ネット恋愛って実際どう?男女の本音&成功させるコツを解説します!

学校や仕事などで大忙しな現代人。多忙な毎日を送っていると、異性に会う機会がなく困りますよね。そんな事情もあり最近は「ネット恋愛」で恋人を見つける人が増えてきています。しかし、ネット恋愛には不安もつきまといます。今回は、ネット恋愛のメリットやデメリット、男女の本音や心理、ネット恋愛を成功させるコツなどを詳しく解説します。

公開日:
著者:
ネット恋愛って実際どう?男女の本音&成功させるコツを解説します!

著者名

Kaya

Kaya

趣味は、恋愛物のお話を読むこと。自身の恋愛経験や婚活体験をもとに、独身女性にとって価値のある情報を発信していこうと思います。

学校や仕事などで大忙しな現代人。多忙な毎日を送っていると、異性に会う機会がなくて困りますよね。

そんな事情もあり、最近は「ネット恋愛」で恋人を見つける人が増えてきています。ネット恋愛で出会い、そのまま結婚に至るケースも珍しくありません。

しかし、ネット恋愛には不安もつきまといます。顔の分からない相手と電話やLINEをしただけで、本当に両想いになれるのでしょうか?

今回は、ネット恋愛のメリットやデメリット、ネット恋愛に対する男女の本音や心理、ネット恋愛を成功させるコツ、気をつけることなどを詳しく解説します。

ネット恋愛とは

ネット恋愛

そもそもネット恋愛とは、どういった恋愛の方法を指しているのでしょうか?ネット恋愛について知っておきましょう。

 

ネットを使って恋人探しをする

ネット恋愛とは、ネット上で恋愛の相手を探したり恋愛したりすることです。

マッチングアプリ等を使って相手を探し、すぐにリアルで出会うというケースもあれば、SNSやネットゲームの中でメッセージのやり取りをし、実際には会ったことがなくても恋人の関係になるというケースもあります。いずれにしても最初の出会いはネット上で行われます。

 

ネットでの出会いが賛否両論だった時代も

ネット恋愛というと、一昔前までは危険なイメージがあり賛否両論でした。しかし最近は、ネット恋愛で結婚するカップルが増えてきており、特に海外では非常にメジャーな恋愛の方法になっています。「ネット恋愛=危ない」というのは、とても古い考えです。

お見合いの文化が廃れつつある今、なかなか出会いの場がない男女が増えてきています。そんな現代の若者にとって、ネット恋愛はとても便利で身近な方法なのです。

 

 

ネット恋愛のメリット・デメリット

ネット恋愛のメリット・デメリット

便利なネット恋愛ですが、デメリットももちろんあります。メリットとデメリットをいくつかご紹介します。

 

脈アリの相手にすぐにアプローチできる

ネット恋愛は、趣味や嗜好、年齢などで相手を検索し、簡単にぴったりな相手を見つけることができます。すぐに連絡をとることもできるので、脈アリかどうかもメッセージの頻度や文面から何となく感じ取ることが可能です。

現実ではなかなか異性に話しかけにくいという人でも、ネットであれば気軽にアプローチすることができます。

 

片思いで終わっても傷つきにくい

ネット恋愛で何度かメッセージのやり取りをして、「よかったら付き合ってください。」と告白したとします。相手の返事がOKならば良いのですが、時には片思いのままで関係が終了してしまうこともあります。

これが現実の恋愛であれば、面と向かって別れを告げられることが多いので非常にショックを受けることでしょう。しかし、ネット恋愛は文字だけのやりとりで恋愛関係を築くことも多いので、「やっぱり君とは付き合えない。」と言われても、心の傷が最小限で済むというメリットがあります。

ネット恋愛なら、次から次へと恋人候補の人が見つかります。次の人にアプローチしている間に、片思いの相手への想いが薄れることもあるでしょうし、新しい恋人ができれば昔の心の傷は癒えていくはずです。片思いの人のことが忘れられない場合もあると思いますが、ずっと想い続けても意味がないので、思い切ってアカウントをブロックして過去を断ち切るということもできます。

 

相手に嘘をつかれる可能性がある

ネット恋愛では、相手のことを知るためにSNSのプロフィールを見たり、マッチングアプリのメッセージ機能を使って情報をやりとりしたりします。その時に、相手が嘘を言ってくる可能性があるのがデメリットです。学歴や年収、性別、恋人の有無など、嘘の内容は多岐にわたります。

もちろんネット恋愛でなくても嘘をつく人はいます。しかし、ネット恋愛の場合は顔が見えない相手なので、より気軽に嘘がつけてしまうのです。

 

