スッキリ涼しげ♪梅雨のジメジメにも負けない簡単アレンジ!

暑い日も雨の日も、スタイリングの持ちが悪くなったりしますよね。しかも首回りも暑かったり・・・でも、ヘアアレンジがワンパターンになっていませんか?そんな人にぴったりの簡単にできて、可愛いヘアアレンジをご紹介!

公開日:2018/06/06
著者:
スッキリ涼しげ♪梅雨のジメジメにも負けない簡単アレンジ!

著者名

TMM.U

TMM.U

美容師をしています。

暑い日も雨の日も、スタイリングの持ちが悪くなったりしますよね。しかも首回りも暑かったり・・・でも、ヘアアレンジがワンパターンになっていませんか?そんな人にぴったりの簡単にできて、可愛いヘアアレンジをご紹介!

梅雨のジメジメにも負けない、夏にぴったりの簡単アレンジ!

スッキリアレンジの定番お団子ヘア。高めにふんわりしたアレンジが涼しげでいいですよね。

フェイスラインとえりあしのおくれ毛も、程よい感じでバランスがいいですね。
オフショルなど肩の出るデザインの時は、少しおくれ毛を出すのがおすすめです。


 

広告

 

日焼け対策にもファッションのワンポイントにも人気のハット。ヘアアレンジをプラスすればさらにおしゃれに。

こちらのようにフィッシュボーンにするのも、スッキリしていていいですね。


 

手順付きですぐに真似できそうなアレンジがこちら。ボブやミディアムなど長さがない人におすすめのアレンジです。

襟足も三つ編みにしてから留めているので、崩れにくいところもいいですね。


 

ひとつ結びのアレンジも簡単でおすすめのアレンジ。さらにひと手間加えると、ずっとおしゃれに見えるのでおすすめ。

センターをゆるく編み込みにして、両サイドはツイストに。サイドを少したるませたり、トップをふんわりさせると可愛いですよね。


 

低めのポニーも簡単なアレンジの定番ですが、トップをふんわりさせたり毛先にボリューム感を出すと違った印象に。

ヘアピンもちょうどよくアクセントになっていますね。ゴムを隠すのもポイントです。


 

こちらはボブの人におすすめのアレンジ。先に少し巻いておくのが可愛く仕上がるポイント。

両サイドを残しておいてセンターを結び、ゴムを隠すように残しておいた毛を留めます。

サイドを後から留めるので、あまり長さがなくてもまとまります。


 

こちらは低めのお団子アレンジ。落ち着いた印象になるので、お仕事ヘアにもぴったり。

かんざしなどを合わせれば、浴衣にも合うのでお祭りや花火の時にもいいですね。


 

三つ編みのダウンスタイルも簡単で可愛いですよね。こちらは、センターと両サイドを分けておいてツイストにしています。

最後に合わせて三つ編みに。毛先を内側に留めたり、サイドにもっていって留めてアップにもアレンジできます。


 

ダウンアレンジに帽子を合わせたアレンジは、夏に活躍するアレンジですね。

こちらは三つ編みに見えますが、二つにわけた毛束同士を結んだノットヘアアレンジ。三つ編みよりも立体感が出て可愛いですね。


 

ツイストを使ったハーフアップ。ボブの人にもおすすめなハーフアップのアレンジです。

ツイストをすることで短い髪もまとまりやすく、簡単にまとめやすくなります。


 

こちらもボブの人におすすめの低めお団子アレンジ。えり足も、サイドも届かない髪はそのままおくれ毛に。

キッチリまとめず、ルーズ感のあるアレンジがおしゃれでいいですね。


 

 

ルーズなまとめ髪も人気ですよね。簡単アレンジの定番くるりんぱを使ったアレンジです。

4までの行程で、ダウンスタイルにしても可愛いですが、毛先をふんわりまとめてアップにも。

首元の開いているときにはダウンに、ブラウスなど少し詰まった襟元の時にはアップにするのがおすすめ。


 

パラパラと落ちやすい髪にはヘアアクセを使うのもおすすめ。

こちらのように、何本か小さめのピンを組み合わせるとおしゃれに見えて可愛いですね。

アメピン(黒いピン)をうまく隠して留められない人にもおすすめ!


 

スカーフやバンダナを使うアレンジも可愛いですよね。

お団子や三つ編みのアレンジに合わせたり、まとまりにくいボブの人にもおすすめ。

ヘアバンドになっているのものも売っているので、アレンジに便利ですよ。


 

低めのお団子アレンジが可愛くならない人におすすめの手順付き。

少しルーズに仕上げるのがポイント。特にトップやサイドをペタッとタイトにしすぎないのもポイントです。


 

まとめ

暑い日に涼しげなアレンジしている女性っていいですよね。ひとつ結びやお団子くらいしかアレンジがうまくできない人も多いですが、少し手を加えるだけで可愛く見えますよ。

特に両サイドを残しておくと、ツイストにしたり少したるませてルーズにしたりとアレンジがしやすくなります。あまりタイトに仕上げないで少しルーズ感を出すのがポイント。スタイリング剤をしっかりつけてからまとめるのも、長持ちさせるのに重要ですよ!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。