美容液はどの順番で塗るのが正解なの?スキンケアの適切な使い方を覚えて美肌に

健やかな肌のために、通常のスキンケアにプラスして取り入れたい美容液。今回は、正しい使い方や塗る順番、使う際に気をつけたいことなどを幅広く紹介。同時にいつものスキンケアの順番も見直して、今より美しい肌を目指しましょう。

公開日:
美容液はどの順番で塗るのが正解なの?スキンケアの適切な使い方を覚えて美肌に

美容液はどの順番で塗るのが正解なの?スキンケアの適切な使い方を覚えて美肌に

健やかな肌のために、通常のスキンケアにプラスして取り入れたい美容液。ですが、現在はさまざまなジャンルの美容液が豊富に展開されており、塗る順番や使い方に迷ってしまいませんか?

そこで今回は、正しい使い方や塗る順番、使う際に気をつけたいことなどを幅広く紹介。同時にいつものスキンケアの順番も見直して、今より美しい肌を目指しましょう。

美容液とは?特徴を知って一歩進んだスキンケアをしよう

肌悩みに合わせて集中的に気になる部分をケアできる

肌悩みに合わせて集中的に気になる部分をケアできる

美容液は、シミ予防や乾燥など、自分の悩みに合わせて集中的にケアできる基礎化粧品です。ベーシックアイテムよりも、気になる部分によりダイレクトにアプローチしてくれるので、肌を効果的に整えられるとされています。

現在はさまざまな種類のものが各メーカーからたくさん発売されているため、自分がケアしたいと思う肌悩みに作用してくれるものを自由に選ぶとよいでしょう。

 

 

化粧水との違いは水分と成分の配合量

化粧水との違いは水分と成分の配合量

化粧水との一番の違いは、水分量と美容成分の多さです。化粧水はほとんどの部分が水溶性成分で構成されており、角層に水分を与え皮膚を柔軟にする役割があります。

一方美容液は化粧水とは役割が違い、美容成分が多く配合されているのが特徴。乾燥なら保湿、シミ予防なら美白タイプなど、ケアしたい悩み別に選択します。

それぞれ働きが異なるため、両方使うことで美肌へと導いてくれるでしょう。

 

明確な決まりはないので自分に合うものを選んで

明確な決まりはないので自分に合うものを選んで

美容液は、肌に対する効能・効果が高いアイテムが多くあるものの、訴求成分の配合量は定義として決まっていません。

化粧品につける名称はメーカーが自由に決められることになっています。そのため、美容液と称して販売されているものよりも、ベーシックアイテムの方が実は訴求成分がたくさん配合されていることもあります。

名称の違いにこだわりすぎず、自分に合うものを選ぶとよいでしょう。

 

美容液を塗る順番<種類・タイプ別>

種類によって塗る順番が変わるため注意

種類によって塗る順番が変わるため注意

一口に美容液といっても、現在はさまざまな種類のものがあります。化粧水を塗った後に使う基本タイプから洗顔後最初に使うタイプ、乳液まで塗った後の肌につけるなど、使う順番は種類によってバラバラです。

ここからは、美容液を塗る順番を種類やタイプ別に紹介します。効果を最大限発揮させるために、使う順番をきちんと知っておくことはとても大切ですよ。

 

化粧水→乳液の順番で塗る

化粧水→乳液の順番で塗る

基本の順番は、「化粧水と乳液の間」です。この順番で使うと、水分が補給されて柔軟になった肌に美容液がしっかりと浸透し(角質層まで)、それぞれの効果が最大限発揮されます。

すべてこの順番とは限りませんが、全顔用の基本タイプは化粧水→美容液という順番で覚えておけばOK。しかし、まずはメーカーが推奨する使い方や塗る順番を守ることが大切なので、事前にしっかりチェックしましょう。

 

スキンケアの通り道を作るブースタータイプは洗顔後最初につける

スキンケアの通り道を作るブースタータイプは洗顔後最初につける

全顔タイプの順番と違い、ブースター美容液は洗顔後最初の肌につけましょう。使用順序を洗顔後の最初に行うことで肌がやわらかくなり、その後に行うスキンケアの浸透(角質層まで)が高まるとされています。

また、洗顔では取りきれなかった皮膚の汚れや古い角質を取り除くとされる拭き取りタイプも、洗顔後最初に使うことが多いです。

 

油分過多や部分使い用は乳液後でもOK

油分過多や部分使い用は乳液後でもOK

油分を多く含むタイプの場合、乳液を塗った後に使うことが多いです。基本の全顔タイプやブースタータイプと違い、部分使いアイテムはこの順番になることがあります。

また、目元など皮膚が薄くデリケートな部分に使うアイテムの場合、成分の刺激が気になるときもありますよね。そのようなときでも、塗る順番が乳液後なら、乳液にクッションの役割を期待できるでしょう。

