バンダナの巻き方特集!ファッションにもヘアアレンジにも使えるおしゃれアイテム☆

今注目のアイテム「バンダナ」、使いこなしていますか?「バンダナ」はヘアアレンジにはもちろん、ファッションアイテムとしても、いつものコーデをグンとひきたたせて、おしゃれ度をUPしてくれる優れもの。そこで今回、ベーシックな「バンダナ」の使い方から、今トレンドのバンダナアレンジまで幅広く一挙ご紹介いたします♪

公開日:2018/02/08
著者:
バンダナの巻き方特集!ファッションにもヘアアレンジにも使えるおしゃれアイテム☆

今注目のアイテム「バンダナ」、使いこなしていますか?「バンダナ」はヘアアレンジにはもちろん、ファッションアイテムとしても、いつものコーデをグンとひきたたせて、おしゃれ度をUPしてくれる優れもの。そこで今回、ベーシックな「バンダナ」の使い方から、今トレンドのバンダナアレンジまで幅広く一挙ご紹介いたします♪

首に巻くときにオススメの巻き方♪

ループノット

「ループノット」は結び目がキュートなバンダナの巻き方。片側を結んで、そこに反対側の先を通している簡単な巻き方。結び目の玉の大きさや位置でイメージが変わる面白さがあります。


 

広告

 

シックな色合いのスカーフで作った、少しエレガントな雰囲気のある「ループノット」。カジュアルコーデに品を添えていますね。バッグとバランスがとれておしゃれ度UPです。


 

バランスのいい結び目で、服のパステルカラーに合ったやわらかなベージュカラーが全体の印象をまとまりよくしています。輪の部分をたるませずに、キリッと仕上げているところが、エレガントな白いニットと合わせて上品さを醸し出しています。


 

首にフィットさせて、結び目を横にしたループノットは、チョーカーのような印象でスタイリッシュです。シックでシンプルなデザインのバンダナをチョイスすることで、クールにまとめることに成功しています。


 

端を短めにすることによって、まるでシャツのエリのように見えるバンダナ使いで、おしゃれですね。デニムの色と合わせて青にすることで、落ち着いた雰囲気にまとまっています。ブルゾンとの相性も抜群ですね。


 

赤いバンダナをちらりと見せることで、とてもおしゃれで、かつパッと華が添えられたように明るいコーデになっています。チョーカーのようにタイトめに結ぶところがポイント。


 

エリの下にバンダナを巻いて、蝶ネクタイ風に。シンプルなデニムワンピースに赤のバンダナは鉄板の組み合わせと言えるでしょう。あんまり端が長くならないようにする方がかっこいいですね。


 

渋い色合いながら、端を少し長めにとってリボン風にすることで、フェミニンな雰囲気を作り出していますね。ブーツとカラーバランスがとれて素敵なコーデになっています。


 

ファッションとしてばかりでなく、実用的にも寒さを防ぐのにぴったりなアイテムのバンダナ。シックな黒のバンダナによって、品のあるまとまりのコーデになりました。


 

スポーティーなスタイルにバンダナを首巻きにすると、よりアクティブな雰囲気になり、活発な印象を与えますね。キャップとバンダナを青色で揃えることにより、さらに爽やかさもプラスされます。


 

シンプルなトップスにメンズライクなボトムを合わせたボーイッシュなスタイルも、首元にビビットなカラーを持ってくることで、マニッシュ過ぎないレディ感のあるコーデが完成します。


 

ざっくりとした印象のカジュアルなデニムと、敢えてラフな巻き方のループノットが相性抜群のコーデ。バッグも、カジュアルな素材のクラッチバッグにすることにより、さらにこなれ感もプラスされます。


 

 

落ち着いたグリーンのジャケットと、紺のバンダナがクラシカルさを醸し出します。深めのVネックに、幅を細くしたバンダナをループノットで巻くことでデコルテがチラ見えするので、カッチリし過ぎず抜け感が出てバランスの良いコーデになります。


