ピンクインナーカラーのお手本カタログ《2022》おすすめのベースとの組み合わせ

顔周りが華やかになって人気のピンクのインナーカラー。可愛くなりすぎる、幼くなりそうと不安な方も、インナーカラーとベースの髪色の組み合わせ次第で自分らしいイメージに仕上げられますよ。今回はピンクインナーカラーがおしゃれな組み合わせをご紹介。

公開日:
ピンクインナーカラーのお手本カタログ《2022》おすすめのベースとの組み合わせ
sasami

sasami

ライター

美容と本と甘いものが大好きな30代、1児の母です。すぐに試してみたくなる魅力的なヘアスタイルを、わかりやすくご紹介していけたらと思います。

ピンクインナーカラーが可愛い大人ヘア集

顔周りが華やかになるピンクのインナーカラーは、今年も人気の高いヘアスタイルです。

可愛くなりすぎる、幼くなりそうと不安な大人の女性も、インナーカラーとベースの髪色の組み合わせ次第で自分らしいイメージに仕上げられますよ。

今回はピンクインナーカラーがおしゃれに見える、おすすめの組み合わせをご紹介します。コーラル系、ベージュ系、パープル系とピンクの系統別に分けましたので、好きな色を探してくださいね。

大人のピンクインナーカラー《コーラル系》

チョコレートブラウン×ピンクインナーカラー

ピンクインナーカラーとベースカラーの組み合わせ、まずはコーラル系ピンクのおすすめをご紹介します。

コーラル系ピンクは黄みがかっており肌色を健康的に見せるのが特徴です。黄みが得意なイエベさんにもおすすめですよ。

チョコレートブラウンのベースにコーラル系ピンクのインナーカラーの組み合わせは、ナチュラルなウルフカットと合わせて大人可愛く仕上げましょう。


 

 

ナチュラルピンク×コーラルピンクインナーカラー

ベースとインナーカラーを同系色にするのも、おしゃれに見える組み合わせです。インナーカラーが目立ちすぎないので、派手にしたくない方におすすめですよ。

こちらのコーラルピンクは、ナチュラルなピンクをベースにして大人っぽく仕上がっています。

髪を巻くとインナーカラーとベースがよりなじみやすくなります。髪が長い方におすすめのヘアスタイルです。


 

暗めコーラル×明るめコーラルピンクインナーカラー

同系色でもうひとつ、暗めコーラルピンクのベースに明るめコーラルピンクのインナーカラーの組み合わせです。

コーラルピンクは暗めだとオレンジが強く出てより健康的な印象になります。

これにピンクが強く出る明るめコーラルピンクのインナーカラーを合わせると、大人っぽくこなれ感のある仕上がりですね。

トレンドのアンティーク柄のファッションもよく似合います。

大人の垢抜けインナーカラーはこちらもチェック。


 

アッシュベージュ×コーラルピンクインナーカラー

黄みよりのピンクインナーカラーは、総じてあたたかみのある印象に仕上がります。少しクールに寄せたい大人の女性は、ベースの髪色に寒色系を選ぶとよいでしょう。

おすすめはアッシュベージュ。寒色系でくすみ感があり、トレンド要素を気軽に取り入れられます。

顔周りに黄みがあるので、寒色系で肌色が浮きがちなイエベさんもバランスが取りやすいですよ。


 

ブルーブラック×コーラルピンクインナーカラー

普通のショートやボブに飽きた方は、こんな大胆なヘアスタイルで遊んでみませんか?

こちらはブルーブラックのベースに、コーラルピンクのインナーカラーの組み合わせ。

髪の黒さ・ツヤ感を引き立てるブルーブラックが、コーラルピンクにモード感を与えていますね。

インナーカラーを際立たせたいときは、ベースの髪色に黒髪や暗髪を選んだり、前髪にインナーカラーを入れるフェイスフレーミングを取り入れたりするのがおすすめです。


 

大人のピンクインナーカラー《ベージュ系》

暗めブラウン×ピンクベージュインナーカラー

ピンクインナーカラーとベースカラーの組み合わせ、次はベージュ・ブラウン系ピンクのおすすめをご紹介します。

派手になりにくく、さりげなくインナーカラーを楽しみたい大人の女性にぴったりですよ。

こちらは暗めブラウンのベースに、ピンクベージュのインナーカラーを合わせています。ピンクベージュはやわらかく可愛らしい雰囲気に仕上がる人気のカラーです。

大人に似合うインナーカラーはこちらもおすすめ。


 

暗髪×ピンクブラウンインナーカラー

ピンクブラウンはピンクベージュよりまろやかで深みが出ます。大人っぽく見せたいときにおすすめですよ。

こちらはベースの髪色にも赤みを入れたり、髪を巻いてサイドにボリュームを出したりしてエレガントな印象に仕上がっています。

インナーカラーをもっとなじませたい方は、前髪を作ってインナーカラーの面積を狭めるとよいでしょう。


 

