目を合わせてくれない男性心理を解明!脈あり・なしの見分け方&効果的なアプローチ術

目を合わせてくれない男性って、けっこう身近にいますよね。そんな時は、男性がどういった理由や心理で目を合わせてくれない状況になってしまったのかをしっかり認識することが大切です。今回は、目を合わせてくれない男性の心理状態と、目を合わせてくれない理由、目を合わせてくれない男性へのアプローチ術をご紹介します。

公開日:
著者:
目を合わせてくれない男性心理を解明!脈あり・なしの見分け方&効果的なアプローチ術

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

目を合わせてくれない男性って、けっこう身近にいますよね。

もしも好きな人が急に目を合わせてくれないという状態になってしまったらとてもショックを受けますよね。

今まで普通に会話をしたり仲良くしていたのにも関わらず、急に冷たい態度を取られたり目を合わせてくれないなんて、片思い中の女性はパニックに陥ってしまうことでしょう。

そんな時は、男性がどういった理由や心理で目を合わせてくれない状況になってしまったのかをしっかり認識することが大切です。

今回は、目を合わせてくれない男性の心理状態と、目を合わせてくれない理由、目を合わせてくれない男性へのアプローチ術をご紹介します。

目を合わせてくれない男性の特徴

恋愛

片思い中の女性であれば、好きな人が急に目を合わせてくれなくなった時、とても衝撃を受けてしまいますし「もしかして私のこと嫌いになっちゃたのかな?」と、ショックだけでは収まらない気持ちを抱えてしまうことでしょう。

もしも好きな人が急に目を合わせてくれないなんてことになっても、目を合わせてくれない理由を直接聞くことなんてできっこありません。

では、目を合わせてくれない男性は一体どのような心理状態や特徴を持っているのでしょうか。

目を合わせてくれない男性の心理や特徴を把握することができれば、必要以上に構えなくても良くなりますし、何より目を合わせてくれない男性への対応の仕方を見直すこともできますよね。

 

 

好きな人への好きバレを恐れる片思い中の男性

男性が目を合わせてくれないケース1つ目は、好きな人への好きバレを恐れている片思い中の男性であるということです。

どういうことかと言うと、その目を合わせてくれない男性はもしかすると、あなたに片思いをしているかもしれません。

男性に限らず女性であっても、好きな人のことはついつい目で追ってしまうものです。

しかし、好きな人が視線に気づいてこちらを振り返った場合、ドキッとするあまりに思いっきり目を逸してしまうことだってあるでしょう。

好きな人への好きバレを恐れるあまりに、ついつい好きな人にそっけない態度をとってしまうことって、大人でもありますよね。

もし、目を合わせてくれない男性がシャイなタイプだったら、緊張のために目を合わせてないということも考えられるのです。

 

人と話すことが苦手なシャイな男性

男性が目を合わせてくれないケース2つ目は、人と会話したり、1対1で話すことが苦手なシャイな男性であるということです。

人と話すのが苦手な男性はけっこう多くて、最近ではどの会社にも1人くらいはいるのではないでしょうか。

人と話すこと自体が苦手なシャイな男性というものは、特定の女性に目を合わせてくれないというよりも、男性女性問わず「目を合わせてくれない」という特徴があるのです。

ですので「私だけ目を合わせてくれない…」と感じることも少ないでしょう。

そんなシャイな男性には、彼の心のドアを開いてもらうことからスタートしないといけないので、気長に対応していきましょう。

 

異性を必要以上に意識してしまう男性

男性が目を合わせてくれないケース3つ目は、異性を必要以上に意識してしまう男性であるということです。

この場合、女性に対して極端に構えていたり、自分がどう思われているかということを気にしている場合が多いです。

異性を必要以上に意識してしまうので、男性とは普通に目を合わせて楽しそうに会話できるのに、相手が女性となると急に会話が続かなくなるどころか目を合わせてくれないということが起きてしまうのです。

ですが、良いように考えるとこれは「相手の男性に異性として認識してもらえている」ということですので、もしもその男性と恋愛関係になりたいと思っているのであれば、どんどんアプローチをしていっても良いでしょう。

 

目を合わせてくれない男性心理《好意がある場合》

恋愛2

目を合わせてくれない男性心理の中でも、好意がある場合と好意がない場合で状況は大きく変わってきます。

目を合わせてくれない理由が好意からくるものであれば、女性としてもなんだか嬉しい気持ちになってしまいますよね。

もしもその男性が好きな人だった場合、むしろ目を合わせてくれない今の状況は最大のチャンスです。

なぜなら、好意があって目を合わせてくれないということは、あなたへの好きバレが怖くて目を合わせてくれないということなのです。

ここでは、もしも好意がある場合の目を合わせてくれない男性の心理や行動は、どういったところに表れるのかということをご紹介します。

 

