告白の返事は誠実に!喜びを伝える「イエス」&相手を傷つけない「ノー」の伝え方

告白の返事は誠実に♪思いもよらないあの人に告白された!自分も気になっていた人からの告白なら、かなり舞い上がってしまうでしょう。今回は「告白の返事は誠実に」をテーマに、「イエスの場合の返事の仕方」「相手を傷つけないノーの答え方」「誠実に保留を告げる方法」また「NGな返事の返し方」についてご紹介します!

公開日:
著者:
告白の返事は誠実に!喜びを伝える「イエス」&相手を傷つけない「ノー」の伝え方

思いもよらないあの人に告白された!自分も気になっていた人からの告白なら、かなり舞い上がってしまうでしょう。

告白を受けたら迷わず「イエス」と答えてしまいますよね。

ですが、恋愛には「喜び」があれば「悲しみ」だってセットでついてくるもの。中には相手に「ノー」を突きつけなければいけない告白だってあるでしょう。

そしてまた「この告白の返事は少し考えたい……」と、保留にさせてほしいような告白だってありますよね。

今回は「告白の返事は誠実に」をテーマに、「イエスの場合の返事の仕方」「相手を傷つけないノーの答え方」「誠実に保留を告げる方法」また「NGな返事の返し方」についてご紹介します!

告白の返事は誠実さが大切!

恋愛

告白の返事はまず第一に「誠実さ」が一番大切です。

相手はあなたのことを好きになってくれたからあなたに「告白」をしてきてきれたのです。

異性として好きになったことと、もしかしたらあなた人間性までもを好きになってくれたのかもしれません。

告白というものは強い決心と、大きな恋心がなければとてもできるものではありませんよね。

そうやって告白をしてくれた相手に、不誠実な返事を返すのはあまりにも酷ではないでしょうか。

相手が勇気を出して告白をしてくれたことに対して、自分がどれだけ誠実な対応や返事を返すことができるのか。

そこを十分に意識しましょう。

 

 

告白の返事【イエス】の場合の伝え方

恋愛2

あなたも「前からいいな」と思っていた人から告白されたら、とてもとても嬉しいことですよね。

思わずすぐにでも「OK」の返事をしたくなるのではないでしょうか。

でも、ここで焦ってすぐに「普通の答え方」であったり「シンプルな返し方」で告白の返事をしてしまうのはもったいないですよ!

せっかくあなたも好意を寄せる人に「好き」と思ってもらえていたのですから、告白の返事の仕方を工夫してもっと相手を夢中にさせてしまいましょう!

ここでは告白の返事が「イエス」の場合、さらに魅力をアップさせる伝え方をご紹介します。

 

かわいい返事の仕方は笑顔がポイント

告白の返事で相手に「かわいい返事の仕方だな」と思ってもらうには、やはり何と言っても笑顔です。

笑顔は女性の魅力を存分に引き出してくれる魔法のようなもの。

かわいい笑顔で告白の返事をすれば、相手もキュンとなってしまうことでしょう。

例えば「好きって言ってくれてすごく嬉しかった。

ありがとう♡」というように、シンプルな返事の仕方でも「笑顔」の答え方を取り入れるだけで、効果的に相手にかわいいと思ってもらうことができるのです。

相手にさらに夢中になってもらい女性に、ぜひおすすめな方法です。

 

デート中での「OK」の返し方

デート中での「OK」の返し方に悩んでいる人におすすめなのが、デートの途中に二人でホッと一息ついいているタイミングがおすすめです。

例えば「デートの途中に歩き疲れて、並んでベンチに腰を下ろしたタイミング」や「二人で景色を見ながらのんびりしているタイミング」などに「あのね、この前の告白の返事なんだけど……」と、切り出しましょう。

相手だって「今から告白の返事が返ってくる」と思うと緊張するはずですから、相手をリラックスさせてあげるためにも優しい笑顔で告白の返し方をしてみてください。

 

告白の返事【ノー】の場合の伝え方

恋愛3

告白とは、ある日突然自分の思いもよらなかった相手から告げられるものですよね。

中には「付き合うことは考えられない……」と思うような相手から告白を受けるかもしれません。

安易に人を傷つけることなんてできませんし、できれば相手を傷つけることなんてしたくないですよね。

しかし、だからといって好きでもないのにお付き合いができるはずもありません。

お互いに胸を痛めてしまうかもしれませんが「相手を傷つけない方法」きちんとしたノーに伝え方で告白の返事をしましょう。

 

