カップルが倦怠期を迎えた時のベストな対応とは!?あなたはどう乗り越える?

今回は、なぜ倦怠期が来るのか、またどうしたら倦怠期を乗り越えることが出来るのかなどいくつかご紹介していきます。 何故か会う度にケンカをしてしまうという、いわゆる倦怠期を経験した方もいるのではないでしょうか。 現在、倦怠期で悩んでいる方は、2人の関係を見つめ直すきっかけになるはずです。どうぞご覧ください。

公開日:
著者:
カップルが倦怠期を迎えた時のベストな対応とは!?あなたはどう乗り越える?

今回は、なぜ倦怠期が来るのか、またどうしたら倦怠期を乗り越えることが出来るのかなどいくつかご紹介していきます。

何故か会う度にケンカをしてしまうという、いわゆる倦怠期を経験した方もいるのではないでしょうか。

現在、倦怠期で悩んでいる方は、2人の関係を見つめ直すきっかけになるはずです。どうぞご覧ください。

倦怠期はいつ頃来るのか

恋愛1

よく言われるのが、交際して3か月、6ヶ月、1年に倦怠期が来ると言われています。

初めは、相手に会う度にドキドキしたり、自分を少しでもいいように見せようと努力していきます。

しかし、3か月くらいが経過するとだんだんと相手にも慣れていき、自分の本来の性格が徐々に浮き彫りになってきます。

その結果、意見の食い違いや考え方の違いが出てきてケンカをしてしまうというケースも。

初めてのケンカの場合は、割とすぐに仲直りするという方も多いですが、だんだん付き合いが長くなってくるとお互いが意見を尊重し、結果大喧嘩に発展してしまう可能性も。

 

 

倦怠期の気持ちの変化

恋愛2

付き合ってお互いの事を少しずつ理解してきた時に倦怠期が訪れるようですね。

今までは何の問題もなく、穏やかに過ごしていたという方も倦怠期になるとなぜか気持ちに変化が現れるという事も。

では一体どういった気持ちになっていくのでしょうか。

 

相手に対しての不満が出てくる

やはり付き合ったばかりの時は、彼の事が大好きで何をするにも一緒にいるだけで楽しいという考えの方がほとんどです。

しかし、そういった付き合いたての気持ちもずっと続かないのが現実。

やはり、人それぞれ考え方は違いますから、だんだん一緒にいる時間が長くなるほど相手に対してここは違うんじゃないかや、その考え方はおかしい、といった不満が出てきます。

初めは我慢していてもそういった不満はどんどんたまっていく一方。

その結果、ケンカをしてしまうというケースも。

 

あまり会いたくない

初めは、四六時中彼といたいと思い、毎日のように一緒に過ごすという方も倦怠期になるとあまり会いたくないという状況になる方も。

何か彼と揉めていたり、ケンカ中という方は余計に彼の顔も見たくないと思う場合もあります。

そういった場合、しばらく距離を置こうとあまり会わなくなったり、連絡をあまりとらなくなってしまうとそのままズルズルいってしまい、やがて自然消滅する可能性も。

 

興味がなくなる

付き合いたての時は、相手に対して知らない事ばかりなので、もっと彼の事をよく知ろうと沢山質問したり、彼の性格や私生活に興味を持つ方が多いですが、その興味も付き合いが長くなるにつれてだんだんと薄れていきます。

その結果、彼自身にあまり興味がなくなってしまい、彼の事は二の次と考えてしまう方も。

 

面倒くさい

今までは全く面倒くさいと思わず、マメに彼と会ったり連絡を取っていたという方も、倦怠期になると何をするにしても面倒くさくなるという方も。

例えば、彼とデートするのも、いちいち連絡するのも、しまいには彼の事を考えることさえ面倒くさいといったすべてが面倒くさくなるというマイナスな面が出てくる可能性も。

 

一緒にいて楽しくない

少し前までは、一緒にいるだけで楽しいと感じていた方も、一緒にいても全然楽しくないと思うようになるケースも。

例えば、特に何をするという訳ではないけれど、ただ家にいて彼とまったりしているだけという状況でも付き合いたての時は楽しいものです。

しかし、付き合いが長くなっていくとマンネリ化してしまい、何もせずにただ家にいるだけだと全然楽しくないと感じてしまうように。

 

倦怠期の時の男性の行動

恋愛3

倦怠期になると、どういった気持ちの変化が出るのかみていきました。

やはり、初めは何をするにしても楽しいという方も倦怠期になると一気に気持ちに変化が出てきてしまうようですね。

中には、倦怠期の時期が近づいてくると自然に意識して気を付けるようにするという方も。

しかし、いくら女性が気を付けたからといっても男性側に気持ちの変化が現れる可能性も。

では、逆に男性が倦怠期の時にはどういった行動をするのでしょうか。

 

