いま、改めてウォークインクローゼットの魅力を!

ウォークインクローゼットと聞くと、なんとなく広いというイメージがあっても、普通のクローゼットとの違いや実際にどう使うかまでは、知らない人が結構多いかもしれない。今回は、ウォークインクローゼットのメリットとデメリットを紹介しながら、その魅力を伝えたい。

公開日:
いま、改めてウォークインクローゼットの魅力を!
SUVACO(スバコ)

SUVACO(スバコ)

専門家ライター

SUVACO(スバコ)は、自分らしい家づくり・リノベーションをしたい人と、それを叶えるプロとが出会うプラットフォーム。おしゃれな住宅事例や読みものから、あなたの価値観に合ったプロが見つかります。

家にある服や小物などを、ひとつの部屋にたっぷりと収納できるウォークインクローゼット。

ウォークインクローゼットと聞くと、なんとなく広いというイメージがあっても、普通のクローゼットとの違いや実際にどう使うかまでは、知らない人が結構多いかもしれない。

今回は、ウォークインクローゼットのメリットとデメリットを紹介しながら、その魅力を伝えたい。

ウォークインクローゼットとクローゼットの違いとは?

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、人が歩いて入れる余裕のあるサイズのクローゼットのこと。間取り図では、WICと表記される場所がウォークインクローゼットだ。

一般的に広さは1畳半〜3畳ほどのものが多く、人が入ることができる大きさなので、収納するだけではなく、着替えをする場としても活用できる。

ひとつの部屋のように、独立した広いスペースを設けて収納するので、部屋の中に衣類やものを置かずにすむ。生活感をなくして、スッキリとした空間にできるのだ。

ウォークインクローゼットの中には、2つ以上のの出入り口を設けて、通路としても使用できるウォークスルータイプ(ウォークスルークローゼット)のものもある。

家事動線やライフスタイルに合わせて、自由につくることができるのだ。ウォークインクローゼットをさらに深く知るために、メリットとデメリットを考えてみよう。

 

 

ウォークインクローゼットのメリット

メリット1 収納スペースが広い

ウォークインクローゼット2

ウォークインクローゼットは普通のクローゼットよりもサイズにだいぶ余裕があるので、服、靴、帽子、バッグ、アクセサリーなど、幅広いものを収納できる。

身につけるものだけではなく、布団やスーツケース、扇風機やストーブなどシーズンものや趣味のものなど、大きなものを収納するのにもとても便利。

 

メリット2 自由度が高く家全体のデザインにこだわることができる

ウォークインクローゼット3

広さに余裕があるため、ハンガーパイプや棚を設置したり、本棚を置いて書斎と兼用できたり、とても自由度が高く、幅広い用途に使用できる。

また、ウォークインクローゼット内のデザインはもちろん、扉をつけることや扉をなくして配置を工夫することで、家全体のデザインを損なうことなく、視線を遮ることもできるのだ。

 

メリット3 衣替えの必要がなくなる

1年を通して使う衣類を、まるごとひとつの場所に収納できる。夏物や冬物もひとまとめに収納できるため、シーズンごとの衣替えの手間がなくなるのだ。

 

ウォークインクローゼットのデメリット

デメリット1 収納が広い分、部屋の広さがなくなる

クローゼットに比べて面積が広い分、リビングや寝室などの生活スペースに使える面積がなくなる。

 

デメリット2 配置に工夫がいる

たっぷりと収納スペースがあるため、どこに何を置くのか、どうやって使用するのかをきちんと決めないと乱雑になり、逆に使い勝手が悪いスペースになってしまう。
はじめに所定の位置を決める必要がある。

 

デメリット3 換気をする必要がある

クローゼットにもいえることだが、換気を怠ると湿気が溜まったり、カビや虫などの心配がある。まめに換気をすることや、窓を設置するなどの対策が必要だ。

 

それぞれのライフスタイルに合わせたウォークインクローゼットを!

メリットとデメリットを理解した上で、ここからはさまざまな工夫が施されたウォークインクローゼットを紹介したい。

 

家族全員で使えるウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット4

畳4畳ほどの大容量のウォークインクローゼット。キッチンから和室につながる空間に配置することで、収納棚や家具を新調しなくてもすむ。

無駄な家具を増やさない、これから先の老後のことも考えられたつくりになっているのだ。


 

明るい色を取り入れたウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット5

家全体はホワイトカラーで統一して、ウォークインクローゼット内部はあえてビタミンカラーのイエローを取り入れている。

床はブラックにすることで、イエローの明るさがより際立ち、元気がでる色に。


 

中央に作業台を置いたウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット6

洗濯室とつながるウォークインクローゼット。中央に作業台があることで、洗濯物をたたむことやちょっとしたものの整理もしやすい。

衣類の収納だけではなく、作業台を設けることで日々の暮らしをラクに、多用途に使用できるつくりになっているのだ。

 

夫婦それぞれのウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット7

ブルーとホワイトのツートンカラーの寝室に設けた2部屋のウォークインクローゼット。

夫婦それぞれが専用のウォークインクローゼットを持ち、それぞれのものを分けて収納できるつくりになっている。

 

あえて魅せるウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット8

アパレルショップの試着室をイメージしてつくられたウォークインクロゼット。あえて室内窓をつくり、生活スペースから見えるようにしている。

見えることで、キレイさを保つために整理整頓の意識も高まっていく。魅せるウォークインクローゼットだ。

 

外も中も収納たっぷりのウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット9

家の中心に配置した大容量のウォークインクローゼット。外は飾り棚として使用できて、中には家族全員の衣類や小物などを収納している。

家族の集まる場所にウォークインクローゼットを配置した楽しく、使い勝手のいいアイデアだ。

 

ウォークインクローゼット10

ウォークインクローゼットといってもさまざま。

ウォークインクローゼットのデザイン・配置・サイズなどを工夫することで、暮らしが楽しくラクになる。

それぞれのライフスタイルに合わせて、自分ならではの収納場所にできることが魅力だ。

自分のライフスタイルに合わせたウォークインクローゼットを考えてみませんか?


 

【ウォークインクローゼットのおすすめ記事】

ウォークインクローゼットの広さはどれくらい必要?畳1枚ちょっとでも大容量収納を楽しめる!

フォトジェニックなクローゼットをつくろう・前編【心も整う、収納術 vol.8】

クローゼットがおしゃれなマンションリノベーション30選

 

リノベの依頼先選びに迷ったら▼

専門家紹介サービス(無料)

おしゃれな住宅実例をもっと見る

こちらもおすすめ☆