2018年春も大活躍のGジャンコーデ術☆定番から変形までご紹介!

カジュアルな着こなしに手軽に使える、別名デニムジャケットとも言われるGジャン。今回は、特にGジャンが活躍する「春」をテーマに、Gジャンでどんな風にコーデができるのか選りすぐりの50選をお届けしたいと思います。

公開日:
著者:
2018年春も大活躍のGジャンコーデ術☆定番から変形までご紹介!

カジュアルな着こなしに手軽に使える、別名デニムジャケットとも言われるGジャン。実はとても便利なアイテムで、春・秋はもちろん夏のちょっと寒い時に羽織っても暑苦しいイメージは無く、また冬のコートの下にレイヤードで着てもおしゃれなので、四季を通じて使えるアイテムなんです!今回は、特にGジャンが活躍する「春」をテーマに、Gジャンでどんな風にコーデができるのか選りすぐりの50選をお届けしたいと思います。

Gジャンに合わせやすいアイテム

ワイドパンツ

ウォッシュタイプのGジャンにグレージュのワイドパンツを合わせると、ペールトーンの色調で優しげなコーデができあがります。ウォッシュタイプのGジャンは、きれいめスタイルをカジュアルダウンするのにぴったりです。


 

 

ショート丈のGジャンをウエストの位置で留めているので、ワイドパンツと合わせるとメリハリのあるスタイルが作れます。Gジャンを肩から着崩すように抜け襟にすると、こなれ感がアップしますよ。


 

ルーズなシルエットのGジャンとスポーティーなワイドパンツと合わせると、こんなにボーイッシュでキュートなコーデができあがります。ドット柄のトップスと三つ編みのガーリーテイストが、コーデのスパイスになっています。


 

モスグリーンのワイドパンツと、ワンウォッシュタイプのGジャンを合わせると暗めのトーンになりますが、インナーのトップスにイエローの挿し色を使っているので、しっかり春らしくコーデされています。


 

スリムパンツ

レギュラータイプのGジャンには、やっぱりスリムパンツがよく合います。ベージュカラーで統一したスリムパンツとパンプスが、インディゴブルーのGジャンを引き立てていますね。

足首と手首を露出して女性らしさをアピールしたコーデです。


 

ブラックスリムパンツを使ったモノトーンスタイルに、Gジャンを合わせています。ボーダートップスを、Gジャンの間から覗かせてトレンド感をアップさせています。ノーカラーGジャンがカジュアルさを控えています。


 

相性が良いデニムブルー×ホワイトの組み合わせ。写真は、きれいめなホワイトコーデをGジャンでカジュアルダウンしたスタイル。Gジャンの袖をまくり抜け感を演出して、こなれ度をアップさせるのがコツ。


 

ミリタリーパンツ

Gジャンとミリタリーパンツは相性抜群。ただボーイッシュになり過ぎないように、写真のようにフレアトップスやイヤリングなどの小物で、女性らしくコーデするのがポイント。

Gジャンから流行のボーダーを見せることで、トレンド感がアップしていますね。


 

チェックパンツ

イエローとブルーのバイカラーチェックパンツは、個性的でキュートだけどコーデが難しそう…でもチェックのブルーと同系色のGジャンとなら、こんなにしっくりくるコーデになります。


 

アンクル丈パンツ

女性の足首をほっそり見せてくれるアンクル丈のパンツは、ショート丈のアウターと合わせるとバランスの良いコーデに。Gジャンからトップスのレースを見せることで、メンズライクなGジャンも女性らしく着こなすことができますね。


 

 

ちょっとルーズな着こなしもできる、アンクル丈のワイドパンツ。TシャツとGジャンを合わせると、気取らないカジュアルコーデになります。ルーズになり過ぎないように質の良いアイテムを選ぶのがコツ。


 

デニムパンツ

デニム×デニムは相性が良さそうですが、セットアップに見えやすいので意外と難しい組み合わせなんです。上手く着こなすには、手首と足首を見せて抜け感を作ること。写真のようにハイヒールなどでハイセンスに仕上げましょう。


 

メンズライクに仕上げたデニム×デニム。ブラウスをレイヤードすることで、上下のセットアップ感を上手く消していますね。また上下のデニムカラーを微妙に変えているのが◎


 

デニム×デニムでも、ブラックデニムならGジャンと合わせやすいですね。ボトムをスッキリ見せるストレッチのきいたデニムパンツなので、大きめのメンズ用Gジャンでもバランス良く見えます。


