コーヒー豆などの「麻袋」を使ったインテリアがとても熱い!

いま、コーヒー豆の麻袋を使ったインテリアが、熱いです♪ 渋くテイストを支えてくれるアイテム。麻袋をそのまま使う場合も、カンタンにリメイクして活用している場合もありますので、ご紹介します♪ぜひご自宅への活用のご参考にされてみてください。

2016/08/06更新
コーヒー豆などの「麻袋」を使ったインテリアがとても熱い!

いま、麻袋を使ったインテリアが熱いです♪コーヒー豆の麻袋のほか、海外の軍の物資運搬用の麻袋など、カッコいいアイテムが目白押し。通販でも販売されているほか、コーヒー豆販売店やカフェなどで豆の入っていた袋を無料でもらえる場合もあるようです。インテリアの主役にはならないのですが、脇でじっくり、その部屋のテイストを男前に支えてくれます。麻袋をそのまま使う場合も多いですし、カンタンにリメイクして活用する場合もあります。例をご紹介します♪ぜひご自宅のインテリアに加えられる際にご活用ください。

コーヒー豆の麻袋に入れてしまえば、何でもカッコいい!

植木鉢

人気のウンベラータの鉢をコーヒー豆の麻袋に入れています。キッチンがスタイリッシュなブラックなので、男前なコーヒー豆の麻袋がよくマッチしています。さらに麻素材のナチュラル感で、スタイリッシュなテイストをいい具合に緩和しています。麻袋の鉢植えカバーは定番ですが、やはり絶妙なアイテムですね。


 

広告

 

持ち手のついたリメイク麻袋で鉢をカバーしています。 ざっくりとドライな雰囲気の麻袋が、乾いて熱いウェストコーストの海辺の雰囲気のディスプレイととてもよく合っていますね。

麻袋も文字や色の具合で、色んなテイストのものがありますから、欲しいテイストに合わせて麻袋をチョイスしたいですね。


 

米袋

こちらは何とお米の袋隠しです。キッチンにそのまま出ていると、日本の生活感を代表するアイテムのひとつであるお米の袋を、ドイツ軍の砂糖の入っていた麻袋に入れることで、とても中身がそうであると想像できないほど雰囲気を一変させました。

この男前なインテリアを盛り上げるのになくてならないアイテムと化しています。麻袋すごい。


 

ペットボトルの水

ペットボトルの水隠しです。ペットボトルも裸で出しておけば生活感のにじみでる物のひとつですが、麻袋に包めば、もはやコーヒー豆などカッコいい物資のストックが入っているとしか思えないルックスになります。

表紙を見せてカフェふうに雑誌の並ぶマガジンラックとも相性バッチリです。じつはこれ、無地の麻袋にステンシルで英字のロゴを付け、真ん中にブルーの彩色をほどこしたリメイクなのです。

ここまでホンモノっぽくできれば、もう本物と同じですね。こんなふうに、ステンシルでおしゃれで本物っぽい雰囲気を出すこともできます。


 

防災リュック

左は防災リュック隠しです。このカッコいい英文字も実はステンシル。お店で販売されている新しい麻袋です。このように使用後のものだけでなく、雰囲気のある新しい麻袋を自店で作って販売されているお店もあるので、お気に入りのテイストの新品を検索で探されるのもおススメです。


 

麻袋を目隠しに掛けてしまえば、何でもカッコいい!

麻袋が覆い隠しているのは、テレビです。本物のコーヒー豆の麻袋でふつうの布を掛けるより自然でカッコいい雰囲気になりますね。テレビを見ていないときの黒い画面が気になる方、おススメです。


 

こちらはウォーターサーバー隠しです。袋状でなく1枚の布にした麻袋は、素材によってはこんなふうにタランと丸みのある物を覆い隠すのに重宝します。


 

テレビ台横の棚隠しです。コーヒー豆の麻袋が、このナチュラルで男っぽい雰囲気の中に、最初からあったように調和しています。袋の両サイドを裁って、縦に長くしています。多く南米からくるコーヒー豆の袋と、壁に描かれたシマウマのサバンナ感とがぴたりと合っています。


 

洗濯機隠しです。全面を覆ってはいませんが、濃いベージュの麻袋と、床やナチュラルのインテリアとが同じ色味で、どちらも自然素材で、無粋な電気機器をマイルドにカバーしています。脱衣洗面所がとてもよい雰囲気になっていますね。


 

コーヒー豆の麻袋による鏡覆いです。中に鏡が隠されているとちょっとわからないですよね。ヴィンテージなテイストのミリタリーボックスと麻袋があまりにも調和しているので、その背後を飾る男前なタペストリーのように見えるのです。お部屋の光る鏡面をどうにか男前テイストで隠したいと思われている方におススメです。


 

ベランダの目隠しです。コーヒー豆の、ざっくりと陽気で男前テイストの麻袋が、バサッと手すりに掛けられているとおしゃれですね。雨ざらしになる場所なので、麻袋は繊細な感じのものよりこういった丈夫な風合いのもののほうがいいですね。


1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