ハンガーを使った収納アイディア&実例集☆衣類をコンパクトにきれいに収納!

洋服を収納する時、かけておくときにとても便利なアイテム、ハンガー。便利は便利だけどもっと収納をきれいにしたい!もっと収納力をアップさせたい!なんて思っていませんか?今回はそんな方に、よりハンガーを有効利用できる方法やアイディアをご紹介します。またハンガーを使った収納アイディアとして、おしゃれなハンガーラックやハンガーラックDIY実例もご紹介しますよ。

2017/02/28更新
ハンガーを使った収納アイディア&実例集☆衣類をコンパクトにきれいに収納!

洋服を収納する時、かけておくときにとても便利なアイテム、ハンガー。便利は便利だけどもっと収納をきれいにしたい!もっと収納力をアップさせたい!なんて思っていませんか?今回はそんな方に、よりハンガーを有効利用できる方法やアイディアをご紹介します。またハンガーを使った収納アイディアとして、おしゃれなハンガーラックやハンガーラックDIY実例もご紹介しますよ。

衣類収納アイデア

クローゼットを有効利用

ハンガーの一番の役割は衣類をかけて収納するということ。そのシンプルな役割のために今ではたくさんの形状のハンガーが販売されています。確かに衣類が滑りにくかったり、しわになりにくかったりと機能も向上していますが、色々なハンガーを一度に使うのは省スペースから考えると×です。こちらのように同じ形状のハンガーを使えば、ハンガー同士がぶつかることなくすっきりと収納できます。


 

こちらはトップスとボトムスに分けて2つのタイプのハンガーを使用。こうすることでパッと見ただけでトップスの場所とボトムスの場所がわかって便利ですね。


 

こちらは少しずつ形の違う同じメーカーのハンガーを使った収納。こちらもすっきりと見やすいから朝の忙しい時間にも服選びに困りませんね。また服を色やアイテムで分けて収納するのも、見分けやすいポイント。


 

こちらはコート・ジャケット類とワンピース、トップス、ボトムスと複数のハンガーを使い分けていますが、ラックに吊るす部分が同じような雰囲気なので、全体の統一感を損なっていません。スカートやパンツは専用のハンガーの方がしわになりにくく、気持ちよく服を着られますね。


 

ハンガーに違うハンガーをかけられる便利なアイテム。これだとシャツ1枚分のスペースで複数の服を収納できて、スペースを広く使えますよ。ベルトやアクセサリーも一緒に吊るしておけばコーデもラクラクですね。


 

広告

 

ハンガーラックでおしゃれに

作りつけのクローゼットだけではなく、ハンガーラックも人気の収納アイテム。最近では部屋の中に飾っておきたいような、おしゃれでかっこいいハンガーラックも増えてきました。こちらも下に靴やバッグを置くとまるでお店のディスプレイのような雰囲気ですよね。


 

こちらはホワイトでごくシンプルなつくりのハンガーラック。仕事用のスーツとシャツ、ネクタイをかけておけば、出かける時にも慌てずに済みますよね。


 

パイプと重厚感がある木の板を使ったハンガーラックは、どこか学校の雰囲気をもっていますね。新しいのだろうけど古びているような不思議な魅力をもっています。


 

ハンガーラックをDIY(キッズ用)

こちらのハンガーラック、古材と水道の配管を使ってつ作られたもの。かっこいい感じですが、ハンガーにかかっているコートは140cm男児ものということで、お母さんがお子さんに作ってあげたのだそうです。


 

こちらは引き出しの数だけが違うそっくりのハンガーラック。木目とホワイトのペイントがフレンチカントリーな印象ですね。小さな木のハンガーが小さな子供を連想させて、なんだかホッコリ。


 

こちらはフレイムだけのハンガーラック。下に靴やバッグが置けるので、次の日のお出かけに必要なものがすべて収納できます。こんなラックがあれば自分で次の日の用意をしてくれそう。


 

沢山の洋服がかけられるハンガーラック。衣装持ちの女の子のハンガーラックかな?上部にはボトムスを、中段にハンガーにかけたトップスを、下のかごには小物を、と沢山のものが入れられます。


 

白木とオイルステンを塗った板が素朴な印象のハンガーラック。大きなかごを収納として入れているのが統一感があっていい感じですね。この先どんどんおしゃれな服が並びそうな予感です。