 

フレアスカート

ノーカラーGジャンなら、普通のジャケットのようにスカートとの相性がとってもGood!ベージュ系トーンのフレアスカートと合わせるときは、全体の印象が弱くならないように、イエローの指し色でアクセントをつけましょう。


 

フレアースカートと合わせやすいノーカラーGジャン。普通になり過ぎないようにユーズドタイプのGジャンをチョイス。ホワイトスニーカーと合わせた清楚な雰囲気と、ダメージデニムのミックスがコーデの魅力になっています。


 

きれいめコーデをカジュアルダウンさせるには、やっぱりGジャンが一番簡単ですね。襟ぐりにパールとビジューが施してあるGジャンなら、こんなフェミニンな花柄フレアスカートとの相性が抜群ですよ!


 

春らしい桜色のフレアスカートなら、どんなアウターよりもGジャンを選ぶことが正解!きれいめ過ぎるコーデよりも、Gジャンでカジュアルダウンさせた方がスカートは引き立ちますよ。足元はスニーカーで素足をヘルシーに演出して◎


 

襟ぐりが大きめのGジャンからレーシーなトップスを覗かせて、ビビッドグリーンのフレアースカートとコーデすれば、若々しいキレカジスタイルができます。ブルーのGジャンは、ビビッドカラーとも相性が良いので色々なカラーを試してみて。


 

タイトスカート

トレンドライクなボリュームパフスリーブのGジャン。ボリューミーなトップスだから、細いシルエットのタイトスカートをボトムスに選びました。メンズ寄りになりがちなカーキー×ブルーは、パンプスやアクセサリーなどでフェミニン感をアップさせましょう。


 

 

ライトカラーのGジャンとミントグリーンのタイトスカートで作ったパステルカラーコーデ。涼しげなカラーをチョイスすることで、春にぴったりの装いになっています。


 

市松模様の着物のようなタイトスカートは、日本女性にとっても似合うはず。裾がカットオフされたGジャンと合わせると、ラフでキュートなキレカジコーデができますよ。


 

カーキーのタイトスカートとホワイトブラウスで作ったきれいめなスタイルに、ダメージ加工のGジャンを合わせてカジュアルダウン。スカートと合わせやすいノーカラーのGジャンは、フェミニンライクなコーデが作れます。


 

レースのホワイトタイトスカートにも、ベーシックなGジャンがこんなにしっくりきます。所々ダメージ加工してあるGジャンをチョイスしているから、ホワイトとのコントラストが強すぎず、程よくマッチしていますね。


 

プリーツスカート

春らしいシフォン素材のやわらかいプリーツスカートは、デニム素材のGジャンでディティールをオフセットするとバランスがGood。パンプスとバッグのレザー素材は、グレージュで統一してフェミニンライクに仕上げましょう。


 

ワンピース

デートのときは、ボディラインを強調したワンピースだと勝負感が強すぎますよね。そんなときのお助けアイテムがGジャン。Gジャンでカジュアルダウンさせたワンピースなら、彼氏が好むキレカジになりますね。


 

ショート丈のGジャンをボレロ風に着こなしていますね。レーシーなパーティー向け風のブラックワンピースでも、Gジャンとのコンビネーションなら、親しみやすいコーデに早変わりしますよ。


 

リゾート地で活躍してくれるマキシ丈のワンピース。デイリーに着るには、ドレッシー過ぎかも…でもショート丈のGジャンと合わせるだけで、こんなにカジュアルなデイリーユースになりますよ!


 

ガーリーファッションが好きな女子にも、Gジャンは本当に便利に使えるアイテム。こんな女子力の強いワンピースでも、Gジャンを羽織ればオフィスOKになりますね。もちろんデートにも♪


 

思いっきりフェミニンなパーティーワンピース。襟にフラワーレースがついているフェミニンなGジャンなら、お揃いのジャケットのように着られます。華やかさが抑えられて程よいデート着に。


 

清楚なイメージのワンピースにも、Gジャンはよく合いますよ。袖を通さずに羽織ることで、女性の可憐さを演出することができますね。ワンピースの良さを隠さないように、ショート丈Gジャンがおススメ。


 

襟の周りに刺繍が施してあるノーカラーGジャンなら、刺繍とコンビネーションしたようなブルーの花柄ワンピースとよく合いますね。ブルー×ホワイトの淡い色の組み合わせだから、足元はブラックで引き締めて。


 

