クローゼット収納を上手くするコツ7選&おすすめアイテムをご紹介☆

今や押入れよりもクローゼット収納!という人の方が多いのではないでしょうか。ウォークインクローゼットといった大型収納も人気ですよね。フリースペースで自分なりの収納アレンジができるクローゼットですが、逆にどうやって整理したらいいのかわからなくて、ごちゃごちゃしている…なんて悩みを抱えている人もいるのでは?そこでクローゼットをすっきりした収納空間にできるコツを7つご紹介しますね。

2017/07/21 更新
クローゼット収納を上手くするコツ7選&おすすめアイテムをご紹介☆

今や押入れよりもクローゼット収納!という人の方が多いのではないでしょうか。ウォークインクローゼットといった大型収納も人気ですよね。フリースペースで自分なりの収納アレンジができるクローゼットですが、逆にどうやって整理したらいいのかわからなくて、ごちゃごちゃしている…なんて悩みを抱えている人もいるのでは?そこでクローゼットをすっきりした収納空間にできるコツを7つご紹介しますね。

クローゼット収納のコツとは?基本7ポイントをチェック!

クローゼット収納例  基本の「き」

①ハンガー+吊り、②衣類ケース、③ボックス

media

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

クローゼット収納、基本の「き」からいきましょう。クローゼットは、たいていの場合開き戸タイプの扉がついており、中にはハンガーをかけるポールとその上に収納棚がついています。


 

media-1

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

広さは半畳から1畳といったところでしょうか。部屋の間取りや広さによってクローゼットの広さも変わってきます。高さは床から天井までと、高さについてはどの部屋でも変わらないといえるでしょう。


 

media-2

YOU(ゆう)

出典:instagram.com

また部屋をまるまるクローゼットにした、ウォークインクローゼットといったクローゼットもあります。こちらはクローゼットの中で自由に歩き回れるほど広く、納戸が部屋に隣接しているといった感じです。収納力は抜群で、ウォークインクローゼットを売りにしている物件も多くみられます。


 

media-3

akari

出典:instagram.com

クローゼットの基本的な使い方は、ポールにジャケットやシャツ、ワンピースなどをかけ、その下に収納ケースを置くというもの。ポールの上にある収納棚には、収納ボックスを置きます。では、クローゼット収納のコツを詳しく見ていきましょう。


 

広告

 

コツ①ハンガー&吊り収納

ハンガー

media-4

Yuu

出典:instagram.com

クローゼットの一番のメリットは、洋服に対応している点。ジャケットやワンピースなどたたんでしまえないものをそのままハンガーにかけておくことができます。ハンガーにかけた服はどこに何があるのか探しやすく、しまうのも簡単。


 

media-5

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

クローゼットに余裕があるなら、アイテムを統一すれば見た目にもすっきりとした収納が出来上がります。例えばシャツならシャツをまとめてかける、といった風にです。余裕がないなら、せめてアイテム類をまとめて収納しましょう。


 

media-6

chiaki

出典:instagram.com

カットソー、ワンピース、パンツとアイテム別にまとめてハンガーにかけておけば、探すのも楽ですししまう時も場所が決まっているのでしまいやすいといったメリットが。もちろん見た目にもきれいなので、きちんと感が出ますよ。


 

media-7

masumi

出典:instagram.com

もちろん新しい洋服を買う時も、クローゼットの中をカメラで写してからお店に行けば、同じ服を2着も買ってしまった!なんていう失敗ともおさらば出来ますね。


 

吊り下げ収納

media-8

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

ポールにつるすのは何もハンガーだけではないのです。つるすタイプの収納ボックスを使えば、たたんでしまっておきたいものもポールを使った収納ができるんです。普段使うものはすぐ手に届く場所に置いておきたいなら、つるすタイプの収納ボックスを使いましょう。