 

先行乳液と導入美容液を使うときの順番

先行乳液と導入美容液を使うときの順番

洗顔後最初の肌に塗る先行乳液を使っていて、そこに導入美容液を取り入れたい場合は、導入美容液→先行乳液の順番になります。どちらも洗顔後、最初に使うとされるアイテムなので順番が分かりにくいですが、美容液が最初です。

そうすることで洗顔後の乾いた肌に美容液がやさしくなじみ、先行乳液が肌のコンディションをやわらかく整えてくれるでしょう。

 

美容液を塗る順番<お手入れ内容別>

お手入れ内容で使う順番を変えよう

お手入れ内容で使う順番を変えよう

美容液を塗る順番は、お手入れ内容によっても変わります。普段はベーシックなスキンケアで済ませている人も、スペシャルケアとしてシートパックを取り入れることもありますよね。

また、時短のためにオールインワン化粧品を使っている人もいるでしょう。お手入れの内容別に塗る順番を理解しておくと、スペシャルケアを取り入れたときもお手入れ内容が変わったときも、使い方に迷いませんよ。

 

 

パックを使うときはその前に美容液を塗る

パックを使うときはその前に美容液を塗る

シートパックを使うなら、化粧水→美容液→パックという順番で使いましょう。順番をこのようにすることで、パック中に美容液成分が肌へ浸透し(角質層まで)、効果の高まりが期待できます。

ちなみにマスクの使い方ですが、長い間つけていても逆に乾燥の原因となってしまうため、15分までにしましょう。

一番は説明どおりの時間で収めることですが、長すぎるのも逆効果、ということも覚えておいてください。

 

複数の美容液を塗るときの順番はつけ心地を意識してみて

複数の美容液を塗るときの順番はつけ心地を意識してみて

基礎化粧品の正しい順番は、水分が多く含まれているものが先で、油分を多く含むものは後に使います。美容液も同じで、複数塗る際の順番は、つけ心地の軽いタイプから先に使い、油分が多いタイプはお手入れの最後の方に塗るのが正解。

働きが違うものを複数組み合わせることで、乾燥と美白など気になる悩みに効率的にケアができますよ。

 

オールインワンタイプの化粧品と組み合わせるなら最初に使って

オールインワンタイプの化粧品と組み合わせるなら最初に使って

オールインワンを使うときの順番は、美容液が一番です。

オールインワンタイプは、化粧水・乳液・クリームの役割を担っていることが多く、油分が多めの形状。

化粧品は水分が多く含まれるものから使い始めるのが基本なので、オールインワンより先に塗ることで油分に邪魔されずに、美容成分の浸透(角質層まで)の高まりが期待できるでしょう。

 

お肌の悩みの違いで美容液を使い分ける

乾燥が気になる時は効果的に保湿できるタイプを選ぶ

乾燥が気になる時は効果的に保湿できるタイプを選ぶ

美容液は肌悩みの違いで選んでみてください。乾燥が気になる人は、セラミドが配合された保湿効果のあるタイプを使うのがおすすめ。セラミドには、水分をはさみこんでしっかりとキープする性質があります。

ほかにも、アミノ酸やコラーゲンなどが配合されているものも乾燥肌さん向けです。乾燥などで揺らがない肌にしたいときは、保湿タイプが健やかな肌作りを手助けしてくれるでしょう。

 

未来のシミ予防のためには美白タイプをチョイス

未来のシミ予防のためには美白タイプをチョイス

日焼けによるシミやそばかすを防ぎたいなら、美白タイプがおすすめ。ここでいう美白とは、肌を直接白くしたりシミを消したりする効果ではありません。

成分によってアプローチの仕方に違いはありますが、一般的にシミの原因であるメラニン生成を阻害する働きを持つものを美白と呼びます。

そのため使い方としては、季節に関わらず1年中使うことで健やかな美しさが引き出されるでしょう。

 

正しい美容液の使い方ができているかもチェック!

基本的な使い方と効果的な使い方のポイントを紹介

基本的な使い方と効果的な使い方のポイントを紹介

美容液を手のひらに出したら、まずは手のひら全体で温めます。いきなり肌に塗るのではなく、人肌温度にあたためてから使うのがより浸透(角質層まで)を高める使い方のポイント。少しの違いですが、ぜひ意識してみてください。

全体的になじませたら、乾燥が気になる部分や肌悩みに応じて重ね付けしましょう。

ゴシゴシせず、軽い力でやさしく丁寧になじませてくださいね。

 

