毎日使うものだからこそこだわりたい!色や形やデザインもお気に入りのお茶碗で☆

毎日使うものだけど、何気なく使っている感じがしませんか?日本の食生活に欠かせないお茶碗。ごはんとの相性が抜群な食器です。普段使いの食器だからこそ、こだわりを持って選びたいですよね。もちろん周辺の食器やごはんとの組み合わせも考えてみたい。そんな視点でお茶碗を紹介しましょう。

2017/05/18 更新
毎日使うものだからこそこだわりたい!色や形やデザインもお気に入りのお茶碗で☆

毎日使うものだけど、何気なく使っている感じがしませんか?日本の食生活に欠かせないお茶碗。ごはんとの相性が抜群な食器です。普段使いの食器だからこそ、こだわりを持って選びたいですよね。もちろん周辺の食器やごはんとの組み合わせも考えてみたい。そんな視点でお茶碗を紹介しましょう。

毎日使いたい茶碗を

素朴なデザインで

media-101-600x600

cotogoto

出典:instagram.com

しらすに卵黄が乗ったごはんは、朝食にぴったりの具材。これだけでおかずが要らないくらいの逸品です。色も黄色と白、ネギの緑がすてき。そんなごはんに合わせるのはネギと同じ緑を使ったお茶碗で。箸置きともセットのような相性の良さがあります。


 

内側にもデザインが

media-1-62-600x600

cotogoto

出典:instagram.com

緑の豆ごはんには、緑色を鮮やかに見せてくれるちょっと落ち着いた緑のデザインをあしらったお茶碗が渋め。ブラウンのお椀と箸とも色なじみがいいですね。シンプルながら変化にとんだデザインをしています。


 

広告

 

レトロに

media-2-59-600x600

cotogoto

出典:instagram.com

黒光りするお茶碗は、鮭のオレンジを美味しそうに見せてくれます。それでいて器の中は焼きものならではの温かみにあふれたブルー系のカラー。レトロな風情は、日本の食卓のベーシックスタイルといえるでしょう。木のテーブルで使いたいお茶碗です。


 

黒でスタイリッシュに

media-3-48

cotogoto

出典:instagram.com

黒をベースにしたインテリアはスタイリッシュでモダンな雰囲気。大人スタイルを確立してくれるカラーです。もちろん黒い色のお茶碗もそんな雰囲気が漂います。また白いごはんの色がはっきりと見えるので、どんな年代でも使いやすいお茶碗なんですよ。


 

真っ白にこだわって

media-4-46-600x600

さふぁいあ

出典:instagram.com

真っ白いお茶碗も捨てがたいカラーの一つ。清潔感があって、清楚なイメージの白はごはんをつややかに見せてくれるカラーなんです。もちろん、他の白やブルー系の食器とも相性抜群。お祝い膳のような気品さえありますね。


 

シンプルなものを

同じ白のお茶碗でも、オフホワイトならより親しみやすいといえるのではないでしょうか。シンプルに装飾が入っていないお茶碗なので、飽きずに長く使えますよ。


 

爽やかなブルーを

media-5-42-600x600

cotogoto

出典:instagram.com

美しいブルーも、食材の色としてはほとんどなく、むしろ食欲を減退させる色として捉えられがちです。でも青い食器となれば話は別。緑や黄色といった食材の色を引き立てて美味しそうに見える役割を果たしてくれます。もちろん、ごはんにだって同じことがいえますね。


 

ボーダーがすてき

ファッションにはなじみの深いボーダー。お茶碗にも取り入れてしまいましょう。グレーを基調とした赤いボーダー柄はどこか懐かしいテイスト。土鍋と並べると素朴で優しい風合いを感じます。


 

まとめ

ごはんが進む、すてきなお茶碗を紹介しました。真っ白いごはんだったり炊き込みごはんだったり、どんなごはんにも合うオールマイティなお茶碗もあれば、その都度の雰囲気で選びたいお茶碗もありましたね。自分なりのこだわりの視点でお茶碗を選んでみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

シェアしよう!

関連タグ