」です。いつまで経ってもラブラブなカップルに共通している特徴が、日常的にスキンシップをし合っているということです。

例えば、一緒にテレビを見る時に彼氏の肩に寄りかかってみる、彼氏の後ろからぎゅっと抱きついてみるといった、彼女の甘えん坊な行動に彼氏は嬉しいと感じる傾向が強いのです。

 

LINEでのハートの絵文字

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現4つめは「LINEでのハートの絵文字」です。例えば、仕事のお昼休みに「午前中もおつかれさま、午後も頑張ろうね♡」というLINEや、就寝前に「おやすみなさい♡」という、ハートの絵文字がついたLINEにキュンとしてしまうのです。

普段の何気ないLINEのやりとりの中でも、彼女からのささやかな愛情表現を嬉しいと感じる男性はとても多いので、一日の中で要所要所にハートの絵文字を入れてみると、彼女の愛情が伝わりやすくなるでしょう。

 

目が合った時の軽いキス

彼氏が彼女にされて嬉しい愛情表現5つめは「目が合った時の軽いキス」です。奥手でシャイな彼氏や、ドライなタイプの彼氏にも通用する愛情表現として効果が高いのが、目が合った時に可愛くちゅっと触れるだけのキスをするという行動です。

彼氏と目が合った時に、お茶目な感じで軽いキスをして戯れると、普段愛情表現をしない彼氏をドキドキさせることができるでしょう。自分からキスをするのは少しハードルが高いことですが、勇気を出してチャレンジしてみましょう。

 

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現

自分の友達を紹介してくれる

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現1つめは「自分の友達を紹介してくれる」ということです。男性は、自分の彼女を心から大切に思えた時に、自分の家族や友達に紹介したいという心理が働きます。

ですから、もしも彼氏から「友達を紹介したい」と言われた時は、彼氏があなたを愛しているという愛情表現である場合が多いので、快く頷いてあげましょう。

 

何気ない日のささやかなプレゼント

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現2つめは「何気ない日のささやかなプレゼント」です。男性は、本当に好きな彼女に対して「彼女の喜ぶ顔が見たい」「彼女が欲しいと望むものはプレゼントしてあげたい」と考えるものです。

ですから、あなたが何気なく「新しいスマホケースが欲しいなぁ」だったり「甘いものが食べたいね」と言った時に、彼女の何気ない言葉を覚えて叶えようとしてくれるのは、彼氏から愛情表現のひとつなのです。

 

日頃から彼女を優先した行動が目立つ

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現3つめは「日頃から彼女を優先した行動が目立つ」ということです。

例えば、道を歩く時にもさりげなく車道側を歩いてくれたり、彼女のためにレストランやショップのドアを開けてくれるなど、ほんの小さな行動だからこそ、彼氏がどれだけ彼女のことを愛しているかが見えてくるのです。

日頃の彼氏の行動をチェックしてみると、彼女へのさり気ない愛情表現に気づけるかもしれません。

 

「愛してるよ」と伝えてくれる

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現4つめは「愛してるよと伝えてくれる」ということです。シャイな性格の彼氏や、ドライなタイプの彼氏だと、なかなか本人の口から愛してるという言葉を聞くことは難しいでしょう。

しかし、彼女から愛してるという言葉が聞きたいとねだられた時に、本当に好きな彼女からの要望にはできるだけ応えてあげたいと考えるのが男性心理なので、照れながらでもぶっきらぼうでも「愛してる」と伝えてくれることが期待できます。

 

別れる時の寂しそうな態度

彼氏が本当に好きな彼女にだけする愛情表現5つめは「別れる時の寂しそうな態度」です。大好きな彼女とのデートの終わりという別れる瞬間は、彼氏にとってとても寂しく感じるものです。

ですから、デートが終わって別れる時間がきた時に、名残惜しそうにしたり寂しそうな表情や態度を見ることができれば、それはれっきとした彼氏から彼女への愛情表現なのです。

 

