男女の友情は成立する?しない?それぞれの心理&恋愛関係になるパターン

男女の友情は成立すると思いますか?それとも成立しないと思いますか?男女の友情について、それぞれの見解や心理を始め、恋愛関係になるパターンなどをご紹介します。

公開日:
著者:
男女の友情は成立する?しない?それぞれの心理&恋愛関係になるパターン

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

男女の友情は成立すると思いますか?それとも成立しないと思いますか?

男女の友情について、それぞれの見解や心理を始め、恋愛関係になるパターンなどをご紹介します。

男女の友情が成立すると思う女性の割合

恋愛

男女の友情が成立すると思う女性は7割

男女の友情が成立すると思う女性は、およそ7割程で、多くの女性が男女間での友情は成立すると思っています。

話しやすかったり気を遣わずにいられる男友達がいる女性が多いようです。恋愛感情はなくても居心地がいい男友達は貴重ですよね。

 

 

男女の友情が成立すると思う男性の割合

恋愛2

男女の友情が成立すると思う男性は5割

男女の友情が成立すると思う男性は、およそ5割程で、女性と比べて男性は、男女間での友情は成立すると思っている割合は少ないです。

女性は友情だと思っていても、男性側はそう思っていない可能性があるかもしれませんね。

また、居心地がいいと感じる女性のことは、恋人候補としてキープしておきたい、と思っている男性も少なからずいるようです。

 

異性の友人がいる女性の本音・心理

恋愛3

男性心理を理解する参考になる

異性の友人がいる女性の本音・心理1つ目は、男性心理を理解する参考になるということです。

女性から見て男性心理というのは難しいもので、分かっているようで分かっていない女性が多いです。

そのため恋愛において悩んだ時の相談相手として、男友達が一番適していると考える女性は多く、男女の友情は成立するという考えになります。

 

愚痴を聞いてもらえる

異性の友人がいる女性の本音・心理2つ目は、愚痴を聞いてもらえるということです。

女性はなにかあった時に誰かに話したいと思うタイプが多いですが、同性の友達同士だと、お互いに話を聞いてもらいたい、話したい、という気持ちが強く、結局気を遣ったり、愚痴を言いたい時には不完全燃焼で終わることもあります。

その点男性は、基本的には一方的に話しても聞いてくれる、話しやすいと感じている女性は多いです。

お互いに恋心がなくても成立する関係性のため、異性の友情が成立するという結論になります。

 

気を遣わないでいられる存在

異性の友人がいる女性の本音・心理3つ目は、気を遣わないでいられる存在ということです。

女同士では、いくら仲が良い友達関係でも、どこかしら多少気を遣っていることが多いです。

しかし異性の友達においては、あまり気を遣わずに自然体のままで仲良くなっていることがあります。

異性の友達がいる女性からすると、異性の友人は気を遣うことなく気楽に友情を築ける貴重な存在であると言えます。

 

友達に恋愛感情を抱くことはあり得ない

異性の友人がいる女性の本音・心理4つ目は、友達に恋愛感情を抱くことはあり得ないということです。

友情と恋愛は全くの別物で、一度友達になった人に対して恋愛感情を抱くことはあり得ないと考えています。

恋愛感情を抱くかどうかは、ほぼ初対面で決まります。

逆に、最初は男らしくて恋愛対象かもと思っていたけど、少し仲良くなってみて恋愛はできなそう、友達止まりだな、などと、恋愛対象から友情に変わることはあります。

 

どちらかが恋愛感情を抱いたら終わり

異性の友人がいる女性の本音・心理5つ目は、どちらかが恋愛感情を抱いたら終わりということです。

友情について男女問わず大事にしていて、友達は友達、恋愛は恋愛と考えているタイプの女性にとって、どちらかが恋愛感情を抱いたら友情も終わり、と考えている人もいます。

恋愛もそうですが、友情関係それくらい大事なものと考えているのです。

自分が異性の友達に恋愛感情を抱いてしまった時や、男友達に好意を持たれた場合、友情関係をやめる覚悟を持ってます。

 

