アロマキャンドルのおすすめ15選 おしゃれな贈り物にも人気

アロマキャンドルを空間に取り入れて癒しのひとときを過ごしてみませんか?選び方や正しい使い方、注意点とあわせて、おしゃれなデザインが人気のおすすめアロマキャンドルをご紹介します。

公開日:
アロマキャンドルのおすすめ15選 おしゃれな贈り物にも人気
minneとものづくりと

minneとものづくりと

専門家ライター

「minne」で活躍する作家・ブランドのみなさまや作品をはじめ、著名なクリエイターのインタビュー、全国の伝統工芸や工場の紹介など、「ものづくり」 を愛するすべてのひとに贈る「ものづくりメディア」です。

アロマキャンドルのおすすめ15選 おしゃれな贈り物にも人気

アロマキャンドルを空間に取り入れて癒しのひとときを過ごしてみませんか?選び方や正しい使い方、注意点とあわせて、おしゃれなデザインが人気のおすすめアロマキャンドルをご紹介します。

 

アロマキャンドルの効果とは?

アロマキャンドル

アロマキャンドルは、アロマの香りとキャンドルの炎の揺らぎによってリラックス効果を得られるアイテムです。自律神経にも作用し、集中力アップや気分転換の効果も期待できるといわれます。

炎の揺らめきは、川のせせらぎやそよ風など自然界の音がもつ「1/f」という周波数に似ており、視覚的にもリラックスできるのです。

 

 

アロマキャンドルの選び方1、用途で選ぶ

アロマキャンドルは形状や大きさによって用途や特徴が異なります。使う場所や目的にあったアロマキャンドルを選びましょう。

 

短時間で楽しめる「ティーライト」

アロマキャンドル2

ティーライトキャンドルとは、アルミやプラスチック製のカップに入った小さなキャンドルのことをいいます。もともとはティーポットを温めるために使われていたことが名前の由来です。

短い燃焼時間が特徴で、気軽に使うことができますよ。お気に入りのキャンドルホルダーに入れて炎の揺らぎに癒されたり、バスタイムのおともにしたりと使い勝手抜群です。

 

豊富な種類の「ボーティブ」

アロマキャンドル3

ボーティブキャンドルは、アロマキャンドルの中で最も一般的な形状といえます。ボーティブ(Votive)には「奉納」という意味があり、もともとは教会の祭壇に捧げられていたキャンドルです。種類が豊富なので、きっとお気に入りの香りとデザインに出会えるはず。

 

見た目もかわいい「ジェルキャンドル」

アロマキャンドル4

アロマキャンドルをインテリアとしても楽しみたい方にはジェルキャンドルがおすすめ。「ジェルワックス」というクリアタイプのワックスを使った涼しげな見た目も特徴です。中にドライフラワーや貝殻、ミニオブジェを閉じ込めた芸術性の高い豊富なデザインが楽しめますよ。

 

持ち運べる「缶・グラスジャー入り」

缶やグラスジャーに入ったアロマキャンドルは、旅先や外出先でもアロマを楽しみたい方におすすめです。

持ち運びをしやすい蓋付きで、キャンドルホルダーを別で準備する必要がなく、使いたいときにすぐにアロマキャンドルを楽しめる点が魅力です。


 

アロマキャンドルの選び方2、ワックスで選ぶ

アロマキャンドルに使われるワックスにはいくつかの種類があります。香りの広がり方や燃え方に特徴があるため、代表的なものをご紹介します。

 

パラフィンワックス

アロマキャンドル6

パラフィンワックスは石油由来のワックスです。アロマキャンドルの中でもリーズナブルなものが多く種類も豊富。初めてアロマキャンドルを使う方や、さまざまな香りのキャンドルを手軽に試してみたい方におすすめです。

一方で、ススが出やすく、精製度合いによっては有害物質を含む煙が上がることから、特に呼吸器系にトラブルを抱える方には注意が必要なワックスでもあります。

 

ビーズワックス

アロマキャンドル7

ビーズワックスは、別名「蜜蝋(みつろう)ワックス」とも呼ばれ、ミツバチの分泌物によってつくられる天然成分の希少なワックスです。

成分はほぼハチミツと同様で安全性に優れたワックスでもあります。

ビーズワックスならではの甘い香りと、ススや煙が出にくい特徴から、お部屋でゆっくりアロマキャンドルを楽しみたい方におすすめです。


 

