白パンツコーデ50選☆カジュアルにもオフィスにもオススメ♪

白パンツはどんなコーデとも合わせられる応用力の高いアイテム。1本持っているとカジュアルにもフェミニンにもスタイルが作れます。そこで白パンツを使ったスタイル別のコーデを集めてみました。「きれいめ」「フェミニン」「カジュアル」「きちんと」「リラックス」の50選を紹介しましょう。

公開日:2017/08/01
著者:
白パンツコーデ50選☆カジュアルにもオフィスにもオススメ♪

白パンツはどんなコーデとも合わせられる応用力の高いアイテム。1本持っているとカジュアルにもフェミニンにもスタイルが作れます。そこで白パンツを使ったスタイル別のコーデを集めてみました。「きれいめ」「フェミニン」「カジュアル」「きちんと」「リラックス」の50選を紹介しましょう。

断然キレイめスタイル!

スタイルがすっきりと見えて爽やかな白パンツは、きちんとコーデの定番ともいえるアイテム。トップスにダークカラーを持ってきても重たげな雰囲気がないですよね。足元をサンダルにして、白で統一すれば、すらりとして見えます。


 

真っ白だとコーデが浮いてしまう場合は、オフホワイトを使ってみても。トップスのカラーが鮮やかな青なので、白パンツのカラーがはっきりしているとけんかしてしまいます。白パンツのトーンを落として、トップスを引き立ててみて。


 

広告

 

ガウチョパンツはパンツの丈がふくらはぎの下にあるので、足が細く見えます。ぱっと見がスカートのようなので、フェミニンさもありますね。トップスをレースのカットソーにしてきちんとスタイルで。


 

黄色や紺がちょっと派手めなトップスには白パンツをコーデして、ボトムスはあっさりめで。ゆったりスタイルのトップスもサッシュベルトでウエストをマークすればきちんと感が出ます。しかも足長効果のおまけつき。


 

ラフな中にもきちんと感を出せるのが白パンツのメリットですよね。オフショルダーのリゾート感あふれるブラウスにゆるめの白パンツを合わせていますが、お出かけ風もOKなきちんとスタイルを作れます。


 

太めの白パンツとコーデするなら、トップスは寒色系のコンパクトなものを。ノースリーブだと腕が見えるので、さらにコンパクトな印象になります。ボトムスとの対比でほっそりとしたラインが作れますね。


 

スニーカーを合わせたカジュアルスタイルでも、白パンツならきちんと感を崩さずにはきこなせますよ。ラフなシャツとコーデしてもきちんと感はそのままに。むしろナチュラルな雰囲気に好感度が上がるかも。


 

フェミニンなワイドパンツは、ラグジュアリーでありながらはきやすいアイテム。シンプルスタイルでトップスにはチャコールグレイのニットを持ってきて。チャコールグレイと白、パンプスの黒とのバランスが取れているコーデです。


 

アンクルカットの白パンツは足元をすっきりとみせてくれます。シンプルなパンプスと合わせるとより効果的。トップスはスリーブがフェミニンなゆったりめのブラウスを持ってきているので、ベルトを足してきちんと感を。


 

オフショルダーとバルーンスリーブが素敵なトップス。カジュアルなAラインですが、ボトムスに白パンツをコーデして、メリハリをつけて。ショルダーバッグとポインテッドトゥシューズの小物できちんと感を。


 

 

フェミニンなアイテムで女性らしさを

白パンツでフェミニンなコーデを作るなら、やっぱりパンツはガウチョパンツ。1枚持っていると便利なアイテムですよ。トップスはデニムジャケットで辛口コーデをプラスしても、パンプスはリボンのついた赤いパンプスでフェミニンさをアピール。


 

またまたガウチョパンツのコーデです。フェミニンなオフショルダーのリボン付きトップスでちょっと甘めかなと思ったら、足元にはシンプルなサンダルをチョイスしてみて。サンダルとバッグのカラーを合わせるときちんと感もありますよ。


 

ワイドパンツもフェミニンなアイテムですね。しかもすそにフレアが入っているので、なかなかに甘口です。ボトムスに白パンツを持ってきているので、トップスはカラーのはっきりしたアイテムを。こちらも袖がフレアになっていますね。


 

スカートのように見えますが、スカンツ。白パンツです。トップスのアイテムが小さな花が入ったデザインでフェミニンなので、足元はシンプルにきめていきましょう。トップスとかち合わないように、カラーもベージュ系で。


