透明感のあるアイシーカラー♡気になる人気のカラーを長さ別におすすめをご紹介♪

赤みの少ないカラーは定番で人気が高い色です。特に夏はアッシュ系やベージュ、グレーがかったブラウンの人気がさらにあがります。そんな透明感のあるアイシーカラーを今回はご紹介。長さ別に相性がいいカラーを選んでみました♪

公開日:
著者:
透明感のあるアイシーカラー♡気になる人気のカラーを長さ別におすすめをご紹介♪

赤みの少ないカラーは定番で人気が高い色です。特に夏はアッシュ系やベージュ、グレーがかったブラウンの人気がさらにあがります。そんな透明感のあるアイシーカラーを今回はご紹介。長さ別に相性がいいカラーを選んでみました♪

透明感が人気のアイシーカラー15選♡

ショート

軽めのショートと明るめのベージュ系のカラーが可愛いスタイル。ふんわり軽い毛先と、明るいカラーの相性がとてもいいですね。赤みが出やすい人は、ブルーベースのブラウンを選ぶときれいに発色しやすくなります。


 

シンプルな前下がりボブと、控えめなブラウンのカラーがきれいです。グレイがかった上品なカラーになっています。暗めのカラーで透明感を出すのは難しそうですが、赤みを抑えたカラーにすると透明感のある仕上がりに。


 

 

前下がりベースのショートと、明るめのカラーがきれいですね。細めにローライトが入っているので、ストレートヘアのワンポイントになっています。グリーンベースのカラーで赤みを抑えて透明感のあるカラーに。


 

丸みのあるシルエットが可愛いショートヘア。アッシュグレイ系のカラーがおしゃれ。甘めに見えがちな丸いシルエットとの相性がいいですね。少し重めのシルエットも、明るめのカラーで軽さと動きが出やすくなります。


 

すっきり短めのショートヘアとも相性がいいですね。グリーンベースのカラーで赤みや黄色味を抑えられます。黄色系に退色してしまう人はグリーンベースを、赤っぽくなりやすい人はブルーやグレー系を選ぶときれいに発色しやすくなります。


 

ボブ&ミディアム

切りっぱなしボブのウェーブヘアも人気のスタイルですよね。アイシーカラーとも相性がよくておすすめ。毛先の動きを強調したい人は、グラデーションのついたカラーにするのもいいですよ。


 

明るめのベージュ系のカラーがきれいなスタイル。ワンカールのシンプルなボブが華やかになりますね。ローライトやハイライトを入れてラインをきれいに見せるのもおすすめ。


 

重めのふわっとしたボブに、明るめのくすんだカラーがきれいなスタイル。赤みを抑えた透明感のあるカラーで、控えめなローライトも全体に動きをつけていていいですね。黄色く退色してしまったときには、ラベンダー系のカラーを入れても透明感がでてきれいです。


 

少しトーンを抑えた落ち着いた大人の女性におすすめのカラー。ベースのカラーにもよりますが、グレー系のブラウンを選ぶと暗めでも透明感のあるカラーになりやすいですね。毛先を明るめにしたグラデーションやハイライトやローライトを入れるのもおすすめ。


 

重めのスタイルを明るめのカラーで軽さを出しています。細めに入ったハイライトもストレートラインがきれいに見えていいですね。巻き方を変えるとまた違った印象になるので、ハイライトを入れるとアレンジも楽しくなります。


 

セミロング&ロング

グレー系の落ち着いたブラウンがきれいですね。全体に程よく軽さを出したスタイルは、巻き方次第でアレンジも幅広く楽しめます。鎖骨下のミディアムはまとめ髪にもしやすくおすすめ。毛先がパサついて見えやすい人は、巻いた後にオイルをつけると落ち着いていいですよ。


 

ラベンダー系の透明感のあるカラーきれいなロングヘア。ゆるいくせ毛風のウェーブも女らしくていいですね。ロングはどうしても毛先が明るくなりがちなので、あえてグラデーションのついたカラーにするのもおすすめ。


 

 

グレー系の毛先のカラーと、ウェット気味に仕上げたルーズなスタイルがクールです。軽くグラデーションがついたカラーもきれいです。毛先が明るくなりすぎてしまった時には、逆にそれを生かしてグラデーションにするのもいいですよ。少し明るくなっているほうが、アッシュグレーなどのカラーはきれいに発色しやすくなります。


 

重めのロングヘアと明るめのカラーがきれいなスタイル。ハイライトやローライトを入れると、毛先が動いて見えやすくおすすめ。きっちり系に仕上げずオイルなどでルーズに仕上げると抜け感が出て、カラーとのバランスも良くなります。


 

暗めのカラーで落ち着いた印象のロングヘア。黒ではなく、グレーがかったクールなカラーになっています。大きめに巻いてルーズに仕上げたスタイル。全体に書き上げて崩すように仕上げると、おしゃれになります。アイロンで巻くときも縦まきにならないように巻くのもポイント。


 

まとめ

カラーチェンジしたくなりますよね。少し前までは暗めのカラーでアッシュ系や、グレー系のカラーにしてもきれいに発色しにくかったのです。最近は、日本人特有の赤味や黄味を抑えやすいカラーも出てきているので、透明感のあるカラーも出しやすくなりました。美容室によってカラーリングのお薬のメーカーが違うので、いつも希望通りのカラーにならない人は思い切って美容室を変えるのもおすすめ。カットと同じように、カラーリングが得意な美容師さんがいるお店もあるので、いろいろなお店に行ってみるのもいいですよ。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告