告白されたら揺れ動くかも

異性の友人がいる女性の本音・心理6つ目は、告白されたら揺れ動くかもということです。

このタイプの女性は男女の友情は成立しないという考えで、実際自分は男友達として見ているが、もし告白された場合、気持ちは揺れ動くかもしれないと思っています。

友達になるくらい気が合うということは、その時点で一人の人間として魅力を感じているはずです。

大人になってからは貴重な存在です。居心地良くいられるのであれば、告白されたら恋人候補になる可能性はあると考えているのです。

 

男らしさを感じたら恋愛感情になる

異性の友人がいる女性の本音・心理7つ目は、男らしさを感じたら恋愛感情になるということです。

友達関係でいても、ふとした瞬間で男らしさを感じることがあり、男女の友情から恋愛関係に発展するきっかけになります。

例えば、友達だと思っていたのに、ふと優しくされた、レディーファーストな態度をとってくれた、頼りたくなった、などふとしたきっかけで恋愛感情が湧くことがあります。

こういう経験をしたことがある女性は、男女の友情は成立しないと考えていることが多いです。

 

異性の友人がいる男性の本音・心理

恋愛4

女性心理やあるあるを理解するための参考になる

異性の友人がいる男性の本音・心理1つ目は、女性心理やあるあるを理解するための参考になるということです。

女性同様、男性も、女性心理を理解するのは難しいものです。

女性特有の考え方や捉え方なども含めて、異性である女友達の言動を参考にしていて、女友達の言動から「女性はこういう思考回路をしているのか」「こういうことを嫌がるのか」などと女性について学んでいます。

この場合、恋人候補になるわけではなくても参考にできるので、男女の友情は成立すると考えている男性が多いです。

 

好きな人ができた時に相談できる

異性の友人がいる男性の本音・心理2つ目は、好きな人ができた時に相談できるということです。

恋愛に消極的でシャイな男性に多いのですが、男性には、好きな女性をできてどう接したらいいのか分からなくなる時があります。

そんな時に、女性はどうされたら嬉しいのか、どうしたらその恋が実るのかは女性目線で見た方が確実だったりします。

そのため、好きな人ができた時の相談相手としては、女性が適していると考えているのです。

この場合の友情にも恋愛感情は必要ないので、男女の友情は成立するという考えの人が多いです。

 

女友達と彼女それぞれの条件に違いがある

異性の友人がいる男性の本音・心理3つ目は、女友達と彼女それぞれの条件に違いがあるということです。

女友達と彼女になるタイプの女性について、それぞれ条件が全く異なっている場合は、男女の尾友情は成立すると考える人が多いです。

友達の場合は友達でしかなく、異性として意識することはないとはっきりしています。

 

魅力的な女性しか女友達にならない

異性の友人がいる男性の本音・心理4つ目は、魅力的な女性しか女友達にならないということです。

そもそも友情関係になる時点で魅力的な女性に限られる場合は、この先に恋愛感情が生まれる可能性が高く、告白されたら簡単に揺れ動くため、男女の友情は成立しないと考えている人が多いです。

魅力を感じることがない人はそもそも友達にもならない、という少しシビアな考え方になります。

 

異性は異性

異性の友人がいる男性の本音・心理5つ目は、異性は異性ということです。

シンプルな考えですが異性は異性でしかないため、友達にも恋愛対象にもなり得るという考え方で、このタイプの男性は、男女の友情は成立しないと思っています。

友達だと思っていたとしても、いつどんなタイミングで恋愛感情が湧くかわかりません。

また、このタイプには惚れっぽい男性が多く、ちょっとしたことで女性を好きになる傾向があります。

 

遊び相手と友情は別

異性の友人がいる男性の本音・心理6つ目は、遊び相手と友情は別ということです。

友達関係と一言で言ってもその中には、遊びに行くことや、どんな話もできる、など様々な要素があります。

ただわいわい騒いだりする遊び相手と、相談ごとや真剣な話もできる友情とを分けて人付き合いしているタイプもいます。

このタイプの男性は、前者の遊び相手であれば恋愛関係にならないけど、後者の友情関係であれば恋愛関係にもなり得るという考えになります。

 

女らしさを感じたら恋愛感情になる

異性の友人がいる男性の本音・心理7つ目は、女らしさを感じたら恋愛感情になるということです。

女友達だと思っていたのに、ふとした表情や仕草に女らしさを感じた、普段元気な子なのにか弱さを感じた、などふとしたきっかけで異性として意識することがあります。

一度その意識をすると、男女の友情から恋愛関係になる可能性が高くなります。

このような経験をしたことがある男性は、男女の友情は成立しないと考えるようになります。

 

