好きバレしたい!好きな人にさりげなくアピールして恋を進展させよう♡

好きな人ができたら、好きバレしたいと思う女性は多いものです。好きな気持ちをアピールしたいという積極的な気持ちから好きバレしたいと考えている人も、いきなり告白するのは怖いからまずは好きバレからと考えている人も、上手に好きバレする方法を知りたいですよね。次のステップに進むポイントを含め、好きバレテクニックをご紹介します。

公開日:
著者:
好きバレしたい!好きな人にさりげなくアピールして恋を進展させよう♡

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

好きな人ができたら、好きバレしたいと思う女性は多いものです。

好きな気持ちをアピールしたいという積極的な気持ちから好きバレしたいと考えている人も、いきなり告白するのは怖いからまずは好きバレからと考えている人も、上手に好きバレする方法を知りたいですよね。

次のステップに進むポイントを含め、効果的な好きバレテクニックをご紹介します。

好きバレでさりげなくアピールする方法

恋愛1

片思い中アピールをする

好きバレでさりげなくアピールする方法1つ目は、片思い中アピールをすることです。

好きバレするには、まずは好きな人がいるということを知ってもらうことが大事です。

その上でその相手が自分であることを好きな人に気付いてもらうようなアピールが効果的な好きバレになります。

まだ誰が好きなのかは分かっていない段階から「その人のこういうところが好き」「付き合えたらいいな」「私にとっては誰よりもかっこいい人」などとたくさん褒めていると、この女性に愛される人は幸せだなと感じてもらえる可能性が高く、好きバレしたその後もうまくいきやすいでしょう。

 

 

LINEを続ける

好きバレでさりげなくアピールする方法2つ目は、LINEを続けることです。続けると言っても、返信を待ち望んでいたり返信が来たらすぐに返すようなことではありません。

好きな人のLINEのタイミングに合わせ、適度な頻度でLINEすることが大前提です。

今日あった出来事や悩みなどを長文で送ったり、相手にも何していたかを確認するような内容ではなく、さりげない会話のやり取りを続けることがポイントです。

ただし、好きな人がLINEをあまりしない人で用件があるときしか連絡しないタイプである場合は、日常会話程度のやり取りをLINEでする状態を苦痛に感じてしまうので、タイプを見極めることが重要になります。

異性とさりげないLINEを続けることは、特別な相手以外にはないことが多いので、好きバレに繋がりやすいです。

そして自然と居心地の良さを感じるようになるので、好きバレしたその後も進展しやすいでしょう。

 

接し方や態度を変える

好きバレでさりげなくアピールする方法3つ目は、接し方や態度を変えることです。

周囲との接し方や態度を変えたり、大人数でいる時と2人でいる時の接し方や態度を変えることで、特別に思っていることをアピールすることができるので、好きバレしやすいです。

ただし、周囲との接し方や態度を変えるのはさりげなさが大事で、あからさまに変えてしまうと、周囲との関係性が悪くなってしまったり、好きな人からも嫌がられる可能性があるので気を付けましょう。

また、好きな人にだけ優しくして他の人には優しくしない、というのは人間性が疑われてしまうので、人間関係のマナーを保つことは必要です。

みんなといるときは活発な雰囲気だけど好きな人と2人でいる時は女の子らしい雰囲気を出す、ゆるく生きてるように見えて実は目標や夢を持っていて芯の強いところがある、といったような普段の姿とのギャップをうまく活かせるようなアピールが効果的な好きバレになります。

 

目が合ったら微笑む

好きバレでさりげなくアピールする方法4つ目は、目が合ったら微笑むことです。

目が合うと恥ずかしくてすぐにそらしてしまうことも多いですが、その状態では好きバレしにくいです。

好きな人と目が会ったら、恥ずかしがりながらも微笑むようにしましょう。

目が合って恥ずかしいけど嬉しいという気持ちが伝わることで、男性も自分に好意を持ってくれているのかなと感じるようになります。

 

