ワンルームでも広く見せるコツって? 家具・インテリア選びの5つのルール

今回は、ワンルームのお部屋を広く見せるためのポイントやコツをご紹介します。ワンルームのインテリア選びにお悩みなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

公開日:2018/05/29
著者:
ワンルームでも広く見せるコツって? 家具・インテリア選びの5つのルール

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

ワンルームを広く見せるためのインテリアルール


 

広告

 

Q. ワンルームでも広く見せるコツを教えてください!

今の部屋は20平米ぐらいのワンルームなんですが、少しでも広く見せるためのインテリア選びのコツを教えてください!


 

A. 全体のバランスを考えたデザイン、サイズのものを選びましょう

インテリア選びのポイントは、全体のバランスをまず考えること。

それって当たり前、と思っていても、お店でつい衝動買いしてしまうことってありませんか?

自分の中で、思い描く全体像と買い物のルールを決めて、「この条件のものしか買わない」と心に誓ってからお店へ行くと安心ですよ。

少しでも広く見せるために誓うべきルールをまとめてみました。


 

ルール1. 白や明るい色のものしか買わない

黒や茶色っぽいインテリアは、かっこいいんですが残念ながら部屋を広く見せる効果はありません。

背の高い家具や、ベッドカバー、カーテンなど大きな面積を占める布は、白く明るい色を選んだほうがいいでしょう。

 

インテリアショップにお勤めの与座さんの部屋。背の高い家具も白を選んでいるので圧迫感がありません。

>与座さんの部屋をもっと見る


 

ルール2. 同じ素材のものしか買わない

色と同じく、気をつけたいのが素材感。モダンテイストのプラスチックやスチールの素材と、ナチュラルテイストの木の素材が混ざっていると、ごちゃごちゃして見えてしまいます。

メインの家具を決めたら、それに合わせてほかの家具を順番に選んでいくとよいですね。

 

床、ベッド、ローテーブル、サイドテーブルと、すべて木の素材で揃った、見るからに気持ち良さそうな越智さんの部屋

>越智さんの部屋をもっと見る


 

ルール3. 背の高い家具は買わない

狭い部屋では大きな家具はなるべく置かず、視線より低い高さの家具を選ぶとなお良いです。

 

sakiyuka さんのお部屋は、ベッド代わりのすのこに布団、ローテーブル、テーブルと合わせた高さのテレビ台と、低く暮らしているので天井が高く感じられます

>sakiyukaさんの部屋をもっと見る


 

ルール4. 同じ奥行きのものしか買わない

広く見せるコツ、4つめは、玄関から窓への視線の「抜け」を作ること。

壁にぴったり家具を寄せて、なおかつその奥行きが揃っていると、まっすぐに視線が抜けて部屋が広く感じられますよ。

 

Iさんのお部屋は、16平米と小さなワンルームですが、壁にぴったりと家具が寄せられ、導線が作られているのですっきり。

>Iさんの部屋をもっと見る


 

ルール5. 使いまわしのきくものしか買わない

大きな本棚つきのパソコンデスク、引き出しのたくさんついたベッド、重たいチェストなど、必要なくなったり、次の引越しのときに処分が大変そうなものを買いたいときは、用心しましょう。

ひとり暮らしの小さな部屋なら、無印良品の組み合わせができる収納など、ゆくゆくなんにでも使い回しのきくようなアイテムを細かく組み合わせるほうがおすすめです。

 

大きなチェストは買わず、どんなふうにも組み合わせられるボックスに入れて。こちらはplus9さんのお部屋。

>plus9さんの部屋をもっと見る


 

必要な家具は最小限に。生活スタイルに合わせて選びましょう

まず何よりも、「それって自分にとって本当に必要?」とじっくり考えることも重要ですね。

絶対必要、と思っていた棚やテーブル、なくても意外に生活できちゃうかもしれません。

こちらの記事をぜひ参考にどうぞ。

ひとり暮らしの家具って、何が必要? みんなの部屋をのぞいてみた
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=19548


 

goodroom journal ではひとり暮らしのインテリア事例を多数紹介しています

参考になる家具レイアウトは見つかったでしょうか?

goodroom journal では他にも、ひとり暮らしのインテリア事例を多数紹介しています。

狭くてもすっきり片付く方法や、広いワンルームの活用法など、参考になる部屋がいっぱい。

「上から見た」わかりやすいインテリア写真も多数あります。ぜひ参考にしてみてください。

>ひとり暮らしのインテリア実例をもっと見る


 

ひとり暮らしにぴったりのお部屋探しはグッドルームへ

スタッフの9割がひとり暮らし中。お部屋探しはグッドルームにお任せください。

>東京・神奈川・埼玉・千葉の「ひとり暮らし8万円以下」の賃貸を探す
>大阪・京都・神戸の「ひとり暮らし6万円以下」の賃貸を探す
>愛知・名古屋の「ひとり暮らし6万円以下」の賃貸を探す
>福岡の「ひとり暮らし5万円以下」の賃貸を探す


 

こちらもおすすめ☆