方言で告白すると成功率アップ!?男性が思わずOKしてしまうかわいい言葉まとめ

今回は、方言が抜けない女性必見の「方言で告白をすると成功率アップ!?」というテーマで方言告白の魅力をご紹介します。 方言が抜けないと悩まずに、むしろそのかわいい魅力を持った方言を恋愛で活かしてみようじゃないですか!

公開日:
著者:
方言で告白すると成功率アップ!?男性が思わずOKしてしまうかわいい言葉まとめ

著者名

MooooN

MooooN

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

方言で話す女性って、なんだかとてもかわいいですし魅力的ですよね。実は男性も方言で話す女性に「特別な」魅力を感じるようです。

いわゆる「方言女子」はモテる女性の代名詞と言っても過言ではないくらいにモテるということが判明しています。

そんなかわいくてモテる方言女子に、方言で告白をされたら男性はきっとキュンとしてしまうでしょう。

今回は、方言が抜けない女性必見の「方言で告白をすると成功率アップ!?」というテーマで方言告白の魅力をご紹介します。

方言が抜けないと悩まずに、むしろそのかわいい魅力を持った方言を恋愛で活かしてみようじゃないですか!

思わずグッとくる♡方言での告白特集

恋愛1

男性が告白をされた時に思わずグッとくる「方言での告白」。地方から上京してきたのはいいものの、方言がなかなか抜けずに悩んでいるという方言女子は数多く存在します。

ですが、その「方言」をわざわざ直してしまうなんてとてももったいないことなのです。

特に方言が目立たない地方の男性は「方言」に対してかなり好印象を抱くようですし、珍しさも相まってより一層かわいいと感じてしまうようです。

また、方言が強い地域の男性であっても「他所の方言への免疫」はありませんから、他県や他の地域からやってきた「聞き慣れない方言で話す方言女子」にグッとハートを掴まれてしまうようです。

ここでは、思わずグッとくる方言での告白の魅力、なぜ方言は好まれるのかという理由について解説していきます。

 

 

なぜ方言女子はかわいいのか

方言女子を「好き」「好み」だと答える男性って、本当に多いのです。聞き慣れない言葉のイントネーションや訛りへの興味や珍しさももちろんありますが、それ以上に方言で話す女性は「親しみ」を周囲に与えやすいという効果があるのです。

ですから、方言での告白はその女性の親しみやすさや温かさが滲み出ることから「方言で告白をすると成功率が上がる」と言われているのです。

もしも方言女子でこれから意中の人に告白を考えている場合は、ぜひ方言を直そうとはせずに「方言での告白」を実践してみることをおすすめします。

方言での告白を「かわいい」と思ってもらえたら、その告白はきっと脈ありなものになるのではないでしょうか。

 

方言はその人の「個性」になる

方言での告白は、普通の共通語での告白よりも親しみやすさや柔らかい雰囲気、温かみなどが感じられます。

そんな方言での告白に思わず「OK」をしてしまう男性も少なくないでしょう。

ではなぜ「方言での告白」がここまで魅力的で男性にモテるのかと言えば、「方言での告白はとても個性的」「個性として受け入れやすい」ということが根底にあるからです。

方言は珍しいながらも「個性」として比較的受け入れやすいものです。地方の方言だと言えば、同じ日本の珍しい言葉、今まで馴染みのなかった文化として興味を持たれることが多いですよね。

ですから、興味の対象である「方言女子」からの告白は「かわいい」と好まれたり、受け入れてもらいやすいという効果が期待できるのです。

 

【都道府県別】方言での告白

恋愛2

方言での告白のセリフには、都道府県ごとに実に様々な特色があります。方言女子に方言で「好きです」なんて告白をされたら、ほとんどの男性がキュンときてしまうのではないでしょうか。

ここでは「宮崎」「愛知」「博多」の方言女子による「好きです」という方言での告白について見てきましょう。方言を直そうかどうか迷っている方言女子は必見ですよ!

