女子が大好きな赤やピンク!お部屋に上手にプラスをするコツをご紹介

ピンクや赤は女性ならではのカラー。お部屋の中に取り入れてみたいけど、どうしてもお部屋の中で浮いてしまうかもしれないと不安になりますよね。今回は、どんな風に赤やピンクを加えたらいいのか、おしゃれなさし色の加え方をご紹介します。

公開日:2018/02/20
著者:
女子が大好きな赤やピンク!お部屋に上手にプラスをするコツをご紹介

著者名

asunaro0312

asunaro0312

小さな子供を2人持つママです。カントリーを基調としたインテリアが大好きで、100均やホームセンター巡りをしながらDIYアイテムを探して練り歩いています。小さな子供がいても楽しめるインテリア作りを提案していきたいと思っています。

ピンクや赤は女性ならではのカラー。お部屋の中に取り入れてみたいけど、どうしてもお部屋の中で浮いてしまうかもしれないと不安になりますよね。今回は、どんな風に赤やピンクを加えたらいいのか、おしゃれなさし色の加え方をご紹介します。

女性らしい赤やピンクを飾ってみたい!

ピンクをさし色に

SangSang Hoo

ピンクとホワイト・ホワイトグレーの相性は抜群。ピンクの女っぽさを和らげて、ナチュラルな印象にしてくれます。ピンクをどこに取り入れたらいいかわからない方は、白やグレーのカラーの家具のそば、と覚えておくと良いですよ。


 

広告

 

natasha.designs

クッションにピンクを加えてみれば、自己主張をしすぎないうえにソファが優しく柔らかい印象になります。クッションの布地も、タオル地やベロアなどの軽快過ぎないものを選ぶと◎!


 

shuconbu

ソファをピンクにした場合は、クッションのカラーを落ち着かせるとピンクがお部屋に馴染むようになります。少しベージュがかった優しい色合いが、女らしさを抑えてナチュラルな印象に。


 

natasha.designs

「ピンクのお花なんて少女みたい」と思うかもしれませんが、大きくインパクトのある花を一輪か二輪飾ると、きらびやかな大人の印象に。こちらのように、同じピンク色の絵と一緒に飾ればさらに華やかな印象になります。


 

natasha.designs

ピンクや赤のような女らしい色を、カラフルな他カラーと混ぜてアジアンテイストにした、ちょっとインテリア上級者なアレンジ。難しいと思う方は、あらかじめピンクや赤が取り入れられた既存のエスニックアイテムからチャレンジしてみるのが良いですね。


 

shuconbu

定番のマリメッコ柄なら、比較的合わせやすくなおかつ少女の雰囲気も抑えられます。画像のように、マリメッコのファッションアイテムを飾ってもよし、大胆にテーブルクロスやカーテンに使用しても素敵ですよ。


 

kabegamiyahonpo

壁をピンクにする場合、ややベージュがかったカラーにするか、木目の家具を中心に揃えた方が良さそうです。西ヨーロッパの田舎風の可愛らしいお部屋になりますよ。


 

natasha.designs

クールな印象のお部屋に女らしいキャビネットを置くことで、甘辛テイストに。甘いところは甘く、とことん女らしいピンクに、辛い部分はどこまでもスパイシーにすることでメリハリをつけることができます。


 

akkiii46

手編み風の可愛らしい座布団をピンク色にして。まるで妖精が座るような可愛らしい椅子に仕上がりますね。ピンクと木目はとても相性がいいので、木目調の家具が多い方はぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。


 

natasha.designs

青とピンクを上手に使い分けることで、センスのあるさし色使いに。青のクールさの対比にピンクを使ったこちらのインテリアですが、ピンクが濃いめのビビットなので、甘すぎずスタイリッシュなお部屋に仕上がります。


 

赤をさし色に

natasha.designs

赤は、ピンクよりも目を引くカラーです。そのため赤を取り入れる場合、どこか一点にビシっと入れるのが良いと言えます。ブラウン系でカラーを統一した部屋の中では赤だけが際立って見えますが、同じ系統のカラーのため決して浮くことなく、自然に馴染んで存在感を表しています。


 

 

natasha.designs

こちらはスツールで赤をプラス。金色のキャスターで、外国の女優さんが座っていそうなとてもゴージャスな印象に。赤とゴールドはとても艶やかでおしゃれに決まります。派手になりすぎないよう、上手に取り入れてみてください。


 

natasha.designs

ソファーの上に置かれた毛皮が悪女風なお部屋ですね。派手なのに上品で、隙のない印象です。クッションとソファで赤をサンドイッチすることで、ケバすぎないように上手に引き算しています。


 

jy_favorite_days

赤は難しいなと思う方は、カーペットなどでペルシャ絨毯風なら取り入れやすく、甘すぎず派手すぎないちょうどいいテイストに仕上がります。アンティークな家具にも、アーバンな雰囲気にもぴったりなのも嬉しいですね。


 

k.h.s.0906

真っ赤なベルベッドカラーのお花を生けてお部屋のさし色にするのも素敵です。全部を赤にするのではなく、緑や薄いカラーをプラスしてギスギスしないようにしましょう。


 

まとめ

赤やピンクが大好きだけれど、どうやってインテリアに取り入れたらいいかわからないという方のための参考になればと思い、今回の記事を作りました。ポイントはどちらも色味を抑えて使うこと。上手に引き算をしてお部屋にプラスしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告