 

全体的にリラックス感を漂わせているコーデですが、アウターとボトムの色を濃いめにしているので、ゆるすぎない印象になります。首元をアウターとボトムより淡めの色のバンダナで巻くことにより、メリハリのある着こなしができますね。


 

シャツにきれいめな色柄のバンダナを合わせてトラッド感を出しつつも、幅が広めなロールアップデニムでラフ感を出し、こなれた着こなしを実現しています。バンダナの色を服と合わせた色味にすることで、まとまりのある雰囲気が出ます。


 

クラシカルなバンダナをループノットで巻いて横に流し、端を垂らしてエレガントな雰囲気に。パステルピンクとボルドーなど、暖色系の色の濃淡で上半身にメリハリを出すことで、コーデに柔らかく変化がつけられます。


 

とろみのあるブラウスとタイトスカートの対比でモードに着こなし、艶のあるスカーフやバンダナをループノットでシンプルに巻くことで、シックなオフィスライクスタイルが完成します。カジュアルだけじゃなく、フォーマルに使えるのも嬉しいですね。


 

ラフなワンピースにバンダナをループノットで巻いたリラックスコーデに、籠バッグでさらにカジュアルさを出していますが、チャコールグレーに落ち着いたブルーのバンダナの組み合わせにより、ナチュラルながらも知的な雰囲気を演出できます。


 

こちらは、トレンチにシンプルなトップスとデニムでベーシックなコーデですが、首元にバンダナを巻いてスニーカーと合わせることにより、力み過ぎないカジュアルなスタイルに。バンダナとスニーカーは、カジュアルスタイルにマストな組み合わせですね。


 

ライダースジャケットで全体的にクールな雰囲気にまとめているコーデに、黒のバンダナをループノットで巻くことでさらにシャープな印象になります。


 

ヌードカラーのアウターにゴールド系のバンダナやスカーフを合わせると、ナチュラルでありながらリッチな雰囲気が醸し出されます。細めに巻くことにより、より上品な印象になりエレガントさもプラスできますね。


 

全体的に服の素材に落ち感のあるコーデの時に、目を惹く色のバンダナやスカーフをキュッとループノットで巻くと、顔周りにも視線が行くのでバランスのとれたスタイルに。落ち着いた色のコーデの場合、差し色やアクセントにもなるのでオススメです。


 

ネクタイ結び

千鳥格子のコートに、ネクタイ風のバンダナを合わせることで、アイビー風のトラディショナルな雰囲気のコーデに仕上げています。ネクタイ結びにするには、少し大きめのバンダナで。


 

 

カウボーイ風に

バンダナの巻き方で、よく想像されるのはカウボーイの様に巻く巻き方ではないでしょうか?こちらの動画は、スカーフで定番のカウボーイ巻きの解説をしていますが、大きめのバンダナでも巻くことは可能です。一度後ろに端を持っていってから前で結ぶので、ずれる心配のない巻き方になっています。


 

こちらの動画では、カウボーイ巻きをした時にできる垂れ下がった端部分をシャツの中にしまうやり方です。シャツの中にしまうとワイルドな雰囲気が抑えられ、シックなコーデでも違和感なく取り入れることができそうです。


 

シンプルに三角に巻いてもカウボーイ風な雰囲気を出すことができます。カウボーイ風に巻いたバンダナと半袖の相性は抜群ですが、ジャケットを羽織ったスタイルにも格好良く取り入れることができるので、これからの季節にも合わせやすいスタイルになりますね。


 

大きめのバンダナをカウボーイ巻きにして、カジュアルにまとめています。デニム地のシンプルなシャツワンピに、柄が入ったバンダナを合わせることでコーデにメリハリを出すことができます。


 

キャップとスニーカーでスポーティーに組み合わせたコーデのアクセントに。カウボーイ巻きはバンダナの面積が大きく見える巻き方なので、色や柄を全面に出して楽しむことができるのが嬉しい巻き方です


 

