秋の味覚をたっぷり楽しむお弁当を作りたい!旬の食材を活かした簡単レシピまとめ

秋の味覚をたっぷり楽しめるお弁当特集!今回は、秋のお弁当にぴったりな人気レシピを紹介します。簡単なレシピを厳選し、おかずとご飯に分けて紹介しますので、お弁当作りに役立ててくださいね!

公開日:
秋の味覚をたっぷり楽しむお弁当を作りたい!旬の食材を活かした簡単レシピまとめ
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家が大好きで暮らしについて様々な媒体に寄稿する在宅ライター。元々は衣食住に無頓着なズボラ主婦でしたが、今では外食より家でごはん食べたい派。おうちごはんをもっと楽しくするヒントを皆さんにお届けします。

秋のお弁当作りには旬の食材を使おう!

涼しくなってくる秋には、行楽や運動会などお弁当が活躍する機会が増えます。秋らしさを堪能するには、お弁当に入れる料理を旬の食材を使ったレシピにしてみましょう。

今回は、秋のお弁当にぴったりな人気レシピを紹介します。簡単なレシピを厳選し、おかずとご飯に分けて紹介しますので、これからのお弁当作りに役立ててくださいね!

秋のお弁当《旬の食材を使ったおかず》

秋アレンジ!椎茸とねぎのだし巻き卵レシピ

秋アレンジ!椎茸とねぎのだし巻き卵レシピ

ryoya.saya.h_h

最初に秋が旬の食材を使ったお弁当レシピの中から、おかず料理を紹介していきましょう。きのこは秋が旬の食材です。

風味や栄養が増した秋のきのこを使うなら、お弁当の定番人気おかずであるだし巻き卵にしてみましょう。

椎茸とねぎで簡単アレンジしただし巻き卵は、秋らしさを感じさせてくれますよ。

食べやすい料理なので、子供のお弁当にもおすすめです。一緒に入れるご飯を栗の形にすると、季節感が増しますね。


 

 

秋の人気食材が盛りだくさん♪筑前煮レシピ


筑前煮は和食献立の定番人気料理ですよね。運動会や行楽のお弁当のおかずにもよく使われます。人気の理由の一つは、秋の食材がたくさん使われていることです。蓮根、ごぼう、人参は秋冬に旬を迎え、旨みも栄養もたっぷり入っています。

また、冷めても美味しい料理であることも、お弁当のおかずに選ばれる理由です。このレシピは冷蔵庫で5日ほど持ちますので、前日に準備しておけばお弁当の準備が簡単になります。

詳しいレシピはこちら

 

秋を代表する魚で。さんまの竜田揚げ風レシピ


さんまは、秋の味覚の代表格とも言える食材です。食卓では塩焼き料理が人気ですが、お弁当にするなら竜田揚げを作ってみましょう。多めの油で揚げ焼きしたさんまに、醤油ベースのたれがじゅわっとしみ込み、ご飯がすすむ味付けですよ。

この料理の漬け込み時間は20分ですが、焼いて完成するまでは15分です。使う調味料もシンプルですので、お弁当の準備も簡単になります。

詳しいレシピはこちら

 

デリ風♪さつまいもと厚揚げの照り焼きレシピ

デリ風♪さつまいもと厚揚げの照り焼きレシピ

rina_kitchen

秋のさつまいもは、焼き芋や芋ご飯などいろいろな料理に使える食材です。

甘いさつまいも使ってお弁当のおかずを作るなら、人気のさつまいもと厚揚げの照り焼きはいかが?

甘辛い味付けは、デリやデパ地下のお惣菜のような仕上がりですよ。

さつまいも料理では通常水にさらしてあく抜きしますが、このレシピは不要です。

代わりに片栗粉をまぶすので、時短で簡単に作れます。朝のお弁当作りには嬉しいポイントですね。

詳しいレシピはこちら


 

秋の味覚で!鮭と蓮根のしそ照り焼きレシピ


秋のお弁当に箸がすすむおかずをプラスするなら、人気の鮭と蓮根のしそ照り焼きがおすすめです。旬の鮭と蓮根を使って甘辛く仕上げた料理で、食欲の秋を満喫できるお弁当になります。

鮭と蓮根は小麦粉をまぶしてから焼くため、たれが簡単に絡みます。最後に入れる大葉は風味を良くし、彩りを添えてくれますよ。食感も良い料理ですので、お弁当にアクセントをつけたいときにもおすすめです。

詳しいレシピはこちら

 

秋のきのこたっぷり♡えのきの豚巻きレシピ


風味が良い秋のきのこをたっぷり使ってお弁当を作るなら、人気のえのきの豚巻きを作ってみましょう。えのきをまるまる1袋使った料理で、ジューシーな肉と歯ごたえのあるえのきの組み合わせは絶品ですよ。

このおかずは、身近な材料で簡単に味付けできるのも魅力です。めんつゆ、酢、黒こしょう、塩を使い、照りが出て見た目も美味しそうに見えます。生姜の風味も良いので、お弁当のおかずにぴったりですね。

詳しいレシピはこちら

 

秋のお弁当の定番!里芋の煮っころがしレシピ


里芋は秋冬が旬の食材です。そのため、秋の行楽のお弁当では煮っころがしがよく作られます。ほくほくで粘り気があり、素材自体が美味しいシンプルな料理だからこそ、定番人気と言えますね。

