遠距離恋愛から結婚できる理由とは?不安・問題を乗り越えて幸せを掴む方法

遠距離恋愛中で結婚を考えているカップルの方は必見です!遠距離恋愛というのは、不安定というイメージばかりがつきまといます。でも、悪いことばかりでもないのが遠距離恋愛でもあります。恋愛の終着点とも言える結婚、そのゴールに遠距離恋愛からどう進んでいけばいいのかを教えます。

公開日:
著者:
遠距離恋愛から結婚できる理由とは?不安・問題を乗り越えて幸せを掴む方法

遠距離恋愛中で結婚を考えているカップルの方は必見です!

遠距離恋愛というのは、不安定というイメージばかりがつきまといます。でも、悪いことばかりでもないのが遠距離恋愛でもあります。

恋愛の終着点とも言える結婚、そのゴールに遠距離恋愛からどう進んでいけばいいのかを教えます。

あなたが悩む遠距離恋愛、きっと最善の解決方法が見つかるハズです。

遠距離恋愛から結婚をする確率とは

恋愛

恋愛から結婚までの確率、それ自体が不明ですが、遠距離恋愛から結婚している方たちは少なからずいます。

確率だけで図る恋愛なんて少し寂しい感じもしますが、実際に「遠距離恋愛から結婚できているカップルは存在する」のです。

会えないことが辛いなどハードルもある遠距離恋愛でありますが、結婚できないわけではありません。しっかりとハードルを乗り越えて、結婚成功というゴールに行きつくことはできます。

 

 

遠距離恋愛はアリ?ナシ?

遠距離恋愛自体アリ?ナシ?という疑問、すでに遠距離恋愛している人も気になるところですよね。

恋愛の段階なので現状ではアリと言えるでしょう。というのも、結婚してみてから「生活を共にする」ことになるのですから、恋愛はそのお試しとして考えれば良いのです。遠距離恋愛って、してみてから肌に合うという人もいるのでやってみなければ分かりません。

結婚と並べて考えると恋愛そのものが重いものになりそうですが、恋愛としてなら遠距離でも頑張れるでしょう。

 

遠距離恋愛の問題は?

遠距離恋愛に対する問題は、一番多いのが「会えないこと」です。でも今は連絡手段もたくさんあるので、信用できる関係が築けるならお互いの連絡を取り合うことで乗り越えられそうです。

会えないことを問題と捉える人と、そうでない人がいます。遠距離恋愛をする機会がありそうなら、好きな気持ちを優先して遠距離恋愛に飛び込んでみるのも間違いとは言えません。

近くにいても結局「恋愛は気持ち次第」なので、遠距離でも同じことが言えるからこそ問題を問題と思わないこともできるハズです。

 

遠距離恋愛から結婚をするコツ

恋愛2

遠距離恋愛から結婚するためのコツは、成功率とは別にあります。例えば長く続くことよりも早い段階で結婚に踏み切る、これもコツのひとつです。

結婚自体はきっかけやタイミングかもしれませんが、男女の仲なんて長続きすれば結婚できるとも限りませんよね。ダラダラ付き合うことになって、同棲までしたのに結局結婚しないカップルなんてたくさんいます。

遠距離恋愛なりのコツがあってそれを実践すれば、きっと結婚という幸せを勝ち取ることができます。

 

連絡を取りすぎるのも束縛感を感じる

連絡を取り合いたい、そう思うのも遠距離恋愛の特徴みたいなものですね。でも遠距離恋愛こそ、あまり連絡でがんじがらめにしないことが大切です。お互いの距離が離れていること、これって恋愛ではメリットでもあります。

「会えないのに何がメリット?」と思うかもしれませんが、飽きず離れずでバランスが良いことも恋愛には必要です。

マンネリというのは、全ての恋愛に共通する言葉でもあります。

あまりくっつきすぎて毎日のように一緒にいること、お互いに望んでいるかもしれませんが人間は絶対に飽きがきてしまいます。飽きることがマンネリにつながるので、それを回避する意味では遠距離恋愛の方が相性が良いというカップルもいます。

性格にもよりますが、心から好きと言える関係でもドライなカップルもいるので、遠距離恋愛が全てデメリットとも言えません。

遠距離恋愛で連絡を取りすぎると、マンネリを感じる束縛感につながるのです。

 