その他の巻き方

ベージュのトレンチコートに青いバンダナを合わせて、デニムとのバランスをはかっています。バンダナがあるとなしでは印象がまったく違いますね。赤いバッグの差し色も効果的です。


 

 

結ばないで、ただ首にかけてストールのように使うコーデ。ちらりと見える柄がとってもおしゃれな雰囲気をプラスしてくれます。色使いでさらにいろいろ変化を持たせることができますよ。


 

フォーマルなコーデにバンダナ使いで、こなれ感があってシンプルな中にも華のあるファッションになっています。


 

結ばずにタイ留めを使って巻いています。これなら不器用でもつけやすくていいですね。ネクタイのように襟元を飾って、ペンダントやネックレスとはまた違う、おしゃれな雰囲気を醸し出していますね。


 

トップスのラウンドネックの中に、バンダナの端を入れ込んでしまうことで、大人っぽい雰囲気のコーデに仕上がっています。まるでシャツを下に着ているようなレイヤー感があって、おしゃれです。


 

バンダナを2枚使いして、ストール風に巻いているスタイルです。首周りが見えるように少し余裕をもった巻き方で、付けエリのように見えますね。無地の服に柄のバンダナを合わせて、とってもおしゃれです。


 

横で結ぶことにより、クールでスタイリッシュなイメージになりますね。また、後ろ側には三角ドレープを残して巻いているところもポイント。それによって、こなれた雰囲気がUP♪


 

バンダナやスカーフを指輪やスカーフリングなどで留めてシンプルに巻く巻き方ですが、スカーフリングの金属素材がアクセントになり、ネックレスなどをつけなくてもシンプルながら華やかな印象になりますよ。


 

モノトーンな色合いのコーデのアクセントとして、色味のあるバンダナやスカーフを襟から少しだけ見せる方法も、落ち着いた色合いのバンダナを使うとシックに、華やかな色合いのバンダナを使うとカジュアルな印象を与えるのに効果的です。


 

こちらもバンダナを襟からチラ見せスタイルのコーデですが、トップスの色と合わせたバンダナを使用することにより、まとまりのある雰囲気を演出しています。


 

シンプルなコーデにきれいめアウターを羽織りスタイルで着こなす時は、緩めに前を垂らしたバンダナやスカーフを使うことで、さらにクールさを引き立たせることができます。モノトーンコーデの差し色として使うので、どんな明るい色でも合わせられるのが嬉しいですね。


 

ウエストに巻いて、ベルトとしても使える♪

ジーンズのベルト通しにバンダナを通して、ベルト代わりに使用しています。ぴったりの細身のニットをズボンにイン。 ベルトではなくバンダナを使うことによって、女性的なやわらかさや可愛らしさが表現されています。


 

 

ベルトではなく、白系のバンダナをベルトの代わりに使うことで、女性らしさとこなれ感のある大人可愛いコーデになっています。バッグを光沢感のあるフォーマル系にすることで、大人カジュアルな雰囲気に仕上がっています。


 

マスタードカラーのチュニックワンピースをデニムに重ねて、ウエストに赤のバンダナを結びます。リボンだと甘くなりすぎるところを、バンダナにすることで程よいキュートさに。


 

少しオフィスライクな印象のチノパンに、革のベルトではなくバンダナを使うことで、こなれた大人の雰囲気に。わずかに柄が見えるところが、とってもおしゃれでセレブな印象に。


 

ベルトホルダーを利用して、バンダナをおしゃれにコーデ。デニムに白シャツの素朴な組み合わせが一気に華やかでおしゃれになります。ポイントは配色。パンツの色によって合わせるバンダナの色を変えて。


 

赤いバンダナをベルト代わりにして、シャツの間からチラッと。効果的な差し色になっています。バンダナの素材感がコーデの雰囲気を壊さず、むしろおしゃれにまとめあげて素敵♪


 

黒のワンピースに、ホワイト系のバンダナやスカーフをウエストに巻いてアクセントに。黒のワンピースはフォーマル過ぎる印象になることがありますが、バンダナやスカーフを巻くことによりドレスダウンできるので、程良くデイリーなスタイルになります。


 

明るめのトップスときれいめスキニーデニムがレディライクなコーデですが、バンダナを敢えてウエストに持ってくることにより、カジュアルダウンさせてほんの少しマニッシュさをプラスしているので、ホワイトを差し色にしても甘すぎない印象を与えています。


 

ヘアアレンジに使う

ヘアバンドとして頭に巻く!