 

media-9

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

バッグなど置き場所に困るものでも、つりさげるタイプの収納ボックスがあれば、その中に収納できますね。バッグも型崩れすることなく収納することができます。


 

media-10

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

また衣替えをした衣類をしまっておくにもつりさげ収納は役立ちます。個別に梱包したい大切な衣類や、収納ケースに入れておくと通気性が不安といった場合にはつりさげ収納の中にしまっておいてみては。


 

 

コツ②下段に収納ケース

media-11

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

ポールにハンガーでジャケットやシャツを収納した場合、その下に空間ができることはありませんか。せっかくのクローゼットの収納スペース、使わないのはもったいない!ハンガーにかけた服の下がデッドスペースになっているなら、収納ケースを置いて収納力をアップさせましょう。


 

media-12

しゅうこんぶ

出典:instagram.com

ハンガーにかけた服との隙間がちょっとあるくらいが、ベスト。収納ケースが服に触れるようでは、服の裾がしわしわになってしまいます。デッドスペースは有効に使いたいですが、服がきれいにしまえることも頭に入れておいてくださいね。


 

media-13

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

個別の収納ケースなら、クローゼットの奥行きやしまうものに応じた大きさのケースを選ぶことができます。衣替え用に用意するなら大型のケースがおすすめですし、普段使いものなら浅めの取り出しやすいケースがおすすめです。またクローゼットのインテリアに合わせてケースを増減できるのもいいですね。


 

media-14

{ m’m }

出典:instagram.com

もちろん隙間やクローゼットの大きさに余裕があるなら、タンスを入れてもOKなんですよ。タンスをクローゼットの中に収納できれば、部屋の間取りも広く使えます。


 

media-15

MAYU

出典:instagram.com

ウォークインクローゼットのような大型のクローゼットなら、タンスを2台入れても十分余裕があるのではないでしょうか。シンプルなタンスなら見た目にもすっきりとした収納に。


 

コツ③棚板上のボックスは軽い布製、紙製、バスケットがおすすめ

media-16

masumi

出典:instagram.com

ポールの上にある棚には、普段使わないものを収納しておくのがおすすめ。季節外れのコートやバッグ類をボックスに入れてしまっておきましょう。


 

media-17

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

収納棚は天井近くの高い位置にあることがほとんど。そのためしまったり取り出したりするのは大変です。なので収納ボックスは布製や紙、かごといった軽い素材でできているものを選びます。重いものを天井近くまで持ち上げるのは大変ですよ。


 

media-18

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

収納ボックスは数をそろえた方が収納力がアップしますね。またブランドやデザイン、色など同じものを用意すると統一感が生まれるので、すっきりとした収納になりますよ。棚の上は見えにくいところですが、クローゼットを開けたときの見た目が違ってきます。


 

 

コツ④見える収納はショップ風の畳み方で

media-19

ARINKO🐜

出典:instagram.com

扉がついたクローゼットでも、見せる収納をするならやはりきちんと収納しておきたいもの。ハンガーにかける服はそのままでも、たたんで並べる服はTシャツなら表のデザインが見えるようなたたみ方がベストです。


 

media

Mari

出典:instagram.com

マネするのはショップの畳み方。ショップに並べられている服は、デザインが分かりやすいように、しかもきれいにたたまれていますよね。それをクローゼット収納でも実践してしまいましょう。見た目の良さがぐんと変わります。


 

media-1

Mari

出典:instagram.com

こちらのクローゼットは、まるでショップのようなビジュアル!服を重ねるのも余裕をもって重ねているので、見た目にも美しく収納されています。このような収納をすれば、クローゼットを見るのが楽しくなってしまうかも。


 

コツ⑤クローゼット内を2分割する方法

media-2

Rumi

出典:instagram.com

クローゼット内を分けてしまえば、収納が楽になります。ポールと棚のみのシンプルなクローゼットなら、自分で棚を作ってクローゼット内を2分割してしまいましょう。カラーボックスやチェストなど、収納ケースなら何でもOKです。


