離婚を後悔しないために。別れた方がいいor別れない方がいいパターンを解説!

一度は永遠の愛を誓い合って結婚をしたにも関わらず、何かしらのきっかけで夫婦の関係が少しずつ狂ってきてしまった…。離婚の原因は夫婦によってそれぞれです。 今回は「離婚で後悔しないために考えたいこと」や「世間の夫婦が離婚した原因」「離婚をして後悔していること」などをご紹介します。

公開日:
著者:
離婚を後悔しないために。別れた方がいいor別れない方がいいパターンを解説!

著者名

MooooN

MooooN

平成2年生まれのO型です。恋愛・結婚についての記事が得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

一度は永遠の愛を誓い合って結婚をしたにも関わらず、何かしらのきっかけで夫婦の関係が少しずつ狂ってきてしまった…。離婚の原因は夫婦によってそれぞれです。

どんなに小さな理由や原因であっても、夫との結婚生活を持続することができなくなってしまうことだってあるのです。

今回は「離婚で後悔しないために考えたいこと」や「世間の夫婦が離婚した原因」「離婚をして後悔していること」などをご紹介します。

離婚した原因

恋愛1

夫と一緒にいる人生が辛い

離婚した原因1つ目は「夫と一緒にいる人生が辛い」ということです。夫婦の関係がすでに破綻してしまっているにも関わらず、頑張り過ぎてしまったことが原因でこのような状況にまで陥ってしまうことがあります。

夫と一緒にいる人生に「もう幸せや希望を見いだせない」と感じながら結婚生活を続けるのはとても辛いことでしょう。離婚をしても後悔しないと思えるなら、人生をやり直したいと思うのは自然なことです。

 

広告

 

夫の浮気が原因

離婚をした原因2つ目は「夫の浮気が原因だった」ということです。結婚をして生涯を共にすることを誓い合った夫に浮気をされてしまったとしたら、妻の気持ちは想像もつかないほどにボロボロになってしまうでしょう。

夫の浮気や不倫が発覚した時に、離婚という二文字を意識するようになるのです。もう相手を信じることができないと確信が持てるのなら、後悔しない離婚へ踏み出すきっかけになるのではないでしょうか。

 

子供への悪影響が心配だった

離婚をした原因3つ目は「子供への悪影響が心配だった」というものです。例えば、夫婦の仲が完全に冷え切ってしまったことで、夫と妻が一緒の空間にいる時には会話すらしないとなると、側で2人を見ている子供はどう感じるのでしょうか。

自分のお父さんとお母さんがいつも喧嘩ばかりをしていたり、口もきかないような関係になってしまうと、子供にとっても家庭が居心地の悪い場所になってしまいますよね。

そんな子供への悪影響が心配で、離婚に踏み切ったという人も少なくありません。

 

離婚するタイミングが訪れた

離婚をした原因4つ目は「離婚するタイミングが訪れたのをきっかけに」というものです。例えば、離婚を考えている時に夫の女性関係や金銭問題でトラブルが発覚した、子供が自立して家を出たなど、離婚をしても後悔しないようなタイミングが訪れた時に離婚を決意するのです。

後悔しない離婚をするためにも「タイミングをきちんと見極める」ということはとても大切なポイントです。

自分の気持ちに踏ん切りがついたのでしたら、自分のための一歩を踏み出してみても良いのではないでしょうか。

 

離婚を後悔している理由

恋愛2

経済的に不安を感じている

離婚を後悔している理由1つ目は「経済的に不安を感じている」ということが挙げられます。今まで専業主婦として働いていた女性であれば、離婚をきっかけに働きに出なければいけません。

正社員として社会復帰できれば良いのですが、小さい子供を抱えていたり若い内に結婚をしたことで社会経験が少ないとなると、なかなかフルタイムで働くことは難しいですよね。

そんな経済的やお金に対して不安を抱えていることで、離婚を後悔してしまうのです。

 

未練が出てきてしまい寂しい

離婚を後悔している理由2つ目は「未練が出てきてしまい寂しい」というものです。

例えば、離婚をすべきか迷っている時に勢いで離婚をしてしまうと、未練が出やすいという傾向があります。

未練があり寂しいと感じると、毎日を後悔して暮らすことになってしまいます。未練だらけの生活なんて、後悔しか感じられないですしとても寂しいものですよね。

 