結び目を上に持ってきて、リボン風のキュートなイメージですね。ジャケットのデニムに合わせたクールな青なので、大人女子でも違和感のない仕上がりに。赤やピンクなどはNG。


 

 

お団子ヘアにバンダナをプラス。ワンポイントがおしゃれかっこいいスタイルに。ボーダーシャツと雰囲気の合う白っぽいバンダナにすることで、バランスがとれていますね。


 

赤いバンダナを使う時には結び目は小さく、カチューシャ風に使うのが◎♪差し色に使うことで大人っぽい雰囲気になるので、服はシックなカラーでまとめて。バンダナをすることで、ローポニーでも華やかに見えますよ。


 

渡邊義明 SALONTube

出典:instagram.com

ハーフアップお団子にバンダナやスカーフを幅広に巻くことで、ちょっとレトロ感のあるカジュアルキュートスタイルが完成。頭の形でバンダナの太さを決めてください。


 

ガーリーな雰囲気が演出できる太三つ編みですが、子供っぽくなってしまうことはありませんか?そんな時は、落ち着いた色味や柄のスカーフやバンダナをヘアバンド代わりに巻いてあげると、ガーリーながらも大人カジュアルな雰囲気を作ることができますよ。


 

思いっきりガーリーな髪形にしたい!という時は、編みこみと三つ編みで2つに髪を分けてお下げスタイルにして、ヘアアクセとしてバンダナをリボンスタイルで巻いてみましょう。甘い色を使うとフェミニンさが、落ち着いた色を使うとクラシカルさがさらに加わります。


 

ターバン風に巻く!

ミツマルカスミ

出典:instagram.com

バンダナをはち周りにつけるとターバン風になります。ちょっとエスニックな雰囲気が出て、個性的になりますね。リラクシーな雰囲気にしたい時にターバン風アレンジにすると効果的です。


 

堀井大輔 ヘアアレンジ hairarrange

出典:instagram.com

バンダナを太めに使うと、ターバン風な雰囲気に。パーティーアレンジなどで、少し華やかさを出したい時に、大胆に大きな結び目を上に持ってきてキュートに仕上げます。


 

丸岡奈央 SHE DAIKANYAMA ショート&ボブ

出典:instagram.com

ショートスタイルでアレンジヘアを楽しむのが難しいという方は、バンダナで変化をつけると素敵ですよ。巻き方はシンプルにして、バンダナやスカーフの柄をポイントにするとコーディネートしやすいですね。


 

ミツマルカスミ

出典:instagram.com

こちらはバンダナではなく、日本手ぬぐいを使ったアレンジ。切りっぱなしの端に味わいがありますね。キュッと鉢巻風にしばっているところも粋。バンダナの場合、シンプルな柄で大きめのものを使ってみて。


 

Rutica by DOLCE

出典:instagram.com

編んで作ったシニョンに引っ掛けるようにしてバンダナを巻いて仕上げています。ターバン風のイメージを強くしたい場合、バンダナの幅を太めに折るといいでしょう。アップスタイルがきれいに決まるので、おすすめですよ。


 

リボンのように巻く!

