一人暮らしのお部屋をおしゃれにしたい♡達人に学ぶレイアウト術&アイデアまとめ!

一人暮らしをしている方の中には、インテリアに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。コンパクトなスペースであることや、収納があまりないこと、全て自分でやらなければならいので時間がないなど、一人暮らしならではの悩みがありますよね。 そこで今回は、参考にしたいおしゃれに暮らすレイアウト術やアイデアをご紹介していきます。

著者:
公開日:
一人暮らしのお部屋をおしゃれにしたい♡達人に学ぶレイアウト術&アイデアまとめ!

一人暮らしだからこそ、インテリアを自分好みにカスタマイズ!

一人暮らしをしている方の中には、インテリアに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。コンパクトなスペースであることや、収納があまりないこと、全て自分でやらなければならいので時間がないなど、一人暮らしならではの悩みがありますよね。

そこで今回は、一人暮らしだからこそ参考にしたい、おしゃれに暮らすレイアウト術やアイデアをご紹介していきます。

コンパクトなワンルームでもおしゃれに暮らす

部屋の真ん中を空けて光と風を通す

good_room

まず初めにご紹介するのは、お部屋の真ん中を開けたワンルームのレイアウト。

右手の壁に沿わせてベッドを配置し、左手にはキッチンと並ぶようにテレビ台を置いています。

玄関から窓に向けての中央部分を開けておくことで、光を遮らず風通しがよくなりますね。

お部屋の広さは約5畳とのことですが、でこぼこをなるべく抑えた家具の配置と、無垢の床材と白をベースにした色選びが狭さを感じさせません。


 

カラフルな小物でハッピー気分に

good_room

こちらのお部屋の壁や冷蔵庫の扉には、ポストカードやマグネットなどカラフルなアイテムが飾られています。

お好きだというベティちゃんグッズも、そこここに。

見ているだけでハッピーな気分になれるものがお部屋にあると、一人で過ごす時間がより快適になるのではないでしょうか。


 

 

スペースごとにメリハリを持たせたインテリア

ベッドルームとリビングでテーマを変えて

good_room

続いてご紹介する一人暮らしのお部屋は、奥がベッドルーム、手前がリビングというレイアウト。

ベッドルームの押し入れの扉を外してカーテンに変えることで、省スペースを実現しています。

どちらのスペースも無垢材のフローリングは共通していますが、ベッドルームは白を基調とし、リビングでは木の家具をチョイスしてメリハリを持たせています。


 

シェルフの中は見せる収納を意識して

good_room

こちらは、ベッドルームに置かれた収納家具。ガラスの扉がついた収納家具なので、見せる収納、ディスプレイ収納を意識しているようです。

余白を残しながらも、好きなものや大切なものを美しく並べていますね。


 

緑あふれるリラックス空間

背の低い収納

minimumnoise

たくさんのグリーンが置かれたリビング。壁際に設置された収納は、背の低い木箱やベンチスタイルに徹底しているところがポイントです。

グリーンの飾り方も、鉢植えだけでなくハンギングも取り入れて高低差を演出。空間を広く感じさせるディスプレイテクニックは真似したいですね。


 

キッチンとの仕切りにボックスシェルフを

minimumnoise

キッチンとリビングの仕切りになっているカウンターに、同じ高さのボックスシェルフを設置しています。シェルフの棚板の形がおしゃれですね。

お部屋の形を利用して、窓の横にもディスプレイコーナーを作っています。見せる収納を楽しみながら作ってみましょう。


 

余白を活かし、家具の移動がしやすいレイアウト

家具の移動も手軽に

qc_stor

ものが少ない暮らし方をされているので、家具の移動も手軽にできそうです。

季節に合わせて、または気分転換に、シェルフとデスク、ベンチのレイアウトを変えてみると、雰囲気も大きく違って見えますよ。


 

ワンルームを家具でゾーニング

シンプルな家具で

go_room

ワンルームのお部屋を家具を使ってゾーニングする場合、空間を「寝る」「食べる」「暮らす」の3つの動きで分割すると使いやすくなります。

こちらのお部屋では、奥の窓前を「寝る」スペースとしてベッドを設置。

ベッドと並行にダイニングテーブルを置いて「食べる」スペースに、さらに左手に置いたシンプルなシェルフとともに、「暮らす」スペースにもしているようです。


 

向かい合わせに配置

mmm_09

こちらは「寝る」スペースと「暮らす」スペースを向かい合わせに配置したレイアウト。「食べる」スペースは、中央のテーブルを使っているそうです。

奥の窓からの光を遮るものがないので、お部屋の中が明るいですね。


 

余白のあるレイアウト

good_room

こちらは、ベッドのある「寝る」スペースと、ダイニングテーブルのある「食べる」スペースにゾーニングされたレイアウト。

空間に余白をとっているので圧迫感はありません。


 

コンパクトな空間は壁使いがポイント

賃貸のお部屋の強い味方はディアウォール!

good_room

コンパクトなスペースを有効に活用するためには、壁の使い方がポイントになります。

賃貸のお部屋には、手軽に壁面収納を増やすことができるディアウォールがおすすめ。フックや棚板シェルフを利用して、ディスプレイ収納を楽しみましょう。


 

ナチュラルなバー

qc_stor

ミニマルな暮らしを実践されている方の一人暮らしのお部屋。ナチュラルな木の枝を吊り下げたバーが設置されています。

毎日着るシャツを掛けるバーとして活用しているようですね。収納スペースが少ないお部屋の場合は、このようなアイデアをプラスすることもおすすめです。


 

コンパクトなキッチンで

hill_zzz

コンパクトなキッチンスペースでのゴミ収納のアイデアが、こちら!マルシェバッグをフックで吊り下げ、中にゴミ袋を仕込んでいるそうです。

分別できるようにバッグを変えているので、そのまま中のゴミ袋を取り出すだけでOK。ナチュラルカラーのマルシェバッグがおしゃれですね。


 

まとめ

一人暮らしのお部屋でおしゃれに暮らしているみなさんの実例をご紹介しました。光と風を通すレイアウトや、好きなものを思い切り飾っているお部屋、省スペースにもなる壁の活用法など、すぐにマネをしたくなるアイデアがたくさんありましたね!

自分好みのインテリアを作ることができる一人暮らしだからこそ、思い切っておしゃれな暮らしをしてみませんか?

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告