2人きりになると笑顔を見せてくれる

男性が目を合わせてくれない理由が「好意」からくるものだった場合の特徴として、2人きりになると笑顔を見せてくれるというものがあります。

例えば会社の中や、仲間内での飲み会の時にはあまり会話することもなく、たまに会話したとしても目を合わせてくれないという場合でも、2人きりになるとなぜか笑顔で話すことができる……。

もしも普段目を合わせてくれない男性が、2人きりになると会話が弾んだり笑顔を見せてくれるというのは、あなたへ好意があるからだと言えるでしょう。

2人きりになった時こそチャンスだと思って、あなたも積極的にアクションを起こしてみることをおすすめします。

 

何の前触れもなく急にデートに誘ってくる

もしも、普段は目を合わせてくれないような男性から、急に何の前触れもなくデートに誘われると、かなりびっくりしてしまいますよね。

「私だけにあんな態度をとっていたのに…!」と、戸惑いや憤りを感じてしまうこともあるでしょう。

ですが、急にデートに誘ってくるのは「好意」以外の何物でもありません。

きっとその彼は、あなたへの好きバレが怖くて目を合わせてくれない状態だったのではないでしょうか。

女性が男性よりも年上だった場合に、このような突拍子もない行動で女性側が驚くというのはよくあるパターンです。

急にデートに誘われた時は、彼の勇気を称えてOKでもNGでも真摯に対応することを心がけましょう。

 

彼氏がいるのか女性の恋愛事情が気になる心理状態

目を合わせてくれない理由が「好意的な気持ち」からくるものだった場合、男性の心理状態は「あの人には彼氏はいるのだろうか」というように、女性の恋愛事情や今の生活の状況が気になる気持ちが大きいでしょう。

もしも特定の彼氏という存在がいなければアプローチをしたいと思っていても、好きバレを恐れてなかなか行動が起こせない…そんな葛藤に悩むことだって多いのではないでしょうか。

そんな心理を抱えている男性は、女性の恋愛事情が気になる一心で女性に「彼氏はいるのかどうか」を確かめるような言葉や態度をとってきます。

 

目を合わせてくれない男性心理《好意がない場合》

恋愛3

目を合わせてくれない男性心理の中でも「好意がない場合」だとすると、アプローチ方法も路線を変更して見直さなくてはいけませんよね。

とくに何も意識をしいていないという理由で目を合わせてくれないのか、それとも嫌いという心理的な理由から目を合わせてくれないのか…。

この2つの理由をしっかり汲み取ることが、彼とあなたの今後を左右する分岐点となるのです。

もしも男性のことを特別何の感情もないというのでしたらそのままでも良いでしょう。

ここでは、目を合わせてくれない男性心理の中に好意がなかった場合の特徴をご紹介します。

 

会社の飲み会でも「私だけ会話してくれない」と感じる

目を合わせてくれない男性というのは、特定の女性を意識している場合と意識していない場合の2つの理由があります。

女性として好意を持っているからこそ緊張して目を合わせられないのか、それとも全く意識していないので、目を合わせていないということにさえ気づいていないのか。

もしも、目を合わせてくれない男性が会社の飲み会の席でも「私だけ会話してくれない」と感じるほどに、あなたへの意識が向いていない状態であれば、好意がないと判断できます。

上記の「全く意識していないので、目を合わせていないということにさえ気づいていない」ということです。

しかしこんな彼は、こちらから積極的に話しかけたりアプローチすることで、案外アッサリとこちらを向いてくれることが期待できます。

 

嫌いなので目を合わせたくないという心理がある

目を合わせてくれない男性心理で好意がない場合、嫌いなので目を合わせたくないという理由があります。

もしかすると、以前にあなたの言動で彼を傷つけてしまったのかもしれませんね。

もしもこのケースの彼があなたの好きな人だとしたら、なかなか難しい恋路となることが予測されます。

しかし、恋愛に絶対という言葉など存在しません。

彼の心に響く言動をすることで、少しずつ彼の意識を変えていくことができるのです。

一度すれ違ってしまったからと諦めずに、誠心誠意努力をすればきっと彼の心を動かすことができるのではないでしょうか。

恋の行方を決めるのはあなた次第なのです。

 

男性が「嫌われている」と思い込んでいる可能性がある

目を合わせてくれない男性心理で好意がない場合に、男性自身が何かしらの理由で「あなたに嫌われている」と思い込んでいる可能性があります。

もしも男性が、あなたと目を合わせてくれない以外に、あなたに対して少し気を使っているようなオドオドした態度をとっているのでしたら、もしかすると「自分のことを嫌い」だと思い込んでいる可能性が高くなります。

目を合わせてくれない男性に対して、以前に冷たい態度やキツイ言い方をした記憶はありませんか?

