ラグジュアリーな雰囲気を楽しめる♡アンティークチェアをインテリアに取り入れよう♪

アンティークに興味があるけれども、何から取り入れればいいのかわからない…という方はけっこう多いのではないでしょうか?そんな時は実用品から使ってみることをおすすめします。なぜなら、実用品にこそアンティークの本来の価値や醍醐味があるからです。まずは一人掛けの椅子などいかがでしょうか?ご覧ください。

2017/05/15 更新
著者:
ラグジュアリーな雰囲気を楽しめる♡アンティークチェアをインテリアに取り入れよう♪

著者名

qweokm2525

qweokm2525

ミニマルを目指しながらも、買い物も好きという矛盾に日々悩み中。失敗しながら学んで得たアイディアや情報を共有できたらなと思います。

アンティークに興味があるけれども、何から取り入れればいいのかわからない…という方はけっこう多いのではないでしょうか?そんな時は実用品から使ってみることをおすすめします。なぜなら、実用品にこそアンティークの本来の価値や醍醐味があるからです。まずは一人掛けの椅子などいかがでしょうか?ご覧ください。

インテリアに取り入れてみたいアンティークチェア8選

イギリスアンティークチェアとトレイスタンド

media

アンティークショップ チェルシーオールド

出典:instagram.com

背もたれがまっすぐで素朴な印象のアンティークチェア。よく見ると、脚に装飾彫りが施されていたり、背中の横木が山型になっていたりして、ちょっぴりおしゃれな要素がプラスされています。そんな控えめなシルエットは和室にも◎♪


 

猫脚が魅力♡曲線美チェア

media-1

アンティークショップ チェルシーオールド

出典:instagram.com

エレガントな猫脚の椅子。でも、装飾は控えめでたくさん彫り込まれてはおらず、曲線美を大切にしたシンプルなつくりです。だから、ディスプレイ用チェアとしてフラワーベースなどを置いて使うと、きっとおしゃれではないでしょうか?


 

広告

 

シャビーシックインテリアに

media-2

アンティークショップ チェルシーオールド

出典:instagram.com

白いアンティーク家具はシャビーシックインテリアに使えますね。このチェアはリゾートチェア風ですが、ロイドルーム社というイギリスのメーカーのもので実は紙とワイヤーでつくられているそうです。シンプルでかつ美しいですね。


 

ラグジュアリーな装飾がアンティークらしい

media-3

Ballancourt Sur Essonne

出典:instagram.com

プレビューまさにザ・アンティークという雰囲気のチェアです。ベルベット独特の深いブルーがエレガントで猫脚の曲線もまた美しいですね。リビングで使うよりも、寝室でドレッサーなどの椅子として使う方が椅子の持ち味を活かせそうです。


 

細かい装飾彫りが贅沢

media-4

Ballancourt Sur Essonne

出典:instagram.com

複雑で繊細な装飾彫りが見事な椅子です。猫脚の曲線が優美で、ライティングデスクの脚と対をなして、すてきな雰囲気をはなっていますね。赤いファブリックの座面も由緒ある風情をかもしだしており贅沢な気分を味わえるでしょう。


 

アンティーク裁縫箱とストライプチェア

media-5

Ballancourt Sur Essonne

出典:instagram.com

くすんだ緑と黄色のストライプとそのファブリックをとめている鋲にアンティーク感があっておしゃれですね。さりげなく、背もたれの下の部分に装飾の透かし彫りがあるのも贅沢です。セットのソーイングボックスと高さがジャストフィット♪


 

ラフな印象のヴィンテージチェア

media-6

シャークアタック 大正本店

出典:instagram.com

鮮やかな青いベルベットが印象的な椅子ですね。アームや脚のフレームが独特のシルエットでかつラフな印象であることが、レトロモダンな雰囲気をだしています。素朴なナチュラルインテリアや和室に合いそうです。


 

ヴィンテージ書斎セット

media-7

シャークアタック 大正本店

出典:instagram.com

古びた味わいがでた木の質感がおしゃれなデスク、大容量の素朴な袖机、そしてレトロなキャスター付き事務チェアの3拍子揃ったヴィンテージ書斎セット。洋館風のお家の中に、レトロな小物も揃えて、置きたいですね。


 

まとめ

アンティークチェアは長年大切に使われて受け継がれてきたもの。装飾品と違って、経年劣化の他に使用によるダメージもつきます。それはそのアンティーク品の長い歴史を物語り、深い魅力となっているのです。ぜひ、そこに秘められた味わいを感じて大切に使ってみてください。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