仕事が忙しい場合は少し距離をおいてみる

遠距離恋愛ではお互いの仕事の状況も見えづらくなります。そのため、相手から「忙しい」と言われても、それが本当なのか疑いたくなってしまいます。遠距離恋愛だからこそと言えるかもしれませんね。

でも、それだからと言って疑いばかり持っていては、遠距離恋愛なんて続きません。なかなか会えないとは言っても、連絡は取れるのですから少しだけ「待つ姿勢」も大切です。連絡を取りすぎるのと同じで、あまり束縛され続けると付き合っていることがイヤになってしまいます。

そうならないためは、好きな人のことを信じる意味でも、仕事に忙しいときは距離をおいてあげましょう。

 

遠距離恋愛から結婚をするタイミング

恋愛3

遠距離恋愛は大変と思うかもしれませんが、結婚してしまえば好きな人を失うことはありません。

結婚する場合、多くが「男性のもとに女性が行く」としています。そのため男性の仕事に合わせて結婚を考えるのが、遠距離恋愛から結婚をするタイミングとも言えます。男性の仕事って、転勤になると地元に帰れないという人も少なくありません。2回目以降の転勤なら、それについて行くように結婚へステップアップするのが理想です。

遠距離恋愛も1回目は良いかもしれませんが、長くなり過ぎると気持ちが疲れてしまいますから。

 

付き合った期間ではなくお互いの相性が重要

遠距離恋愛は、付き合った期間よりもお互いの気持ちが重要です。続く続かないにしても、期間は関係なく何かのきっかけで脆く崩れることがあるからです。

恋愛は相性もあるので最初は普通の恋愛をしていても、遠距離になると上手くいったというカップルもいます。ベタベタしたいカップルなら一緒にいるほうが合うでしょうし、普段はドライな関係なら遠距離恋愛がおススメです。

でもこれは付き合ってみないと分からないもの、相性って測ってみなくちゃ判断がつきません。それを測るために付き合うといったところでしょう。

 

長くても1年後には結婚に踏み切ろう

結婚のタイミングを非常に迷うのが恋愛です。お見合いなら結婚のゴールはある程度で設定されるので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。でも恋愛から結婚って、本当に難しいものです。

電撃結婚のように、付き合って半年ほどで結婚に踏み切るカップルもいます。

遠距離恋愛では、おおむね1年で結婚に踏み切る人が多いです。季節もひとめぐりすればお互いの仕事の状況なども見えて、これから先一緒にやっていけるか判断がつきます。

結婚する以上どちらかの仕事を辞めることになりますが、彼氏(夫)の住んでいるところに移住するケースが大半です。ですから遠距離恋愛の場合は、それが始まって1年後には結婚に踏み切ると良いでしょう。

また遠距離恋愛が分かった時点で、続いて1年後には結婚することを約束しておいてもいいですね。

 

遠距離恋愛をダラダラ続けると…

言うまでもなく恋愛には期限があるもので、続けば自然消滅などの別れか内縁の妻で終わる可能性があります。そうなりたくない、まっとうな結婚がしたいと思うのであれば、恋愛そのものは長くて3年くらいで区切りをつけるべきです。

遠距離でなくても「何となく付き合っている」となってしまうので、男女の仲って一定の区切りが必要です。マンネリとも似ていますがそれ以上に悪い結果を招いてしまい、別れるという選択肢もあり得ます。

そして結婚とセットで考えるのが出産です。出産にも限界があり、いくら医学が進歩したとは言っても無理することは避けるべきです。

結婚も出産も簡単な話ではありませんが、付き合った以上はこういうことも頭に入れておくようにしましょう。

 

遠距離恋愛から結婚をする準備

恋愛4

結婚は簡単にできるものでもありません。結婚式や披露宴を考えているなら、それなりの準備が必要です。

そして遠距離恋愛でこれをやるのは、非常に難しいかもしれません。結婚の準備というのは「共同生活の準備」なので、たとえば彼氏の家でスタートを切る場合は、ある程度生活の基盤が整っています。

でも多くのカップルが「結婚を機に新居で生活したい」と考えています。

引っ越しをして新たな場所に住まいを構えようと考えるなら、何度も通って場所を確認したりなにかと体力がいるでしょう。

住まい、結婚式、親戚等のあいさつ回りいろいろやることは山積み、でも「一緒にしなくてはいけない」ので時間がかかることも忘れてはいけません。

 

