階段下を収納&上手く活用する方法☆デッドスペースを上手く活用しよう!

階段下のスペース、どのように活用していますか?どうしてもごちゃごちゃと物を置いてしまいがちですよね。こちらでは、階段下スペースの色々な活用法をご紹介しています。ぜひご自宅の階段下の形に合わせてご活用ください♪

2016/11/30更新
階段下を収納&上手く活用する方法☆デッドスペースを上手く活用しよう!

階段下のスペース、どのように活用していますか?どうしてもごちゃごちゃと物を置いてしまいがちですよね。こちらでは、階段下スペースの色々な活用法をご紹介しています。ぜひご自宅の階段下の形に合わせてご活用ください♪

階段下のデッドスペースは収納ボックスにする活用法

扉付きの収納庫

こちらは階段下の収納庫に扉が付いている例です。扉ははじめ、壁と同じくまっ白でしたが、セリアのレンガ柄のリメイクシートを貼ったことで、こんなにロマンティックな雰囲気の扉になりました。こんな収納庫なら、物を出し入れするときにも楽しいですね。


 

こちらは最初からヨーロッパの中世風のクラシックな扉の付いている階段下収納ボックスです。画面右手のドアを出ると、この収納ボックスをぐるっと回る形で、左手に上がっていく階段があります♪


 

広告

 

クローゼット代わり

こちらは階段下をクローゼットに活用している例です。収納場所に使えるとは考えても、リビングですとなかなかクロゼットには活用しづらいですよね。こちらでは洋服をしまってあるハンガーラック&チェストを収納することで、ごちゃついた印象にならず、階段下スペースがある程度見えてもよいクローゼットに生まれ変わりました。畳んだ服を入れる木箱もおしゃれですね。


 

関連記事

 

階段下に凹みがある場合の活用法

こちらは階段下の壁の一部に、アルコープ状の凹みが作られている例です。

 

作業室

こちらは階段下が主婦の方の作業室になっている例です。扉がないので、家事の合間にさっと来て、また用事ができたらさっと出られる、便利な作業スペースになっていますね。


 

ランドリースペース&小物棚

こちらはちょっとめずらしい、ランドリースペースになっている例です。お水はどこから?という謎がありますが、実は洗面所に置けないのではなく、もともと階段下に洗面所&ランドリースペースが来るという設計だったのです。省スペースとしてはたしかにグッドアイデア!でも狭いから使いづらい感じも少しありますね。


 

階段下に開放スペースがある場合の活用法

こちらは階段下がスケルトン、あるいはそれに近い形のスペースになっている例です。

 

パソコン部屋

こちらは階段下にパソコン部屋を作っている例です。それほど広い空間を必要としないけれど、パソコンの居場所をリビングなどの一角に作ると集中しづらいですよね。またリビングでくつろぐ家族からも煙たがられるので、家族とゆるやかにつながりながら、ひとりの空間も確保できる階段下は、パソコンを作業するにはよい場所ですね。スケルトンの場合は階段下のスペースが広く取れるので、作業空間として利用しやすいですね。


 

収納空間

見せる男前収納でカッコよく

こちらは収納スペース。外側から見えっぱなしの階段下。物を木箱やバスケットに入れてから置くことで、「見せる男前収納」になっています。渋くてカッコいいですね。


 

ロールスクリーンでカッコよく隠しちゃう

こちらは見せる収納ではなく、“見せない収納”です。ごちゃごちゃと物がしまわれている階段下を、男前のロールスクリーンで一発で隠し、カッコよく見せることに成功しています。


 

リビングの延長として

このような作りですとリビングのスペースを広く使えますね。物を置いたり別の目的に使用したりせず、居間の延長として使えます。


 

ペットの居場所

こちらはスケルトンの階段下をペットの“家”にしています。ペットの檻は居間の一角に置くと場所を取りますから、階段下に作るのはいいアイデアですね。


 

飾りなど

水槽

こちらの階段下は水槽の居場所。四方から見える場所ながら引っ込んだスペースなので水槽が邪魔になりません。玄関の水槽を楽しめる置き場として最適ですね。


 

観葉植物

こちらは観葉植物棚の場所です。こちらもやはり場所を取らずに思い切り観葉植物を楽しめる空間になっています。


 

階段下が扉のない小部屋になっている場合の活用法

こちらは扉はないけれども、階段下が小さな部屋状になっている例です。

洗面所

こちらも階段下が小部屋状になっている例です。こちらではアーチ型の奥を洗面所として使っています。


 

掃除用具置き場

こちらは何ともぜいたくな「ほうきとちりとり」の居場所になっています♫この場所にあると、さっと取り出してすぐに掃除できるので、とても便利だそうですよ。


 

子供部屋

こちらは階段下の小部屋空間を子ども部屋にしている例です。お子さんにはワクワクなスペースですね。空の壁紙が貼ってあるのもメルヘンな感じでステキですね!


 

家事室兼収納庫

こちらのお宅では、初め、階段下のこの小部屋を、こんな風に家事室にしていました。


 

半年後、男前の収納スペースとして模様替え。カッコいいですね。入り口横の壁もクッキーや瓶詰めの収納庫としてステキに生まれ変わりました。


 

さらに半年後。もようがえが完成して、スペースは家事室兼おしゃれな収納庫になりました。見られてもぜんぜん平気なステキな空間になりましたね。


 

小部屋の奥はこんなふうになっています。すみずみまできれいに収納されていますね~。


 

階段下が扉付きの部屋になっている場合の活用法

こちらは階段下が、小さくても扉のあるひとつの部屋になっている例です。

 

何の部屋?

こちらは何の部屋でしょうか。影から察するに玄関のコート掛けかわりのクローゼットにしているお部屋でしょうか。


 

入り口には帽子などが掛かっています。一種の身支度部屋かもしれません。外国のお宅みたいでステキですね。


 

こちらは柔らかいパイン材の扉が美しい小部屋の入り口。壁のホワイトとナチュラルがとてもよくマッチしていますね。何のお部屋か知りたいですね♪


 

トイレ

こちらは階段下をトイレにしています。ご覧ください、この技アリの天井。階段下なので必然的に頭の上が段々になってしまっていますが、その違和感を、青空の壁紙でファンタスティックな印象に変えています。グッドアイデアですね♪


 

アリスの秘密の部屋

こちらは階段下の小部屋を作っているところです。お子さんが興味津々で途中過程をのぞきこんでいます。


 

扉がつきました。中はおそらく天井が低いので、住人の方は「アリスの不思議な国」をイメージしてこの扉を付けられたそうです。扉を開けると、バラの庭園へのトンネルに通じちゃいそうですね♪


 

まとめ

階段下の活用法は、いかがでしたか?意外にさまざまな用途に使えることがわかりますよね。ハリー・ポッターは物語の当初、階段下の扉付きの小部屋に住んでいて、いとこが階段で足を踏みならすと、寝ているハリーの上にパラパラとほこりが降ってきたものでした。そんな、物語の中の印象的な情景としても登場する階段下。ぜひご自宅の階段下の形に合わせた楽しい使い方をされてみてください。

 

階段に関するこちらの記事もおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