子供のために戻りたい

離婚を後悔している理由3つ目は「子供のために戻りたいと思っている」ということです。

例えば、離婚後に子供が寂しそうにしている、お父さんがいなくなったことに戸惑い荒れてしまった、というケースです。

夫と妻の話し合いだけで離婚を決めてしまうと、離婚後に子供のケアでいっぱいいっぱいになってしまいます。

子供が「お父さんのところに戻りたい」と言う姿を目にした時、離婚を後悔してしまうのです。

 

今なら大した理由じゃなかったと思える

離婚を後悔している理由4つ目は「離婚の原因に対して、今なら大した理由じゃなかったと思える」ということです。これは、若い時に離婚をしてしまったことで後悔している人に多く見られる原因のひとつです。

若い時はどうしても受け入れられなかった理由や原因でも、歳を重ねた今なら大した理由じゃなかったと思った時に、離婚を後悔するきっかけとなるのです。

感情のままに離婚に踏み切ってしまうと、離婚後に後悔する確率が上がってしまうので気をつけましょう。

 

後悔しないために離婚前に考えたいこと

恋愛3

復縁することは視野に入れない

後悔しないために離婚前に考えたいこと1つ目は「初めから復縁することは視野に入れない」ということです。離婚というものは、夫婦になるために交わした契約を破棄するとても大きな現実なのです。

ですから「もしも後悔したら復縁すれば良い」という安易な気持ちで行動に出てしまうと、後悔する離婚に繋がってしまいます。復縁することは視野に入れずに、強い覚悟を持つことが大切なのです。

 

離婚後の生活が安定するまでのお金はあるか

後悔しないために離婚前に考えたいこと2つ目は「離婚後の生活が安定するまでのお金はあるか」ということです。どうしても、お金がなければ生きてはいけません。

いくら夫に嫌気が差していたとしても、経済的なことやお金に不安を抱えて生活していくというのは並大抵の大変さではないのです。

ですから、離婚した後に生活が安定するまでのお金が確保できているのか、ということをしっかり考えておくことをおすすめします。

 

彼氏ができても再婚できるかはわからない

後悔しないために離婚前に考えたいこと3つ目は「離婚した後に彼氏ができても、その彼氏と再婚できるかはわからない」ということです。人によっては、相手の結婚歴・離婚歴をかなり気にする人だっています。

そして彼氏が初婚だった場合、彼氏のご両親に再婚を反対されることだってあるかもしれません。離婚というのはこれほどまでに重大なことなのだと、しっかり覚悟を持つことが後悔しない離婚へと繋がるのではないでしょうか。

 

離婚した方がいいパターン

恋愛4

妻へのDVやモラハラが原因の場合

後悔しないための離婚をした方がいパターン1つ目は「妻へのDVやモラハラをする夫と生活している場合」です。DVやモラハラはれっきとした犯罪です。

モラハラがDVにエスカレートしてしまうケースだって十分に考えられますし、DVは生死に関わる重大な問題です。もしも夫からのDVやモラハラが原因で離婚を考えている女性は、将来後悔をしないためにも早めに離婚を考え、離れることをおすすめします。

 

借金を繰り返すなどの金銭問題がある

後悔しないために離婚をした方がいいパターン2つ目は「借金を繰り返すなどの金銭的問題が後を絶たない夫」だということです。

経済的に問題を抱えていたり、お金への価値観や感覚が緩くすぐに借金をしてしまう夫には、見切りをつけた方が良いかもしれません。

借金ばかりを繰り返されるされると精神的にもとても辛いですよね。自分の人生をかけてでも寄り添いたいと思える相手ではないのでしたら、人生を後悔をしないための離婚は自分を守るための手段です。

 

夫への心理的ストレスで毎日が辛い

後悔しないために離婚をした方がいいパターン3つ目は「夫への心理的ストレスで毎日が辛いと感じている」という場合です。

夫への強い不快感は、妻の身体面に影響を及ぼすほどのストレスになる場合があります。

ストレスで毎日が辛いと感じていては、せっかくの人生がもったいないです。もう解決方法が見つからないというほど辛い気持ちを抱えている場合は、逃げ出すことは悪いことではないということを頭に入れておきましょう。

 

浮気や不倫に悩まされている

後悔しないために離婚をした方がいいパターン4つ目は「夫の浮気や不倫に悩まされている」という状況がある場合です。

浮気癖や不倫癖を持つ夫との結婚生活を送っていると、妻の心労は計り知れないものになるでしょう。

毎日のように不安や葛藤を抱えている内に「こんな人生がずっと続くのか」と、なんだか寂しくなってしまうことだってあるでしょう。

自分の人生を後悔しないためにも、いくら話し合っても浮気癖や不倫癖を直そうとしない夫には見切りをつけても良いかもしれません。

 