相手の顔が分からない

ネット恋愛最大のデメリットは、相手の顔が分からないということです。

顔は重要な個人情報なので、マッチングアプリやSNSでも顔写真をアップしていない人は大勢います。アップしていたとしても、ボカシが入っていたりして顔全体が見えないことも多いです。悪質なケースだと、別人の写真を勝手に使っていることもあります。

 

出会うのも簡単なら別れるのも簡単

ネット恋愛は簡単に出会えるのが魅力ですが、簡単に別れることができてしまうというデメリットもあります。特に、まだネット上だけの付き合いで「今度デートしましょう。」という口約束だけをしていた場合、相手の気が変わればあっさりと別れを告げられてしまう可能性があるのです。

「冷めたから、やっぱり別れよう。」と連絡があるならまだ良い方で、中には急に音信不通になったり、SNSのアカウントを一方的にブロックされてしまうというケースもあります。気軽に出会うことができる反面、軽い気持ちで別れを突き付けられる可能性もあるので、覚悟が必要です。

 

出会いのきっかけを親に説明しづらい

ネット恋愛は現代であれば珍しいことではなく、たくさんの人がしていることです。しかし、親の世代の感覚だと、ネット恋愛=危険という認識が強いため、お互いの両親に挨拶に行った時に、出会いのきっかけを説明するのが難しい場合があります。その場合、「趣味で知り合った。」などの無難な言い訳を用意する必要がありそうです。

両親だけでなく、親族や友人、職場の人などもそういった偏見を持っている場合があります。ネット恋愛で恋が成就するということが理解できない人もおり、「すぐに離婚するんじゃない?」などの心無い発言を浴びせられることもあるかと思います。しかし、偏見を持った人を無理に説得しようとしても、なかなか理解は得られないでしょう。

 

ネット恋愛に対する男女の本音・心理

ネット恋愛に対する男女の本音・心理

ネット恋愛をしている男女は、一体どんな心理が働いてネット恋愛を選択するのでしょうか。その本音に迫ってみました。

 

ネット上なら積極的になれる

リアルな恋愛になかなか積極的になれない理由に、「外見に自信がない」「異性に話しかけるのが恥ずかしい」といったことを挙げる人は多いと思います。一歩踏み出す勇気がないために、恋愛することができない状態です。

しかしネットであれば、リアルな恋愛よりもハードルがとても低く、異性に対してでも饒舌になれます。例えば、初対面の人にリアルで「はじめまして。」と言うのは勇気のいることですが、ネット上ならばよく目にする挨拶ですよね。ネット上で発言する時に、緊張感を持っている人はあまりいないと思います。ネット恋愛は、緊張しやすい人にとっては恋愛を始めやすい便利な方法なのです。

 

別れが簡単

恋愛する上で心配なのが「別れ」です。別れは多くの人にとって避けたいことですが、それでも避けられない別れもあります。

ネット恋愛は出会うのも別れるのも簡単です。例えば、ネットゲームで知り合った人とゲーム内で恋愛していて、そろそろ別れたいなと思った場合は、アカウントをブロックしたり、別のアカウントに切り替えたりしてしまえばいいのです。相手には悪いですが、一方的に別れをつきつけることができ、後から「どうして別れなんて切り出すのか」と文句を言われることもなく、しつこくつきまとわれる心配もありません。

リアルな恋愛だと、別れの後にストーカー被害に遭うというケースもあるので、そういったことを恐れる人はネット恋愛に魅力を感じるのです。

 

相手と距離を置きやすい

恋愛をしていると、しばらく相手を距離を置きたくなる時期がやってきます。それはネット恋愛でも同じです。

ネット恋愛はSNSなどへのログインをしばらく控えるだけで、簡単に相手との距離を置くことができます。事前に一言「ちょっと距離を置きたい。」と書き込んでおけば、相手はそれを受け入れるしかありません。

そして再び相手とコミュニケーションを取りたくなったら、ログインすれば簡単に再会できます。自由度がとても高いので、自分のペースで恋愛したいと思っている人にぴったりなのです。

 

ネット恋愛を成功させるコツ

ネット恋愛を成功させるコツ

ネット恋愛には当然デメリットもあり、失敗してしまう可能性もあります。ネット恋愛で恋を成就させるコツをご紹介します。

 

自分を美化しすぎない

ネット恋愛では相手の情報を得る手段が限られているので、相手のプロフィールや顔写真を重視しますよね。ハイスペックな異性を見つけたら、一目惚れしてしまうこともあるでしょう。しかし、自分のプロフィールを盛りすぎて美化してしまうとトラブルの元になります。

