ショート&ボブはやっぱり黒髪。重く見えない大人の黒髪をご紹介♪ 

少し白い髪が出始める30代・・・そしてツヤもハリも少し衰えてくるので、アルカリカラーよりもヘナや香草(ハーブ)カラーにチェンジしていく人も。そんなときに重く見えてしまうと嫌ですよね。そこで、30代女性におすすめの黒髪でも重く見えないスタイル、ショート&ボブ♪ご紹介していきます。

2017/07/23 更新
著者:
ショート&ボブはやっぱり黒髪。重く見えない大人の黒髪をご紹介♪ 

著者名

TMM.U

TMM.U

美容師をしています。

少し白い髪が出始める30代・・・そしてツヤもハリも少し衰えてくるので、アルカリカラーよりもヘナや香草(ハーブ)カラーにチェンジしていく人も。そんなときに重く見えてしまうと嫌ですよね。そこで、30代女性におすすめの黒髪でも重く見えないスタイル、ショート&ボブ♪ご紹介していきます。

大人の女性におすすめ!ショート&ボブはやっぱり黒髪。重く見えない大人の黒髪をご紹介♪

ショート

前髪とトップが長めのショートヘア。こちらはサイドパートで耳を片方出したアレンジ。
分け目を変えたり、前髪をタイトにしたりとアレンジも楽しめるスタイルです。
えり足はすっきりと首とあごのラインがきれいに見える長さで、耳を出しているので重さのあるスタイルながらもスッキリとした印象に見えますね。


 

少し丸みのあるショートスタイル。えり足はスッキリと短くなっていますが、トップは少し重さのあるスタイルになっています。

カラーも黒なので重く見えがちですが、サイドの内側を耳にかけてスッキリさせています。さらに、短めの前髪も抜け感のあるショートスタイルに。

大きいピアスなどをつけるときの参考にもなります。


 

広告

 

今年人気のえり足を刈りあげたショートスタイル。暑い季節にはぴったりの涼し気ヘアです。

刈り上げのスタイルは明るいカラーよりも、むしろ黒の方がクールでかっこいいですよね。

こちらはマッシュベースの丸みのあるショートなので、トップが長く少し巻いてくせ毛風に仕上げたりするのもおすすめ。


 

短い前髪が可愛いショートスタイル。シンプルなショートヘアがベースになっていますが、前髪を思い切った短さにして少し個性的になっています。

黒髪にしたときに、顔の肌色の分量が少し多いほうが顔の印象が明るくなるのでおすすめ。


 

くせ毛風の毛先の動きが可愛いショートヘア。トップには丸みがあり少し重さがありますが、サイドとえりあしがスッキリしています。

重さも残しつつ、軽さもあるのでバランスがよく黒髪の良さも生きていますね。ジェルなどのウェット仕上げもおすすめ。


 

前髪は長く、重めに。トップからえり足は短く動きをつけて軽いスタイルになっているショート。

トップが動きがあるので、黒髪ですが重く見えにくくなっています。くせ毛の人にもおすすめのスタイルで、前髪にクセがあればストレートをかけるといい感じになります。


 

全体に短いベリーショートのスタイル。毛先のランダムな動きが可愛いですね。くせ毛の人におすすめですが、ストレートの人はパーマをかけるといい感じに。

黒髪でストレートのベリーショートにするよりは、全体に動きのあるスタイルのほうがおしゃれに見えますよ。


 

こちらもくせ毛風のショートヘア。もちろん、元からくせ毛の人にもおすすめ。前髪が長めなので、分け目を変えたりタイトに仕上げたりとアレンジも。

えり足と耳周りがすっきりしているのもいいですよね。


 

ボブ

少し重めのルーズなボブ。短い前髪がスッキリとした印象になっています。

モサットした雰囲気を出すのに、明るいカラーよりは暗いカラーのほうが相性がいいです。


 

毛先の軽い外はねヘア。切りっぱなしボブや、毛先をハネさせたスタイルと黒髪の相性はとてもいいですよね。

動きが毛先にあるので、全体にも重い印象になりませんね。


 

くせ毛風の重めのボブと黒髪の相性がいいですね。前髪も重いのですが、少しおでこの肌が透けているのと、毛先が外にランダムに動いているのが軽く見えやすくなっています。こちらはドライ気味に仕上げていますが、ウェット気味に仕上げてもいい感じになります。


 

毛先の軽い動きの可愛いシンプルなボブ。こちらも内巻きではなく外に毛先が動いています。黒髪と外はねの相性がいいのがわかりますね。

もし、内巻きに仕上げるときはサイドの片方は耳にかけるとスッキリ見えるのでおすすめ。


 

 

人気の切りっぱなしボブをウェット仕上げにしたアレンジ。ドライヤーでザックリと乾かして、前髪を立ち上がるように仕上げるとセクシーに。

ボブもスタイリング剤を変えたり、分け目をかえると印象が変わりやすくアレンジが楽しめます。おでこを出していると、暗い印象になりにくくていですね。


 

こちらはシンプルな内巻きボブをウェットでルーズに仕上げたスタイル。短い前髪もワンポイントで可愛いですね。

サラッと内巻きに仕上げると可愛い感じになりますが、ウェットでルーズにすると大人っぽく仕上げられます。

黒髪のウェット仕上げは相性がいいので特におすすめ!ファッションによってアレンジを変えると楽しいですよね。


 

ウェットに仕上げなくても、毛先に動きをつけると軽さが出ますね。前髪が短いのもかわいいですね。

クセでどうしても広がってしまうときは、ストレートパーマをかけるのもおすすめ。


 

まとめ

ショートもボブも黒髪と相性がいいスタイルが多いですね。最近は20代後半から30代前半で白髪染めに変える人が多くなっています。暗くするのに抵抗のある人も多いですが、実は明るすぎる髪よりも黒髪のほうが若く見えることもあります。

特に、明るくてパサつきのある髪にしているほうが年齢よりも上に見えてしまうことが・・・ヘナや香草(ハーブ)カラーは続けていくと髪のツヤもよくなるので、明るい髪を思い切ってやめてみようと思ったらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ただし、美容室によってはヘナや香草カラーにアルカリ剤を足して発色をよくしていることもあるので、お店のほうに確認してみるといいですよ。

低刺激の自然派カラーですが、人によっては原料にアレルギーが起こることもあるので気になる方はパッチテストを。特に、金属アレルギーなどのある方は注意が必要です。担当の美容師さんによく相談してみてください。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!