脈ありor脈なしの見分け方

恋愛2

自分といる時に意識しているかどうか

脈ありor脈なしの見分け方1つ目は、自分といる時に意識しているかどうかです。男性は気になる女性のことは自然と目で追っていたり、よく見ているものです。

好きバレした後は特に、脈ありの場合は小さな変化や心境を気にしてくれて恥ずかしがりながらも意識しているはずです。

脈なしの場合は、友達としてとか、会社の同僚としてなど、関係性の中で気を配ったり心配することはあっても、異性としては興味がないので個人的に意識することはなく、細かい変化に気付くようなこともないでしょう。

一緒にいる時に、好きな人が自分に対して意識を向けているかどうかを確認しましょう。

 

LINEの返信くるまでの時間が長いかどうか

脈ありor脈なしの見分け方2つ目は、LINEの返信くるまでの時間が長いかどうかです。

男性は女性に比べて、日常会話のやり取りでLINEを頻繁に利用するタイプは少ないですが、気になる女性とのLINEは楽しみにしているものです。

そのため、気になる女性からのLINEは忙しい合間をぬって返信しようとします。

逆に興味のない女性からのLINEには積極的に返信しようと思わず、時間を置いてから返信したり返信をしないことが多いです。

ただし、LINEを頻繁に見ないというタイプや、連絡頻度がもともと少ないタイプであれば、気になっている女性とのLINEも返信時間が空いてしまうことはあるのでタイプを見極めることも重要です。

 

2人きりで頻繁に会うかどうか

脈ありor脈なしの見分け方3つ目は、2人きりで頻繁に会うかどうかです。

男性は、脈ありであれば2人きりで頻繁に会いますが、脈なしの場合はあまり2人きりになろうとはしません。

特に好きバレしたその後はその傾向がはっきり別れます。

自分に好意を持っているけど脈なしである女性に対して、期待させたくないという気持ちが強いためです。

女性に誘われても他にも誰か誘おうとしたり、都合が悪いなどと言って2人きりで会うことを拒みます。

脈なしでも、友達や会社の同僚などでもともと仲が良い場合はたまに2人で行動することはあるかもしれないですが、好きバレしたその後であれば特に、頻繁に2人きりになることはほとんどないでしょう。

そのため、2人きりで頻繁に会うかどうかは、脈ありなしの判別するにあたりとても重要なポイントであると言えます。

 

脈あり男性と関係を進展させるために

恋愛3

恋愛モードで接する

脈あり男性と関係を進展させるためのポイント1つ目は、恋愛モードで接することです。

こちら側が恋愛モードになることによって、男性側は「これってもう付き合ってるんじゃないか」「いい感じだから告白しても振られなそう」などど思うようになり、好きな人から告白される可能性が上がります。

男性は振られるのは怖いと思っているので、女性が恋愛モードで接することで安心してその後進展しやすくなるのです。

また、女性が恋愛モードで接すると自然と良い雰囲気になり、男性はその女性のことを受け入れやすくなります。

 

関係性によって方法を考える

脈あり男性と関係を進展させるためのポイント2つ目は、関係性によって方法を考えることです。

例えば、好きな人がもともと仲の良いグループの中の一人であった場合は、まず共通点や居心地の良さがあるはずなので、その点をなくさないようにしつつ、好きな人の前で目標に向かって頑張っている姿をうまくアピールできると、その後の関係は進展しやすくなるでしょう。

また、好きな人が会社の同僚であった場合は、仕事に対する熱意や頑張りは既に見られているはずなので、そこで志の高さや周りの人に気を配れる人間力をアピールポイントとして保ったまま、好きな人といる時は悩みや弱みを出すことでか弱さをアピールできれば進展しやすくなります。

好きバレする前もそうですが、好きバレした後であればなおさら、もともとの関係性の中で魅力をアピールするだけではなく、普段は見えないようなギャップを見せることが重要なポイントになり、関係性によって適した方法は変わります。

 

好意に気づかないふりをする

脈あり男性と関係を進展させるためのポイント3つ目は、好意に気づかないふりをすることです。

好きな人からの好意を気付いていることが相手に伝わると、はっきりした告白がなく曖昧な関係性になる可能性があります。

そのため好きバレしたその後であっても、好きな人からの好意はあえて気付かないふりをすることも大事なのです。

もし、好きな人が極度の恥ずかしがり屋であったり恋愛に不器用なタイプである場合には、こちら側から気持ちを引き出すような問いかけや言い回しをして、相手の口からきちんと気持ちを言ってもらうようにしましょう。