「困る」「迷う」という言葉は相手を傷つける

お付き合いは考えられない相手から告白を受けたとき、しかも「直接」での告白だとあなたも動揺してしまいますよね。

しかし、いくら動揺しているからといっても「NGな告白の返事の仕方」というものがあります。

それは「困る」「迷う」という言葉を使うこと。例えば「マジか、困るなぁ」と、ついポロッと呟いてしまうと、たった小さな一言で相手の心を傷つけてしまいます。

また「えー、迷うなぁ……」という返し方をすると、相手は「迷う」という言葉に期待してしまう可能性があります。

ですから「ノー」の場合はきっぱりノーと、毅然とした答え方で告白の返事をするのも「相手を前に進ませるため」の優しい返事の仕方なのです。

 

勇気を出してくれた相手を傷つけない方法

告白をするということは、とても勇気が要ることです。

人を好きになったことがある人なら「相手を思う胸の苦しさ」を理解することがきっとできますよね。

ですから「困る」「迷う」といったネガティブで曖昧な発言で相手を傷つけずに、ですがキッパリと「ノー」を伝える方法を実践しましょう。

勇気を出してくれた相手を傷つけずにお断りをする方法は「ごめんなさい。他に好きな人がいるから」という告白の返事の返し方です。

お付き合いができない本当の理由「好みじゃない」だとか「性格が苦手」というのは言わなくても良い情報です。

相手にはいつか相手に合った人が人が現れるはずなので言わなくても良いです。

ですから、相手に諦めてもらうには「好きな人がいる」正常な判断ができる人なら、この一言で「あなたの意思を尊重しよう」とスッと身を引きます。

それでも「諦めない!」と駄々をこねるような相手なら、あなたの気持ちを無視して自分の思い通りにしようとするただの「自己中」なので、自分の身を守るためにも突っぱねた方が良いでしょう。

ここでポイントなのが「気になる人がいる」と言ってしまわないように注意してください。

「気になる人レベルなら、自分にもまだチャンスがあるかも」と、相手に変な期待を持たせてしまう可能性があります。

 

告白の返事【迷っている】場合の伝え方

恋愛4

好きとまではいかないけれど、でも断るには気が引ける相手から告白をされた。

そんなとき、かなり困ることでしょうし、迷う気持ちを持ってしまっても無理もありません。

告白の返事の返し方に迷うときは、その気持ちをそのままの伝え方で伝えてしまえば良いのです。

「告白の返事に迷ってしまう……」それがあなたの今の素直は返事なのですから。

ここでは、告白の返事で「迷っている場合」におすすめな答え方をする方法をご紹介します。

 

保留の時は電話だと返事をしやすい

「相手への告白の返事に迷う、保留にしてしまいたい」正直本人でさえも困るようなこの問題ですが、ここは思い切って「迷っている事実」をきちんと相手に伝えてしまうのがベストな返事の仕方です。

「○○さんの気持ち、嬉しかったんだけど、でもまだハッキリ気持ちが決まっていなくて……」あなたがこんな返し方をしたとしても、思いやりのある相手ならしっかりとあなたの気持ちを受け入れてくれるでしょう。

告白の返事を返す方法は、電話だとお互いに変に気を張ったり気を使ったりする必要がなくスムーズです。

電話の最後に「気持ちが決まったらまた連絡します」ということをしっかりと伝えることを忘れずにしましょう。

 

保留期間は長くても一週間に留めて!

告白への「迷う気持ち」や「戸惑ってしまう気持ち」は、あなた自身も困ることですよね。

ですが、いくら迷うからといっても「告白の保留期間は長くても一週間くらい」にしておきましょう。

相手も毎日ドキドキ、ヒヤヒヤしながらあなたからの告白の返事が来るのを待っています。

一週間かけても気持ちがハッキリしないということは「それがあなたの答え」なのです。

一週間かけても相手と「付き合おう」という決心がつかなかったということです。

あまりにも長く留めておくと、お互いに「キープでもいいか」というネガティブな感情が芽生えてきますから、一週間かけて決心がつかなかったのなら、一日でも早く相手を開放してあげてください。

 

NGな告白の返事

恋愛5

告白の返事の仕方にはさまざまな答え方だったり、気持ちの返し方がありますよね。

ですが中には「NGな告白の返事の仕方」もあるのです。

告白のNGな返事の仕方とは簡潔に言うと「相手を傷つける答え方」だったり「タイミングがわからなくなるような返し方」というものがあるのですが、うっかりしていると、ついついやってしまうようなものばかりなのです。