愛情表現をしない男性の本音・心理

愛情表現をしない男性の本音・心理

本音・心理①日本人男性は奥手であるべき

愛情表現をしない男性の本音・心理1つめは「日本人男性は奥手であるべき」だという心理からくる理由です。この考えを持っている男性は、父親が「男は奥手であるべき」だという考えの人が多い傾向にあります。

子供の頃から「日本人男性は奥手であるべき」だという考えの元に育ってきたので、日本人男性は奥手だという固定観念が染み付いてしまい、ストレートな愛情表現が苦手になってしまっているのです。

 

本音・心理②素直になれないドライなタイプ

愛情表現をしない男性の本音・心理2つめは「素直になれないドライなタイプ」だということです。素直になれないからという理由で、愛情表現をしないドライな男性は、少しメンヘラ気質のある男性に多い傾向があります。

自分がドライでいることを彼女にも理解して欲しいと考えているタイプが多く、自分は素直じゃないにも関わらず、彼女には大きな愛情表現を求めるといった特徴があります。

 

本音・心理③シャイで恥ずかしがり屋

愛情表現をしない男性の本音・心理3つめは「シャイで恥ずかしがり屋」だということです。シャイで恥ずかしがり屋な男性は、そもそも愛情表現をすること自体に強いプレッシャーや苦手意識を抱えていることが多いです。

ですから、もしも彼氏がシャイで恥ずかしがり屋なタイプであれば、無理に愛情表現を求めるのではなく、日常の中で彼氏が見せてくれる小さな行動の中から、彼氏なりの愛情表現を見つけていくということを意識しましょう。

 

本音・心理④女性心理がわからない

愛情表現をしない男性の本音・心理4つめは「女性心理がわからない」というものです。この本音と心理は、恋愛経験の少ない男性に多く見られる理由なのですが、自分自身の愛情表現に自信がないと考えている男性が多い特徴があります。

自分が愛情表現をした時に「彼女に引かれてしまったらどうしよう」だとか「うざいと思われるかも…」と、ネガティブな思考がグルグルと回っているために、ストレートに表現することができないのです。

 

本音・心理⑤愛情表現の方法がわからない

愛情表現をしない男性の本音・心理5つめは「愛情表現の方法がわからない」というものです。この本音と心理に陥ってしまう男性に多いのが、幼少時代に、両親や兄弟とのスキンシップが少ない環境で育った男性だということです。

子供の頃に、甘え方や愛情表現の仕方を教わらずに成長してしまったので、大人になった今でもどのように人に甘えたり、愛情表現をしたらいいのかわからずにいるのです。

 

お互いの愛情を確認する方法

お互いの愛情を確認する方法

方法①彼氏の様子を見て甘えてみる

お互いの愛情を確認する方法1つめは「彼氏の様子を見て甘えてみる」ということです。男性は、自分が何かに集中している時や、自分の心理状態が安定していない時には、いくら大好きな彼女からの甘えにも応えられないという特徴があります。

ですから、彼氏の様子が安定していて、あなたときちんと向き合ってくれている時に、彼氏にぎゅっと抱きついてみると良いでしょう。この時に、照れながらも素直に受け入れてくれれば、お互いの愛情を確認することができます。

 

方法②自分からキスをしてみる

お互いの愛情を確認する方法2つめは「自分からキスをしてみる」ということです。自分からキスをすることに抵抗がある女性も少なくはありませんが、よほどの理由がない限り、大好きな彼女からのキスを不快に感じる男性はいないでしょう。

彼女からのキスに対して自然な形でキスを返してくれたり、じゃれ合うことができる関係が築けていると、お互いに愛情を持ち合って一緒にいるんだということを確認することができるはずです。

 

方法③目を見つめて「愛してる♡」

お互いの愛情を確認する方法3つめは「目を見つめて愛してると伝える」ということです。この方法は、少しの勇気を持つだけで誰でも簡単に行うことができる、愛情の確認方法です。

