花柄スカートコーデ50選☆2017春夏は花柄で軽やかなスタイルを♪

今年はトレンドとして花柄が人気!それも小さな小花柄から、大きな葉っぱなどが描かれたボタニカル柄まで、様々な花柄が描かれたアイテムがたくさん出ています。今回は人気の花柄アイテムの中から花柄のスカートを使ったコーディネートを、カラー別とお手頃価格のGU・しまむらのアイテムを使ったものに分けてご紹介します。

2017/05/18 更新
花柄スカートコーデ50選☆2017春夏は花柄で軽やかなスタイルを♪

暖かくなると不思議と花柄の服が着たくなりませんか?今年はそんな気分だけでなく、トレンドとしても花柄が人気!それも小さな小花柄から、大きな葉っぱなどが描かれたボタニカル柄まで、様々な花柄が描かれたアイテムがたくさん出ています。そこで今回は人気の花柄アイテムの中から花柄のスカートを使ったコーディネートを、カラー別とお手頃価格のGU・しまむらのアイテムを使ったものに分けてご紹介します。

【カラー別】花柄コーデ

ホワイト

さわやかな印象のホワイトは春夏コーデではマストですよね。花柄模様がはっきりと見えるので、柄を印象付けたいときにはピッタリです。こちらは少し濃い目の花柄が大人っぽいスカート。シンプルなアイスグレーのトップスと合わせて、さわやかな大人コーデの仕上がりです。


 

こちらはオフホワイトにパステルっぽいカラーの花をプリントしたスカート。今年の注目でもあるイレギュラーヘムのシルエットでトレンド感満載ですね。そんなトレンドアイテムはベージュなどおさえたカラーでコーディネートして大人っぽく。


 

ホワイトに大きな柄が印象的なミディアム丈のスカート。柄のインパクトが強い分、トップスはブラックで締めています。でもバッグとシューズはトレンドのシルバーでキラキラな雰囲気を追加。


 

ホワイトにスモーキーなカラーで花柄をプリントしたレディライクなスカート。落ち着いた柄なので、シチュエーションを選ばず着用できそうですね。


 

ホワイト地に色々な花が描かれたロング丈のスカート。色がたくさん入っているのでどんな色のアイテムとでも合わせやすそうですが、大人カジュアルに決めるならホワイトのTシャツとスニーカーがおすすめです。


 

こちらも様々なカラーの花が描かれていますが、色味が淡いのでふんわりとしたやさしさを感じさせますね。ザックリと大きなカーディガンにロングスカートで女性らしい雰囲気を作りながら、キャップではずして大人カジュアルに。


 

まるで花園を思わせるようなカラフルな花がたくさん描かれたロング丈のスカート。こちらは花の色が少し濃い目ではっきりとした印象ですね。Tシャツとスニーカーをグレーで合わせて、女性らしすぎないコーディネートに作り上げています。


 

ホワイト地にピンクのチューリップが描かれているのですが、その手前にプリントされているひし形のもの、何かわかりますか?こちら公園などのフェンスに使われるワイヤーのネットなんです。ちょっとユニークで見つけたらほしくなってしまいそうですね。


 

こちらはホワイトに小さなブルーの花がちりばめられたロングスカート。同じように表面積が大きいワンピースとロングスカートですが、ロングスカートのほうが顔から離れている分、全体がガーリーになりすぎません。


 

広告

 

ブラック

次にご紹介するのはどんな時期にも使い勝手がいいブラックの花柄スカートです。こちらは花柄の薄手のシフォン素材にプリーツをかけているのですが、花の分量があまり多くないので、うるさい感じにはなりませんね。ミリタリーテイストのジャケットとあわせて、マニッシュな雰囲気に。


 

こちらはうってかわって女性らしい雰囲気のブラックのスカート。花だけの大きなプリントは「これぞ、花柄!」という雰囲気です。ピンクのトップスやブラックのソックスを合わせて、上品なかわいらしいコーディネートに。


 

花柄のスカートといっても、プリントだけではありません。こちらは記事に柄が織り込まれたスカートで同じブラックの裏地があるところではあまり目立ちませんが、ない場所では花柄が目立ちますね。これくらいの花柄ならばトップにレースアイテムをもってきても、悪趣味にならないですね。


 

ブラックのロングスカートに花だけを雪のように散らしたスカート。遠くから見ると花の輪郭がはっきりとしないので、女性らしさが強調されすぎなくてどんなアイテムとでもコーデできそうですね。


 

ウエスト部分にタックがたくさん入った、ふんわり感が特徴の花柄スカート。ロングのスカートは生地が厚いと重たい印象になりますが、こちらだと軽やかで春夏に大活躍してくれそうですね。