ストライプのシャツ風ワンピースとダボっとしたGジャンを合わせて、人気のゆるコーデになっています。リラクシーな雰囲気が、なんとも魅力的に見えますね。


 

こんな風にシンプルなブラックワンピにGジャンを合わせると、大人っぽさと若々しさがミックスしおしゃれ上級者に見えます。オフィスでは仕事ができそうな雰囲気を演出できますよ。


 

変形Gジャンのコーデ

ロング丈

ダメージ加工されたロング丈のGジャンを、きれいめスタイルに合わせると、抜け感がある大人女性らしいこなれたイメージが作れます。長すぎないロングだから、クロップドパンツなどに合わせてもバランスの良いコーデに。


 

 

ボリューミーなビッグシルエットのロングGジャンは、バイカラーのワンピースと合わせると、強いコントラストが魅力のコーデになります。ベルトをキュっとしめてウエストマークすることで女性らしいラインが作れます。


 

ミリタリー

ビッグシルエットのミリタリージャケットは個性的なアイテムだから、こんなメンズライクなサルエルパンツとの相性が抜群!フレアースカートなどのフェミニンなファッションにも合わせやすいアウターです。


 

ビッグシルエットGジャンコーデ

ビッグシルエットのGジャンは、目の錯覚で華奢なスタイルに見えるマジカルなアイテム。野暮ったくならないように袖まくりをして抜け感を作るのがコツです。大きめだからパーカーなどとレイヤードしてもOK。


 

ビッグシルエットGジャンには、裾に行くほど広がりのあるワイドパンツも合わせやすいアイテムです。

ルーズに羽織っても様になるビッグシルエットのGジャンは、タンクトップなどのインナーで肌を露出してセクシーさを演出できますよ。


 

後ろボタンを外したビッグシルエットの抜け襟のGジャンなら、フェミニンスタイルをさらに女っぽく演出してくれます。敢えてビッグシルエットのGジャンを選ぶことでトレンド感がアップしていますね。


 

デザインGジャンコーデ

ノーカラー、大きめの袖、オーバーサイズなど、デザイン性の高いGジャンは、ガーリーなワンピースと合わせて女の子っぽくコーデしましょう。ウエストポーチでマークすることで、オーバーサイズのGジャンをスッキリと見せています。


 

ランダムにカットオフされたGジャンに、負けないくらいにデザイン性の高いフレアースカートを合わせました。インパクトの強いアイテム同士を合わせることで、モード感の高いコーデになっています。


 

バックレースで編み上げたGジャンなら、スカート、パンツなど何を合わせても女の子っぽくコーデできます。さっと羽織って抜け襟で艶っぽく着こなすのがコツ。


 

ホワイトGジャンコーデ

ホワイトカラーのGジャンなら、ボトムスもホワイトをチョイスして、カジュアルなスーツのように着られます。インナーのタンクトップもホワイトで統一して、春らしいホワイトコーデになっていますね。


 

 

ホワイトGジャンとブラックスリムパンツの組み合わせなら、ブルーのGジャンと違って個性的なコーデができますよ。ビビッドレッドのサンダルをチョイスして、より個性的な着こなしに。


 

【おまけ】いろいろなデニム地アウター

ロング丈なら、こんな風に一枚で様になります。春の肌寒い日には役に立つ一着!スタンダードなトレンチよりも、断然個性的なコーデができますね。


 

デニム素材のインナーを合わせてコーデしています。デニムのカラーを変えることで違和感無く、お互いを引き立てあうアイテムとなっています。


 

さっと羽織るだけでカッコよく決まるトレンチコートタイプは、カジュアルでもきれいめでも色々なファッションに合わせやすい優秀アイテムです。付属のベルトをフロントでリボン結びにすると、また違った雰囲気でも楽しめます。


 

春にさらりと着たいデニムシャツ。大人っぽいカジュアルスタイルの他、ホワイトコーデ、ショートパンツ、ミニスカートなどに合わせても素敵。


 

パーカータイプならデザイン性も高く、オフィスコーデにも充分使えますね。デザイン性があるので、シンプルなファッションと合わせるとGood。


 

まとめ

「春」をテーマにしたGジャンコーデを色々とご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?ちょっと着こなしのコツを覚えるだけで、Gジャンを使ったコーデでカジュアルをベースに、フェミニン風にもオフィス向けにもできるんです。2018年春は、ぜひ参考にしてGジャンを使ったコーデを楽しんでみて下さいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告