普通に後ろでお団子を作って、結び目にバンダナを巻いてリボンの代わりに。黒や紺、茶などの控えめなカラーなら、オフィススタイルにすることもできそう。逆にオフの日には少しポップなカラーを楽しむのもありですね。


 

 

ハイポジションのポニーテールに白系のバンダナを。リボン結びではなく、玉結びや変わり結びにすると大人っぽいですね。爽やかな大人女子のカジュアルコーデに。


 

渡邊義明 SALONTube

出典:instagram.com

リボン結びがキュートなバンダナアレンジですね。ただし、バランスを間違うと痛いヘアスタイルになってしまうので、注意が必要。日常のヘアスタイルとして取り入れる場合には、リボンの部分をあまり大きく作らない方がスタイルになじむでしょう。


 

森田一豊

出典:instagram.com

バンダナのベーシックな使い方の1つですね。ローボニーテールの結び目にリボン代わりに使うのは大人女子の定番でしょう。カジュアルな中にチャーミングな要素があって素敵ですよね。


 

脇田 明日香

出典:instagram.com

こちらは一見シンプルなバンダナリボンのように見えますが、髪と一緒に結んでしっかりまとめられています。画像はスカーフアレンジですが、細く作ったバンダナでもできますよ。


 

ミツマルカスミ

出典:instagram.com

カジュアルな雰囲気が強いお団子ヘアですが、スカーフやバンダナをリボンの様に巻くと、一気にレディな印象に。端を長く垂らすことによりフェミニンさがアップしますね。ピンクや柔らかい色合いにするとよりガーリーに、モノトーンなどの落ち着いた色合いにするとシックな雰囲気を作ることができます。


 

バンダナを編み込む!

東海林翔太*ヘアアレンジ/hairarrange

出典:instagram.com

髪を編むアレンジに、一緒にバンダナを編み込むスタイルはいかがですか?髪にボリューム感が欲しい方や、いつものバンダナの使い方に飽きてきた方におすすめ。バンダナは大きめのものを対角線でひも状に折って長くして使ってください。


 

東海林翔太*ヘアアレンジ/hairarrange

出典:instagram.com

前出のスタイルをポニースタイルからシニョンスタイルにしても素敵。より大人っぽい雰囲気になります。こなれ感がありつつ、髪がしっかりまとまるので、オフィスユースにもいいかもしれません。


 

ライブやダンス用に巻く

暖かくなってくると、屋外でのライブやフェス、ダンスイベントが増えてきますよね。そんな時は、アクティブに動いても髪の毛が邪魔にならずに、可愛いスタイルにできるバンダナヘアアレンジがオススメ!ターバン風やヘアバンド風のスタイルが主流ですが、よりイベント向きな雰囲気のヘアアレンジをご紹介していきます。


 

 

後ろをまとめた後に、バンダナやスカーフをギュッと前でしばったターバン風のスタイル。ざっくりと結び目を大きくすることで、より活発でスポーティーな印象になります。まとめた髪もバンダナによって支えられるので、崩れる心配がないのが嬉しいですね。


 

ボブカットやショートカットだと、動きが激しくなると髪が顔に掛かってくることが多くなりますよね。そんな時は、可愛い色柄のバンダナやスカーフでおでこを上げるヘアバンドスタイルがオススメ。顔周りも一気に華やかになります。


 

わざと後れ毛を出すように巻いて、髪の毛で動きを出してあげても良いですね。動くたびにふわっとなびく後れ毛が、セクシーな雰囲気を演出させるアクセントになります。


 

こちらも後れ毛少しを出したアレンジですが、柄をポップなバンダナにすると、カジュアルでキュートな印象が強くなります。シンプルな服でも、バンダナ色柄を変えることにより色んなスタイルが完成しますよ。


 

ギュッと髪をまとめて、動きやすいお団子ヘアのアクセントにバンダナやスカーフを巻いてあげても可愛いです。頭の上でしっかり結んでおくと、外れたりなくなったりする心配もないので、アクティブに動き回れますね。


 

幅広にバンダナを結ぶとボーイッシュな印象を与えがちになりますが、ヘアスタイルでアレンジするとガーリーな雰囲気を作ることもできます。幅広のバンダナと三つ編みは、カントリー感が出てナチュラルさが際立ちます。


 