急に冷たくなる

男性は女性に比べて割と気持ちの変化がわかりやすいです。

いい意味で素直という事ですが、その素直な行動が面倒くさい場合も。一番わかりやすい行動が、急に自分に対しての態度が冷たくなるという場合です。

今までは話しかけてもきちんと返事を返してくれたり、すごく優しかったのに、何かをきっかけに急に人が変わったように冷たくなるというケースも。

 

男性の方から連絡をしてこなくなる

今までは、自分から連絡をしなくても彼の方からどんどん連絡が来ていたという場合でも、ある時期を機に連絡が来なくなるというケースも。

もし、男性からの一方的なアプローチで付き合うことになった場合、初めは返事を返していないのにどんどん連絡が来るという事も多いです。

しかし、付き合いが長くなってきたり、何か男性自身に気持ちの変化が起きたら、急に連絡をしてこなくなるというケースも。

 

何かと理由を付けて会わなくなる

男性は割と面倒くさがり屋な方が多いため、倦怠期が来ると彼女と会うのも面倒くさくなってしまい、しばらく会わないという方も多いです。

しかし、正直に会いたくないと言ったらまた面倒なことになると思い、色々と理由を付けて断るケースも。

例えば、急に仕事が入ったや、友達と予定がある、具合が悪いから寝てるといった女性がしつこく追及をしてこない言い訳を考える方もいます。

 

別れを切り出してくる

一度自分がダメだと思った場合、ゆっくりと考えずにすぐに別れを切り出してくるという方も中にはいます。

こういった方は、プライドが高い方や、自己中心的な考えの方に多いですが、女性の気持ちを全く考えずに突発的に自分の感情だけで動くというケースが多いです。

そういった方は、後から後悔するといったケースが多いですが、倦怠期にはそういった落とし穴もあるのです。

 

倦怠期はどれくらい続くのか

恋愛4

女性男性それぞれ倦怠期には今までと違った感情が出てくるケースが多いです。

いい方向に向かおうと心がけてもどんどん悪い方向に行ってしまう可能性も。

いつまで倦怠期が続くんだろうと嫌な気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

倦怠期が続く期間というのはその人によって違います。一週間で終わったという人もいれば、一か月かかったという方も。

長い人は3か月や半年かかってしまい、少し良くなったかなと思っていたらまたすぐ次の倦怠期が来てしまったという方も。

最悪の場合、倦怠期がきてそのまま別れてしまったという場合もあります。

 

倦怠期を乗り越えるためにする事

恋愛5

倦怠期が3か月や半年も続くと、精神的にも体力的にも疲れてしまいますよね。

いっそのこと別れてしまった方が楽なんじゃないかと思ってしまう事もあるかもしれません。

しかし、そこまでズルズルと倦怠期が続いているのにいつまでも別れずに付き合っているのは、実際に別れたくないという気持ちがあるから。

そうなると、出来るだけ早く倦怠期を乗り越えてまた楽しく過ごしたいと思う方もいるかと思います。

では、そういった倦怠期を乗り越えるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

初心を思い出す

もし、いつまでも倦怠期が続いている場合には、一度付き合ったばかりの時の事を考えてみるといいかもしれません。

どうして彼と付き合ったのか、彼のどんなところを好きになったのか、そうすることによってもう一度あの頃の気持ちを取り戻せる可能性もあります。

もしくは、付き合う前によく遊びに行った場所や、付き合ったばかりのころにデートした場所に彼氏と行くことで、お互いその頃の楽しかった記憶を思い出す場合も。

 

きちんと会って話をする

一番大切な事は、直接会って話をするという事です。

よく、直接会うと上手く意見を言えないからメールや電話で話をするという方も多いですが、メールや電話など相手の顔を直接見る事が出来ずに話をすると相手の本当の気持ちを聞くことが出来ずに終わってしまう可能性が高いです。

特にメールの場合、自分の本来の気持ちではなく上手く言い換えた文章で送ることが出来ますし、相手がどんな考えなのかも上手く理解できずにそのまま終わってしまうケースも。

そうならないためにも、直接会って話をするということはとても大切な事です。

 

少し息抜きをしてみる

少し息抜きをしてみるのもいいかもしれません。

倦怠期が続くと色々と悩みも増えてしまいます。しかし、ずっと悩んでいてはかえって気持ちが滅入ってしまい逆効果になる可能性も。

そうならないためにも、一度彼の事を考えるのを忘れて友達と遊んでみたり、旅行に行ってみたり、何か趣味を見つけてみたりと、息抜きをしてみる事できちんと気持ちの整理がつき、また彼との関係を見直すことが出来るケースも多いです。