彼氏と向かい合っている状態で、彼氏の目を見つめながら「愛してる♡」とストレートに愛情表現をしてみましょう。この時に笑われてしまっても、その後彼氏が嬉しそうな態度をとっていたら、お互いに愛し合っているということが確認できます。

 

方法④スキンシップに心地良さを感じ合えるか

お互いの愛情を確認する方法4つめは「スキンシップに心地良さを感じ合えるか」ということです。お付き合いが長くなってくると、どんなことに対しても相手にドキドキとした高揚感を感じなくなるものです。

しかし、何をする訳でもなくお互いがお互いの肌に触れた時に、心が落ち着くような心地良さを感じることができれば、お互いに安定した深い愛情を持ち合っているということが確認できます。

 

方法⑤少しだけ心配させてみる

お互いの愛情を確認する方法5つめは「少しだけ心配させてみる」ということです。例えば、理由もなくそっけない態度をとってみたり、他の男性からアプローチされたということをチラッと言ってみるなど、ほんの少しだけ心配させてみることで、彼氏の嫉妬心が愛情に変わるのです。

しかし、この方法はあまりにも度を越してしまうと、うんざりされたり喧嘩の元になってしまう恐れがあるので、短時間で終わらせるということと、その後のフォローをきちんと行うことが鉄則です。

 

彼氏が嫌がるNGな愛情表現

彼氏が嫌がるNGな愛情表現

多すぎるスキンシップはNG

彼氏が嫌がるNGな愛情表現1つめは「多すぎるスキンシップはNG」だということです。いくら大好きな彼女からのスキンシップだからと言って、あまりにもベタベタすることが多すぎる、空気を読まずに甘えてくる、という行動が目立つと、彼氏も彼女に呆れてしまう可能性が高くなってしまいます。

スキンシップは相手の様子を確認しながら、相手に負担や不快感を与えないことを前提に行うということを意識しましょう。

 

駆け引きのためにあえて愛情表現をしない

彼氏が嫌がるNGな愛情表現2つめは「駆け引きのためにあえて愛情表現をしない」ということです。シャイで愛情表現が苦手だったり、ドライな彼氏への駆け引き材料として、愛情表現をしないということを実践するのはおすすめできません。

なぜなら、男性はこのようなネガティブな駆け引きをすること自体を嫌う人が多く、駆け引きを繰り返している内に、あなたの愛情そのものを疑われてしまう恐れがあります。

 

重い愛情表現は敬遠される

彼氏が嫌がるNGな愛情表現3つめは「重い愛情表現は敬遠される」ということです。重い愛情表現の基準は、人によってさまざまですので、彼氏がどのようなタイプなのかを日頃から見極める必要があります。

重い愛情表現として男性から多く挙げられるのが「返信していないのに何通も送られてくるLINEや電話」「ことある毎に浮気を疑われる」といった、彼女からの度を超えた行動を男性は重い愛情表現だと感じてしまうのです。

 

度を越したサプライズ

彼氏が嫌がるNGな愛情表現4つめは「度を超したサプライズ」です。サプライズが好きな女性は多く存在しますが、実は日本人男性は、サプライズに対してあまり親しみや喜びを感じていないというのが本音です。

しかも、冗談にもならないようなドッキリを仕掛けたサプライズや、あまりにも高価なプレゼントをサプライズで贈るといった、男性視点で「度を超したサプライズ」を受けると、こんな愛情表現は嫌だと感じてしまうのです。

 

愛情表現は大切です♡

愛情表現と一口に言っても、愛情表現にはさまざまな方法や伝え方が存在します。カップルにとって、お互いの愛情を確認し合うということはとても大切なことですが、きちんと把握しておきたいのが、相手の「愛情表現の対する価値観」を重視するということです。

愛情表現は、人によってさまざまな意見や考えがありますから、自分の愛情表現の定義を相手に押し付けるのではなく、お互いに心地良さを感じるような愛情表現の方法を見つけてみましょう。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告