フィンランドの伝統的な「白樺カゴ」が素敵♪インテリアを彩るアイデア集

北欧フィンランドの伝統的な手仕事、tuohikori(トゥオヒコリ)をご存知ですか? トゥオヒコリは、白樺の樹皮を丁寧に編み込んだもの。 北欧の豊かな自然を感じることができるトゥオヒコリは、インテリアをおしゃれに彩ってくれる素敵なアイテムです。

公開日:
著者:
フィンランドの伝統的な「白樺カゴ」が素敵♪インテリアを彩るアイデア集

著者名

Sayang

Sayang

インテリアやアート、ファッション、自然など美しいものに心惹かれ、興味を持っています。日々、家族のために心地よい暮らしを心がけています。海外在住で、夫と2人の息子、犬と猫の6人家族です。

インテリアをおしゃれに見せてくれる、tuohikori(トゥオヒコリ)

北欧フィンランドの伝統的な手仕事、tuohikori(トゥオヒコリ)をご存知ですか?

トゥオヒコリは、白樺の樹皮を丁寧に編み込んだもの。

北欧の豊かな自然を感じることができるトゥオヒコリは、インテリアをおしゃれに彩ってくれる素敵なアイテムです。

白樺ってどんな木なの?

白樺はフィンランドを代表する「母なる木」

pienikauppajp

そもそも白樺は寒い地域に自生します。

日本では、長野の高原や北海道でも多く見られますね。

北欧フィンランドの森にもたくさん生えています。

フィンランドでは昔から国を代表する木として愛されてきました。


 

 

人々の暮らしに役立つ白樺

ko_yumi26

北海道に暮らすアイヌの人々が、白樺の樹液「タッニワッカ」を健康飲料として飲んでいたそうですが、北欧フィンランドでも白樺は様々な用途に用いられてきました。

サウナでは白樺の若枝で体を叩いて血行促進に役立てたり、樹液を飲んだり。

白樺の樹皮やこぶなどを素材に、カゴやカップをはじめオーナメントや雑貨など様々な民芸品が作られています。


 

様々な効能がある白樺

5_koti

白樺の木からは、森林浴でお馴染みのフィトンチッドが放出されているそうです。

白樺の名前の由来にもなっている白い粉は、ベチュリンと呼ばれる抗菌作用のある有機化合物。

更に、樹皮自体にも防腐性があるとのこと。

使い込んでいくうちに固く引き締まり、耐久性も高まります。


 

ハンドルの付いたバスケットタイプ

ブランケットを入れて

ko_yumi26

ここからは、白樺のカゴを取り入れたインテリアをご紹介していきます。

北欧ヴィンテージのミラーやウォールシェルフのあるコーナーに、さりげなくトゥオヒコリを置いているアイデア。

ハンドルのついたデザインは持ち運びも楽なので、使いたい場所への移動も気軽にできますね。

使い込まれてあめ色になっていく経年変化も楽しめそうです。


 

ナチュラルなインテリアに合わせて

m____mina.room

ナチュラルな北欧インテリアに白樺カゴはよく馴染みますね。

シンプルなスツールの上にちょこんと乗せて、細々したものをすっきり片付けるアイデアは参考になります。


 

目隠しに「ミナペルホネン」のファブリックを

ko_yumi26

北欧ファンの人気も高い、ミナペルホネンの定番柄「tambourine」を白樺カゴの目隠しとして採用しているアイデアです。

深みのあるネイビーブルーが、あめ色の白樺カゴとマッチしていますね。

お隣に見えているドライのアジサイも、色合いが同じでマッチしていますね。


 

アルバムを入れて

m____mina.room

ご家族の写真を収めたアルバムを、バスケットと白樺かごに入れているアイデア。

ハンドルが付いていると持ち運びしやすいので、アルバムを見たい場所へ持っていってゆっくりと楽しめますね。


 

キャンプにも持っていける!

ko_yumi26

こちらは、白樺カゴとモミの木の薪入れを使ったキャンプの準備!

手前の白樺カゴはハンドル付きなので、持ち運びも便利です。

コーヒーアイテムなどをすっぽり収めて、キャンプをスタイリッシュに楽しめそう。


 

ハンドルのないカゴはデザインも様々

リモコン置き場に

kumeemee

続いてご紹介するのは、ハンドルの付いていないタイプのシンプルな白樺カゴ。

細長いスリムデザインのトゥオヒコリに、リモコンを収納しているアイデアです。


 

 

白樺のダストボックス

ko_yumi26

こちらは、円筒形の白樺カゴをダストボックスとして活用しているアイデア。

使い込まれたあめ色が味わい深いですね。

引き出しチェストの色味ともぴったり合っています。


 

花器カバー

ko_yumi26

こちらも、円筒形の白樺カゴを使ったアイデアです。

中にフラワーベースを入れることで、ナチュラル度の高い花器カバーとして活躍してくれています。


 

小さなカゴでも存在感は抜群!

小さなグリーンを

ko_yumi26

ハンドルの付いた小さなカゴにグリーンを植えて。

ポットごと入れることで手軽な鉢カバーになってくれます。

キッチンハーブなどを植えても素敵ですね。


 

ドライフラワーを入れて

ko_yumi26

封筒のようなデザインで編まれたトゥオヒコリには、革ひものループがついています。

S字フックに引っ掛けて、ドライフラワー用の花器として活用!

ミモザの色合いが、白樺の樹皮の色味とマッチしていますね。


 

グラスカバーをアクセントに

ko_yumi26

こちらはグラスカバーでしょうか。

グラスをフラワーベースとして使い、ボリュームのあるレースフラワーを飾っています。

直接グラスを置くよりも、トゥオヒコリのカバーに入れることでおしゃれになりますね。


 

北欧テキスタイルを飾りに

ko_yumi26

こちらの白樺カゴには、北欧風デザインがキュートなファブリックを収納しています。

デザイン自体が美しいファブリックは、それだけで存在感がありますね。

フィンランドを代表する陶磁器メーカーARABIAの「Faenza」シリーズにお花を生けて、小さなフィンランドコーナーのディスプレイに。


 

まとめ

フィンランドの伝統的な民芸品、トゥオヒコリのあるインテリアをご紹介しました。

フィンランドでは木そのものを傷めずに樹皮だけを採集するため、時期や採取方法などにも工夫がされているそうです。

経年変化で徐々に色が濃くなっていく様子も愛おしいですね。皆さんも存在感のある白樺カゴを、インテリアにプラスしてみませんか?

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告