 

一度距離を置く

もし何をしても上手くいかず、彼との関係が悪い状態が続くようであれば、一度距離を置くというのも必要な場合があります。

やはり、距離を置くという事はそれなりにリスクも背負います。

しばらく会わずに連絡も取らない状態になってしまうと、そのまま自然消滅する可能性も。

また、相手も自暴自棄になり他の女性と遊んだりして、他に好きな人が出来る可能性もあります。

そうなると少し距離を置くつもりがそのまま終わってしまうという場合もありますので、注意が必要です。

 

倦怠期にNGな行動

倦怠期を乗り越える方法は色々ありましたね。

人それぞれ乗り越え方は違いますが、出来ることならまた付き合い始めた頃のような関係に戻りたいと思う方もいるかと思います。

そのために、早く倦怠期を終わらせたいと焦る方もいるかもしれません。

しかし、間違った行動をしてしまうと、男性が嫌がり、かえって悪い方向に進んでしまう可能性も。

では、倦怠期にしてはいけない行動とはどういった事でしょうか。

 

しつこく連絡をする

こちらは倦怠期の時に絶対してはいけない行動の一つです。特に男性側の気持ちに変化が起きている時はNG。

男性は倦怠期をむかえると急に冷たくなり、連絡もあまりしてこなくなります。

そうなると、女性は彼の気持ちが離れていってしまっていると思い、何とか彼の気持ちを繋ぎ止めようとついつい連絡をしてしまいます。

しかし、男性は少し距離を置きたいと考えている人も多いため、そういった行動をすることでかえって面倒くさくなってしまいます。

 

女の武器を使う

女の武器を使うというのも倦怠期の時にはNG。

女の武器というのは泣く事、または甘えることです。

女は泣けばいいと思っていると考える男性も多いです。そのため、もしケンカをした時などにすぐ泣いてしまえば、一気に彼の気持ちが冷めてしまう可能性も。

また、男性の気持ちが冷めていると感じた時に、急に甘えてしまったりすると、逆に彼に嫌がられてしまう場合もあります。

 

一方的に気持ちを押し付ける

彼の気持ちを考えずに、一方的に自分の気持ちを押し付けることもしてはいけません。

もし、自分の気持ちに変化が起きている時は、ストレス発散のためどんどん自分の感情をぶつけてしまうという方も。

しかし、そうなると彼の方もストレスが溜まってしまいます。

また、男性側に気持ちの変化が表れている時に一方的に自分の思いばかりを伝えてしまうと男性も反発してくる可能性が。

そうならないためにも、どんな時でも、自分の事ばかり考えずに相手の事も思いやる気持ちを持つことが大切です。

 

当てつけのような行動をする

倦怠期の時によくあるのが、彼に対して当てつけのような行動をすることです。

彼とケンカをしている時にやけになってしまい、つい他の男性と遊んだり、彼に嫉妬させようと思い、あえて彼の目の前で違う男性と仲良く話しているところを見せたり。

彼を焦らせようとそういった行動をしているつもりでも、彼からしたらただの当てつけ。

そういった行動をとった瞬間に彼の気持ちが一気に離れてしまう可能性もあります。

 

倦怠期がないカップルの特徴

恋愛6

彼の気持ちを繋ぎ止めようと必死に頑張っても、それが彼からしてみれば逆効果になる可能性もあるようですね。

倦怠期というのは誰もが経験するものと思いがちですが、中には倦怠期がなくそのままゴールインするという方もいます。

では、倦怠期がないカップルというのはどういった事に気を付けているのでしょうか。

 

上手くいく秘訣

彼とずっと何事もなく平和に過ごしているという方は、常にお互いの意見を尊重しつつ、いつでもいい距離を保っているという方が多いです。

ずっと会っているのではなく、会いたい時に会う、毎日連絡するのではなく必要な時、また連絡したい時に連絡するといったメリハリのある生活を送ることで常に彼との良い距離を保っているという方も。

また、お互い干渉しすぎずに自分の時間も大切にするといった事を心がけることが上手くいく秘訣と考える方もいるようです。

 

 まとめ

いかがでしたか?今回は倦怠期をむかえた時のカップルの特徴をいくつかみていきました。

ケンカするほど仲がいいとよく聞きますが、出来ることならケンカをせずに平和に過ごしたいと考える方も多いかと思います。

しかし、どうしても付き合っていく上で意見の衝突というのは起きてしまうもの。

そうなった時に、どうすることが正解なのか、それはお互いが今まで培ってきたものによってそれぞれ違います。

もし倦怠期が来てしまった場合は、今回説明した内容を参考に今まで彼と培ってきたものをもう一度じっくり見つめなおしてみるといいかもしれません。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告