このレシピは、基本の煮っころがしです。美味しく作るには、煮詰める前に油で炒めましょう。油の旨みが加わって、煮崩れしにくくなりますよ。里芋の皮むきは、スプーンを使うと簡単にできます。

詳しいレシピはこちら

 

秋のお弁当《旬の食材を使ったご飯》

ちょいのせで簡単!蓮根のせいなり寿司レシピ

ちょいのせで簡単!蓮根のせいなり寿司レシピ

ryoya.saya.h_h

続いて秋が旬の食材を使ったお弁当レシピの中から、ご飯料理を紹介していきましょう。

いなり寿司はお弁当の定番ですよね。食べやすいので子供にも人気です。

秋らしいお弁当にするなら、旬の蓮根を使ってみましょう。

いつものいなり寿司の上にのせるだけで、簡単に秋を感じるお弁当になりますよ。

蓮根は見た目も可愛いので、お弁当を華やかに見せるのにも役立ちます。


 

秋の旨みがぎゅっと♪ストウブ栗ご飯レシピ

秋の旨みがぎゅっと♪ストウブ栗ご飯レシピ

ume_ribbon_cafe

秋の定番人気のご飯料理と言えば、栗ご飯です。

そのままお弁当に詰めたり、おにぎりにしたりといろいろな使い方ができますよね。

ストウブで作れば、素材の美味しさがぎゅっと詰まった栗ご飯ができますよ。

栗は十字に切れ目を入れて、茹でてオーブンで焼くと簡単に剥けます。

このレシピでは昆布も使うため、だしの風味も効いて美味しいですよ。

お弁当のご飯にすれば、秋らしさをたっぷり感じられますね。

詳しいレシピはこちら


 

旨みご飯♪さつまいもと油揚げのおこわレシピ


さつまいもご飯は、秋のお弁当にぴったりな人気のご飯料理です。シンプルにさつまいもだけでも美味しいですが、アレンジしたいなら油揚げを入れたおこわにしてみましょう。いりこだしを使ったこのレシピなら、旨みたっぷりの一品になります。

調理時間は炊飯時間を除いてわずか10分です。とても簡単に準備できますので、お弁当のおかず作りの負担になりにくいですね。たくさんできたら冷凍保存しておきましょう。

詳しいレシピはこちら

 

風味抜群!きのこと生姜の炊き込みご飯レシピ


秋のきのこをたっぷり使ってお弁当のご飯料理を作るなら、人気のきのこと生姜の炊き込みご飯がおすすめです。きのこと生姜の風味が効いており、秋をたっぷり感じられるお弁当になりますよ。

材料には、きのこの中でも風味が強い舞茸を使います。舞茸から水分が出るので、水の量はやや少なめにしましょう。味付けの調味料はみりん、醤油、白だしとシンプルですので、身近な材料で簡単に作れます。

詳しいレシピはこちら

 

お弁当が彩り豊かに♪鶏ごぼうおこわレシピ


秋のお弁当に彩りの良いご飯料理を加えるなら、人気の鶏ごぼうおこわはいかがでしょう。旬のごぼうや人参を使えば、旨みたっぷりで華やかなお弁当になりますよ。頬張れば鶏の旨みも感じられ、たっぷり食べたくなるご飯料理です。

具沢山ですが、作業自体はとても簡単ですよ。ポイントはもち米とうるち米の比率で、3:1にすると程よいもちもち感を楽しめます。隠し味にごま油も使っており、風味もばっちりです。

詳しいレシピはこちら

 

簡単5分!ほぐし鮭と塩昆布の混ぜご飯レシピ


お弁当用のご飯を炊いたあとでアレンジしたくなったら、人気のほぐし鮭と塩昆布の混ぜご飯を作ってみましょう。秋が旬の鮭、塩昆布、小ねぎ、いりごまをご飯に混ぜるだけで、簡単に具沢山で彩りの良い一品ができます。

さらにアレンジしたいなら、ご飯を酢飯にしてみましょう。具の美味しさが際立ち、ちょっと特別感のあるお弁当になります。その場合、ご飯が熱いうちに合わせ酢と混ぜましょう。

詳しいレシピはこちら

 

大満足料理♪鮭おかか菜っぱおにぎりレシピ

大満足料理♪鮭おかか菜っぱおにぎりレシピ

tmytsm

秋のお弁当にごちそうおにぎりを作るなら、旬の鮭や小松菜を使ってみましょう。

鮭、おかか、小松菜、めんつゆをご飯に混ぜ込めば、秋を感じる大満足のおにぎりが簡単に作れます。

見た目も綺麗で美味しそうなので、お弁当に入れると食欲をそそりますね。

鮭やおかかの旨みはもちろん、小松菜のシャキシャキ食感まで美味しいおにぎりです。

手軽に作れるので、お弁当だけでなく朝食にもどうぞ。


 

秋のお弁当は季節を感じる見せ方も大切

秋らしさを感じるには、旬のものを使うだけでなく、お弁当の見せ方も大切です。例えば、料理を入れる器に曲げわっぱや竹皮を使うと、旬の食材が映えるお弁当になります。

また、お弁当に詰める料理を選ぶ時は、人参や蓮根など色や形が華やかなものにしてみましょう。お弁当を開けた時に、見ただけで食欲が湧きます。

レシピをうまく組み合わせ、秋を存分に楽しめるお弁当を作ってみてくださいね!

こちらもおすすめ☆