2018年春コーデの参考に♪今季注目のカラー&アイテムを使ったコーディネート実例50選

2018年春のトレンドはチェックされましたか?今回は2018年注目のトレンドカラーや柄、そしてアイテムの説明とコーディネートの実例画像をご紹介します。

公開日:
著者:
2018年春コーデの参考に♪今季注目のカラー&アイテムを使ったコーディネート実例50選

2018年春のトレンドはチェックされましたか?「去年愛用したあのアイテムは、まだコーデに使える?」「これから買い足すなら何が狙い目?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は2018年注目のトレンドカラーや柄、そしてアイテムの説明とコーディネートの実例画像をご紹介します。

注目のトレンドカラーとは?

カラフルなアイテムが多くなってくる春には、トレンドのカラーが気になりますね。2018年の春に注目のカラーは、淡いカラーとビビットなカラーの2タイプ。淡いカラーならパステルブルー・ミントグリーン・ラベンダー・ピーチピンクの4色がコレクションでも多数登場しています。反対に濃いめカラーが好きな方ならビビットなピンクやイエローを。春だからこそ気軽に取り入れやすいビビットカラーも、ニューヨークコレクションなどで注目されていました。

 

ふんわりと柔らかい雰囲気を醸し出すパステルカラー

春らしい雰囲気を感じさせてくれる、ふんわりとしたブラウスにパステルブルーの組み合わせは、とても爽やかですね。同じくふんわりとしたシルエットが印象的なスカートと合わせて、お出かけに最適な上品コーディネートの完成です。


 

広告

 

羽織物として活躍するニットロングカーディガンも、ミントグリーンのカラーを選べば、一気に春の雰囲気になりますね。ボトムにはブラックなど、はっきりしたカラーを合わせてあげるとスッキリとしたコーディネートを作れますよ。


 

強めのパープルは苦手という方でも、こちらのラベンダーカラーなら取り入れやすいのではないでしょうか?顔色との相性が気になるときには、こちらのようにボトムに取り入れることで、トレンドカラーを取り入れた自分に合ったコーデに。


 

オレンジがかったピンクのピーチピンクは肌なじみのいいカラーなので、大人女子でも取り入れやすいピンク。透け感のある、ふんわりとしたブラウスにデニムを合わせてカジュアルな雰囲気を出しながら、大人の抜け感を感じるコーディネートに。


 

元気なイメージと作れるビビットカラー

元気をもらえそうなビビットなイエローは、春にぴったりのカラー。ボーダーのスカートとあわせることで、カジュアルでマリンな雰囲気を感じさせるコーディネートですね。


 

はっきりとしたピンクは、気分を上げてくれそうな雰囲気。トレンドが続行中のワイドパンツで取り入れて、春をいち早く感じさせるようなコーディネートを作ってみましょう。


 

春トレンドの柄とは?

2018年春に押えておきたい柄は、ドット・花柄・チェックの3つ。どれも春には注目度が上がる柄ですが、今年トレンドのものはドットなら中ぐらいの大きさの水玉模様が特徴のポルカドット、花柄なら中ぐらいの大きさの花柄や総花柄のアイテム、チェックならギンガムチェック。それぞれトレンドのディテールを取り入れることで、より今年らしいコーディネートを作れますよ。

 

レトロな雰囲気のポルカドット

ホワイトの生地に、ブラックのポルカドットが爽やかな雰囲気のブラウス。どことなくレトロな感じを醸し出すブラウスに合わせて淡いカラーのボトムを使っているのですが、足元にはレッドを使って、イマドキなコーディネートを作り出しています。


 

ドットをシースルーで表現したブラウスは、大人女子のカジュアルをレベルアップさせるのにぴったりのアイテム。今年も注目のダメージデニムとの合わせで、カジュアルな中にも大人の女性らしさを感じさせるコーディネートに。


 

いつもなら手を出しにくい大きな面積のドット柄も、ポルカドットがトレンドの今年ならチャレンジできそう。シンプルなトップスと合わせても、今年らしいコーディネートが完成しますよ。


 

そのままでも爽やかな雰囲気を持つポルカドットですが、ネイビーとホワイトの組み合わせなら、春にぜひ取り入れたい、涼しげで上品な雰囲気を作り出してくれます。ポルカドットのワイドなパンツなら、カジュアルにもお出かけコーデにも大活躍してくれそう。


 

 

エレガントな雰囲気の中花柄と総花柄

全体に中くらいの花柄がちりばめられたブラウス。総柄だと少し華やかになりすぎると感じるときには、こちらのように余白のある花柄のアイテムを選ぶといいですね。トップスの甘さに対して、カーキのパンツで辛さを効かせたコーディネートがおすすめ。


