大きなソファでゆったりと。ヴィンテージシックなふたり暮らしの部屋

今回は、素敵なカップルのふたり暮らしのお部屋を訪問。 お互いにインテリア好きなお二人、好きなものを持ち寄って、ヴィンテージシックな家具の中にアウトドアとガーリーがうまく組み合わされた空間が素敵でした。

公開日:2018/10/10
著者:
大きなソファでゆったりと。ヴィンテージシックなふたり暮らしの部屋

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

ヴィンテージシックなふたり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。

今回は、素敵なカップルのふたり暮らしのお部屋を訪問。

お互いにインテリア好きなお二人、好きなものを持ち寄って、ヴィンテージシックな家具の中にアウトドアとガーリーがうまく組み合わされた空間が素敵でした。

(編集部)

text & photo : Ken Ohyama


 

広告

 

ビンテージなマンションにシックな部屋

「新築じゃないのが条件でした」という純子さんと一貴(かずき)さん。「個性的な物件を探していて、それで見つけたのがここでした」。

今回おじゃましたおふたりが住んでいるのは、都心の古いマンションの一室。

ビンテージな佇まいの建物に、編集の田村さんとぼくのふたりはエントランスをくぐった時点ですでに「こういうのいいですよねー!」と盛り上がっていた。そして部屋に入って、そのすてきさに「おー!」と声を上げた。

 

白い天井と壁に対して、全体的に濃いめの色の家具がうまく部屋を引き締めている。シック。


 

リノベによって、2つに分かれていたであろう部屋が大きなリビングに。たしかに無難な間取りではない。玄関からと廊下のスペースも妙に充実していて、不思議な感じだ。

それでもふつうに居心地が良い空間になっているのは、純子さんと一貴さんによる部屋作りのたまものだろう。

 

玄関から入って最初に目にする広めの廊下はライトな色合。部屋とのコントラストにぐっとくる。


 

ぼくがいいなと思ったのは、個性的な家具たちだ。最新のマンションと違って窓が小さめだが(とはいえ2面に広がっているので、とても明るい)、そのおかげで窓際にソファやチェアを置くことができている。

すてきだ。窓は大きければ良いってものじゃないな、と思った。

 

「おたがい椅子が好き」というおふたり。特に窓際に置かれた椅子がとてもかっこいい。

ぼくもこれほしい、と思ったら「イス展のオークションで落札したものです」だそうだ。いいなー。


 

そしてなんと言っても同じく窓際に置かれたソファ。けっこうな奥行きがあってゆったりとしているのが特徴だ。こちらはMOMO Naturalで購入。


 

実際「こうしてふたりしてずっとここにいたりしますね」とのこと。


 

調停者・ワニ

「個性的」という以外で決め手になったのはキッチンだったそうだ。「ふたりとも料理好きなので」「シンクが広くて洗い物できるのがいい」と一貴さん。

わかるー。洗い物ってふたりでやるといいよねー。また、キッチンが白いのも気に入った点だという。「白いのでちょくちょく掃除する気になります」と純子さん。

 

「キッチン、床、窓は後から変えられないから、そこを見ました」というお話になるほど、と思った。


 

白いキッチンが気に入った、というのは他のgoodroomの部屋でもたびたびきく話。ぼくも見るたびにいいなー、って思う。


 

さて、冒頭の平面図写真を見ても分かるが、このすてきな部屋で異彩を放っているのは、ワニだ。

 

唐突に、ワニ。眼がリアル。


 

おそらく全長170cmほどもあるこのワニのぬいぐるみ。魅力的に整った部屋のアクセントとしてあえて置かれたものかと思いきや「ひとり暮らししてたときからいたのを連れてきました」と一貴さん。

「一目惚れして買ったんですけど、当時はすごく狭い部屋で。部屋全体がほぼワニでした」だそうだ。なぜ買った。

 

「部屋の主」っぽい貫禄。名前は「ワニ太郎」。


 

当初はここに机を置こうと思っていたのだが、コンセントが近くになく電源を取ることができないこともあり、なんとなくワニの居場所に。

玄関廊下から入って最初に目にするのが彼の姿、ということになり、はからずもこの部屋のユニークさを印象づける結果となっている。実際、ぼくらも驚いた。

 

よく見ると彼以外にも、部屋のそこかしこに動物モチーフのグッズがある。「一緒に住む前からふたりともそれぞれ持ってて、それがこの部屋で集合した、という感じです」だそうだ。

 

さきほどの玄関廊下に魅力的に置かれているグッズにも動物モチーフのものがちらほら。


 

このように、ふたりの趣味がばっちりあったつつがない部屋作りかとおもいきや、引っ越してきてしばらくは「めっちゃケンカしました」とのこと。

「わたしはフィーリングでぱっと決めちゃう派なんですけど、彼はじっくり慎重に探していくタイプで」と純子さん。

(正直、衝動的にでかいワニ買う人が慎重なタイプとはどういうことか、と思わないでもないが)「わたしはガーリーなのが好きなんですけど、彼はアウトドアな雰囲気が好きで」。

きけば一貴さんは子供たちをキャンプに連れて行くボランティアをしていたほどの本気のキャンパーだそうだ。かっこいい。

 


 

「少しでもガーリーっぽさを、と、部屋のあちこちに花を置いています」と純子さん。花による抵抗運動。すてき。


 

 

いずれにせよ、結果できあがっている部屋はガーリーというわけでもなくアウトドアな感じでもない。

かといって中途半端だったり平凡だったりするかというと、そんなこともない。実に魅力的で居心地の良い場所になっている。もしかしたらワニがふたりの調停役として機能しているのかもしれない。

さて、恒例の「集めているものを並べてもらう」写真。今回は純子さんが日本全国のスーパーで買い求めたご当地の食品だ。

 

見たことのない食品パッケージが次々と出てきて、すごく楽しい!


 

鹿児島県鹿屋市のバラ園で人気のカレー。薔薇。食べてみたいぞ。


 

「タレは奥が深いです」とのこと。深いのか。深いんだろうなー。


 

きけば純子さん「ゴトウチスーパードットコム」というサイトを運営しているご当地スーパー好きだそうだ。

もともとマニア気質のぼくと田村さんは「おおっ!」と詳しくじっくりお話をうかがいたかったが、明らかに長丁場になるので泣く泣く辞去。別途お話をうかがいたいものです。

 

そしてこちらも恒例の「ねっころがってポートレイト」。「調停者」たるワニ太郎をはさんでの一枚となりました。

純子さん、一貴さん(そしてワニ太郎)、ありがとうございました。


 

(最後にもう一度編集部から)
グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌で、毎月10~20部屋登場します。

社員も気に入って住んでいる者が多い、無垢フローリングの居心地のよい空間を体験してみてくださいね。

東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ
福岡のTOMOSのお部屋一覧へ
札幌のTOMOSのお部屋一覧へ

 

この連載が、本になりました!


 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告