暗髪×ピンクベージュのインナーカラー

近年人気の高いくすみのあるカラーは、色みによっては大人の肌がくすんで見える場合があります。

解決法のひとつが血色感をプラスする色を選ぶこと。明るめピンクベージュのインナーカラーは、大人も取り入れやすいくすみカラーとしておすすめです。

全体をピンクベージュに染めずに暗髪のベースにインナーカラーとして効かせると、おしゃれ感が増すだけでなく暗髪とのコントラストで肌色が沈みません。


 

暗髪×ハイトーンピンクベージュのインナーカラー

ベージュ・ブラウン系はハイトーンにすると、透け感が出て肌の明るさや透明感を引き出します。

こちらはブリーチを2回施したハイトーンピンクベージュのインナーカラーです。

ほんのりピンクみがあり優しげに仕上がる人気のカラーで、ハイトーンに初めて挑戦する大人の女性にもおすすめですよ。

ベースの髪色はこげ茶色やマロンブラウンなど茶系のほか、グレーや黒髪も似合います。


 

暗髪×ピンクアッシュのインナーカラー

もともと暖色のピンクですが、ベージュ・ブラウン系なら寒色のニュアンスも取り入れられます。甘さとクールさが同居する一度で二度おいしいカラーです。

こちらは暗髪のベースに、ピンクアッシュのインナーカラーを組み合わせたヘアスタイル。

落ち着いた印象がオフィスでも違和感なく、透け感がおしゃれな仕上がりです。ほどよい血色も加わるので、顔色が悪く見えがちな色白さんにもおすすめですよ。


 

大人のピンクインナーカラー《パープル系》

暗髪×ベリーピンクインナーカラー

ピンクインナーカラーとベースカラーの組み合わせ、次はパープル系ピンクのおすすめをご紹介します。

ベリーピンクやラベンダー、バイオレットなどを含むパープル系ピンクは、肌の明るさや透明感を引き立てるカラーです。

青みが得意なブルベさんにもおすすめですよ。

これまで紹介したピンクインナーカラーのなかではもっともビビットですが、こちらのようにくすみ感のあるカラーを選ぶと肌から浮きにくくなります。


 

 

暗めピンク×明るめピンクラベンダーインナーカラー

パープル系ピンクインナーカラーを同系色で組み合わせると、大人っぽくきれいめヘアスタイルになります。

明るめピンクラベンダーのインナーカラーがポイントになって、コンサバすぎないのがおしゃれですね。

色っぽさがありながら上品な雰囲気で、オフィスでも違和感がありません。引き続き人気の赤み系メイクにも合わせやすいですよ。


 

パープルブラウン×ピンクパープルインナーカラー

こちらも同系色、パープルブラウンのベースにピンクパープルインナーカラーの組み合わせをご紹介します。

ベースのパープルブラウンは一見紫とわからないくらい暗色ですが、ほのかな青みが肌や瞳をきれいに見せる美人カラーです。

肌のくすみを一掃して全体に印象を明るく見せるので、髪色で垢抜けたい大人の女性に特にはおすすめですよ。

こちらのインナーカラーもくすみ感を出してなじみやすくしています。


 

ダークグレー×カシスピンクインナーカラー

ブリーチが必要なカラーは、色落ちで黄色っぽくなるのが心配という大人の女性は多いのではないでしょうか。

そんな方にはカシスピンクのインナーカラーがおすすめです。カシスピンクは色落ちすると明るいピンクベージュになります。

カシスピンクの可愛らしい甘さもありつつ、やわらかい印象が加わるので1度のブリーチで楽しみが2度ありますよ。こまめに美容室に行けない方にも人気です。


 

ピンクベージュ×ラベンダーピンクインナーカラー

ストレートのロングヘアに可憐に見せる、ラベンダーピンクインナーカラーです。

インナーカラーを耳の位置から入れて、生え際は髪表面の色と合わせているため自然な仕上がりになっています。

職場でインナーカラーを気付かれたくない方におすすめです。

巻いたりまとめたりすればインナーカラーが際立ちとても可愛いので、休みの日はアレンジして楽しんでくださいね。


 

ピンクインナーカラーが可愛い大人ヘアまとめ

大人におすすめのピンクインナーカラーの組み合わせをご紹介しました。

ピンクインナーカラーは寒色系のブルーやグリーンよりは色が入りやすいですが、明るめカラーはブリーチが必要です。傷むと色が抜けやすいため、カラー後はしっかりトリートメントしてケアしましょう。ピンクシャンプーで色を入れるのもおすすめですよ。

ピンクインナーカラーで大人のおしゃれを楽しんでくださいね!

こちらもおすすめ☆