多すぎず少なすぎず適量を塗るようにして

多すぎず少なすぎず適量を塗るようにして

美容液は、推奨されている適量を守って使用しましょう。高価なものなど、もったいないからと少ない量で使っていると、化粧品本来の力が発揮されない可能性があります。

また訴求成分が豊富に配合されている製品も多く、使用量が多すぎると成分が刺激となって思わぬトラブルが起こる可能性がないとも限りません。

基本的な使い方として、メーカーが定めた使用量を守ることが大切です。

 

美容液の効果を十分に発揮させるために気をつけたいこと

古いものは使わず適切な使用期間を守る

古いものは使わず適切な使用期間を守る

開封ずみ化粧品は、1年以内にできるだけ早く使い切るのが望ましいとなっています。1年以内であったとしても、一度開封してしまうと雑菌の混入や二次汚染などにより品質が低下する可能性も。

そのため、開封後しばらく使わず放置していたものは使用を控えましょう。肌トラブルを起こさない観点からも、使用期間を守って安全な使い方を心がけることが大切です。

 

 

保管方法は大丈夫?もう一度見直してみて

保管方法は大丈夫?もう一度見直してみて

基本的には、直射日光が当たらず、風通しのよい涼しい場所が最適な保管場所となっています。

効果を十分に発揮させるためにも、最後までよい状態で使うためにも、適切な状況で保管しましょう。なかには冷蔵保管するアイテムもあるので、最初にチェックしておくと安心です。

さらに美容液を使う前には、においや色、分離していないかなど状態を確認するよう意識するとよいでしょう。

 

美容液どうしを混ぜて使うのはNG

美容液どうしを混ぜて使うのはNG

複数の美容液をお手入れに取り入れるのはOKですが、混ぜて使ってはいけません。もちろんベーシックなスキンケアも、製品同士を混ぜて使うことはやめましょう。

アイテムの効果を最大限引き出すためには、使い方や塗る順番を正しく守ることが大切です。

複数の成分が混ざり合うことで、刺激が起こる可能性もないとは言い切れないため、化粧品同士は混ぜて使わないようにしてくださいね。

 

スキンケアの順番・美容液の役割を理解して美肌へアプローチ

同じスキンケアでも朝と夜で違いがある

同じスキンケアでも朝と夜で違いがある

ここまで美容液を塗る順番や正しい使い方をご紹介してきましたが、今一度基本的なスキンケアの順番と役割についてもおさらいしてみましょう。

同じアイテムを使ってケアしていても、朝と夜では肌に必要な成分やお手入れ方法は変わってきます。役割を理解してスキンケアすることで、より効率的に美肌へとアプローチできるでしょう。

 

朝のスキンケアこそ保湿を意識してみて

朝のスキンケアこそ保湿を意識してみて

朝は、洗顔→化粧水→美容液→乳液→日焼け止めの順番でスキンケアをします。日中の紫外線など外の刺激から肌を守るため、朝もしっかり保湿して肌に水分をあたえてあげるのが大事です。

夜と違い朝はメイクをするので、テクスチャーが軽めのアイテムをチョイスするとストレスなくケアできるでしょう。

UVカット効果が期待できる日中用美容液を使えば、日中の潤いケアとUVケアが同時に叶えられますよ。

 

夜は栄養たっぷりのアイテムでダメージの回復をうながして

夜は栄養たっぷりのアイテムでダメージの回復をうながして

メイクをした日はクレンジングをしてから、洗顔→化粧水→美容液→乳液→ナイトクリームの順番でスキンケアを進めます。

夜は朝と違い、クリームなどリッチなテクスチャーの贅沢なアイテムを取り入れて、首やデコルテ部分までしっかりケアしてあげてください。

1日ごとに肌ダメージが回復できると次の日に疲れを持ち込まずに済み、いきいきとした肌印象が実現するでしょう。

 

化粧水・乳液・クリーム・美容液など各アイテムの役割をおさらい

化粧水・乳液・クリーム・美容液など各アイテムの役割をおさらい

基礎化粧品の各アイテムの役割の違いについても、おさらいしましょう。化粧水は肌に水分をあたえて柔軟にする役割、乳液は肌に水分と油分をバランスよく補う役割を持っています。

クリームは、油分を中心にあたえて化粧水や乳液であたえたうるおいをキープし、保湿効果の持続が期待できるとされています。

この中に美容液を取り入れることで、基本的なアイテムではカバーできない悩みを効率的にケアできるのです。

 

美容液を塗る順番を正しく理解して今よりきれいな肌を目指そう

美容液を塗る順番や、正しい使い方ついてご紹介しました。基本的にはメーカーが推奨している順番を守ることが大切ですが、テクスチャーや使用するアイテムなどで適切に使い分けましょう。

迷ってしまったら、使い心地を確認してサラッとしているものほど最初に使ってください。

今からスキンケアに取り入れる方はもちろん、すでに使っている方も塗る順番や役割の違いを今一度チェックして、心地よく使ってくださいね。

こちらもおすすめ☆