 

media-3

masumi

出典:instagram.com

初めから2分割されているクローゼットなら、カラーボックスやチェストを置かなくても大丈夫。横の棚の部分には収納ボックスを置いたり、収納しやすいアイテムとして人気のファイルボックスを置いたりして小物類が収納できます。


 

media-4

masumi

出典:instagram.com

ウォークインクローゼットのような大容量のクローゼットなら、ポールと棚を垂直にして空間を有効活用することができますね。ポールを壁の端から端まで使うことで、ハンガーの収納力がアップ。


 

media-5

mayumi

出典:instagram.com

2分割されているクローゼットに、チェストやタンスを置いてデッドスペースを活用しています。もちろん初めから2分割されているクローゼットでも、チェストやタンスを置いて収納に使ってもいいんですよ。現在使っているものをポールや横の棚に収納して、使っていないシーズンオフの衣類はチェストや棚の中に入れてしまえば、衣替えもらくちんですね。


 

media-6

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

仕切りがないなら、つりさげ収納を仕切り代わりに使いましょう。家族で同じクローゼットを使っているなら、右と左で使う人の衣類を分けられますね。


 

media-7

bota🌿

出典:instagram.com

奥行きのあるクローゼットなら、横ではなく手前と奥で2分割してみても。奥に棚を作ってそこに小物類や普段使わないものをストック。


 

 

コツ⑥同じハンガーで統一感を

media-8

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

ハンガーの見た目も、きちんとした収納に見えるかどうかを左右するんです。バラエティに富んだハンガーなら、見た目からしてごちゃごちゃしてしまいます。なので、ハンガーもできれば同じブランドの同じテイストのものでそろえましょう。


 

media-9

Mayuko Natsuno

出典:instagram.com

ハンガーに統一感があれば、すっきりとしたクローゼットに見えますよ。


 

コツ⑦衣装カバーで見た目すっきり

media-10

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

服のデザインや長さ、カラーがばらばらになっているなら、衣装カバーを使ってみては。同じ衣装カバーをかけてしまえば、どれもこれも同じに見えるので、統一感のあるすっきりとしたクローゼットになります。


 

クローゼット収納におすすめのアイテム

ニトリ

media-11

しゅうこんぶ

出典:instagram.com

ここからはクローゼット収納におすすめのアイテムを紹介します。まずはニトリのボックス。収納ボックスは同じ物をそろえた方がいいという話をしましたが、棚の上に置くボックスは中に何を入れたのか忘れがちになるので、きちんと中身をボックスの外側に明記しておきます。


 

media-12

camiu.5

出典:instagram.com

ハンガーにかけた服の下に置いてあるチェストはニトリのもの。デザインがシンプルなので、すっきりとした見た目を重視したいときにはぴったりのチェストですね。


 

イケア

media-13

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

上段にあるイケアのボックスは、形もデザインもさまざまなものがいっぱい。クローゼットにしまい込む収納ボックスでも、自分がお気に入りのものを使っているとテンションが上がりますね。もちろんシンプルな白いボックスも素敵。


 

media-14

asami

出典:instagram.com

四角い形状のものが多い収納ボックスですが、棚の上にあるイケアの収納ボックスは取っ手がついているので、取り出すときに便利。軽いので、扱いやすい収納ボックスですよ。


 

media-15

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

こちらもイケアの収納ボックスです。先ほどの収納ボックスと同じタイプのもので、大きさが違います。布団を収納できる大きさがあり、クローゼット以外にベッドの下にも収納できます。


 

 

無印良品

media-16

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

無印良品のPPケースはサイズが豊富。高さが違うもの同士を組み合わせて使うこともできます。ケースにキャスターを取り付けられるので、移動させるのにも使いやすいですよ。


 

media-17

YOU(ゆう)