ミツマルカスミ

出典:instagram.com

ざっくりとした風合いのバンダナをターバン風に巻くと、ルーズな雰囲気が出てこなれた印象になります。ライブやフェスはTシャツに動きやすいボトムが主流になると思うのですが、風合いのある素材感のバンダナを巻くことで、シンプルな服装に差をつけることができますね。


 

ミツマルカスミ

出典:instagram.com

艶のある上品な素材のスカーフやバンダナも、大きい結び目をアクセントにしたヘアバンドアレンジで一気にアクティブでカジュアルな印象に。ラフにまとめた髪との相性も抜群です。


 

東海林翔太*ヘアアレンジ/hairarrange

出典:instagram.com

きれいに折ったバンダナやスカーフを後ろで結んで、本当のヘアバンドみたいに見せることもできます。見せたい柄を中心に折って、その日の音楽やダンスの雰囲気と合わせて巻いてみるのも楽しいですね。


 

 

海賊風に見えるバンダナの巻き方をご紹介


バンダナを頭に巻くスタイルで他に思い浮かぶのは、この海賊風なパイレーツスタイルではありませんか?映画や漫画で広く知られている海賊風な巻き方ですが、色や柄をコーデに合わせることにより、普段のファッションやヘアスタイルにお洒落に取り入れることもできますよ。


 

 

頭頂部付近まで幅広にバンダナやスカーフを巻くと、一気に海賊風なスタイルに。耳元が出る巻き方になるので、大ぶりのイヤリングやピアスも映えるスタイルですね。


 

バンダナを巻いてかばんをイメチェン!

かばんにグレーのバンダナをつけただけで、ファッションとのなじみがグンとUPしているばかりでなく、どことなく華やかさがプラスされて、おしゃれ度もUP♪バンダナ1枚で印象が格段にUPするのが不思議ですね。


 

鮮やかなカラーのバンダナをかばんにつけることで、くすみカラーでまとめたコーデを引き締める効果が出ていますね。同系色の明るい色にするところがポイントですよ。


 

白いかばんにデニムカラーのバンダナをプラスすることで、ファッションのカラーコーデとカラーバランスが絶妙にフィット。バンダナをつけた方が断然引き締まってスタイリッシュになっていると思いませんか?


 

アクセントカラーのつけどころに迷ったら、バンダナをかばんに巻いて調整。お手軽な上に、キュートだと思いませんか?応用も効くので重宝しますよ。


 

ブラックコーデに赤い差し色のテッパンファッション♪赤い小物というのはなかなか難しいですが、バンダナならプチプラだからチャレンジしやすいですよね。


 

こちらもブラック+赤が印象的ですね。こちらの使い方で注目することは、カラーのみならず素材。ファッションコーデとちょっと不釣り合いな雰囲気のオシャレかばんに、カジュアルなバンダナをつけることで、デニムやニットとのなじみをよくしています。


 

一見、バンダナの存在に気が付かないほど、さりげない組み合わせです。けれども、このバンダナがあることでシンプルなカジュアルコーデが、とっても魅力的な味を醸し出すので不思議です。


 

 

黒いかばんが強すぎる印象になるところを、白いバンダナをつけることによってインパクトをマイルドにして、グレーのツーピースとなじみよくしています。


 

こちらも差し色としての赤をプラスしているだけでなく、きちんと感のあるかばんの素材感をバンダナでカジュアルダウンして、デニムと綿シャツになじませる効果があります。この使い方はおしゃれの基本ですね。


 

こちらはまさに素材をなじませてコーデに統一感を作る役割を果たしています。と同時に、こなれ感をプラスして、大人カジュアルを表現するアイテムとしての働きも担っています。


 

全体的にモノトーンでまとめたコーデのアクセントに、明るい色味のバンダナやスカーフを敢えて首に巻かずバッグにつけるのがポイント。バンダナやスカーフを使いたいけど首元に巻くのが難しい…とお悩みの方は、バッグのアクセントに使ってみるのも良いですよ。