 

今季もまだまだ人気が続いているガウン。去年は小花柄が多かったアイテムですが、今年らしさを出すなら中花柄がおすすめ。羽織物として大活躍してくれるガウンを、張り感のあるパンツと合わせて大人カジュアルな雰囲気を作り上げていますね。


 

総柄のブラウスで、小花柄よりも少し大きめの花柄を選ぶことで、今年らしい雰囲気のコーディネートを作れますよ。ブラックカラーなら大人っぽく、強さと柔らかさの両方を兼ね備えた女性の雰囲気ができますね。


 

総花柄のワンピースは女性らしい雰囲気があっていいですが、ちょっと甘すぎる印象になりがち。そんなときには、こちらのようなカーキなど辛めのカラーで引き締めるコーディネートがおすすめ。


 

爽やかなギンガムチェック

様々なチェックがある中でも、ひと際爽やかな雰囲気を出してくれるのがギンガムチェック。レッドカラーでも暑苦しい雰囲気にならないので、春のコーディネートに大活躍してくれそう。印象的なレッドのギンガムチェックには、ブラックを引き締めカラーとして使ってあげるのがいいですね。


 

レトロの雰囲気が注目を浴びている2018年春には、ギンガムチェックのパンツも活躍してくれそうなアイテムです。こちらのようなブラックやネイビーといったベーシックならカラーを選ぶと、若々しいけれど幼く見えない絶妙なコーディネートを作れます。


 

一口にギンガムチェックといってもチェックの大きさで印象が変わってきます。こちらは少し大きめのギンガムチェック。レースのロングスカートとあわせて幼い雰囲気になりがちなギンガムチェックを例ディライクなコーディネートに仕上げていますね。


 

大きなギンガムチェックのワンピースは大人女子のリラックスタイムや、ちょっとした買い物などに使いたいアイテム。1枚着るだけで全身のコーデが完成する便利なアイテムですね。


 

 

トップスで注目は、パフスリーブとフリル

2018年春トレンドのトップスは、フリルやパフスリーブなどフェミニンな雰囲気のアイテム。フェミニンな印象が強いフリルは、衿などに使用するものだけでなく、裾に使用するぺプラムトップスも注目です。パフスリーブは、ここ数シーズンのトレンドだったデコラティブなスリーブデザインの流れを組んだもの。肩から二の腕にかけてふんわりと膨らんだ袖が、レトロでエレガントな雰囲気を醸し出してくれますよ。

 

パフスリーブを使ったコーディネート

デコラティブな袖のものが流行ってきたここ数年の流れのまま、2018年春も袖に特徴のあるデザインが出ています。特にパフスリーブは、様々なデザインでたくさんのアイテムが揃っているんですよ。こちらは、あまり膨らみが大きくないタイプなので、初めてチャレンジしようという方にもおすすめ。女性らしい雰囲気が出るパフスリーブと、張り感のあるチノ素材のスカートの相性が抜群です。


 

同じパフスリーブでも春におすすめは、袖全体の膨らみが特徴の長袖タイプ。肩が強調されるデザインなので、小顔効果も期待できますね。インパクトのあるディテールのものは、こちらのようにシンプルなアイテムとの合わせで大人っぽいコーディネートに。


 

こちらは 袖が2段になっているような雰囲気のパフスリーブ。白シャツはどんなコーディネートにも使えるアイテムですが、今年らしい雰囲気を取り入れたいなら、袖のディテールにこだわったものをチョイスしましょう。こちらのようにエレガントなコーディネートにもマッチしますね。


 

春らしいパステルカラーを使用したワンピースにパフスリーブという、今年らしいディテールを取り入れているアイテム。春らしくホワイトの小物を合わせて爽やかに仕上げていますね。ウエストが強調されたデザインも今年らしい一品。


 

フリルトップスを使ったコーディネート

パフスリーブ同様に、女性らしい雰囲気を出してくれるフリルもトップスに取り入れたいディテールです。こちらはマニッシュな雰囲気のグレンチェックにフリルをつけたブラウス。甘さと辛さのバランスが絶妙ですね。スッキリとしたパンツやデニムと合わせて、カジュアルな雰囲気にしてもおしゃれ。


 

こちらは袖にフリルをつけたトップス。長袖ですが、透け感のある素材を使用して春らしい仕上がりになっていますね。カラーはホワイトの無地ととシンプルなので、花柄のインパクトがあるスカートとの合わせでバランスを取っています。


 

透けのある素材が、春のおしゃれにぴったりなブラウス。プレーンなデニムとの合わせでも、フリルや透け感のある素材といったディテールで、大人の女性の色気が感じられるカジュアルコーディネートに仕上げていますよ。