プロフィールには得意分野や学歴、趣味などを書き、異性にアピールできます。アピールするために自分の良い部分を書くのは間違いではありませんが、実際よりもハイスペックに見せるような書き方はやめておきましょう。実際に会った時に、プロフィールの内容と違った内面を見せてしまうと、相手に「プロフィールに嘘を書いているのでは?」と思われてしまう可能性があります。

また、顔写真にも注意が必要です。最近では写真を簡単に加工できるアプリがたくさんあり、実際の顔よりも美人に加工することが誰にでもできるようになりました。異性の気を惹きたいがために加工済みの写真を使いたくなるのは分かりますが、実物と写真があまりにも違うと相手をガッカリさせてしまいます。どうしても加工したいのであれば、原形をとどめる程度にしておきましょう。

 

LINEだけでなく電話もしてみる

SNSやLINEなどの文字のやりとりだけでは、相手が本当はどんな人なのか分かりません。可能であれば一度は電話をしてみましょう。

もし、相手が電話でのやりとりを好んでいそうだと感じたら、電話の頻度を増やしてみましょう。実際に会ったことはなくても、電話で言葉を交わせばより仲が親密になるはずです。ただし、あまりにも頻繁に電話をすると、ネット恋愛のメリットを感じられなくなる可能性があるので回数は控えめに。

 

心の繋がりを大切にする

ネット恋愛の中でも、コミュニケーションの全てをネットで行うタイプのネット恋愛の場合は、心の繋がりを大切にすることが長続きの秘訣です。

ネットで出会ってすぐにリアルで会うのであれば、デートなどで仲を深めることもできますし、お泊りデートをすればもっと相手のことを深く知ることができます。しかし、ネットだけで交際をしている場合はそういった仲の深め方ができません。

数日に一回は連絡をとるようにする、「あなたのここが好き。」等の愛の言葉をきちんと伝える、相手のことを気遣うなど、これらの点を意識してコミュニケーションをとり、心の繋がりを大切に守っていきましょう。

 

ネット恋愛で気をつけること

ネット恋愛で気をつけること

ネット恋愛=危険という考えはとても古いですが、危険が全くないとは言い切れません。また、ネットならではの特徴から、恋愛の危機が訪れることもあります。ネット恋愛をする際に気をつけるべきポイントを挙げていきます。

 

ネットでの出会いばかりに依存しない

ネット恋愛は手軽に相手を見つけられる便利さが魅力です。ネット恋愛にのめり込み、ネット恋愛のやり方に慣れてしまうと、ネット恋愛に依存してしまう可能性があります。依存が酷くなると、出会いだけでなく恋人とのコミュニケーションも全てネットで簡単に行いたくなり、その他の手段で仲を深めるのが面倒に感じてしまいます。

出会いもコミュニケーションも全てネットで行えるのがネット恋愛の良いところですが、結婚するとなれば必ずリアルでの接触が必要になります。リアルな恋愛にも悪影響が出るほど、ネット恋愛にのめり込むのはやめましょう。

 

不安な相手には会わないようにする

ネット恋愛で知り合ってLINEなどで連絡を取り合ううちに、「この人は本当に恋愛が目的なのだろうか?」と不安になる場合があります。もし不安を感じた場合は、その相手とは会わないようにしましょう。

実際に会ってから、実は恋愛以外の目的で近づいてきたのだと気づいて後悔しても遅いのです。人を見る目を養い、怪しい人には会わないように気をつけるべきです。

 

喧嘩がエスカレートしないように気をつける

ネット恋愛では喧嘩がエスカレートしやすい傾向にあります。ネットでは殴る蹴るなどの暴行が行われない代わりに、言葉による攻撃が激しくなってしまうからです。ネットでは面と向かって言うことは憚られるようなことも、簡単に言えてしまいます。そのため喧嘩が激しくなり、2人の仲がこじれてしまう可能性があります。

もし喧嘩になりそうな時は、できるだけ相手を刺激しないような言葉を選び、喧嘩がエスカレートしないように気をつけましょう。

 

ネット恋愛のメリット・デメリットを理解しよう!

この記事を読むまで、ネット恋愛=怖いものだと思っていた人も実は多いのではないでしょうか?実際はSNSやネットゲーム、LINE、電話など、身近なツールを使って行う恋愛のことです。出会いがネット上であることを除けば、リアルな恋愛とあまり変わらない部分もあります。異性との出会いの機会が減っている現代では、ネット恋愛は決して珍しいことではありません。

メリットがたくさんあるネット恋愛ですが、デメリットもあります。両方をきちんと理解して気をつければ、ネット恋愛は現代人の恋愛をサポートしてくれるでしょう。みなさんもネット恋愛で運命の相手を見つけてみませんか?

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告