【連載】エコ&節約で調理もOK!ダイソー「シリコーン保存袋」の活用術

食品収納に一品調理にお菓子作りまで?!昨年春頃に発売されてから売り切れ続出&SNSでも話題沸騰のダイソー商品「シリコーン保存袋」。今回は、基本的な使い方からズボラさん必見の一人鍋&簡単お菓子作りまで、たっぷりお届けしていきます。

公開日:
【連載】エコ&節約で調理もOK!ダイソー「シリコーン保存袋」の活用術
rumi

rumi

ライフオーガナイザー

思考と空間の整理のプロ・ライフオーガナイザー  自宅の収納方法やDIYでのリフォーム、100均リメイクなどをSNSで公開中。 収納やリメイク、インテリアの記事の執筆、雑誌・WEBサイトへレシピ提供、店舗プロデュース 2016年9月に宝島社より【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。 

ダイソーで見逃し厳禁!大人気の保存袋

去年の春頃に発売になってから、ずっと大人気の「シリコーン保存袋」。

SNSの中ではよく見かけるけれど、今でも実際にお店で見つけることはなかなか難しいようですね。実は私も先日やっとダイソーで買うことができました!

なんでも入れられるってほんとにほんと?

野菜やお肉などの食品からお菓子、衣類までいろんなものが保存できると話題になっています。汁気のあるものだって大丈夫って・・・本当でしょうか?

食洗器も、レンジも、オーブンだってOKで、直火以外はなんだってできそうです。ジップロックとは一味違う様子のシリコーン保存袋、さっそく試してみました。

 

SILICONE STORAGE BAG

こちらがそのシリコーン保存袋です。

・小さいサイズ:340ml

・大きいサイズ:1L


 

 

お値段は小さい方が220円(税込)、大きい方が330円(税込)。

似たような保存袋がダイソー以外でありますが、10倍以上のお値段ですよね。


 

触った感じはしっとりと柔らかく、少し想像していたものとは違いました。


 

透明なロックバー、しっかりと袋を閉じてくれます。


 

「洗って乾かすのに時間が掛かりそうだな。収納はどうかな?」と思いましたが、このように引っ掛ける穴があるので洗って吊るして乾かせるのは嬉しいですね。

柔らかいシリコーン製で畳んで隙間収納もできるのでスペース的にもかなりいい!

「あの商品と似ているけれどイマイチ使えないのかも…」「やっぱりそれなりなのかも…」とかなり不安な気持ちもありましたが…。

いやいや、これは話題になるだけあるかもと期待大!です♪


 

そのままでもカットしても砕いても入る

まずは果物を入れてみます。柔らかいシリコーンがみかんの形に変形してくれるので、無駄なくたくさん入ります。


 

次に、みかんの皮を剥いて入れてみました。しっかりロックバーで閉めて野菜室に入れておけば、乾燥せずに数日は持ちそうです。

小さなお子さんにパパッと出せたりできるのでいいですね。

いつもはラップで包んで冷蔵庫に入れているものも、これなら袋に入れて閉じるだけ。

ラップを使わなくていい、捨てるものがなくていいところもエコで嬉しいですね!


 

①そのまま入れて

②皮を剥いて入れて

最後はミキサーにかけてジュースにして保存してみました。


 

全然漏れそうにないですね。3日間冷蔵庫に入れてみましたが、変色もせず美味しくいただけました。


 

保存袋1つでプリン作り

次に、プリンを作ってみました。作ると言っても混ぜるだけのものです。

こういったものって簡単ですが、鍋を洗う手間がほんの少し面倒ですよね。

粉を入れて、熱湯を注いで、冷蔵庫で3時間ほど冷やしました。


 

本当にできています♪袋の中で混ぜただけで、プリンができていました!


 

器に移し替えて、ホイップやフルーツをのせたら完成♪袋1つで出来ました。


 

ジップロックは捨てがちですが…

次は唐揚げを作ることにしました。


 

 

粉をまぶして、少しの間馴染ませます。今まではジップロックを使っていました。

ジップロックも洗って何度も使えますが、生肉を入れた場合は捨てがちになりませんか?

でも、しっかり厚みのあるシリコーン製ならゴシゴシ洗っても穴が開いたりしないのと、熱湯を注いでも大丈夫なのでキレイになった感覚があってとても安心。


 

味を馴染ませる工程のある料理も、これなら億劫にならずにいつでも気軽に料理を楽しめます。


 

さすがに無理かな?保存袋で鍋を作ってみました

なんだってできるな♪

と使うたびにワクワクとトキメキが止まらないのですが、「これってもしかして…1人分の鍋とかもできるかも?」と思い、チャレンジしてみました。

柔らかい食材だけだと面白くないので、ジャガイモと厚みのある鶏肉を使う、タッカンマリを作ってみます。


 

これが出来たら…1人鍋ももっともっと楽になるかも!


 

食材とタッカンマリの素と水を入れて、600wで10分間温めてみました。

「シリコーン袋がダメになるかな?」「少し無謀だったかな?」とドキドキしながらレンジを見つめること10分…。


 

ちゃんとタッカンマリができていました!

レンジに入れるときはロックバーを外して温めるので、「倒れてしまうのでは?」という不安もありましたが、それも問題なし。

美味しそうな香りと共にレンジから出てきてくれました。


 

ジャガイモはほくほく、鶏肉もしっかり中まで煮えていました。

例えば、出掛ける前にシリコーン袋に食材を詰めておいて、帰宅してレンジで温めるだけで鍋を気軽に楽しめたら…。

疲れているとどうしてもコンビニでいいやとかお弁当でいいやと思うことってありますが、これなら無理なく美味しく健康的な食事ができますね♪


 

持ち運びだってできるんです!

例えばお菓子を入れたりして、持ち運ぶこともできます。


 

大きなお菓子のパッケージごと持ち運ぶのってスペースを取ってしまいますが、こうしてパッケージから出して入れ替えるだけでバッグの中も多少スッキリします。

食品を入れるだけでなく、ポーチ代わりとしても使えます。例えばお子さんの着替えを入れるとか、おむつを入れるとかでもいいですよね。

外でたくさん遊んで汗や泥で汚れてしまった衣類も入れることができるし洗うのも簡単♪

化粧ポーチとして使ってもお手入れが楽だし、いつでも清潔をキープできます。


 

聞いていた以上の使用感!まだまだ追加で買いたい保存袋

噂で聞いていた以上の見た目と使用感。何を入れてもしっかり保存してくれるダイソーのシリコーン保存袋でした。

もう少し追加で購入しようと思います!是非是非、チェックしてみてくださいね。

rumiさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