離婚しない方がいいパターン

恋愛5

価値観のすれ違い

離婚しない方がいいパターン1つ目は「価値観のすれ違いが原因で離婚を考えている」という場合です。違う環境で育ってきた人間同士なのですから、価値観が違うのは当然のことです。

しかし、あまりにも違う価値観を持っている者同士だと、一緒に生活をしていても辛いですよね。そんな時についつい離婚を考えてしまいがちなのですが、価値観のすれ違いはすり合わせることだってできるのです。

長年連れ添った夫婦が似てくるのは、価値観を少しずつすり合わせてきた結果なのではないでしょうか。

 

経済的にお金の心配がある

離婚しない方がいいパターン2つ目は「経済的にお金の心配がある場合」です。お金は楽観的に考えてどうにかなるものではありません。

働きたいという強い気持ちがあっても、状況によっては自分の希望する働き口に受け入れてもらえないかもしれないのです。

また、老後の経済的にも不安の方が強い場合は離婚をせずにいたほうが、後悔しない人生を送らないポイントでもあるのです。

 

相手と自分の気持ちがわからなくなった

離婚しない方がいいパターン3つ目は「相手と自分の気持ちがわからなくなった」という理由が原因にある場合です。

結婚をして夫婦として生活をしていると、どうしても相手と自分の気持ちがわからなくなってしまうものです。

相手と自分の気持ちに何かしらの不満を抱えている場合には、すぐに離婚を意識するのではなくきちんと向き合って話し合うということが大切です。

 

子供が夫にかなり懐いている

離婚しない方がいいパターン4つ目は「子供が夫にかなり懐いている」という場合です。結婚をして子供が生まれると、夫婦間だけの問題では済まされなくなります。

子供にだって小さいながらに意思や感情があります。とくに子供が夫に懐いている場合には、大好きなお父さんと暮らせなくなってしまうということは大問題ですよね。

離婚したことで子供の心に深い傷を負わせてしまいそうな場合は、もう一度やり直す努力をしてみても良いのではないでしょうか。

 

離婚から復縁するためには

恋愛6

離婚後に変わった姿や特徴を見てもらう

離婚をした後に後悔をして復縁を望む場合には「離婚後に変わった特徴や、今の自分の姿を知ってもらう」ということが大切です。

一度離婚という大きな別れを経てしまうと、別れた夫だって気持ちの整理をつけるのに膨大な時間が必要になるでしょう。

離婚後の後悔から復縁をしたいと願うなら、離婚をする際に元夫に指摘された自分自身のダメな特徴を変える努力が必要です。

離婚後に大人になった姿を知ってもらうことができれば、元夫の気持ちも動かせることができるのではないでしょうか。

 

子供に間に入ってもらうと円滑にいきやすい

離婚後に後悔をして復縁したいと願うのなら「子供に間に入ってもらう」というのも効果的な方法です。子供がまだ小さいのでしたら、元夫と子供の面会の日に、あなたも一緒に過ごすということがおすすめです。

復縁を望んでいるのでしたら、きっと元夫へも愛情を持って優しくできるはずです。離婚前にはギクシャクしてできなかった「親子水入らずで一日を楽しく過ごす」ということができれば、元夫も「復縁してもいいかも」と思ってくれる可能性が高くなります。

 

自分の気持ちを素直に伝えることが大切

離婚後に後悔をして復縁を望む場合は「自分の気持ちを素直に元夫へ伝える」ということが大切です。

離婚をしたことによって気づけたこと、元夫への思い、家庭というかけがえのない場所を失った寂しさなど、離婚を経験したからこそわかったことはいっぱいあるはずです。

元妻からそんな素直な言葉を聞くことができれば、元夫の気持ちも揺れるはずです。対人関係で一番大切なのは「いかに素直な気持ちを相手に上手く伝えられるか」ということです。

素直な言葉は、人の心を動かすことができる偉大なものなのです。

 

離婚は後悔しないようにじっくり考えて

離婚というものは、簡単な気持ちや生半可な覚悟でしていいものではありません。ですが、自分の人生の意味さえ見失いそうになっている場合には、強い覚悟と信念を持って離婚するべきでしょう。

一番大切なのは「後悔のない離婚をすること」です。離婚をして後悔をすることが想定できる場合には、今は離婚するタイミングではないのだと留まることができるでしょう。

後悔しないように、じっくり考えて答えを見つけてください。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告