おしゃれなリビングを作りたい!インテリアにも使える「差し色」マジックをご紹介♪

ファッションコーデを考える時に、「差し色」を取り入れることはありませんか?着こなしのアクセントになったり、ポイントになったりする「差し色」は、インテリアにも取り入れることができます。今回は、「差し色」を使ったおしゃれなリビングインテリアをご紹介していきます。

公開日:
著者:
おしゃれなリビングを作りたい!インテリアにも使える「差し色」マジックをご紹介♪

著者名

Sayang

Sayang

インテリアやアート、ファッション、自然など美しいものに心惹かれ、興味を持っています。日々、家族のために心地よい暮らしを心がけています。海外在住で、夫と2人の息子、犬と猫の6人家族です。

「差し色」が作るおしゃれなリビング

ファッションコーデを考える時に、「差し色」を取り入れることはありませんか?

着こなしのアクセントになったり、ポイントになったりする「差し色」は、インテリアにも取り入れることができます。

今回は、「差し色」を使ったおしゃれなリビングインテリアをご紹介していきます。

小さな面積で「差し色」を

クッションで

「差し色」は、小さな面積から取り入れていくと良いでしょう。

おすすめはクッションです。

色だけでなくデザインもそろえると、インテリアのアクセントとしてより効果的です。


 

白の中に黒を少々

「差し色」は、明るく鮮やかな色だけではありません。

例えばホワイトインテリアの中に、少量の黒を混ぜることでアクセントになります。

こなれ感のある使い方としては、黒一色のアイテムではなく白と黒が2色使いされている小物がおすすめです。


 

 

「差し色」をリンクする

柄を取り入れる

「差し色」は、1つとは限りません。

こちらのLDKでは、一人掛けチェアは赤の無地、ソファは赤のギンガムチェックというように、異なる柄で取り入れています。

ソファのクッションや、奥に見えるお部屋のカーテンも赤。

インテリアの中で「差し色」をリンクすることで、おしゃれ度が高まります。


 

さまざまなテクスチャーで

白を基調としたリビングでのポイントは、さまざまなテクスチャーで「差し色」を使っていることです。

クッション、陶器やガラスのフラワーベース、カーテンボックス、フレームに入ったアートと、いくつもの青がリピートされ爽やかさを強調しています。


 

「差し色」におすすめのアイテム

チェア

続いては、家具類で「差し色」効果を生み出しているインテリアを見ていきましょう。

ナチュラルなサイドボードのあるテレビコーナーに、赤いイスをさりげなく置いているリビングです。

シンプルでナチュラルな空間に、赤が「差し色」として映えています。


 

1人掛けソファ

大きな面積で「差し色」を取り入れるには、1人掛けのソファもおすすめです。

思い切って鮮やかなイエローのチェアをプラスすると、落ち着きのあるインテリアがパッと明るくなるでしょう。


 

サイドテーブル

サイドテーブルも、「差し色」にしやすいアイテムです。

こちらは白いソファにティール色のトレイテーブルを合わせたアイデア。

ソファに掛けたブランケットも、同じティール色にリンクしています。


 

アート

ポスターやシルクスクリーンをはじめとするアート作品も、インテリアの「差し色」アイテムとして人気があります。

こちらのリビングでは、フレームに入ったアートの中に使われている色を、観葉植物と植木鉢、カボチャなどでリピートしているアイデアが魅力的です。


 

大きな面積で「差し色」を

アクセントウォール

リビングの壁の一面をペイントしたり壁紙を使ったりして作るアクセントウォールは、大きな面積での「差し色」効果が期待できます。

ソファの後ろの壁や、テレビの後ろの壁が定番ですが、こちらのように仕切りの役割も果たしている壁を利用しても良いでしょう。

ギャラリー風に本を並べているアイデアも素敵ですね。


 

タイルフロア

こちらは、モロカンスタイルでまとめられたリビングです。

床のタイルが、「差し色」になっていますね。

タイルだけでなく、ソファやアート、木箱に窓の手すりなどにブルーがリピートされたリンクコーデです。

高い天井や白い壁とのコントラストが美しい空間になっています。


 

まとめ

ファッションのコーディネートと同じように、インテリアにも「差し色」を取り入れているアイデアをご紹介しました。

小さな面積から取り入れてみるだけでも、お部屋の雰囲気が変わりますよね。

季節によって「差し色」を変えるなど、楽しみ方もいろいろありますので、是非お試しください♪

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告