付き合って3ヶ月目は重要な時期!お互いの心理を理解して長続きさせよう♡

付き合い始めたカップルが3ヶ月経つ頃というのは、最初はぎこちなかった二人でもだんだんと一緒に居ることにも慣れ、少しずつ二人だけの世界が作られていくような時期です。今回は、そんな付き合って3ヶ月目のカップルが気を付けておきたいことや、彼の心理、これからもっと仲良くなっていくための秘訣などをお教えします。

公開日:
著者:
付き合って3ヶ月目は重要な時期!お互いの心理を理解して長続きさせよう♡

著者名

RN

RN

女性誌編集&ライティング経験十数年。自身の経験や知識をもとに女性が幸せになるためのヒントになればと思い執筆いたしております。

付き合い始めたカップルが3ヶ月経つ頃というのは、最初はぎこちなかった二人でもだんだんと一緒に居ることにも慣れ、少しずつ二人だけの世界が作られていくような時期です。

付き合ってから最初の壁は3か月目だなんていう話を聞いたことがある人も多いかもしれません。

今回は、そんな付き合って3ヶ月目のカップルが気を付けておきたいことや、彼の心理、これからもっと仲良くなっていくための秘訣などをお教えします。

付き合って3ヶ月が経った頃の男性心理

恋愛1

さて、付き合って3ヶ月目の頃、彼は一体どんな気持ちであなたと居るのでしょうか?

付き合って3ヶ月目頃の男性心理を見ていきましょう。

多くの男性は告白~付き合ってすぐのときがもっとも気持ちがピークに達しているようです。

そのため、その後3ヶ月経つ頃には、彼女がいるのが当たり前のようになっているのです。

女性側からすると「冷めたのかな」、「最初はあんなに連絡くれたのに」なんて思うかもしれませんが、実は、彼があなたが彼女であると安心しきっている、本来の自分をすっかり出してしまっているという証拠なのです。

 

 

付き合って3ヶ月が経った頃の女性心理

恋愛2

では、付き合って3か月目頃の女性心理はどのようなものなのでしょうか?

男性とは異なり、女性の場合は付き合ってから段々と彼に対しての愛情が湧いてくる傾向にあります。

付き合い始めは案外冷静で様子見をしているところもあったのが、3ヶ月経つ頃には様子見の時期が終わり、彼中心の毎日になってきている頃でもあります。

好き同士のカップルでも同じ3ヶ月目頃には、男性が気持ちが落ち着いているのに対し、女性はちょうど「毎日会いたい」、「毎日電話で話したい」、「一緒にいたい!」と彼氏に対する好きな気持ちがピークになる時期でもあるのです。

 

付き合って3ヶ月で別れてしまうカップルの特徴

恋愛3

では、よく言われる「付き合って3ヶ月目」の壁を乗り越えきれずに別れてしまうカップルはどのような人たちなのでしょうか?

特徴を紹介します。

 

とりあえず付き合ってみただけ

付き合うまでのメールやLINEのやりとりだけのときは良い感じの関係で、そのまま盛り上がって何となく付き合ってしまったというカップルの場合、どちらからともなく二人の間に微妙な空気が流れ始めるのが3ヶ月経った頃です。

「とりあえず付き合ってみたけれど、やっぱりそこまで好きではなかった」、「彼のごり押しで断り切れずにOKして付き合ったけれど、やっぱり何かが違った」など冷静になって考えると、このまま付き合っていくのもダメだなという答えが出て、別れるというカップルも案外多くいるようです。

付き合うまでは友人で仲良くしていたから、付き合ってもうまくいくと思っていたら、実は恋愛対象としてはまったく合わなかったなんていう話もよく聞きますよね。

 

趣味や嗜好が合わない

好き同士なら趣味がバラバラでも、お互いに歩み寄ればいい! なんて付き合いはじめの頃は気軽に考えていたかもしれません。

お互いに熱中できる趣味があるのは素敵なことですが、3ヶ月目ごろにそこに違和感を感じてしまい別れるカップルもいます。

最初はお互い譲り合って、無理をして合わせていた部分があったかもしれませんが、それが3ヶ月続くと疲れてきたり、不満に思ったりする場合もあります。

また、好きな食べ物や好きな映画のジャンルなど、主にデートの行先や食事関連の嗜好が合わなければ、会うたびにお互いストレスが溜まってきます。

心から一緒に楽しめるものがないという二人は付き合っても続きにくい傾向にあります。

 