方言での告白の魅力に気づくことができるかもしれません。

 

宮崎の方言での「好きです」

宮崎の方言での「好きです」という方言告白をご紹介します。宮崎の方言での「好きです」は「好いちょる」または「好きやとよ」「好きやっちゃ」と表すようです。

また「好きです」を「とても好きです」という言葉に変換するなら「てげ好いちょる」「てげ好きやとよ」「てっげ好きやっちゃ」という表現方法になります。

宮崎の方言はイントネーションが語尾上がりという特徴もあるので、急に宮崎方言で告白をされたら分かりづらいと感じてしまう男性も少なくないでしょう。

しかし、分かりづらい方言での告白でも「ゆっくり」話すことで可愛らしさがグンとアップしますし、やわらかい雰囲気を醸し出すことができます。

 

愛知の方言での「好きです」

愛知の方言での「好きです」という方言告白には「好きだで」または「好きだかやぁ」と表します。「あなたのことがとても好き」という言葉を愛知の方言に変換すると「おみゃーのことがでら好きだでよぅ」となります。

ですが、最近の若い人であまりこのようにコテコテに方言を使う女性はほとんどいないようです。特に女性が方言で告白をする場合にしても「あなたのことが好きだよ」と、イントネーションの違いはあるものの、標準語である場合が多いのです。

若い女性が頑張って方言で告白するとしても「あなたのことがでら好きだよ」といったところではないでしょうか。

愛知の方言は独特なイントネーションが、何とも言えずかわいい!と男性から人気があるようです。

 

博多の方言での「好きです」

博多の方言は、最近では京都弁を抜く勢いでグングン人気が上昇してきている方言です。そんな博多方言での「好きです」という告白には「好いとーと」や「好きっちゃ」だったり「好きったい」といったものがあります。

博多の方言は、語尾に「と」や「ちゃ」を付けることが多く、その独特の語尾が「かわいい」と男性からの支持が急上昇している方言なのです。

こんなにかわいい博多方言で告白をされたら、思わずOKをしてしまうかもしれませんね♡

博多方言が抜けない女性は、その方言のモテる要素や魅力を最大限にアピールした告白をすることをおすすめします!

 

【都道府県別】方言での愛情表現

恋愛3

方言での告白には、その方言を使う地域によって様々な特徴があります。同じ日本とは思えないくらいに実に豊富な数の方言があるのです。

そして、都道府県別での愛情表現にも様々な特徴を持った方言があるのです。

方言で愛情表現をされると、温かさや親しみやすさから、標準語よりもなんだか「特別」なものを感じますよね。

方言女子を好きだと答える男性が多いように、方言での告白を嬉しいと感じる男性もたくさんいるのです。

ここでは「大阪」「熊本」「沖縄」の地域ならではの方言での「愛してる」について見ていきましょう。あなたの知らなかった方言での愛情表現が見つかるかもしれません。

 

大阪の方言での「愛してる」

大阪の方言と言えば「大阪弁」として広く世間に知られていますし、馴染みのある方言のような気もしますよね。そんな馴染み深い大阪の方言での「愛してる」という告白の仕方には「愛してんで」や「愛しとんねん」などがあります。

しかし、大阪人は「愛してる」を方言で使うよりも「めっちゃ好きやねん」だったり「惚れとんねんで」という言葉の方が馴染みがあるようです。

大阪弁でかわいく告白をされたい!という男性も多く存在するほどですから、大阪弁や関西弁は「方言の親しみやすさ」や「ニュアンスの柔らかさ」から男性にモテる方言のひとつなのです。

大阪弁はキツイ表現に感じるという人も少なくありませんが、方言女子が柔らかい言い方でゆっくりと「愛してんで♡」と告白することで、そのギャップが「かなりかわいい!」と、モテる方言に変貌するのです。

 

熊本の方言での「愛してる」

熊本の方言での「愛してる」という告白の仕方には「愛しとるけん」だったり「愛しとうばい」という表現方法になります。熊本の方言は語尾に「けん」や「ばい」を付けることが多いのが特徴です。

博多弁に共通するものもけっこう多いことから、実は熊本方言も男性に「かわいい」と好感を与える方言のひとつなのです。

ほんわかした雰囲気のかわいい方言女子に「愛しとるけん」だとか「愛しとうばい」なんて告白をされたらメロメロになってしまうかもしれませんね。

熊本の方言はイントネーションも実に複雑ですから、なかなか抜けにくい方言であるとされているようです。

ですから、これから意中の人に告白を決心して告白に望む方言女子は、ぜひともそのままの姿で「方言での告白」に挑んでみてください。

きっと、方言で一生懸命に愛を告白するあなたの姿に相手は、「かわいい」とキュンとしてしまうでしょう。

 

