団地インテリアがここまでオシャレに!?DIYのお手本ブログは【MAKE MY HOME】がオススメ

「Make my home 」というブログがあります。 築33年の団地インテリアをDIYでセルフリノベしているブログ。何だかおもしろそうですよね? では、築33年の団地を「BROOKRYN スタイル」にDIYする ってどんな感じなのかご紹介します!

2017/01/24 更新
著者:
団地インテリアがここまでオシャレに!?DIYのお手本ブログは【MAKE MY HOME】がオススメ

Make my home」というブログがあります。

築33年の団地をDIYでセルフリノベ!! 団地だから出せるBROOKLYNスタイル目指して頑張ってます(*∩ω∩)

団地DIYで団地に見えないお家作り 頑張ってます!!!

http://ameblo.jp/maa–chaa/

というブログ。何だかおもしろそうですよね?ところで、「BROOKLYNスタイル」って何でしょう?
ニューヨークの古いアパートや倉庫を思わせる内装は、ブルックリンスタイルの基盤といっても過言ではありません。

ニューヨークのブルックリン地区は、新進気鋭のアーティストやクリエイターたちが集まるおしゃれな街です。
ハンドメイド家具店で見つけた一点物やアートなどをチョイスしたインテリアは、ブルックリンスタイルと呼ばれています。

https://doc.suvaco.jp/brooklyn_style-141204/

こんな感じです。カッコいい男前なインテリアですね!では、築33年の団地を「BROOKRYN スタイル」にDIYする ってどんな感じなのか、これからご紹介します!

築33年の団地を、ニューヨークの古いアパートや倉庫みたいな「ブルックリンスタイル」にDIYで変えるって、どんな感じなの?

「Make  my  home」のブログから、DIY によってブルックリンスタイルに改装した写真をお借りしています。ご参考ください。

 

リビングの襖(ふすま)

ビフォー(DIY前)

こちらはリビングの襖。築33年の団地のまま。こちらがDIY 達人の手にかかると……?


 

途中経過

まずベニヤ板が張られ、撮っても付いて、一気に襖っぽさがなくなりました。上部にはステンドグラスふうの小窓スペースもできています。


 

アフター(DIY後)

ドア表面にアンティークのの凹凸が作られ、ブルーグレーに塗装すると、骨董やさんで見かけるようなドアに生まれ変わりました。すごい!


 

広告

 

キッチンカウンター

ビフォー

こちらはご自身で数年前にいちどリメイクされたというキッチンカウンター。いささか殺風景です。こちらが……?


 

途中経過

キッチンとの境の枠ができ始めました。


 

アフター

キッチンとの境ができました。ボロボロだったカウンター基部も、リメイクしてナチュラルな味わいに。ダイニングキッチンが一気にヴィンテージなカフェふうのしゃれた雰囲気にチェンジされました。


 

玄関

ビフォー

こちらは築33年のままの玄関です。こちらが、どのようになるかというと……?


 

途中経過

レンガ柄の壁紙が貼られました。雰囲気が一変しましたね。つなぎ目の柄を合わせるのが大変!だったそうです。(壁紙の真ん中からちょっと右寄りに、うっすら見えているジョイント部の線にご注目ください。)


 

アフター

わざとはがれかけた雰囲気にした白い塗装や、ポスターで、無機的でしょっぱい感じの団地の玄関が、あっというまにニューヨークのおしゃれな古いレンガ造りのアパートふうに!ステキですね。


 

次は築33年の団地のDIY 改装後の写真いろいろをみていきましょう!!

 

築33年の団地のDIY 改装後の写真いろいろ

それでは、こちらのお宅のDIY 改装後の室内を画像でご覧いただきます。

 

ダイニングキッチン

もともとの築33年の雰囲気がほとんど見えないくらい、ブルックリンスタイルがばっちり実現されていますね。


 

キッチン

先ほどのDIYしたのキッチンカウンターをダイニング側から見上げる形で見たところ。パタパタ窓や多肉植物、プレート、黒板、小さい吊り戸棚などなど、細かい工夫がいっぱい。


 

キッチンカウンターを、キッチン内部から見たところです。おとこまえ~~!!カッコいいですね。ここだけ見ていたらまるっきりニューヨークのアパートの一室です。


 

キッチンのシンクまわりです。見せる収納がバッチリキマっていますね。お箸や杓子などが、ひとつひとつ違うビンや缶に納められていたり、等間隔に吊り下げられたツールが白いタイルに映えて、とてもカッコいいですね。右側の棚もヴィンテージふう。ガラスの内側に網が取り付けられていたり、流しの上の吊り戸棚に色んなジャーがストックされていたり、とにかくぜんぶがニューヨークっぽい雰囲気を醸し出していますね。


 

カゴはワイヤーによる自作です。カウンターからキッチンのシンクあたりを見たところ。


 

カウンター内部の棚です。隅から隅まで日本っぽくない徹底ぶりがすごいです。


 

同じくカウンターの中。この方はラベル使いの達人でもあります。


 

 

リビング

リビングです。クッションの「BROOKRYN」の文字がこのリビングのコンセプトを一言で表現しています。


 

ソファの向かって左側にあるDIY棚です。下の白い引き出しと開き部分は既成の棚のリメイクですが、その上部はゼロから手作り!です。


 

ソファに向かって右側の、DIYで作った 吊り戸棚です。


 

室内

DIY された奥さんの大切なものが掛けられている場所。


 

室内にあるドアの左側。レンガは発泡スチロールです。とても古い団地の一室には見えません。


 

ドアのアップ♪ 文字はステンシルです。扉を開けたら、そこにニューヨークの景色が広がっていそうですね。


 

まとめ

DIY の達人による「Make  my  home」のブログはいかがでしたか?

いちどにリノベされたのではなく、少しずつ、少しずつ、手を加えて作りかえていかれたようです。

ここに掲載したのは、ブログのごく一部ですので、ブログのほうものぞいてみられて、
住人の方が、長い間愛を込めて、我が家をブルックリンスタイルに変えていかれた過程を、
ぜひご参考にされてみてください。

 

DIYでしたらこちらの記事もオススメですよ☆

シェアしよう!

関連タグ