 

こちらは三角系のシンプルなハンガーラック。白木が優しい雰囲気で子供部屋との相性が抜群。子供の服にちょうどのサイズでつくられているのが、愛情を感じます。


 

こちらも木の枠組みでつくられたハンガーラック。家のような形がかわいいですね。これだけの高さがあればしばらくは使っていられそうです。


 

ハンガーラックにお手製のランドセル入れをつけたDIY。ハンガーラックの下のバーがひっかからないように、またコートをかけてもランドセル入れにかからないようにというサイズでお父さんがつくったこだわりの品です。


 

 

ハンガーラックをDIY(こだわりの自分用)

子供用のハンガーラックには思いやりがこめられていましたが、自分用となると使い勝手など、こだわりたくなるものですよね。こちらは無垢材とオイルステンを塗った板やポールとのコントラストが美しい仕上がり。


 

様々な収納やインテリアで人気のディアウォール。そんなディアウォールに棚とポールをつけたハンガーラック。簡単な作りですがその分使い勝手が◎上の棚にはバッグや小物が収納できますよね。


 

ペイントで古びた雰囲気を出したハンガーラック。側面につけられたフックにはバッグなどをかけて、1週間くらいのフルコーデを並べておけそうなハンガーラック。コーデを考えるのが楽しくなりそうです。


 

オイルステンを塗っただけの木材で仕上げたハンガーラック。植物が飾られているので農家にあるハンガーのようなカントリーの雰囲気を感じさせますね。


 

こちらはなんとガス管を使ったハンガーラック。武骨な雰囲気が男前ですよね。ガスを出したり止めたりするハンドルが、インダストリアルなインテリアに溶け込んでくれそう。


 

小物類

ハンガーにかけられるのは洋服だけではありません。こちらはアクセサリーをかけて使用。とくに長いネックレスは箱などに入れておくと、くせがついて、使いたい時に困ってしまうこともあるので、これはいいアイディアですね。


 

こちらハンガータイプのウォールポケット。たくさんのポケットがついていて、ハンガーで吊り下げられるようになっています。小さなアクセサリーは密閉できる袋に入れて収納すると、無くしづらいのだそう。


 

かわいいアクセサリーやお気に入りのものをディスプレイするようにハンガーにかけたアイディア。気になった着回しの方法を貼っておくと、次のお出かけの時にしたい服装がすぐに決まりそう。


 

こちらはIKEAで販売されているハンガー。たくさんのネクタイやストール・ベルトを掛けておくことができますね。スペースもとらない優秀アイテム!


 

普通のハンガーでもこんな風にストールをかけてフックに下げておくだけで、ちょっとしたインテリアアイテムに。しかも使う時にはすぐに手がのばせますよ。


 

こちらは丸い小さなハンガーにたくさんのネクタイがかかっていますね。こんな便利アイテムは見つけた時に即購入!がおすすめ。今度と思ってもなかなか見つけられないってこともあります。


 

 

ディスプレイとして見せる収納

ハンガーにかけられた洋服は、お気に入りであれば飾っておきたいものもありますよね。そんな時にマネしたいアイディアをご紹介します。こちらはマンハッタンの街並みがモチーフになった、ハンガーフック。何もかかっていない時もかわいいし、物をかけてもちゃんと使えるというアイテムです。


 

こちらはハンガーラックやスチールラックを使って服屋さんのディスプレイのように飾られたハンガーラック。バッグや小物まできちんと並んでいますね。あまり見せたくないものはかごの中に入れて、雑然とならない工夫を。


 

季節ごとに服だけでなくオブジェや小物まで変化させる収納。服とともに季節を感じながら大きくなる子供は、きっと自然が好きな子になるんでしょうね。


 

大きな天板が印象的なハンガーラック。これは見せるためにつくられたような家具ですね。アウターや洋服とあわせたいハットを上に置いて、コーディネートの出来を眺めるなんて楽しそうです。


 

ディアウォールに板をつけたものと無垢材でつくられた物の2つが並んだスペース。お気に入りの服を飾ったり、すぐに着たい上着を置いておいたりと重宝しそうですよね。


 

鉄のフレームにオイルステン加工した板を棚にした、男前やブルックリンスタイルにピッタリな雰囲気ですよね。洋服から小物まで普通なら雑然としそうなものが並んでいるのに、統一感があってスッキリとした印象です。