もしも何か思い当たる節があるのなら、彼に優しい態度や言葉使いをするように心がけて、彼との距離を少しずつ縮めていくことを意識しましょう。

 

目を合わせてもらうためのアプローチ術

恋愛4

目を合わせてくれない男性へのアプローチ術となると、ハードルが高くなってしまうようなイメージがあることでしょう。

しかし、目を合わせてくれないからと言って「きっと脈もないんだろう」と諦めるのは早すぎます。

あなたに好意があるからこそ目を合わせてくれないということだって十分にあり得ますし、好意がなくてもアプローチ方法を見つめ直すだけで、彼との距離はグッと縮まる可能性があるのです。

ここでは、目を合わせてくれない男性に、目を合わせてもらうためのアプローチ術をご紹介します。

 

男性が年上の場合には「これ教えてください」と近づく

目を合わせてくれない男性へのアプローチ方法で効果的なのが、年上の男性に対して「これ、わからないので教えてください」と理由を持って近づくということです。

男性が年上じゃなく同い年や年下でも、相手が先輩や上司だった場合に効果的なアプローチ術です。

男性は素直な女性に好感を持ちますから、仕事でわからないことがあった場合は積極的に、好きな人へ教えを請うということがポイントです。

仕事上のやりとりは、目を合わせてくれない男性にも避けられることではありません。

そんな日頃の小さな積み重ねで、彼のパーソナルスペースへ入っていくことができるのです。

 

「最近冷たいね?」とあえて話しかけてみる

目を合わせてくれない男性が相手だと、アプローチ方法もかなり四苦八苦してしまうことでしょう。

なぜなら、目と目を合わせて好意を伝えたいにも関わらず、彼は目を合わせてくれないのですから。

しかし、そんな時はあえて「最近冷たいね?」と、少し切なげに話しかけてみるということです。

もしもあなたに好意を持っている男性でしたら「そんなつもりじゃないのに…」と、自分の対応のマズさに気づくきっかけにもなります。

また、あなたに好意がない男性に対しても「○○さんと仲良くなりたいんだけどな…」と付け加えることで、少なからずバツが悪い気持ちになることでしょう。

そのバツの悪い気持ちと、寂しそうなあなたの姿に「悪いことをしたな」と思わせることができるのです。

仲良くなりたい相手に対して「仲良くなりたい」と意思を告げるのは、とても効果的でとても基本的なアプローチ術なんですよ。

 

目を合わせてくれない彼にも笑顔で接する

目を合わせてくれない男性へのアプローチ術として最も大切なのが「目を合わせてくれない彼にも笑顔で接する」ということです。

目を合わせてくれないからと言って、あなたの顔をチラッとも見ない訳ではありません。

例えばあなたが近づいてきた時、または他の人と会話している姿など、なぜか自分に構ってくるあなたのことを少しづつ意識しているはずです。

いつ彼に見られていても良いように、どんな人にも笑顔で優しく接するということを意識しましょう。

笑顔は人の警戒心を解く効果がありますし、笑顔が幸福を呼び込んでくれることもあるのです。

目を合わせてくれない彼にも他の人へも、常に笑顔で対応することが恋愛成就の鍵なのです。

 

目を合わせてくれない男性心理を知ろう

目を合わせてくれない彼にも、実にさまざまな心理状態や理由があるのです。

目を合わせてくれない男性に対して、一概に「私だけ目を合わせてくれないということは、私を避けているんだろうな」なんてネガティブになる必要はありません。

目を合わせてくれないのは好意からかもしれませんし、あなたのことを必要以上に異性として意識しているからということも十分あり得るのです。

もしも男性に好意があっても好意がなくても、一番大切なのは「あなたの彼を思う気持ち」なのではないでしょうか。

もしも目を合わせてくれない男性が好きな人である場合には、自分がやれるところまではアプローチをしてみても良いのではないでしょうか。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告