 

シンプルな黒のワンピースにデニムジャケットを合わせてドレスダウンさせ、さらに赤いバンダナをバッグに巻くことにより、やりすぎないカジュアルさを演出させています。このバンダナを光沢感のあるものにしたり、落ち着いた色合いのものにするとレディライクな印象にすることができます。


 

バンダナをバッグの持ち手に巻くことでさり気なくアクセントにするやり方も。籠バッグとバンダナはカジュアルさをプラスさせるのに最適なアイテムになります。


 

明るい色のフェミニンなプリーツスカートが目を惹きますが、キャンバス地のトートとバンダナがカジュアルな雰囲気を演出。バンダナの色をアウターと合わせることにより、まとまりが出たコーデになっています。


 

こちらも同じバッグとバンダナの組み合わせですが、パンツスタイルと合わせることによりボーイッシュなアイテムに。パッと目に入る面積が大きいアウターと、アクセントとなるバンダナの色味を合わせることで、どんなスタイルでも浮かずに使うことができますね。


 

インパクトのある大きなバッグに、明るい色のバンダナを巻くと派手になりがちな印象ですが、ダークトーンで落ち着いた雰囲気のコーデに合わせていることと、キャメルのバッグに馴染む赤のバンダナを使用することで、程良いアクセントになります。


 

 

トレンチコートにデニムと定番のコーデですが、定番と思わせないのは大胆に2色使いをしているバンダナが目を惹くから。籠バッグに巻いていることで、さらにカジュアルさが引き立ちます。


 

革などのキチンと感があるバッグでも、バンダナを巻くことによりカジュアルスタイルにもピッタリのアイテムになります。ダークトーンやモノトーンのバンダナを使うと、カジュアル過ぎずきれいめなコーデにも合わせやすいですよ。


 

レディライクなコーデに使いたい時は、光沢感があり、エレガントな柄のスカーフやバンダナを使うと効果的。白を基調としたものを使うと清楚さもアップします。


 

バンダナをバッグの前面に掛かるように巻いて、カジュアルさを強調する使い方もあります。シンプルなスタイルやラフなスタイルの時はアクセントになり、メリハリのあるコーデを作ることができますね


 

他にも使い方がいっぱい!

ブレスレット風に

手首に巻くという使い方が今トレンド。ブレスレットだとちょっと浮いてしまうかなというようなカジュアルコーデの時に、腕をおしゃれUPできるキュートな使い方です。2~3種類の色を持っていれば、洋服に合わせて日替わりで楽しめますね。


 

全体にブルーのコーデに、手首に赤いバンダナを巻いてアクセントカラーに。バンダナを使うメリットは眼鏡や時計、靴下、靴にアクセントカラーを使えなくても、手軽にアクセントカラーを取り入れられることです。


 

なんとなくコーデがボンヤリしているなと思った時にも、同系の濃い色を差すことで引き締まります。こちらの場合、コンバースシューズとコンビになってスタイリッシュですね。


 

ビスチェ風に

ちょっと地味なコーデかなと思った時、大きめのバンダナやスカーフをビスチェ風につけてみるのもいいですね。それだけで、個性的でおしゃれなファッションを楽しむことができますよ。


 

ウエストに

ウエストに巻くというのではなく、ベルト通しにただ結んで下げるだけで、おしゃれなポイントにすることができます。バッグなどの小物が無くて、何か物足りないという時にお試しあれ♪


 

まとめ

バンダナはカジュアルアイテムですが、エレガントなファッションやフォーマルな装いにプラスすると、いい感じの抜け感になって、より幅広いおしゃれを楽しむことができます。バンダナの柄をインテリアとコラボさせたり、家族や仲間とちょっとしたコーデを楽しんだりなど、アイディア次第で幅広い活用と楽しみ方もできます。適度なこなれ感をお手軽に加えることができる便利なアイテムなので、2~3枚持っていると、とても重宝しますね。

こちらもおすすめ☆