【連載】100均DIYにチャレンジ!実用度満点の本格的な「ヴィンテージ風ミリタリーBOX」を作ろう!

今注目の「ミリタリーインテリア」。今回はヴィンテージ感漂う重厚なミリタリーBOXを、100均DIYで作ってみようと思います!

2017/05/01 更新
著者:
【連載】100均DIYにチャレンジ!実用度満点の本格的な「ヴィンテージ風ミリタリーBOX」を作ろう!

著者名

柳美菜子

柳美菜子

大阪在住の30代主婦。家具から雑貨まで全てを手作りし、 お金をかけない賃貸マンションライフを楽しんでいます。 ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書も出版、また様々なメディアでも執筆しています。

ヴィンテージ風ミリタリーBOX

さまざまなシーンで活用することができる大型のコンテナボックス。ヴィンテージ感の効いた「ミリタリー風」の佇まいが新鮮なコンテナボックスは、収納はもちろんのこと、インテリアの空間作りにも一役買ってくれる頼もしいアイテムです。

 

 

オシャレに収納

 

ラフな「ざっくり収納」だってご覧の通り。独特の雰囲気をもつインテリアアイテムとして楽しむことができます。

 

広告

 

天地の向きを逆にすると、ちょっとしたサイドテーブルやディスプレイラックとしても使えます。見た目だけでなく実用性もバッチリです。今回は「収納・テーブル・ラック」にと、様々な日常シーンやインテリアアイテムとして使えるこちらの「ヴィンテージ風ミリタリーBOX」を、100均DIYで作ってみようと思います。

 

材料はこちら。全て100均アイテム!

材料として使うのは、木板(細×4枚、太×4枚)と角材(2本)です。これらは全て100円ショップの商品です。木板や角材はホームセンターでも購入することができるので、サイズや用途に合った木材が100円ショップに置いていない場合は、ホームセンターのものを使ってもOKです。では早速作ってみましょう。

 

ミリタリーBOXの作り方

1:「木板」を糸ノコでカットする

木板&角材を、コンテナBOXの大きさに合わせて糸ノコでカットします。カット寸法は、作りたい大きさに合わせて長さを決めればOKですが、写真のように組み合わせたとき、ぴったりとサイズが合うよう予め計算してカット寸法を決めておきます。「4本の角材に、側面&底面の木板を固定する」イメージで計算するとうまくいきます。

 

2:カットした板材をペイントする

カットした木材全てをペイントしていきます。最初に「ウッドステイン」というステイン塗料を全体に塗っていきます。ステイン塗料というのは、木目が透けて見えるツヤの無いニスのような塗料で、これを塗ることによって「古材」のような古びた木材を表現することができます。ステイン塗料を塗り終わったら、所々に水で薄めた水性塗料(黒)を染みこませ、さらに深いアンティーク感を入れていきます。

 

 

ステイン塗料が完全に乾いたら、ミリタリー風のペイントを施していきます。今回使ったのは「ミルクペイント」という水性塗料の「アーミーグリーン」というカラーです。これをボックスの側面にあたる面に塗っていきます。塗料が完全に乾いたら上からステイン塗料を落とし、ウエスですぐに拭き取り、古びたアンティーク感をプラスします。

 

3:コンテナBOXを組み立てる

底板×2枚と、側面板×4枚をBOX型に仮組みします。これらの木材は、最終的にネジ止めでしっかりと「本固定」するのですが、ここでは両面テープを使って「仮固定」しておきます。

 

仮固定したBOXの四隅に、4本の角材をくっつけます。これも両面テープを使って仮固定すればOKです。

 

最後に、残った4枚の側面用木板をコンテナボックスの形になるよう両面テープで仮固定します。この際、支柱となる「角材」の頂点より1cmほど高い位置に木板を貼るのがポイント。こうすることによって、コンテナBOX完成時に角材の頭が外から見えなくなり、見栄えがグンとよくなります。

 

これでミリタリーBOXの「仮固定」まで完成しました。

 

 

4:ネジを使って「本固定」する

仮固定したBOX全ての木板を、ネジでしっかりと固定します。「角材に木板をネジ止めする」イメージで、コンテナボックスとして十分な強度が保たれるよう、各所しっかりとネジ止めしていきます。むやみにたくさんのネジを入れると、外観のイメージを損ないますので、必要最低限のネジ入れを心がけましょう。

 

5:「転写シール」を使ってアーミー調のデコレーションを入れる

「転写シール」を使って、ミリタリー(軍物)っぽいグラフィックを入れます。この「転写シール」というのは、好きな文字列を並べ、シートの上から擦りつけることによって文字が転写されるという商品で、こちらも100円ショップで手に入れることができます。

 

より深いアンティーク感を演出するため、転写した文字を所々カッターで削ったり、文字の上から染みを入れたりして、周囲の雰囲気と馴染ませます。

 

これでアンティーク感漂う「ヴィンテージ風ミリタリーBOX」が完成です!

 

「ミリタリーBOX」をインテリアレイアウトしてみよう!

置いておくだけでもヴィンテージムードが味わえる重厚感と存在感が魅力のミリタリーBOX。ガサッと入れるだけの無造作な収納も、インテリアの一つとして楽しむことができます。実用収納として十分使えるサイズ感も嬉しいですね。

 

サイドテーブルやディスプレイラックとして使ってもGOOD!ぼんやりとしたインテリアスペースをグッと引き締めてくれるのも、ミリタリーアイテムならではの特徴です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?糸ノコとドライバーだけで作ることができる「ヴィンテージ風ミリタリーBOX」。材料も全て100円均で揃えることができますので、DIY初心者の方でもカンタンに作ることができます。みなさんもぜひDIYにチャレンジしてみて下さい!

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!