告白の返事で自分が悩むようなことにならないためにも「NGな告白の返事をしない方法」を見ていきましょう。

 

返事のタイミングを逃す答え方はNG

NGな告白の返事として「告白の返事のタイミングを逃す答え方」をしてしまう、ということがあります。

例えば、告白を受けたときにその場では返事ができず「気持ちが決まったら返事するね」などと言ったまま、時間だけがかなり経ってしまった状態です。

告白から二周間以上も時間を置いてしまうと「今更どんな返事の返し方をしたら良いのかわからない」という心理状態に陥ってしまいます。

告白をした方も「告白してからこんなに放置されているということは、きっとダメなんだろうな」と諦めかけてしまう場合も多いのです。

ですから、その場で答えを出せないときには「一週間前後では気持ちを決める」と、自分と約束をすることが大切です。

 

どっちつかずな返事はNG

告白の返事で一番やってはいけないのが「どっちつかずな返事の仕方」をしてしまうということです。

告白を受けたときに「好きではないけど断るような相手でもない……」と揺れてしまう気持ちがあるのは分かります。

ですが「迷う」という心情をあからさまに相手に伝えて「うーん、うーん……」と悩んでしまうようでは、相手も困ることでしょう。

どっちつかずな返事をするのではなく「今はまだ告白の答えが出せないけど、気持ちが決まったらこっちから連絡するね」というハッキリとした返し方を心がけましょう。

そして告白の返事はなるべく早く決める。告白の返事の方法で一番大切なのは「相手に対していかに誠実でいられるか」ということなのです。

 

恋愛で大切なのは相手を思いやる気持ち

恋愛6

恋愛で大切なのは、相手を思いやる気持ちです。それは告白の返事にもかなり当てはまることなのです。

告白をしてきた相手はあなたにとって「正直どうでもいい」と思ってしまうような「気にも留めない人物」かもしれません。

ですがその告白をしてくれた相手は、あなたの人間性に惹かれあなたに恋をしてくれた人なのです。

いわば「あなたを認めてくれた人」なのです。

ですから、そんな告白をしてくれた相手を「気にも留めていなかった」という言葉で片付けてほしくないのです。

恋愛に必要不可欠な「思いやり」を持って、告白をしてくれた相手に誠実に応えましょう。

 

例え【ノー】でも相手の勇気に感謝する

告白をされたからと言って、相手のことを好きになるなんてことはもちろんできません。

ですが「告白をしてくれた相手の勇気に感謝する」ということはできるのではないでしょうか。

例え「ノー」という告白の返事を相手に返さなければいけないとしても「自分のことを好きになってくれてありがとう」と言える気持ちを持てたらいいですね。

この方法での答え方をすると、相手の気持ちも勇気もきっと救われるはずです。

そして相手は「自分が好きになった人がこの人で良かった」そんな風に思ってくれるかもしれないのです。

 

相手の気持ちを汲むことがあなたを成長させる

恋愛は、人を大きく大きく成長させるものです。たったひとつの恋愛でもとてつもなくいろいろな感情を経験します。

たった一人の人を好きになったというその事実だけで「悲しみ」「喜び」「憤り」「不安」「楽しさ」「ドキドキ」数えたらキリがないほどの感情を味わうのです。

ですから、そんな感情を経験し募る想いを「告白」という形であなたに伝えてくれた相手には、感謝の気持ちを持って「誠実さ」の込もった返し方で返事をしましょう。

例えその告白への答えが「ノー」でも「イエス」でも、相手の気持ちを汲むことで「あなたも人として一回り成長することができる」ということです。

相手を思いやる告白の返事の仕方を心がけましょう。

 

告白の返事は誠実に♡

告白の返事をまとめてご紹介しましたが、いかがでしたか?

突然の告白をされると、あなたもきっと戸惑ってしまいますよね。

それがあなたにとって「嬉しい告白」なのか「少し困ってしまうような告白」なのかはわかりませんが、告白の返事に大切なのは「誠実さ」なのです。

告白をしてくれた相手の勇気と気持ちに「ありがとう」と感謝をして、誠意を持って相手に向き合ってくださいね。

人に誠実でいるということは、人を大切にするということです。

どんな相手でも大切にすることのできるあなたの元には、今後きっと良い恋愛が訪れることでしょう。

あなたが相手に誠実な告白の返事ができることを願っています。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告