本音で話していない

お互いに腹を割って話すことができていないカップルも3ヶ月くらいで別れてしまうことが多いです。

相手を心から信用していないとも受け取れるため、少しずつ二人の間に溝ができてくるようです。

「本音を話せば、嫌われてしまうんじゃないか」と考えてしまう場合もありますが、たとえ、ささいなことでも本当に好きな相手、信用している相手には、少しずつでも本音で話すことを心がけましょう。

 

浮気をした

どちらかが他の誰かと浮気をしている、もしくは、ワンナイトだとしても誰かと関係を持ったなど、二股や浮気などが原因で別れるというケースが案外多いのも事実です。

まだ3ヶ月目の頃だと、将来の約束をしたわけでもなく「ちょっとくらいなら………」という甘い考えで浮気をしてしまう人もいるかもしれません。

もしくは、彼女・彼氏が出来たけれど、やっぱり好きな人は他の人だったというケースもあるでしょう。

相手がなんだか様子がおかしいなと感じて、よくよく話をしたらそういうことだったというケースは大いにあり得ます。

そうしたことが原因で相手の本性を知ることで別れを決めたという人も少なくないでしょう。

 

付き合って3ヶ月で別れそう…持ち直すためには?

恋愛4

付き合って3ヶ月目に突入したころから、お互いになんだか冷めてきたような感じがしている、付き合い当初のラブラブな感じがなくなってきたなど、まだ、そう感じるには早い時期なのでは?と思ってしまいますが、実際に付き合って3ヶ月目の頃は、付き合ってから初めてそういった危機を感じる時期でもあります。

いわゆる第一次倦怠期と言われるものです。

そう感じるだけで、その違和感をスムーズに乗り越えられる場合は良いのですが、どうしても別れるという選択肢が出てくるカップルもいるでしょう。

しかし、本音では別れたくない! この状況から持ち直したい!と考える人も多いはず。

別れそうなカップルが持ち直すためには、どんな方法があるのでしょうか?

 

デートコースを変えてマンネリを回避する

いつもデートは家ばかり、外へ出かけても同じようなところしか行かないというカップルはだんだんとマンネリ化してくることで別れの危機を感じている場合もあります。

それを回避するためにも、いつもとは違うデートをしてみるのも良さそうです。

日帰りでちょっと遠出をしてみる、自然があるところへお弁当を持ってピクニックに行く、もしくは、友達カップルと一緒に遊ぶなど、いつもと違う刺激があることやお互いが初めて行く場所でなら、二人の関係がより縮まることもあります。

 

サプライズやプレゼントなどの非日常を演出する

一緒にいるのが当たり前になってきて、特別感がなくなんとなくこのままだと別れの予感がする……というとき、このまま平行線をたどってしまうのではなく、少し工夫をしてみることも必要です。

そんなときに取り入れたいのが、サプライズやプレゼントでの演出です。

平凡な毎日はそれはそれで素敵ですが、たまには感動させてみるのもひとつの方法です。

喜ぶことをされて、嫌がる人ってあまりいませんよね?

誕生日や記念日ではお祝いするのも良いですが、そういったきっかけがなくても、何もない日にサプライズやプレゼントをしてみると、彼も「こんなに想ってくれているんだ」「可愛いやつだな」と口には出さなくても感じているはずです。

そして、二人の関係が今までよりも改善することに繋がるでしょう。

 

大事な存在だということを伝える

別れの危機に直面しているカップルは、お互いがお互いにとってどういう存在なのかがわからなくなってしまっていることがあります。

「好きだから一緒にいる」と心では思っていても、言葉で伝えていなければ要注意です。

照れもあってなかなか言えないかもしれませんが、付き合いが長くて円満なカップルは、必要なときには相手に対して、愛情や感謝の気持ちをしっかりと言葉で伝えています。

まだ付き合って3ヶ月なのに、と思わずに、そろそろ、大好きなその気持ちを言葉でしっかりと伝えてみてはいかがでしょうか?

あなたが本音を話すことで、相手も愛情や感謝の気持ちを言葉に出してくれるかもしれません。

危機を感じていたカップルも、お互いが素直になるだけで簡単に乗り越えられるということも大いにあり得ます。

 

付き合って3か月目に注意したいこと

恋愛5

付き合って3か月目に注意したいことをいくつか知っておくと、倦怠期が訪れても冷静に対応できますね。

 

友人に紹介する

付き合って3か月目くらいになると、周りにも「彼氏ができた」「彼女ができた」と言いやすい頃です。

友人に紹介する機会も増えることでしょう。

その際には、「恥ずかしい」、「照れるから」、「紹介しても意味がないのでは」と嫌がらずに、本当に信じられる友達には紹介したほうが良いでしょう。

あなたが反対の立場でなかなか周りに紹介してもらえないなと思ったら、相手に対して不信感が少なからず出てきますよね?