ソイワックス

アロマキャンドル8

ソイワックスは大豆を原料とした植物由来のワックスです。パラフィンワックスと比べて燃焼時にススや煙が出にくいという特徴があります。

100%ピュアなソイワックスは有害物質が含まれていないため、小さなお子さまがいる空間や食事中にも安心して使えます。また、ソイワックスは低音でゆっくりと燃える特徴を持っているため燃焼時間が長く、香りをゆっくり楽しむことができます。

 

パームワックス

アロマキャンドル9

パームワックスはヤシの実から精製した「パーム油」を原料にしたワックスです。

キャンドルにしたときにクリスタルのような美しい模様が楽しめるのが特徴です。燃焼時のススや消したあとの匂いが少ない点も人気の理由。


 

アロマキャンドルの選び方3、香りで選ぶ

アロマキャンドル10

<アロマキャンドルで重視したいポイントはやはり「香り」ですよね。好みの香りだけでなく「リラックスしたい」「すっきりしたい」といった、得たい効果から香りを選んでみるのもおすすめですよ。

 

癒しの「ラベンダー」

ラベンダーはリラックス効果のある香りの代表格です。交感神経と副交感神経のバランスを整えることでリラックスできる香りだといわれています。夜、お風呂やベッドルームで安らぐためのアロマキャンドルにおすすめです。

 

集中したい時は「ミント」

集中したい仕事があるときには、ミントの香りがおすすめ。ミントに含まれるメントールの清涼感が気分をすっきりさせてくれますよ。眠気覚ましにも効果が期待できます。

 

リフレッシュに「柑橘系」

オレンジやレモン、グレープフルーツといった柑橘系の香りには、心や体を元気で前向きにしてくれる効果があるともいわれ、気分転換にぴったりです。甘すぎない香りは年齢性別問わず人気で、贈り物にもおすすめですよ。

 

アロマキャンドルの正しい使い方

アロマキャンドル11

アロマキャンドルには正しい使い方や、効果を高めるために気をつけたいポイントがあります。代表的なポイントをご紹介します。

 

 

根本から火を付け、1時間以上灯す

1時間というのは、アロマキャンドルの表面のロウが全体的に溶ける目安の時間です。いつもアロマキャンドルを均等に使いきれない、どんどん中央だけ溶けて窪みができてしまう、という方はぜひこのポイントを意識してみてくださいね。

 

アイテムを使って火を消す

アロマキャンドルの火を、ついつい息で吹き消しているという方も多いのではないでしょうか。実は、これはNG。せっかくお部屋に広がったアロマの香りを煙の臭いで台無しにしてしまう原因に。ピンセットや、スヌーファーといった専用のアイテムで消すと煙の発生を防ぐことができます。

 

風や日が当たらない場所で保管する

アロマキャンドルを使わないときには、日の当たらない涼しい場所での保管がおすすめ。風や直射日光はキャンドルのアロマ成分を劣化させる原因になるため避けましょう。

 

アロマキャンドルを使う際の注意点

アロマキャンドル12

アロマキャンドルは心身ともにリラックスできるアイテムですが、当然、火を使うにあたっていくつか注意しなければいけないことがあります。

 

キャンドルホルダーや受け皿の素材を確認

キャンドルホルダーや受け皿を自宅にあるもので用意したいという場合には、それらの素材が耐火性素材のものであるかをしっかり確認しましょう。心配な場合には、アロマキャンドル専用のホルダーや受け皿を使用しましょう。

 

ロウの後始末をしっかり行うこと

アロマキャンドルの火を消してそのまま放置すると、芯に溶けたロウが固まることで炎が小さくなってしまう原因となり、また、キャンドルのそのものの劣化にも繋がってしまいます。溶けたロウは火傷に注意しながら、ティッシュペーパーなどで吸い取っておくのがおすすめです。

 

おしゃれなおすすめのアロマキャンドル15選

ここからは、香りだけでなく目でも楽しめるおしゃれなアロマキャンドルをご紹介します。

 

心が明るくなる爽やかカラー

アロマキャンドル13

鮮やかで爽やかなカラーリングが魅力のキャンドルです。ティーライトで楽しむ、ソイワックスキャンドルにする、LEDで楽しむ、などお好みのスタイルでオーダーできますよ。

作品を見る

 

ハイセンスな鉱石風キャンドル

ジェルキャンドルを用いて、天然石のようなフォルムと配色を表現した「鉱石キャンドル」です。

置くだけでお部屋をセンスあふれる空間に演出してくれます。ミントの香りで集中力アップにも繋がるはず。


作品を見る

 