また、相手からの告白を待つばかりではなく、自分から告白をする気持ちも大事です。

その場合も「私は好きだけどあなたはどう?」というように、相手の気持ちをきちんと言ってもらうことが重要です。

 

2人きりで会う

脈あり男性と関係を進展させるためのポイント4つ目は、2人きりで会うことです。

恋愛を進展させるには2人きりで会わなければ始まらないと言っても過言ではありません。

いつまでも複数人で会っていては進展するものもしないので、脈あり男性とは積極的に2人きりで会うようにしましょう。

好きバレした後だとしても、恥ずかしがるよりも好きバレしているからこそ、自分の気持ちに素直になって2人きりの時間を思い切り楽しめばいいのです。

相手にも2人でいることが楽しい、居心地がいいと思わせることが大事です。

 

距離を縮めすぎない

脈あり男性と関係を進展させるためのポイント5つ目は、距離を縮めすぎないことです。

脈ありと知って一気に距離を縮めすぎると、相手が引いてしまったり調子にのったりする可能性があります。

好意があること、好きであることをアピールしつつも、距離感は保ったままにしましょう。

そうすることで男性は翻弄されて、好きになられたから好きなったのではなく、いつの間にか自分から好きになっているという流れになりやすいです。

 

脈なし男性と距離を縮めるために

恋愛4

自分と付き合うメリットをさりげなくアピールする

脈なし男性と距離を縮めるためのポイント1つ目は、自分と付き合うメリットをさりげなくアピールすることです。

好きバレする前のアピールの方がより効果的ですが、男性心理として「あげまん」と言われる、付き合うことで運気があがるような女性と付き合いたいという願望を持っているので、脈なしだとしても、付き合うことで男性は幸せになれるアピールをさりげなくしておくことによって、その後の見る目が変わる可能性が高くなります。

特に好きな人が「さげまん」と言われる、付き合うことで運気がさがるような女性と付き合って苦労した経験がある場合や、仕事を第一に考えているタイプなどに効果大です。

また、何が彼にとって幸せなことかをよく知っておくことで、彼の基準に合わせたアピールができるので、より効果的に距離を縮められる可能性が高くなります。

 

一緒に過ごせて嬉しい気持ちを伝える

脈なし男性と距離を縮めるためのポイント2つ目は、一緒に過ごせて嬉しい気持ちを伝えることです。

「あなたと一緒に過ごすことが嬉しい」「あなたに会えて嬉しい」という気持ちをさりげなく伝えましょう。

好きバレしたその後の場合は特にそうなのですが、一緒にいたいことをアピールをするのではなく、それ以上のことを求めているわけではないという思いも込めてあくまでもさりげなく伝えることが大事です。

男性は自分と一緒にいることで喜んでくる女性のことは大事にしたくなるものです。

自分のことを受けいれてくれているという気持ちになるためです。そのため、今は脈なしでも好きな人が落ち込んだ時などに、ふと自分と一緒にいることを幸せに感じてくれる人や、自分のことを受け入れてくれる人のことを思い出すチャンスがあり、その後距離が縮まる可能性があります。

 

程良い距離感を保つ

脈なし男性と距離を縮めるためのポイント3つ目は、程良い距離感を保つことです。

脈なし男性に対してあまりに積極的にアピールしたり、好きバレしたからといって一気に距離を縮めようとするのは、自分本位な行動で逆効果になります。

好きバレする前であれば、ある程度積極的でもいいかもしれないですが、好きバレしたその後は特に、相手の状況や気持ちを優先的に考えることが大事です。

距離の保ち方を知らない女性は男性にとって疲れるものです。自分本位な距離感の女性に進展は望めないでしょう。

 

好きバレテクニックでさりげなくアピールしよう♡

好きな人ができて好きバレしたいと思ったら上手にアピールすることが大事です。

好きバレした後は、脈あり・なし関わらず成功する可能性はあるので、相手の性格や関係性を踏まえてより効果的に距離を縮めていけるといいですね。

次のステップに進めるような好きバレテクニックで新しい恋を進展させましょう♡

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告