堂々と付き合っているということを相手に感じてもらうためにも、機会があればぜひ、友人に紹介してみましょう。

周りにあなたたちの関係が知られることで、お互いに責任感を持って、付き合うことができます。

 

感謝の気持ち、思いやりを忘れない

一緒にいることが当たり前になってくる頃ですが、感謝の気持ちや思いやりの気持ちを忘れずに接するように心がけましょう。

ささいなことでも「ありがとう」や「いつも感謝しているよ」などと言うことで、相手を労わることを忘れないでいれば、自ずと相手も、自分に優しくなり、落ち着いたカップルでいられるでしょう。

ちょうど付き合うことに慣れてきて、不満を言ったり、喧嘩をしたりといったことがある時期ではありますが、それで終わらせるのではなく、普段からそういった言葉を出してみることを意識してみてください。

 

いつも笑顔でいる

人間関係を築いていくうえでも笑顔は大切ですよね。ほかの人の前では笑顔を意識することはあっても、付き合って3ヶ月くらい経つと身近にいる彼氏にはそれを忘れていることもあるかもしれません。

彼の前でも笑顔でいる時間を増やしてみましょう。誰にとっても好きな人の笑顔を見れることって最高のひとときですよね。

あなたが笑顔でいることで、彼も自然と笑顔でいる時間が長くなるかもしれません。

そんな二人のあたたかな雰囲気は、自ずと二人の距離を縮め、倦怠期であったとしても良い関係でいられることでしょう。

 

長く付き合うためのポイント

恋愛6

では、長く付き合うポイントはあるのでしょうか? 3ヶ月目以降も仲良く付き合っていけるヒントを紹介します。

 

親しき仲にも礼儀ありを忘れない

付き合って3ヶ月くらいになってくると最初は新鮮だったものが、だんだんとその関係に慣れてきて、何かやってもらっても「ありがとう」を言わなかったり、悪いと思っても「ごめんね」と言えなかったりといったことがあるかもしれません。

しかし、いくら仲が良いカップルでも、家族ではありません。

家族のように居心地の良い相手でも、「ありがとう」や「ごめんね」、「助かったよ!」など言葉にして伝えることはいつまでも忘れたくないことです。

「親しき仲にも礼儀あり」を忘れずに、相手を尊重して付き合っていけるカップルは長続きします。

 

不満は早めに&解決したい方向で伝える

付き合って3ヶ月を過ぎ、だんだんと付き合いが長くなると、相手の嫌なところが見えてくるでしょう。

最初は目をつむっていたことでも、それが度重なると我慢も限界になるでしょう。

きっとお互いに、不満に思っても我慢をしていることってあるのだと思いますが、我慢が限界に達する前に、相手にその旨を伝える必要があります。

不満に感じていることは早めに伝えましょう。また、その際、不満をぶちまけて喧嘩をしてしまうのではなくて、「解決したいから」「これからもずっと一緒にいたいから」話すということも一緒に伝えると、相手も素直に話を聞いてくれるでしょう。

せっかく不満を伝えようとしても、プライドを傷つけるような言い方をしてしまってはNGです。

 

たまには将来の話をしてみる

しつこく将来の話ばかりをするのも結婚を焦っているように感じ、彼も変なプレッシャーを感じてしまい関係がぎくしゃくしてしまう恐れがありますが、適度に何かのきっかけで将来の話をちらっとしてみるのは、将来のイメージが湧いてワクワクするという時間がつくれるため、大切です。

そんな話をたまにすることで、「結婚したらこんな風になるのかな~」「これからも楽しく二人で過ごしていきたいな」と思わせるきっかけにもなり長続きしやすいでしょう。

 

付き合って3か月目は重要な時期!

付き合って3ヶ月目という時期は、男女で感覚が異なり、ちょうどこの先を乗り越えられるかどうかの壁のひとつであるといわれています。

付き合って3ヶ月経った頃の男性心理を知っておけば多少、気になることがあっても大らかな心で受け止めることができますね。

また、長く付き合うための秘訣を知っていれば、これからも安心して彼と仲良く過ごすことができそうですね。今の恋愛を存分に楽しんでくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告