温かみのあるボタニカルなキャンドル

アロマキャンドル15

インテリアとして飾りたくなる、ミモザとユーカリのボタニカルキャンドルです。ミモザのやさしく甘い香りがふんわりと広がりますよ。ミモザの香りには、心を落ち着かせ、安心感を与えてくれる効果があるといわれています。

作品を見る

 

パチパチ音を楽しむソイキャンドル

人と環境にやさしいソイワックスを使用したキャンドル。

木芯になっているため、炎の揺らぎだけでなく、パチパチという焚き火を連想する心落ち着く音も楽しめます。

レモングラスの香りが心の緊張をほぐしてくれますよ。


作品を見る

 

乙女心をくすぐるデザイン

アロマキャンドル17

パームワックスを使用したクリスタルな見た目と、ときめくデザインが魅力的な作品です。キャンドルの本体カラーと中央のハートパーツのカラーをお好みの組み合わせでオーダー可能。プレゼントにも喜ばれそうですね。

作品を見る

 

欠けていく月を楽しむ

お風呂場や寝室にもぴったりな「お月見」ができるキャンドルです。使うにつれて欠けていく自分だけの月の様子をリラックスした気持ちで楽しめます。


作品を見る

 

お菓子のようなキャンドル

アロマキャンドル19

クッキー缶に入ったクッキーキャンドル。小さくて持ち運びもしやすく、複数のお部屋に飾って香りを楽しむことができます。ソイワックスで安全性も◎。

作品を見る

 

プチギフトにもおすすめ

アロマキャンドル20

ミルクとカラフルなシリアルが詰まったような瓶デザインがキュートな作品。写真にも映えるのでギフトにもおすすめです。+100円でお好きな香りを選べます。

作品を見る

 

特別な日に使いたい

アロマキャンドル21

ラナンキュラスを表現した、繊細な花弁の造りにうっとり。ウエディングのテーブル装飾にもおすすめです。お花好きへのギフトにも喜ばれそうですね。

作品を見る

 

 

コンクリート風のクールなデザイン

コンクリートのようなデザインと金箔の輝きが、お部屋のアクセントに。どんなシーンでも癒されるひのきの香りを楽しめます。


作品を見る

 

バラと紫陽花を閉じ込めて

アロマキャンドル23

ブルー系でまとめられたドライフラワーが、落ち着いた美しさを演出。ゆっくり過ごすおうち時間に灯したいボタニカルキャンドルです。

作品を見る

 

星を詰めこんだ癒しのキャンドル

なんと300個以上のカラフルな星が詰まった、やさしい気持ちになれるパステルカラーのキャンドルです。ブルーやピンク系などお好きなカラーをどうぞ。


作品を見る

 

ユニークな切り株デザイン

アロマキャンドル25

全種そろえたくなる、かわいらしいデザインが魅力。お好きな香りをオーダーでき、ソイワックスならではのゆっくりとした燃焼を楽しめます。

作品を見る

 

やさしい桜色に灯る

アロマキャンドル26

就寝前やお風呂など、すこし暗くした空間で使うと桜色にやさしく灯るキャンドルです。リラックスタイムにさらなる癒しを添えてくれます。

作品を見る

 

幻想的な惑星キャンドル

「海王星」をイメージしてつくられたキャンドルはブルーベースで幻想的に灯ります。お風呂に浮かべることもできますよ。


作品を見る

 

プレゼントにも人気 アロマキャンドルの香りに包まれて

minneには、おしゃれでいい香りの「アロマキャンドル」が他にもたくさんあります。プレゼントにもおすすめですよ。使うシーンに合わせてお気に入りのひとつを見つけてみてくださいね。

minneで「アロマキャンドル」を探す 

 

アロマキャンドルを手作りしてみませんか?

アロマキャンドル28

見た目にも癒される、ドライフラワーなどの花材を使った「ボタニカルキャンドル」の作り方もご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

記事を読む

 

よくある質問

アロマキャンドルの効果は?

アロマキャンドルは香りと炎の揺らぎによりリラックス効果を得られるアイテムで、自律神経にも作用し、集中力アップや気分転換の効果も期待できるといわれています。詳しくはこちらの章で解説していますのでご覧ください。

 

アロマキャンドルの選び方は?

アロマキャンドルはその形状や大きさによって特徴が異なります。使用したい場所や使用目的にあったものを選びましょう。詳しくはこちらの章で解説していますのでご覧ください。

 

こちらもおすすめ☆