男女の友情から恋愛関係になるパターン

恋愛5

スキンシップが心地良い

男女の友情から恋愛関係になるパターン1つ目は、スキンシップが心地良いことです。

スキンシップの心地良さは、男女の友情から恋愛関係になるかどうか確かめる方法で一番大事なポイントとも言えます。

男女の友情の時点では気にする必要がないですが、恋人として付き合うようになれば、スキンシップは必須でしょう。

そのため、スキンシップが心地良くない場合は恋愛関係になることがないか、恋愛関係になったとしてもうまくいかないことが多いです。

男女の友情の時点でスキンシップが心地良いと感じるようであれば、恋愛関係になる可能性が高いでしょう。

 

一番の理解者になる

男女の友情から恋愛関係になるパターン2つ目は、一番の理解者になることです。

誰よりも相手のことを理解することで、相手にとっては絶対的な味方になります。

そんな自分の一番の理解者である人が、男女の友情から恋愛関係になることは極自然なことでしょう。

友達になっている時点で信頼関係は築けているので、特に相手が悩んでいる時や弱っている時に、一番の理解者として側にいることで恋愛関係になりやすいです。

 

恋愛に居心地の良さを求めるようになった

男女の友情から恋愛関係になるパターン3つ目は、恋愛に居心地の良さを求めるようになったことです。

年齢を重ねるたびに、恋愛に求めることが変わってくるもので、特にアラフォー世代となると、恋愛には居心地の良さを求めるようになってきます。

見た目や地位などの外的要素だけで恋愛相手を選んでいると、喧嘩や不安要素が多くて結婚は難しいと分かってくるはずです。

そんな時に恋愛相手としてしっくりくるのは、居心地の良い友達であることが多いです。

人となりも分かっているので、安心間があるので居心地の良さを求める人にはぴったりです。

 

魅力を磨く

男女の友情から恋愛関係になるパターン4つ目は、魅力を磨くことです。

いくら自然体な自分でいられるからと言って、友達の前で女性らしさを意識しないでいては、男女の友情から恋愛関係にはなることはありません。

友達とはいえ、女性としての意識は持つようにして、魅力を磨いていきましょう。

友達だと思っていた女友達が久しぶりに会ったら可愛くなっていた、ふとした表情に女らしさを感じて惚れた、などということは以外にも多いのです。

 

男女の友情を続けるためのポイント

恋愛6

どちらかに恋人が出来たら配慮する

男女の友情を続けるためのポイント1つ目は、どちらかに恋人が出来たら配慮することです。

LINEの頻度や会う頻度など、相手の恋人に配慮することが大事になります。

こちら側が男女の友情が成立するという考えでも、恋人が成立しないという考えかもしれません。

当人同士はいくら男女の友情であって浮気の可能性がないからと言って、恋人にとっては不安要素になる可能性があります。

大事な友達であることを理解してもらう必要はありますが、恋人が不安にならないように配慮する必要があります。

 

友情は一生モノであることを意識する

男女の友情を続けるためのポイント2つ目は、友情は一生モノであることを意識することです。

恋愛となると、結婚すればいいですが、どうしても付き合うか分かれるかという選択になり、男女の友情から恋愛に発展した場合でもし別れることがあれば、友達も失うことになります。

男女の友情はなかなか貴重なものですし、友情そのものは一生モノであることが多いので、ノリで「付き合っちゃおうか」などと言ったりせずに、今の関係を大事にする意識を持ちましょう。

 

男女の友情は成立することも

男女の友情が成立するかしないかは考え方次第です。友情を大事にする気持ちがあれば成立するものです。

もちろん相手の考え方も大事ですが、まずは自分自身が相手との友情を大事にする気持ちを持つことで、相手にも誠実さが伝わり、大事な友達として見てもらえることでしょう。

そして逆に男女の友情から恋愛関係になる場合も、人となりを分かったうえでさらに異性としての魅力も感じるようになったということはとても素晴らしいことなので、その感情を大事にすることで、相手にもきっと誠実な気持ちとして伝わることでしょう。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告