出典:instagram.com

こちらも無印良品の収納ケースを、クローゼット収納に使っている実例です。広さのあるウォークインクローゼットなので、衣類以外も収納できるのがいいですね。


 

media-18

usagi works

出典:instagram.com

ウォークインクローゼットの広さを利用して、身だしなみを整えるスペースまで。広さがあれば、収納ケース以外にもユニットシェルフや鏡を置いて、収納だけではない使い方もできますよ。


 

クローゼット収納ならおまかせ☆100均便利グッズ

セリア

media-19

Saori Araki

出典:instagram.com

クローゼット収納には、100均のアイテムも大活躍。棚の上にある収納ボックスはセリアのもの。収納ボックスはたくさんの数がほしいので、100均アイテムでそろえるとお財布にも優しいといえるでしょう。


 

ダイソー

media-20

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

こちらも棚上収納を100均のダイソーでそろえています。本来はボーダー柄なのを裏返して使っているのだそう。自分なりのアレンジを加えるのも、お気に入りの収納にするポイントです。


 

キャンドゥ

media-21

YOU(ゆう)

出典:instagram.com

個性的なドット柄の収納ボックスは、キャンドゥで購入したものだそう。モノトーンを基調とした落ち着いた印象のクローゼットで、ドット柄が可愛く見えますね。


 

 

クローゼット収納実例

布団収納

media-22

MAYU

出典:instagram.com

クローゼットは衣類を収納する場所と決めつけがちですが、大容量の収納スペースとして、衣類以外を収納するのにも大活躍。家の中に押入れがないなら、収納ボックスに入れて布団を収納しても。


 

スーツケース類

media-23

YOU(ゆう)

出典:instagram.com

スーツケースなどの普段使わない大型のアイテムも、収納場所には困りますよね。そんな時クローゼットはおすすめの収納場所です。クローゼットは高さがあるので、スーツケースを収納するにはぴったり。


 

アウター類

media

kayoacco

出典:instagram.com

玄関にクローゼットがあるなら、そこにアウター類を収納してみては。家族が多いとコート掛けもいっぱいになりがちですが、クローゼットなら収納力抜群。シーズンオフになったら、そのままクローゼットにしまい込んでもいいですよね。


 

media-1

kayoacco

出典:instagram.com

玄関のクローゼットに広さの余裕があるなら、鏡を置いておけばお出かけ前の最終チェックも。靴と合わせたコーディネートをチェックできます。


 

インナー類収納

ボックスの仕切りにインしてからクローゼットに

media-2

ma*on / ミニマリスト/収納

出典:instagram.com

クローゼットの収納ケースにインナーを収納するなら、仕切りをつけてから収納しましょう。収納ケースはインナー収納としては大きいものがほとんど。そのまま収納してしまうとごちゃごちゃしてしまうことも。そこで仕切りを入れればきちんと収納することができます。


 

まず市販のボックスにイン

media-3

mai ◡̈♥︎

出典:instagram.com

もしくは、インナー収納用のボックスを用意して、その中に収納してからボックスごと収納ケースに入れてみても。使う人や季節ごとなどに区分けすると使い勝手のよさがアップしますよ。


 

ケースには縦収納で

media-4

simplelife design

出典:instagram.com

クローゼットの収納ケースに衣類を入れる際、便利な収納の仕方が縦収納。衣類は積み重ねて収納しがちですが、そうすると一番下に入れたものが見にくいですよね。


 

media-5

simplelife design

出典:instagram.com

衣類を立てて縦収納すれば、どの服がどこにあるのかケースを開けるとすぐにわかります。また収納しやすく取り出しやすいので使い勝手も良好。あの服がどこに行ったのかわからない、なんてこともなくなります。


 

まとめ

クローゼット収納のコツを7選お伝えしました。いかがでしたでしょうか。フリースペースになっていることが多いクローゼットは、自由だからこそいろいろ詰め込んでしまいがち。基本を守って収納すれば、きちんとした収納ができますよ。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!