何かと話題のボタニカル。東京で探すならぜひチェックして欲しいボタニカルショップ5選

ファッション業界をはじめ、人気の高まるボタニカルブーム。恋に仕事に大忙しの女子の癒しとなってくれていることでしょう。そんなボタニカル女子におススメのボタニカルショップのご紹介です。

公開日:
著者:
何かと話題のボタニカル。東京で探すならぜひチェックして欲しいボタニカルショップ5選

著者名

hoccori0710

hoccori0710

有名ファッションチェーン店や雑貨店に勤務経験のある、2歳の男児子育て中のママです。

巷で何かと話題の「ボタニカル」というワード。自然の中にある草花や木の葉、実など、植物のことを意味しています。生活雑貨やスキンケアアイテム、食品にまで幅広く浸透してきている「ボタニカル」。恋や仕事に多忙を極めるお疲れぎみの現代女性が「植物の力を取り入れて活力を得よう」ということから広がっているようです。今回は内面も外見も輝き溢れる“ボタニカル女子”にぴったりのボタニカルショップ東京5選をご紹介します。アナタも植物の力を取り入れて、ボタニカルな生活を始めてみませんか?

東京のボタニカルショップ5選

MAG BY LOUISE (代々木上原)

花の知識も経験も全くない素人の方がオンラインショップから始めたというLOUISE(ルイーズ)は、珈琲やビールが飲める花屋として、2014年10月に代々木上原の実店舗、MAG BY LOUISE(マグ バイ ルイーズ)がオープンしました。「自分で花を選ぶ楽しさを、自由に、楽しく」をコンセプトに、不定期でワークショップを開催しています。

 

お店の様子。たくさんのグリーンたちが癒してくれそうな癒しの空間です。


 

所狭しと並べられた植物たち。さまざまな種類が取り揃えられていますね。


 

ワークショップの様子です。ブーケでしょうか?LOUISEさんは装苑など、数々の雑誌にも取り上げられる人気のショップです。


 

不定期に月数回お酒に合うおつまみが食べられるスナックルイーズ。フードコーディネーターの方がやまやま農園のお野菜を使って作るおつまみや定食が人気です。


 

店舗情報

  • 住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原3-18-4 マンションアイ2B
  • 営業時間:平日17時〜23時、平日15時〜22時半(ワークショップある場合は変更あり。)
  • 定休日:不定、月に10日ほど営業

ホームページ

 

 

point neuf(恵比寿)

point neufさん(@pointneuf.9)が投稿した写真

フラワーアーティスト、川口 昌亮氏の手掛けるお店です。独創性の高い感性で作られる洗練されたアレンジで、おしゃれプロにも大人気です。人気ブランドからアーティスト、雑誌等、多方面でのプロデュースも手掛けています。ギャラリーのような美しい店内に並ぶのは、1輪でも絵になるハイエンドな花々。モード派のブライズ必見のショップです。


 

ドラマティカルで洗練されたアレンジメントは、美意識が高いアーティストやファッション業界人にもファンが多いそう。店内を見るだけでも洗練された気分を味わえそうですね。

 

店舗情報

  • 住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-37-8 恵比寿ヂョイフル1F
  • 電話番号:03-6277-2299
  • 営業時間:11:00〜19:00
  • 定休日:日曜日

ホームページ

 

小路苑(神楽坂)


吉田耕治(よしだこうじ)氏がファッションスタイリストのアシスタント、青山の花店「丸美花園」、雑貨店「FOB COOP」を経て、2000年10月に神楽坂にオープンした「小路苑」(こうじえん)。神楽坂の赤城神社にほど近い坂の途中にある、引き戸が目印の花屋さんです。

 

草花や木の実を中心に、自然が本来持つ美しさを生かした品のいいアレンジメントを得意とし、まるで一つの風景を切り取ったかのような草盆栽を手がけるなど、和のテーストを持たせたリクエストにも応えてくれるのが特徴です。


 

店舗情報

  • 住所:〒162-0817 東京都新宿区赤城元町3-4
  • tel/fax : 03-5261-0229
  • 営業時間:13:00 ~ 20:00
  • 定休日:不定休

ホームページ

 

NEO GREEN(渋谷)

渋谷駅出て井の頭通りへ少し足を伸ばすと出会えるNEO GREEN(ネオ グリーン)。森からの風が吹くお店で、植木鉢におさまった美しい植物たちがお待ちかね。

 

NEO GREENさん(@neo_green)が投稿した写真

一鉢一鉢選び抜かれ、陳列されている植物たち。自分用に、プレゼントに、思わず手に取りたくなるものばかりです。


 

2008年3月より、BACH(バッハ)のブックデレクター、幅允孝さんディレクションの「みどりと気付きの書棚」というブックコーナーが設けられ、書籍の販売もしている店内。園芸書ではなく、植物を基軸にすえた、ビジュアルブックから哲学書、絵本・漫画など、「植物をきっかけにして人生について考える」ためのブックセレクト。植物も本も楽しめるという、一粒で二度オイシイお店です。

neo greenにある素敵なサービスが「leaf letter」。メッセージを書いた葉っぱは、あなたの届けたい言葉を包んで、手紙になります。樹木の葉に文字を書いて届けあったことが「葉書」の起源といわれるように、葉っぱは日本古来から、想いを届けるための道具でした。葉っぱを贈りあうとき、人は誰かを想う。自然のままを形どったleaf letterは、“人と人” “人と自然”との距離を近づけてくれます。インパクトのある手紙になること間違いなしですね。

 

店舗情報

  • 住所:東京都渋谷区神山町1番5号グリーンヒルズ神山 1階
  • TEL/FAX 03-3467-0788
  • 営業時間: 12:00~20:00
  • 定休日:不定休

ホームページ

 

TRANSHIP(武蔵小山)

本物を創ることに、とことんこだわったSHOP、『TRANSHIP』。


 

mowliftさん(@mowlift)が投稿した写真

『質感とディテールにこだわり抜いたアンティーク・リメイク・プロダクツ』をコンセプトに、熟練の職人の持つ感覚と、アンティーク素材の質感を大事にしながら、一つ一つ丁寧にリメイクをした家具をはじめ、グリーンプランナーが樹齢100年以上のオリーブの木から小さな盆栽まで幅広く、他店にはない種類の植物を提案してくれます。店舗などのインテリアデザインや、ガーデンプランニングまで幅広く手掛けています。


 

使い込むほどに価値が上がり、後世に受け継がれる、普遍的なプロダクツを提案してくれるショップは下町の風情が残る武蔵小山にあります。少し力を抜いて過ごせる街並みは、リラックスしながらノスタルジックなムードに浸れそう。アンティークを愛するアナタにピッタリのショップです。

店舗情報

  • 住所:〒142-0062  東京都品川区小山3-11-2-1F
  • 電話番号:03-6421-6055
  • 営業時間:11:00 ~ 19:00
  • 定休日:年中無休(年末年始・お盆を除く)

ホームページ

 

以上、女子におススメのボタニカルショップ東京5選をご紹介しました。植物だけでない、フード、家具や書籍、等々、それぞれのショップのオリジナリティがありますね。どのショップも有名雑誌や業界でも注目の人気ショップばかりです。ボタニカルの力で、アナタも内面も外見も輝き溢れる、そんなボタニカル女子を目指してみませんか?

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告