 

こちらも生地のが多く使われたふわっと広がる花柄スカート。でも上のものと違って大きな花を淡い色合いでプリントしているので、大人の雰囲気が出ています。そんな大人っぽいスカートだからこそスニーカーで外すとこなれた雰囲気に。


 

張り感のあるブラックのスカートに大きなユリがプリントされています。このスカートだけだとレディライクですが、足元にスタッズのついたショートブーツを合わせて辛さをプラス。


 

 

ブルー

春夏に活躍するカラーといえばブルーは外せませんよね。濃淡によって使える時期やシチュエーションが選べるブルーは1つはもっておきたいカラーです。こちらはホワイトのところでもご紹介したものと同じ柄。ですが色が違うだけで全然イメージが変わりますね。ネイビーにイエローのチューリップは元気なイメージになります。


 

淡いブルーに大き目の花柄がかわいいロングスカート。ホワイトのウェッジソールサンダルに、かごバッグでナチュラルガーリーな雰囲気にまとめています。


 

ネイビーに種類もカラーも大きさもまちまちな花がたくさん描かれたロングスカート。このアイテムだけで十分なインパクトがあるので、あわせるアイテムはシンプルなものがいいですね。でもゴールドのアクセサリーを使って大人の余裕間をアピール。


 

サイドだけが長いイレギュラーヘムの短めスカート。ひざより短いスカートは大人になると手が出しづらくなりますが、こんな個性的な形ならひざや足が目立ちづらいので、使い勝手がいいですよ。


 

ネイビーにスカーフ柄のような花柄が描かれたロングスカート。ネイビーですが、生地が薄いので夏にも使えそうな雰囲気ですね。さらっとホワイトのトップスとかわいらしいストローハットで、リゾート地でも大丈夫そうなコーデです。


 

全体のトーンを淡い色でまとめたブルーの花柄スカート。ひざ丈のふんわりしたスカートはガーリーになりすぎて、大人には向かないと思う方もいるかもしれませんが、ブルーなら甘すぎずに使いやすいですよ。トップで引き締めるとさらに大人向き。


 

濃いネイビーにホワイトの小さめな花柄がかわいらしいスカート。同じ花柄のスカートでもこちらは清楚な雰囲気になっていますね。サッシュベルトを使ってウエストを強調して今年らしいシルエットに。


 

 

ピンク

花柄にピンクだとガーリーになりすぎそうと敬遠している方もいるのでは?でもあわせるアイテムによって、甘さを抑えて大人っぽく着られるんですよ。こちらはVネックの首元に花柄をあしらったプレーンなトップスで、大人っぽさをプラス。


 

後ろの丈が長めのイレギュラーヘムの花柄スカート。フィッシュテールをも呼ばれるこのディテールは動くたびにすそがゆれて女性らしさをアピール。そんなスカートにはデニムジャケットとスニーカーでボーイッシュなテイストを。


 

こちらも後ろの丈が長い花柄スカート。靴下をはかないで抜け感を出し、グレーのパーカーをあわせて大人の休日っぽい雰囲気をかもし出しています。


 

濃い目のピンクに大胆な花柄が印象的なスカート。これだけパンチがあると1枚でコーディネートの主役になってくれますね。トップスを薄めのピンクにして、小物をメタリックなものでそろえれば大人の遊び心あふれるコーデのできあがりです。


 

こちらは生地の色は淡いものの、描かれている花々のカラーが強くて、思わず目を引くスカート。インパクトのある花柄にはシンプルすぎるくらいにシンプルなアイテムが一番!薄めのグレーの春ニットをあわせて、引き算をしています。


 

先ほどと同じスカートを着まわしているコーディネート。こちらはシンプルな白シャツをあわせています。バッグや靴もすべて白で合わせてスカートの花を際立させていますね。


 

くるぶしが隠れるほどに長い丈が特徴のロングスカート。薄めのピンクに同系色の花が描かれたスカートは、落ち着いていて大人っぽい雰囲気ですね。ブラックのトップスをあわせてさらに大人っぽく。


 

サイドに丸い切れ目が入っている花柄のタイトスカート。ふんわりとガーリーな雰囲気が多い花柄スカートも、この形ならオフィスコーデにもピッタリです。トップスはオフィス定番の白シャツできちんと感を。


 

 

【ブランド別】花柄コーデ

GU

花柄がトレンドとはいえなかなか手を出せないと思っている方には、リーズナブルなのにトレンドアイテムがいっぱいのGUなら試してみやすいのでは?こちらは大きな花柄のスカートにリブトップスをさらっと合わせたコーディネート。スカートが濃い色でもトップスを白にするとさわやかさが出ますね。


