クローゼット収納を上手くするコツ7選&おすすめアイテムをご紹介☆

クローゼットって、ハンガーにかける以外は、❝何となく❞隙間に押し込んでいませんか?基本の使い方や便利アイテムを知ることで、もっと効率よく生かせるんです。サクサクわかるクローゼット収納術、ご紹介しています。

2017/02/03 更新
クローゼット収納を上手くするコツ7選&おすすめアイテムをご紹介☆

クローゼットって、ハンガーにかける以外は、何となく隙間に押し込んでいませんか?基本の使い方や便利アイテムを知ることで、もっと効率よく生かせるんです。サクサクわかるクローゼット収納術をご紹介いたします。

クローゼット収納のコツとは?基本7ポイントをチェック!

クローゼット収納例  基本の「き」

①ハンガー+吊り、②衣類ケース、③ボックス

ではクローゼット収納、基本の「き」を始めましょう!据え付けの基本装備は通常ポールと上部の棚だけです。でもこの初めの設備だけで使い手のあるクローゼットにできるんです☆

①ハンガー&吊り②床置きの衣装ケースやチェスト③上の棚板のボックス、この3つを心がけるだけで、衣類ごちゃごちゃ状態から脱出できます。あとは必要に応じてアレンジしていくだけ☆


 

広告

 

コツ①ハンガー&吊り収納

ハンガー

では詳しく見ていきましょう!まずはハンガー収納です。ハンガーは、クローゼット内で同じものに統一するようにします。それだけでみちがえるようにスッキリ、ショップ風の収納に見えるのです。


 

吊り下げ収納

つぎに吊り下げ収納です。このような「シャツホルダー」は代表格です。1枚ずつ収納でき、型崩れやシワができにくく、取り出しやすいという利点があります。まとめてアイロンをかけたあと収納すると月から金まで朝ここから取って着ていくだけ☆ニットを入れる方もいます。


 

コツ②下段に収納ケース

基本2つ目は下段の収納ケースや、チェストです。収納ケースならこんなにギッチリ詰めこむことも可能です。両端は扉にぶつからず引き出せる幅にしておくのがスムーズに取り出すためのコツです。


 

コツ③棚板上のボックスは軽い布製、紙製、バスケットがおすすめ

基本3つ目は、棚上のボックス収納です。常時稼働していないもの、シーズンオフの衣類やカバン、布団袋などをしまう場所としておすすめです。女性ひとりでも大変な思いをせず下ろせる、布製、紙製、バスケットなど軽量のボックスに入れるのがおすすめです。


 


 

コツ④見える収納はショップ風の畳み方で

次から、基本以外の4つのコツを見ていきます。クローゼット内にこのような棚がある場合、取り出しをラクに、見た目もおしゃれにするために、ショップ風に表側をみせてスッキリ畳むのがコツです。列と列の間や上には、若干の隙間を作るようにすることでランクアップした収納に見えます。


 

コツ⑤クローゼット内を2分割する方法

出典:pinterest.com

次にクローゼットを左右に分ける方法をご紹介します。上下に分けたレイアウトとくらべると屈まなくてすむようになります。片側はハンガー収納で、上下2段に掛けることができます。もう片側には棚を配置します。こちらは造り付けですが、カラーボックス・チェスト・収納ケースなどお好きなレイアウトが可能です。


 

つっぱり棒でもできます♡

ポールはつっぱり棒に変えることもできます。安全面からホームセンターなどの少し強力な物のほうがよいでしょう。


 

出典:pinterest.com

ポールだけで自立していれば棚はスケルトンをおくこともできます。こちらは、上下レイアウト+左右レイアウトの混在したアレンジ方法です。


 

コツ⑥クローゼット内を3分割する方法(その1)

出典:pinterest.com

次にクローゼットを3分割して使用する方法を見ていきます。左右にハンガー、真ん中に棚というレイアウトです。


 

出典:pinterest.com

棚の左右は、上下2段にハンガー収納できます。つっぱり棒なら両側からつっぱることで真ん中の棚が固定されるので、カラーボックスなどを使用することもできます。


 

コツ⑦クローゼット内を3分割する方法(その2)

こちらは逆バージョンです。真ん中だけがハンガー収納になるので、棚を増やしたい場合におすすめです。


 

お子さんの自分でできる身支度棚としても人気

この、左右に棚のレイアウトは、就学前のお子さんのひとりでできる身じたく棚として近年、人気です。本格的なクローゼットを使う前の、ほんの一時期、めまぐるしくサイズの変わる時期のお子さんの簡易クローゼットして使い勝手がちょうどよいのです。