沖縄の方言での「愛してる」

日本各地に様々なタイプの方言がありますが、沖縄の方言である「琉球方言」はと特に独特なものがありますよね。

方言というよりも「沖縄語」として個体化している雰囲気もあるほどです。

そんな沖縄方言、琉球方言での「愛してる」は「カナサン」「カナサンドー」となります。「愛」のことを沖縄では「カナシー」と表現します。

「私はあなたのことを愛しています」という告白を、沖縄方言での告白に変換すると「わんねー、うんじゅがことかなさんどー」となります。

丁寧語での告白なら「かなさいびーん」となり、「愛していますか?」と問う時には「かなさいびーみ?」と、同じ方言でも語尾が変わるのが特徴です。

沖縄の方言で告白をすると、他県の人にはほぼ100%通じないと言っても過言ではありません。

しかし、このようなコテコテな方言を使うのはおじいちゃん、おばあちゃん世代の人たちくらいで、イマドキの沖縄の方言女子の告白は、普通に「愛してるよ」だとか「愛してるわけさー」という分かりやすいものがほとんどです。

 

方言でのセリフは女性がかわいらしく見える

恋愛4

方言という独特の雰囲気を持ったセリフでの告白は、女性をとても可愛らしく演出してくれます。

方言は地域に根強いイメージがあることから、方言には「温かさ」や「人情的な雰囲気」そして「素朴さ」を感じる、と答える人が多く存在します。

この「温かさ」や「素朴さ」こそが、女性の可愛らしさや魅力をさらに引き出してくれているポイントなのです。

見た目は派手にキラキラしていても、どことなく素朴感を感じる女性ってなんだか愛らしくないですか?

地方から出てきた女性が都心でモテるのには、このような心理状態が隠されているからです。

そんな愛らしい女性に方言で告白をされたら、何とも言えない「特別な告白」を受けたような気持ちになるのです。

 

男性にモテる方言ダントツ1位は「京都弁」

男性にぶっちぎりでモテる方言での告白は、やはり不動の「京都弁」ではないでしょうか。

京都弁と大阪弁は似ていますが、イントネーションや物腰の雰囲気などに違いがあるようです。

「〜でっしゃろ?」だとか「〜やすねぇ」などのゆったりとした柔らかい京都弁は、舞妓さんが使っているとのイメージが強いことから、おしとやかさだったり上品な雰囲気、気品溢れる女性らしさが感じられるのですよね。

京都弁をはんなりと使っている女性に「魅力」や「女性らしさを感じる」と好感を抱く男性はかなり多いです。

ですから、京都出身の人が意中の男性に告白をする時は、ぜひ方言での告白を実践してみてくださいね。

 

男女共通で支持を得ているのは「博多弁」

男性にモテる方言のダントツ1位は「京都弁」でしたが、男性女性からの両方の支持を得て人気なのは「博多弁」です。

なぜなら「博多弁」は女性の目から見てもかわいいと思える方言なのです。

「〜しとーと?」や「〜したっちゃね」という語尾の可愛らしさに、女性からの人気も高いのが博多の方言の特徴です。

語尾に「と」や「ちゃ」を付けるだけでとても親しみやすくて可愛らしい表現になりますよね。

また、博多の方言は告白の時に男性が使うことで「可愛らしさ」が一転して「男らしさ」に変わるといった特徴も持っています。

男女問わず人気がある珍しいタイプの方言なのです。

 

最近じわじわキテるのは「広島弁」

方言での告白で「されてみたい!」「この方言で告白をされたらキュンとくる!」と、じわじわ攻めてきているのが「広島の方言」です。

広島の方言は「〜じゃけぇ」だとか「〜じゃろが」と、語尾に「じゃ」という音が入るといった特徴を持っています。

この「じゃ」という音がポイントで、一見すると男らしいと思われがちなこの音ですが女性が使うことで「しなやかな女性が使うとギャップがあり可愛くなる!」という何とも嬉しい効果があるのです。

また、あどけない子どもが「〜じゃろが」だとか「〜じゃけぇの」という方言を使っていると、とても可愛らしく見えますよね!

 

方言で告白してみよう♪

方言が抜けないことで悩んでいる方言女子にとって「方言での告白」は、何ともリスキーで躊躇いを感じてしまう行為かもしれません。

ですが、方言での告白に好意的、むしろ「方言で告白されてみたい!」という願望を抱いている男性も多く存在するのです。

せっかく素敵な個性を持った方言なのに、それを告白の場で活かさないなんてとてももったいないです。方言ならではの魅力がある、素敵な告白となるのではないでしょうか。

方言をあなたの「武器」にして、方言で意中の人に気持ちの込もった告白をしてみてはいかがでしょうか。

方言女子であるあなたの告白が、きっと成功するように心から願っています!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告