 

フリルが華やかなコーデですね。ブラウスもガウチョパンツもレーシーで甘めなテイストなら、いっそのことフェミニン全開であえて甘めのコーデを。カジュアルになりすぎないように、バッグとパンプスできちんと感を出して。


 

ミニの白パンツは、夏に挑戦したいアイテム。すそがフレアになっているので太ももが隠れて、体形カバーもばっちり。ギンガムチェックのトップスを合わせてガーリーに着こなしたいコーデが出来上がりました。


 

ピンクのアイテムというだけで、フェミニンオーラがでていますね。しかも刺繍が入ったレーシーなチュニック。トップスをメインにみせたいので、こういう時には白パンツが大活躍。足元もすっきりさせてほっそりスタイルを。


 

フレアスカートのようなスカンツなら、フェミニンなスタイルがすぐに作れますね。トップスも薄めカラーなので、ハットとサンダルをダークカラーにして、全体のバランスを取って。


 

スタイリッシュな白パンツも、レイヤード風なトップスとコーデすればフェミニンスタイルが完成します。カジュアルにバッグはぽんぽんがついた可愛いもので。足元はシンプルなサンダルを。


 

オフショルダーのリボン付きブラウスとミモレ丈のワイドパンツでフェミニンに。白パンツがオフホワイトなので、パンプスは真っ白なものをコーデしてアクセントカラーに。


 

 

堅苦しくないカジュアルスタイル

フリンジヘムの白パンツにはこなれ感があります。白パンツとハットのフリンジをお揃いにして、マリンスタイルのボーダーシャツとスニーカーをコーデ。カジュアルで明るい雰囲気になりましたね。


 

太めのワイドパンツはフェミニンなアイテムですが、Tシャツとキャップ、スニーカーをコーデしてカジュアルに変身。淡いカラーが多いので、バッグのショルダーベルトを黒にしてアクセントとして使っています。


 

マリンスタイルのカジュアルコーデ。ボーダーのカットソーと白パンツの組み合わせが爽やかですね。バッグもパンプスも白系にしているので、ダークカラーのキャスケットでバランスを取って。


 

フェミニンなギンガムチェックのブラウスに、フリンジヘムのワイドパンツをコーデしています。ワイドパンツのゆったり感が、カジュアルな印象を醸し出していますね。サンダルとハットで夏らしさをプラス。


 

リブニットの白パンツにコーデするのは、ベージュのオフショルダーニット。ニットとニットのコーデです。こちらもゆったり感がでているコーデですね。カラーをベージュ系でまとめて、落ち着きのある大人カジュアルに。


 

大胆なフリルに注目が集まりそうなオフショルダー。ブルーが鮮やかなオフショルダーにはタイトな白パンツをコーデして、すっきりと辛口スタイルで。足元にラフなサンダルを合わせてカジュアルさを出しています。


 

アイスブルーのトップスと白パンツのコーデは、夏らしさを感じさせる組み合わせですね。トップスもボトムスも裾がフレアになっているので、ラフに着こなすことができます。


 

楽に履けるスカンツは、カジュアルアイテムとしても大活躍。スカンツはフレアスカートのような見た目なので、フェミニンさもしっかりあります。白系コーデで、夏らしさを楽しんでみて。


 

アシンメトリーなフレアブラウスと、ガウチョパンツのコーデです。どちらもすそが広がっているのでゆったりと着ることができますね。シンプルなデザインなのできちんと感もあります。大人カジュアルなスタイルに。


 

ボーダーニットがノースリーブなので涼しげですね。ボーダー柄なので、ボトムスには白いワイドパンツを。細いベルトできちんと感を出しつつも、トートバッグでカジュアルさを演出。


 

 

きちんと系でオフィスにも

白パンツはコーデの幅が広いアイテム。もちろん色々なスタイルにも対応可能なんです。シンプルなので、ビジネスライクなオフィスアイテムとしても使えますよ。ストライプのシャツと合わせてすっきりと。


 

ブルーのシャツに白パンツのコーデは爽やか系の定番。オフィススタイルなので、きちんと感を出すためにシャツはインして。ウエストのリボンで、オフィススタイルでもフェミニンさは持っていたいですよね。


 

カジュアルな雰囲気の漂うオフィススタイルです。トップスはシンプルなデザインながら、スリーブのリボンが可愛いですね。白パンツは細めのシルエットを選んで、シャープな印象に。