 

プリーツの花柄スカートにデニムジャケットをあわせたコーディネート。デニムジャケットはアウターとして使うことが多いですが、シャツのように着こなすのもかっこいいですね。


 

上の画像と同じプリーツの花柄スカートを使ったコーデ。トップスを変えると印象が大きく変わりますね。Vネックのシャツにサッシュベルトなど全てをブラックでそろえると、花柄スカートでもひきしまった印象になります。


 

淡いピンクの花柄スカートをガーリーだけどかっこよく着こなしたコーディネート。ミリタリージャケットを肩にかけてマニッシュな雰囲気をプラスしています。


 

こちらはベージュの花柄スカートを使ったコーディネート。生地の色と花の色が同系色でまとめられているので、いろいろなアイテムと合わせやすそうですね。ベージュ系のニットを使ってワントーンコーデも楽しめそう。


 

こちらは花柄レースのスカート。レースもトレンドど真ん中のアイテムなので、GUでリーズナブルに手に入れられたらラッキーですよね。総レースのスカートですが、同じ色の裏地をあわせているので派手すぎない印象です。


 

こちらは上の画像のブラックバージョンです。ブラックのレースからチラ見えする足が色っぽい雰囲気ですね。白とブラック、色が違うだけで全然印象が違います。トップスやバッグを白にして、色気がありつつも清潔感もあるコーデに。


 

 

しまむら

最後にご紹介するのはGUと同じくリーズナブルに流行のアイテムを手に入れられるしまむらの花柄スカートです。しまむらは幅広いアイテムが販売されているのも魅力ですよね。こちらはブラックの記事に小さな花柄がたくさんプリントされたスカート。少しだけ前の丈が短いのがトレンド感を出しています。


 

ホワイトに上品なバラが描かれた花柄スカート。アイスグレーのトップスとの合わせは大人らしい上品さがあらわれていますね。学校行事などでも失礼がないコーデです。


 

こちらは花柄にトレンドの刺繍をあわせたスカート。薄いシフォンの生地に刺繍で小さな花が描かれているので、清楚な雰囲気です。トップスをホワイトで合わせてきれい目にしておきながら、足元をスニーカーで崩すのが上手ですね。


 

ホワイトに大きなピンクの柄が華やかながら大人の雰囲気をかもしだしているスカート。さらっとホワイトのトップスをあわせていますが、カジュアル過ぎない出来上がりです。


 

ブラックにホワイトの花が目を引くスカート。スカートだけだととっても女性らしいアイテムですが、全体をモノトーンでまとめて、ライダースをあわせることで、辛さをプラスしています。


 

こちらは刺繍の花柄が描かれたブラックのスカート。ホワイトのトップスをインしただけのコーデだと上下のコントラストが強くなりすぎますが、ベージュのサッシュベルトで柔らかくつないでいます。


 

ピンクのプリーツスカートに輪郭をつけないで花を描いたスカート。淡い色合いとプリーツで花の形がはっきりとしないので、花柄ビギナーにも取り入れやすいアイテムです。ふわふわのニットをあわせながらも足元をスニーカーではずす、大人カジュアル。


 

ホワイトのロングスカートにゆったりとしたグレーのトップスをあわせたコーデ。今季はウエストをマークするコーデが流行ですが、昨年の秋冬からの流れでビッグシルエットの重ねも、まだまだ注目。首や手首など華奢な部分を露出して、隠しながらも着やせしちゃいましょう。


 

少し前の丈が短くなったブラックの花柄スカート。グレーのボーダーTシャツをあわせて、マリンを足したカジュアルコーディネートに仕上げています。


 

マスタードイエローもこの春夏注目のカラー。花が浮き上がるように見えるデザインが使いやすそうな雰囲気です。こちらはソックスにスニーカーというカジュアルなあわせですが、ヒールやタイツとあわせればお呼ばれにもいけそうな雰囲気。


 

パープルがかった淡いブルーが上品な雰囲気の花柄スカート。花が白いので清楚な雰囲気も持っていますね。ブラックのシンプルなセーターをあわせて、こなれたコーデに。


 

ネイビーのシフォン素材に同系色の刺繍で花を描いたスカート。ネイビーはノーブルな雰囲気をもっているカラーなので、こちらのようにひかえめな花柄だとさらに上品ですね。そこにレッドのヒールでさし色を。小物にも遊び心があります。


 

まとめ

今季たくさんのアイテムがリリースされている花柄アイテムから、スカートを使ったコーディネートをご紹介しました。今まではガーリーが苦手で花柄は持っていないという方も、スカートは取り入れやすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!

関連タグ