 

玄関でも大活躍

ハンガーは冬のコートや夏の日差しよけアイテムなど、様々なものをかけられるので、玄関スペースでも大活躍しますよね。でも人目に付きやすい玄関は、すっきりとさせておきたいもの。ここでは玄関をすっきりとさせる収納を見ていきましょう。こちらはミニマムといっても過言ではないほど、いらないものをそぎ落としたハンガーラック。


 

こちらも横のバーと支柱が1本という必要最低限のつくりのハンガーラック。これは人に見られてもかまわないというより、むしろ見せて自慢したくなるようなものですよね。


 

こちらもシンプルなハンガーラックですが、支柱がホワイトなので、上の2つよりも柔らかい印象です。壁や天井の色ともマッチして違和感がないですね。


 

ブラックのパイプの武骨なハンガーラック。家族のものだけでなく来客用のスリッパも収納できて、玄関がすっきりとしますよね。見える収納ですがまとまっているので、ごちゃごちゃしていません。


 

子供用のハンガーラックでご紹介したものと同じ人がつくった品。古材の素材感とブラックのパイプがいい味を出しています。ブラックの塗装がされたフックも馴染んでいますね。


 

こちらはシューズラックの下にパイプをつけて子供用のアウターかけにしたもの。子供のコートは丈が短いので、このスペースがピッタリですよね。手袋やマフラーも置いておけます。


 

玄関横のつくりつけのハンガーラックにすのこなどで小物入れをつけたもの。服飾雑貨だけでなく掃除道具などを入れておいても便利そう。ハンガーをかける位置をちゃんと計算しているからできることですね。


 

 

多くて困る!洗濯ハンガー自体の収納方法もご紹介!

便利なハンガーラックはつい増えてしまいますよね。そんなハンガーを上手に収納する技をご紹介しますよ。こちらは服をかけているポールとは別に細い突っ張り棒を使って、空のハンガーをかけるアイディア。服がかかっていなければこれくらいのポールで大丈夫ですね。


 

こちらはクローゼットの手前にからのハンガーをかけるスペースをつくったアイディア。こちらも細い突っ張り棒をつけただけなので100均アイテムで大丈夫!


 

洗濯を干すためにハンガーが不可欠な場所、ランドリー。棚の途中に突っ張り棒がついているので、絡まりやすいハンガーも雑然としないで収納できますね。


 

こちらは洗濯機の上にハンガーをかけるスペースをつくったアイディア。これなら洗濯機から取り出した衣類をそのままハンガーにかけて、干し場に持っていくことができますね。


 

ハンガーだけでなく、小物用ピンチハンガーや布団をはさむものなど、いろんなものがかかっています。これならどこに行ってしまったのかと探す手間が省けて、時短になりそう。


 

隠す収納が好みの方にはこちらはどうでしょう?麻袋の入口をはさむタイプのハンガーでとめたものを使っています。これなら選択の時にすぐに使えて、使わない時には見えなのですっきり。


 

ダイソーのストレージバスケットは大きいので、ハンガーや小物用ピンチハンガーなどを一度に入れられますよ。でも外からは何が入っているかわからないのでインテリアの世界観を損ないません。


 

ステンレスラックとポール、プラスチックの板などを使って作られた洗濯用具の置場。ハンガーも一緒にしておけば、このセットを洗濯物を干すスペースまで持っていって家事ができますよね。


 

こちらは洗濯機の上にファイルケースを使ってハンガーを収納した例。三角形に近い形がハンガーにピッタリなファイルケース。これはいいものを見つけましたね。


 

こちらもファイルケースですが、四角い物なのですっぽりとハンガーが入りますね。色や素材で分けておけば使いたいものをすぐに見つけられます。


 

ベランダの収納にハンガーなどをおさめているアイディア。洗濯物を干すことが多い場所なので、こういうスペースがあれば本当に便利ですよね。


 

まとめ

ハンガーを使った収納術をご紹介しました。いつも使っているものですが、あらためて見てみるとスッキリさせるポイントや使い勝手をよくするポイント、見せる収納にするためのポイントなど、さまざまなポイントがありました。簡単なものからでも実践してもっと便利にハンガーを利用してくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者

official

official

folk オフィシャルアカウントです。