よく話し合うより会う回数を増やすこと

遠距離恋愛で結婚をしようと考えると、電話などで話し合いが増えることになります。自分の仕事を辞めていない限り、相手のところに行くなんてそうそうできることでもありませんから。

そうなると、話し合いで物事が進んでいくでしょう。

しかし、マリッジブルーという言葉があるように、結婚の準備は思うようにいかないことも多いのです。気持ちの面、時間やお金の制約など自分が思い描く結婚とは、少しひらきがあるように感じることがあります。「結果として幸せなら…」と最初は大らかな気持ちであっても、だんだんと進むにつれて追い込まれていきます。

そうなると、話し合いだけでは気持ちのすれ違いが生まれてしまいます。話し合うことは大切ですが電話越しでは気持ちが通じない部分も多いので、顔を合わせることが重要です。

電話なんて気持ちの余裕がなければ相手を信頼できないこともあって、便利なようでちゃんと伝わらないぶんデメリットも大きいです。

連日で休みを取って会いに行くとかして、ちゃんと時間を取るようにしなくてはいけません。

 

遠距離恋愛で結婚の準備は大変

ハッキリ言えば遠距離恋愛で結婚の準備は大変です。結婚式を挙げるにしても、式場やドレスの手配など、直接行かないと進まないことばかりです。招待状を出すにしても、普通は一緒にやるのが相場です。

お互いの知り合いに分担して出すようにしても、行き違いがあっては失礼になることもあります。人間はカン違いもあるので、会って一緒に準備したとしても完璧にやるのは不可能に近いのです。

遠距離恋愛から結婚に踏み切っても、準備という大きなハードルは覚悟しておきましょう。

 

遠距離恋愛は幸せな結婚を迎えることができる

恋愛5

遠距離恋愛から結婚、乗り越えてゴールすることができればきっと幸せを感じられるでしょう。

ただでさえ普段から会えないことで悩む遠距離恋愛、恋愛中は辛いのが当然と言えます。恋愛から結婚というのは非常に高い壁のように感じてしまって、踏み切れないこともあるでしょう。

とは言っても、いつ別れるか不安に駆られるのもイヤですよね。

付き合うことをやめたくないのであれば、やはり結婚の覚悟を決めましょう。どんなに言っても人間は誘惑に弱いこともある、これ以上ない絆で縛るには結婚する以外ありません。

遠距離恋愛から結婚すれば、毎日一緒というだけで幸せなハズですから。

 

遠距離恋愛そのものが向かないカップルは不幸に感じる

遠距離恋愛って辛いことが多いハズ、でも辛い気持ちしか感じないならそれは向き不向きの問題かもしれません。

どんなに好きでも、「恋愛のカタチ」はさまざまです。

カップルの数だけそのカタチがある、と言っても過言ではありません。付き合うことなんて毎日ベタベタしている人もいれば、近くに住んでいても1ヶ月会わないカップルだっています。

遠距離恋愛は、「ひとつの方法」にすぎません。

仕方ないとしてもそれを選択したのであれば、向いていない場合は苦しみしか生まれないでしょう。とはいえ別れたくない、それなら結婚という選択肢しか残っていない場合もあります。

要は「近くにいる」ということです。顔が見えて声が聞けて触れ合うことができるから、男女の恋愛は成立するところがあります。ただLINEなどで連絡を取り合うだけなら、別に友達と変わりません。

遠距離恋愛が向かないと感じたら、その時点で早急に結婚を考えるべきなのかもしれませんね。

 

遠距離恋愛を乗り越えて結婚しよう♡

遠距離恋愛は乗り越えてこそ、幸せがその先にあります。恋愛って近くに住んでいる者同士でも、マンネリを感じたりするので、節目ごとのステップアップが必要です。近場の恋愛から仕方なく遠距離恋愛になったのであれば、それもひとつの節目と言えるでしょう。

ただ幸せなステップアップではなくて、試練にも近いハードルみたいなもの、それが遠距離恋愛です。ですが試練を乗り越えた先には、必ず幸せがあるものです。

幸せの尺度はさまざまでも、遠距離恋愛からすれば結婚は絶対に幸せと感じられます。

結婚に踏み切り結婚を果たし、次の節目は出産といったところでしょうか。遠距離恋愛に悩むこと、それを経験している人は誰もがその悩みに直面します。

乗り越えるためには結婚という大きな節目に覚悟を決めて、将来を見据えること、そうすればきっと幸せが訪れます。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告