 

 

クローゼット収納におすすめのアイテム

ニトリ

カラーボックス

ここからはクローゼット収納におすすめのアイテムをご紹介していきます。ニトリのカラーボックスは、棚板を自由に動かせる使いやすさで有名です。お子さんの身支度クローゼットとしてもひっぱりだこ。

毎朝子供達は上着を自分で選んで保育園に行っています! ニトリのカラーボックスのおかげで子供の保育園の収納がとても便利になりました!!!

http://roomclip.jp/photo/ed5b

どんどん大きくなるお子さんの衣類収納は、時期後は他の用途に使えるカラボで簡易クローゼット、学齢に入ったらちゃんとしたクローゼットを、とお考えのお母さんが多いようです。


 

2つのカラボを棚板だけで連結できる、ニトリのカラボ特性を生かした身支度棚です。カラボ2個+棚板ですむ手軽さがあります。ジャストサイズの下段のバスケットもニトリです☆


 

バスケットコルダ

ボックス類も充実のニトリ。こちらは「バスケットコルダ」です。かわいくナチュラルなルックスで、布製で軽く、引き下ろすのに便利な取っ手つきなので棚板におくボックスとしておすすめです。


 

イケア

BUMERANGハンガー 8 ピース 349円  ホワイト  

クローゼット内のハンガー統一におすすめのIKEAのハンガーです。スッキリしたホワイトのルックスと、1個40円ほどという、まとめ買いに適したお値段が買いポイント。カラーはナチュラル、ブラックも選べます☆


 

SKUBB ボックス – ホワイト

こちら上段は「SKUBB ボックス」です。つま先立ちでひっぱるとき便利な長い持ち手、そのうえ軽量で、棚板上のボックスとしておすすめです。けっこう大きいので使わないとき畳めるのもうれしいメリットです。


 

ALGOT/フレーム ワイヤーバスケット4個 トップシェルフ ホワイト

こちらはクローゼット下段の衣装ケースとしておすすめの「ALGOT」シリーズのシェルフです。並べると、トップの天板を棚板のように使えるのがポイントです。また中身が見えて探しやすいワイヤーバスケットは、引き出す感触も滑らかで、かつ勢いよく引いても抜け落ち防止ストッパーが付いている安心な作りです。


 

ALGOTシリーズ/衣類&靴オープン収納システム

ALGOTシリーズは、ほかにも様々なパターンが用意され、何もないところにオープンクローゼットをまるごと作ってしまうことができる収納システムなのです。


 

このように見えている部分が棚板だけの、ショップ風のオープンクローゼットのように棚を作ることも可能な収納システムなのです。


 

無印良品

PPケース

無印×クローゼットといえば、だれもが1度は目にしたことのあるPP(ポリプロピレン)衣装ケースですね!半透明なので丸見えにならず、といって中身はわかるので探すときもイライラしません。必要な高さまできちっと積むことができるので一見チェストのようにすら見えます。


 

ソフトボックス

無印の万能の「ソフトボックス」です。いろいろなサイズがあり、このようにソフトボックスだけでクローゼットを埋めることもでき、棚板上の軽量の布製ボックスとしてもおすすめです。


 

無印ファイルボックス+IKEA!

こちらはモノトーン好きの方におススメしたいオールホワイト収納。無印ファイルボックス+IKEAのVARIERAボックス(右上)です。いずれも収納グッズとして定評があります。ファイルボックスはこのようにさまざまなサイズがあること、VARIERAボックスは小299円というお値段も収納グッズとして魅力♡


 

クローゼット収納ならおまかせ☆100均便利グッズ

セリア/エスエスハンガーLL+つっぱり棒

こちらは100均アイテムを使って、ポール3本分×2=計6本分のハンガー掛けを可能にした例です。クローゼットひとつにつき、セリアの「エスエスハンガーLL」という、びよ~んと長いS字フック4本を使用し、セリアのつっぱり棒2本を順々にささえています。結果このような大容量のハンガー掛けが可能になりました。


 

セリア/Plenty Box

こちらはまとめ買いにうれしい1個100円、セリアの「Plenty Box」です。ペーパーボックスなので、棚板上の収納ボックスとしておすすめです。2段積み重ねているお宅もあります♡


 

ダイソー/ディッシュスタンド

こちらはダイソーの「ディッシュスタンド」です。意外な使い方ですがクローゼット内で収納に困るネクタイやベルト掛けにちょうどいいアイテムに。広がらないためのおさえも付いた、まるで元からあるかのように見えるアイテムです♡


 

ダイソー/フタ付きボックス

こちらは大人気のダイソーの「フタ付きボックス」です。狭い収納場所にこのように小分けして❝積む❞のにとっても便利なんです♡


 

各メーカーの混合技!

