居住スペースを徹底掃除!大掃除で気をつけたいポイントをご紹介します☆

12月が近づき、年末に向けて忙しさが加速していく時期ですね!忙しい傍らで、一年の汚れや塵埃を落とし、新たな年を迎えるために、大掃除に取り掛かっていかなければいけない時期でもあります。今回は、寝室やリビングといった居住スペースの大掃除をする際に、気を付けたいポイントをご紹介していきます!ぜひ、参考にしてくださいね!

公開日:2017/11/17
著者:
居住スペースを徹底掃除!大掃除で気をつけたいポイントをご紹介します☆

著者名

ai

ai

シンプルライフを目指した部屋づくりがマイブームですが、次は何を飾ろうか妄想するのも、また楽しみの1つ。シンプルライフや実践したいDIY・100均活用法、憧れのインテリア等をご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

12月が近づき、年末に向けて忙しさが加速していく時期ですね!忙しい傍らで、一年の汚れや塵埃を落とし、新たな年を迎えるために、大掃除に取り掛かっていかなければいけない時期でもあります。今回は、寝室やリビングといった居住スペースの大掃除をする際に、気を付けたいポイントをご紹介していきます!ぜひ、参考にしてくださいね!

インテリアを楽しめる空間だから、念入りに大掃除をしましょう♪

widadesign

リビングや寝室などの居住空間は、好きなテイストで統一し、こだわりの雑貨を置いたりして、インテリアを楽しめる場所といえるのではないでしょうか。そうした居住空間も、一年の間になんとなく物を積んだままにしてしまったり、片付ける暇がなかったりして、せっかくのインテリアがだんだんと統一されなくなってしまうことってありますよね。年末の大掃除は、日ごろ積み重なったインテリアに合わない雑多な物たちを一掃する絶好の機会となりますよ!


 

広告

 

寝室

228maco

さて、ベッドルームの大掃除では、まず収納スペースの片付けから取り掛かっていきましょう。ベッドルームに替えの寝具を収納するのはもちろん、洋服ダンスやクローゼットがベッドルームにあるというご家庭は、多いのではないでしょうか?特にファブリック製品をしまうことの多いベッドルームは、機能的であること、そして清潔であることがとっても大切!


 

SangSang Hoo

収納スペースを整えることで、例えばベッドの上に洋服などを広げっぱなしにしてしまったり、ベッド周りの床に、仮置きしてしまったりということが防げ、綺麗に部屋を使うことができますよ!


 

slow.life.works

大掃除は、もう着ないと思ったもの、傷んできたからもう袖を通したくないものを思い切って捨てるチャンスです!秋が終わり、冬になっても着ない服は、来年の秋冬も着ることはないので、迷わず捨てたほうが良いですよ♪そうした要らない服を捨てたうえで、新しくたくさん着たい服、いつも来ている愛用の服を手前に収納し、また今のところ着ていない服は奥に収納しておきましょう。


 

letoile__life

こうして次に春夏の洋服に衣替えする時、また要らないと思った奥の服を処分候補にすることができ、わかりやすいクローゼットシステムを作ることができますよ♪


 

tomachia

収納スペースを片づけたら、とっても大事な寝室のメイン家具であるベッド周りの掃除をしましょう!


 

カリッジ マーケット

ベッドは一度寝室に設置してしまうと、なかなか場所を移すことがない家具ですよね。大型家具なので、ベッド下に埃が溜まりやすかったり、さらに動かせない大型ベッドであれば、ベッドとベッドの隙間、壁との隙間などを日常的に掃除していない場合もあるでしょう。こうした大型家具をずらして、普段手を付けない床や隙間の塵埃をきれいに掃除して取り除く、というのは、衛生面からも絶対に外せない掃除箇所ではないでしょうか!


 

nao_home

クイックルワイパーなどで拭き掃除をし、掃除機をかけた後、さらにもう一度拭き掃除をすると、すっきりと清潔になりますよね♪


 

miki2_326

また、いよいよ年末に差し掛かったら、マットの表裏を変えたり、布団をクリーニングに出してダニ取りをしてもらったり、ベッドを快適に使い続けるためのケアをしましょう。


 

letoile__life

そして、シーツや布団類は大みそかに取り替えて、新しい寝具で新年を迎えましょう!


 

リビング

_sapo__

リビングは毎日の生活でもっとも長い時間を過ごす場所ですよね。リビングを片づける際は、一気にすべての物を出してしまうと、年末のイベントや急な来客に対応できないことがあるので、今日は戸棚だけ、など部屋をブロックごとに分けて片付けていくと良いですよ☆


 

 

usan.22

まずは収納棚ごとに整理していきます。リビングはよく使うだけに、細々としたものが整理されないまま、あちこちに置きっぱなし、入れっぱなしになることが多い場所です。


 

flower_mont

そこで、掃除するときに「文具」「雑誌類」「書類」「手紙」などと、種類別あるいは用途別の分類ボックスにどんどん入れていきましょう。リビングの掃除が終わるまで、収納庫などに分類ボックスを仮置きすれば、掃除がしやすくなりますよ。


 

_sapo__

棚は一つ一つ集中的に片づければ良いですが、一方でビデオボードやサイドテーブル、ソファの上などちょっとしたところに、日ごろからなんとなく置いている物があれば、そうしたちょい置きの整理も徐々に進めていきましょう。こうしたなんとなくの物は、日ごろから分類せずに無目的に置いている物なので、面倒かもしれませんが、分類ボックスを作っている大掃除シーズンなら、気が付いたときにボックスに放り込んでいけば良いので、日常よりはきっと手が付けやすいですよ♪


 

CDC

リビングの物を分類ボックスに入れたまま収納場所にするのではなく、一度精査することがとても大切です。そんなに必要ない物なのに、ある場所を忘れて買い足していた、そんな物はありませんか?もし1つあれば足りるものならば、倉庫にストックしておくか、処分するか決めると、リビングの物が減って、インテリアづくりがしやすい環境になりますよ☆


 

miki2_326

そうして精査した末に残した物たちは、これから1年また使っていく大切なものばかりのはず。決まった場所に収納していきましょう。精査することで、今の自分にとって必要なものを認識できるので、大掃除前よりもきっと大切に使うことができると思いますよ♪


 

カリッジ マーケット

片づけと収納が済んだら、お掃除に入りましょう。ベッドと同様に、日ごろなかなか動かすことのできない重厚感のあるソファなども大掃除の際に思い切って動かして、床下を掃除。家具をどかす機会に合わせて、カーペットやラグといったファブリック製品も取り替えたり、クリーニングに出すのに良いタイミングですよ♪部屋を清潔にしたら、いよいよ新しい年を迎えるにふさわしい居住空間のできあがりです♪


 

まとめ

居住スペースは毎日使う場所なだけに、いつもの空間に慣れてしまってなかなか大掃除に取り掛かりづらく、徹底した掃除が難しい場所でもありますよね。この年末の大掃除の機会を活かして、住みやすく、そしてインテリアを楽しみやすい家づくりを始めてみてはいかがでしょうか♪年末の大掃除の参考になれば幸いです!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!