 

切りっぱなしの袖と裾が印象的なブラウス。裾はフリルを使ってぺプラムにしているので、ウエストの位置が高く見えてスタイルアップ効果がありますよ。今季注目のノンウォッシュのデニムと合わせて、カジュアルなのにきちんと感のあるコーディネートに。


 

 

トレンドのスカートは、プリーツ&ラッフル

今季トレンドのスカートは、これまでも人気が高かったプリーツスカートと人気急上昇中のラッフルスカート。プリーツスカートは、薄手の生地を使っているものが多いので、春に大活躍してくれますよね。定番にもなりつつあるプリーツスカートを、今季買い足すならハイウエストがおすすめ。注目度が上がっているラッフルスカートは、ギャザーをふんだんに使って、フリルよりも大きなひだのラッフルというディテールを使っている、華やかなアイテムです。

 

プリーツスカートを使ったコーディネート

プリーツスカートは、今年もまだまだ活躍させられるトレンドアイテム。でもこれから買い足すなら、こちらのようなトレンドカラーを使ったアイテムにしてみましょう。いつものボーダートップスと合わせても、今季らしいコーディネートができますよ。


 

こちらは、ビビットなピンクがインパクトのあるプリーツスカート。ビビットなピンクは主張が強くてカジュアル寄りになりがちですが、プリーツスカートという、女性らしくきちんとした雰囲気を持つアイテムに使うことで、大人女子にもぴったり。ハイカットスニーカーで外す雰囲気も素敵ですね。


 

これまでのプリーツスカートは単色のものが多かったのですが、今季はこちらのように様々な素材を組み合わせたり、柄が入ったものがあったりと、よりバリエーションが豊富になっています。個性的なスカートに、少しディテールに凝ったトップスを合わせて、やり過ぎないお出かけコーデの完成です。


 

今季のスカートのトレンドとしてミニ丈も注目なのですが、大人女子には、ミニ丈そのままでは手が出しづらいですよね。そんなときにはこちらのように、透け感のあるプリーツスカートを上に重ねたデザインのスカートがおすすめ。あまり出したくない膝をカバーしながら、ミニ丈の雰囲気を出せますよ。


 

ラッフルスカートを使ったコーディネート

フリルよりも大きなひだがついているラッフルスカートは、揺れる感じが女性らしいのに、ゆったりとした余裕があるので、大人女子にぴったりのアイテム。素材によって表情ががらりと変わるのですが、こちらのように、張り感のある素材ならカジュアルな雰囲気も出せますね。


 

ラッフルのついた布をつけて、裾を2段にしているスカート。細かなフリルだと子どもっぽくなってしまいそうなデザインですが、ゆったりとしたラッフルなら大人っぽいですね。ラッフル以外はシンプルに仕上げているので、様々なトップスとの合わせが楽しめそうですよ。


 

イレギュラーヘムのスカートは、今季も注目。ラッフルのついたイレギュラーヘムのスカートなら、より今年らしいコーディネートが作れるアイテムですよ。トップスにシンプルなものを合わせても、トレンドを意識したコーディネートに仕上がります。


 

こちらも、トレンド続行中のフィッシュテールのスカートに、ラッフルというディテールをプラスしたデザイン。スカートの前にラッフルがついているので、歩くたびに揺れる雰囲気がとても女性らしいアイテムです。トップスにもインパクトのある素材を使っていますが、ウエストインで面積を小さくしているので、やりすぎコーデにならないんですよ。


 

人気のパンツはワイド&ハイウエスト

ワイドパンツ人気は2018年春も続行中です。特にロング丈やトレンドのカラーや柄との組み合わせが多数リリースするよう。他にも脚長効果が高いハイウエストのパンツも注目ですよ。ウエスト部分がレースアップになっているものなど、ディテールが凝っているデザインのものが、特に人気になりそうです。

 

ワイドパンツを使ったコーディネート

脚のラインが出ないワイドパンツは、どんな年代の女性の味方になってくれるアイテム。こちらのように、張り感のある素材のものを選べば、きちんとした雰囲気になりますね。カーキカラーで少しカジュアルなテイストを入れつつ、リラックスした雰囲気のコーディネートに仕上げています。


 

春に取り入れたいカラー、ホワイト。膨張して見えるからワイドパンツとの相性は悪く思えますが、こちらのように、ロング丈で落ち感のある素材のものを選べば、スッキリと細見えコーデを作れます。トップスには、ストライプで縦長ラインを。


 

まるでスカートのように見える、ボリュームたっぷりのワイドパンツは、動きやすいので子どもと一緒のお出かけなどママコーデにおすすめですよ。こちらのタイプなら少し短めの丈なので、足さばきも抜群。