 

アンクルカットの白パンツは、見た目をすっきりとさせたいときにコーデしたいアイテム。シンプルなので、トップスにはフリンジのついたアイテムをチョイスして、オフィススタイルにもおしゃれを感じさせて。


 

カットソーと白パンツの、ラフなコーデです。カジュアル度が高いコーデですが、黒のジャケットを合わせることでオフィス向けのスタイルに。パンプスを黄色にして、モノトーンコーデに明るさをプラス。


 

ネイビーと白パンツ、黒いパンプスというオーソドックスなカラーのコーデは、オフィスにふさわしいシックなコーデといえるでしょう。カラーが硬めなので、フレアスリーブのトップスに、ベルトはスカーフでフェミニンさを。


 

黒いトップスにストライプの白パンツをコーデしています。トップスはフロントをインしてきちんとスタイルに。ウエストからのぞくバックルがオフィスっぽいですね。パンプスも色味を抑えておとなしめなものを選んで。


 

シャツと白パンツのオフィスコーデですが。きちんとすぎると退屈なスタイルになってしまうので、ビックシルエットでおしゃれ度をアップ。スタイリッシュなオフィスコーデになりましたね。


 

ノースリーブのタートルネックは縦ラインが強調されるので、タイトなシルエットに。白パンツもすそにむかって細くなるタイプのものを選ぶことで、より縦ラインが強調されます。


 

タックパンツはきちんと感があるので、オフィス向けのパンツですね。ニットセーターとのコーデで、カジュアルな中にもビジネスライクなスタイルに仕上がっています。バッグにスカーフを結んで、シンプルコーデに上品さをプラスしてみて。


 

 

リラックスタイムにもおしゃれはマスト

ラフなシルエットをチョイスすれば、白パンツだってリラックスタイムのコーデが作れるんです。ワンピースのようなセットアップなら、ラフな着こなしができますよ。もちろん足元はサンダルでカジュアルに。


 

ウエストにギャザーが入った白パンツは、見た目にもリラックス度大。トップスとキャップを黒に、足元には白いスニーカーで、リラックスな中にもモノトーンコーデでスタイリッシュに。


 

タックの入ったきちんと感のある白パンツですが、トップスにすその広がったカットソーをコーデすることでゆったり感を出しています。シンプルなコーデなので、レースアップサンダルで女性らしさを楽しみたいですね。


 

ロングのワンピースに白パンツをインしたコーデです。カーキのワンピースがナチュラルテイストで、ゆったりとした雰囲気に。麦わら帽子とサンダルでリゾート感も出ていますね。休日向けのスタイルです。


 

白いトップスにストライプが入った白パンツをコーデしたゆったりめスタイル。キャップとリュックでカジュアル感があります。休日にちょっとおでかけというときなんかにはぴったり。


 

黒のキャップに黒のトップス、リュックといった出で立ちです。上半身がキュッとしまったスタイルなので、白パンツにはゆったりとしたラインのものを選びましょう。足元もサンダルをラフにはきこなしてみては。


 

グレーのカットソーと白パンツをコーデ。足元には黒のスニーカーです。カジュアル感の強いコーデなので、カットソーはパンツにインして、ベルトでウエストをマーク。ラフな中にもきちんと感を醸しだしています。


 

ボーダーのトップスと白パンツのコーデは、いつものお馴染み定番スタイル。ウエストがゴムになっているゆったりめの白パンツをコーデしているので、ラフなスタイルに仕上がっています。裾をロールアップしてこなれ感もプラス。


 

ひざ丈のワンピースに白パンツをイン。パンツをインしたワンピースにターバンを合わせたコーデは、アジアンテイスト漂うコーデですね。それだけでどことなくゆったりとした印象に。白と黒のモノトーンがおしゃれです。


 

ゆったりとしたテーパードパンツにデニムシャツをコーデ。デニムのブルーとテーパードパンツの白がよく似合います。シャツをインしていないので、ラフ感がありますね。ゆったりスタイルには、ラフなカジュアルスタイルがぴったりです。


 

まとめ

白パンツのコーデをスタイル別に紹介しました。同じ白パンツでも、オフィススタイルだったりゆったりスタイルだったり、いろいろなコーデができますね。白パンツにはきちんと感があるので、ゆったりしていてもくだけすぎないスタイルになります。1枚持っていると便利ですよ。ぜひワードローブに白パンツを加えて、コーデを楽しんでみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!