こちらは和室の押し入れを改装したものです。無印のPPボックス、セリアのplentyボックス、IKEAのVARIERAなど収納グッズの混合技が機能的でかつ美しいですね♡あとで可動棚を付けられるよう、建築時あらかじめ壁に下地を入れてもらったそうです。いちどに付けると高額になる可動棚。後付けするために、下地だけは入れておくという方法は参考になりますね♡


 

こちらは押し入れでなく、寝室の壁ぎわの収納ですが、押し入れやクローゼットにも応用できますね☆左下はPPボックス、組み合わせるとこんなにも美しいというお手本ですね♡その上の取っ手付きは「squ+」のインボックス、最上段は収納ボックスとして有名なバンカーズボックスと、無印の硬質パルプボックスです。いちどボックスに包んでから「見せる」という収納が、美しく機能的な収納のヒケツですね♡


 

 

クローゼット収納実例

布団収納

無印/掛ふとん用収納袋

布団はかつて平積みするしかなく、軽くてかさばる羽毛布団などが押し入れからなだれおちてきて困った経験をお持ちの方は多いと思います。でもいまや収納袋に入れて押し入れやクローゼットのすきまにストンと縦置きしたり横置きしたりするのが人気☆こちらは無印の「掛ふとん用収納袋」です。ひとつ600円とお値段もおトクです♡


 

IKEA/SKUBB収納ケース

こちらは「布団」と銘打たれていませんが、布団に充分対応できるIKEAの「SKUBB収納ケース」です。IKEAオンラインでは現在2サイズ販売されていますが、小さいほうの44×55×19 cmでも、シングルサイズ羽毛布団が1枚は入るようです。お値段も999円とお手頃。収納に困るゲスト用やオフシーズン用の布団もこれがあれば押し入れスッキリです。


 

アウター類衣類

ことに冬場は、アウター類は部屋にかければもこもこでかさばるし持ち運ぶのもめんどうですよね。こちらは玄関にアウター用のファミリークローゼットを設置しています。玄関にカバンだけもって来て身支度し、さっと出かけられるメリットがあります。棚上のボックスも見えてもかわいいニトリの「バスケットコルダ」(左)と、ダイソーの「ナチュラルレースの収納ボックス」です♡


 

こちらもアウター類を玄関で収納しています。ハンガーラックは市販のものですが、ナチュラルな帽子&マフラー掛けとともに、壁紙や窓枠などさりげないカフェ風の演出も効いて、まるでお店の一角のように見せることができています。


 

下着収納

ボックスの仕切りにインしてからクローゼットに

出典:pinterest.com

アンダーウェア類は小さく薄いので、ボックスや引き出しの中では広がってぐちゃぐちゃになりやすいものです。紙などでカンタンに仕切りを作り、その中にインしてからクローゼットにしまえば、取り出しやすく、開けたときうんざりすることもなくなります。


 

まず市販のボックスにイン

出典:pinterest.com

100均などのプラスティック製の縦型ボックスに収納する方法もあります。1つずつの仕切りなら尚良いですが、縦方向の仕切りだけでも引き出しやボックスを開けたときのスッキリ感が違います。


 

クローゼット収納の達人ブログをチェック!

人気の畳まない収納

いま、ハンガーに掛けて干した衣類をそのままクローゼットに直行させる「畳まない収納」が静かにブームを呼んでいます。こちらのブログでは①実践の詳しい経過と、②実践者の率直なご感想をご紹介されています。ぜひのぞいてみてください。

  1. 「北欧、暮らしの道具店/【OURHOME Emiさんの収納術】第1話:「ちょい置き」を防止する、すっきりクローゼットの仕組み。
  2. 「整理収納レシピ/無印良品で「ラクすぎてごめんなさい」な収納に。」

 

無印アイテムのクローゼット収納実例

こちらのブログでは無印アイテムで実践されているスッキリしたクローゼットの様子を豊富画像で公開されています。ぜひご参考ください☆

「ひよりごと/収納公開!クローゼット編」

 

まとめ

クローゼット収納の基本と便利アイテムはいかがでしたか?基本をおさえてしまえば、それに慣れてしまえば、何となくごちゃっとしていたクローゼットもいつのまにか変わります。ある日気づいたらみちがえる…そんなスッキリクローゼットへの道をぜひ実現していきましょう☆

 

クローゼット収納に関するこちらの記事もおすすめ!

シェアしよう!