 

大きな花柄が印象的なワイドパンツ。でも少し余裕を持って花柄を配置しているので、うるさい感じがないのが魅力ですね。さらっとした素材のワイドパンツとトップスのセットアップは、お出かけにぴったりのコーディネートですよ。


 

 

ハイウエストパンツを使ったコーディネート

ベルトなどでウエストを強調するコーデが定着しつつある今季のパンツには、ハイウエストのものが多数でています。トップスをインすることで、より脚長効果が得られるハイウエストは、ぜひ取り入れたいアイテム。こちらのように前だけをインしても、スッキリと足長コーデになりますよ。


 

ハイウエストに、太目のベルトでウエストマークができるパンツ。シンプルなシルエットできちんと感がある素材のパンツなので、通勤用のコーディネートにも活躍しそうですね。トップスをマニッシュな雰囲気のブラウスにして、柔らかなパンツとのバランスを取っています。


 

今季のハイウエストパンツには、シャーリングやフリルなどのディテールがプラスされたものもたくさん。こちらはベルトから出る部分にフリルがついているので、よりウエストが引き締まって見えるデザインですね。ディテールを強調してくれるシンプルなトップスとのコーディネートが素敵です。


 

ハイウエストの部分に、たくさんのボタンをつけて強調しているワイドパンツ。おなかの部分がスッキリと押さえられているので、スタイルがよく見えるアイテムです。きゅっと引き締まったウエスト部分と対比するように、ふんわりとした袖のブラウスを合わせて、今季らしいコーディネートに。


 

お気に入りのアイテムをトレンド仕様にしてくれるウエストマーク

昨年は、サッシュベルトという太目のベルトを使ってウエストマークするコーディネートが流行しましたが、この流行は2018年も健在!今季はこれまでも人気だったサッシュベルトやコルセットだけでなく、細めのベルトやウエストポーチにも注目が集まっているので、春コーデのための買い足しのときには、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今季も人気のサッシュベルト&コルセット

去年トレンドアイテムとして大人気になったサッシュベルト。使い勝手のいいこのアイテムは今季も活躍してくれますよ。こちらはワンピースにセットされているサッシュベルトですが、オレンジがかった元気なピンクは、他のコーディネートの差し色にも使える一品です。


 

ブルーとデニムのワントーンコーディネートの中にも、ブラックのサッシュベルトを取り入れることで、今年らしいコーディネートにランクアップさせることができますよ。緩めのアイテムの合わせなのですが、デコルテが出るVネックでスッキリとした印象のコーデに。


 

サッシュベルトだけでなく、より幅の広いコルセットも注目のアイテム。コルセットを初めて取り入れるという方なら、こちらのようにセットアップのものがおすすめ。全体が同じカラーなので、コルセットが目立ち過ぎないんですよ。トップスとコルセットをデニムに合わせても、カジュアルでおしゃれなコーディネートを作れます。


 

腕を通すタイプのコルセットは、こちらのようなボリュームのあるボトムとの相性が抜群のアイテム。中に着るトップスと同系色のコルセットを選ぶことで、目立ち過ぎないで上品な仕上がりになりますよ。


 

2018年注目!細身のベルト&ウエストポーチ

昨年のウエストマークというトレンドは、今季細身のベルトを使って作るという方法も人気に。こちらのように、同じトーンのトップスとボトムの間にはっきりとしたカラーの細いベルトをつけて、主張し過ぎないウエストマークを作ることができますよ。


 

同じくトレンドのハイウエストパンツに、細身のベルトを合わせてウエストマークに。細身のベルトを選ぶときには、合わせる服とコントラストがつきやすいカラーを選ぶのがポイントですよ。


 

今季は、ウエストポーチもウエストマークするアイテムとして注目。特にこちらのような細身のベルトのものが多く出ているので、カジュアルだけでなくエレガントなコーディネートでも使えますよ。こちらのコーディネートでは、カジュアルなトップスにベージュのきちんと感のあるウエストポーチをつけることで、大人のカジュアルを作り上げています。


 

濃いめのイエローとのコントラストがはっきりとした、ブラックのウエストポーチ。ショルダーやクラッチとしても使えるバッグなので、エレガントな雰囲気のコーディネートにもぴったりなアイテムですね。


 

まとめ

2018年のトレンドのカラーやアイテムを使ったコーディネートをご紹介しましたが、いかがでしたか?昨年から引き続き人気のディテールやデザインもありますが、コーディネートの一部に今年新たにトレンドとして人気になっているアイテムを取り入れると、今年らしい雰囲気を作ることができますよ。今回の内容を参考に、2018年春のトレンドアイテムを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告