秋の味わいを楽しむ和食の献立レシピ!おかずや副菜など食卓を旬の食材で彩ろう

今回は、秋が旬の食材を使った和食献立の中から、季節の味わいを楽しめる人気レシピを紹介していきます。さつまいも、里芋、ごぼうなどの食材を使えば、いつもの献立が絶品になりますよ。おかず、ご飯、汁物と幅広く集めたので、ぜひ参考にしてみてください!

公開日:
秋の味わいを楽しむ和食の献立レシピ!おかずや副菜など食卓を旬の食材で彩ろう
mashouse

mashouse

家電好き・家具コンシェルジュ

家が大好きで暮らしについて様々な媒体に寄稿する在宅ライター。元々は衣食住に無頓着なズボラ主婦でしたが、今では外食より家でごはん食べたい派。おうちごはんをもっと楽しくするヒントを皆さんにお届けします。

旬の食材を使って秋の和食献立を楽しもう

食欲の秋には、いろいろな食材が旬を迎えます。さつまいも、里芋、ごぼうなど旬の食材を使えば、いつもの献立が絶品になりますよ。

秋が旬の食材は洋風や中華風のおかずにもなりますが、日本らしい季節の移り変わりとともに料理を楽しむなら和食を作ってみましょう。

今回は、和食献立の中から、人気レシピを紹介します。おかず、ご飯、汁物と幅広く集めましたので、参考にして作ってみてくださいね!

秋の和食献立《人気の主菜料理・ご飯物》

シャキシャキ感が美味しい!蓮根つくねレシピ

シャキシャキ感が美味しい!蓮根つくねレシピ

se_ra1031

最初に秋の和食献立の中から、人気の主菜料理とご飯物を紹介していきましょう。

蓮根は秋〜冬に旬を迎える食材です。特に秋が旬の蓮根は、柔らかくてあっさりしており、薄切りにするとシャキシャキ食感になります。

この蓮根を使って、人気の蓮根つくねを作ってみましょう。味付けにはウスターソースとすき焼きのたれを使うため、簡単に作れますよ。

さつまいもご飯を合わせれば、秋らしい和食献立になりますね。

詳しいレシピはこちら


 

 

秋の旬野菜をレンジで調理♪簡単筑前煮レシピ

秋の旬野菜をレンジで調理♪簡単筑前煮レシピ

yamamoto0507

人参やごぼうは晩秋が旬の食材です。秋の和食献立を作るなら、蓮根も合わせて人気の筑前煮を作ってみませんか?

煮物は難しいと思われることがありますが、このレシピならレンジで簡単に作れますよ。

この料理はレンジ調理で作るため、短時間で出来上がります。冷ますことで味がしみていくので、昼間に作って晩御飯に和食の献立おかずとして楽しみましょう。

詳しいレシピはこちら


 

旬の素材をいかす料理。かますの蒲焼きレシピ


秋が旬の魚と言えばさんまですが、かますもそれに負けないくらい美味しい食材です。脂がのった秋のかますは穴子に似た味ですので、人気の蒲焼き料理にしてみましょう。和食献立に取り入れると、ご飯をおかわりしたくなりますよ。

素材をいかして作るこのおかずは、材料はシンプルで料理方法は簡単です。15分で出来上がり、作り置きも可能なため、夕飯の献立だけでなく和食のお弁当にもおすすめします。

詳しいレシピはこちら

 

さっぱり和食♪鮭としめじのみぞれ煮レシピ

さっぱり和食♪鮭としめじのみぞれ煮レシピ

gucci_fuufu

旬の秋鮭はあっさりした味が特徴です。オイルソテーやバターのムニエルなども合いますが、和食献立に合わせるなら人気の鮭としめじのみぞれ煮はいかが?

ポン酢や大根おろしを使ったあっさり味のおかず料理で、ほっとする味わいですよ。

このレシピは調味料にめんつゆも使っており、味付けも簡単です。旬のきのこや蓮根も入っているため、秋の味覚を存分に楽しめる和食献立になりますね。

詳しいレシピはこちら


 

優しい味♡鮭ときのこの炊き込みご飯レシピ


和食献立に秋の食材を使ったご飯物を合わせるなら、人気の鮭ときのこの炊き込みご飯がおすすめです。あっさりした秋鮭と風味の良いきのこで、優しい味付けの炊き込みご飯になりますよ。

料理の手順はとても簡単で、食材と調味料を炊飯器に入れてスイッチオンで作れます。和食献立として楽しんだ後、余った分は冷凍保存しておきましょう。温め直せば好きな時に食べられますよ。

詳しいレシピはこちら

 

和食献立が華やかに♪鶏ごぼうおこわレシピ


和食献立には、もちもちのおこわも合いますよね。秋らしい和食献立にするなら、旬のごぼうや人参で作ってみましょう。鶏もも肉や枝豆も加えれば、旨みたっぷりで彩りが綺麗な一品が炊飯器で簡単に作れますよ。

この人気レシピは、隠し味にごま油も入れます。風味が増し、食材の旨みを引き立ててくれるでしょう。こちらも冷凍保存できますので、たっぷり作っても安心です。

詳しいレシピはこちら

 

アレンジ!ひじきのさつまいもご飯レシピ


秋の和食献立で特に人気なのが、さつまいもご飯です。シンプルにさつまいもだけでも美味しいですが、ひじきを使ってアレンジすると献立に食感のアクセントが加わりますよ。

このレシピも炊飯器で簡単に作れます。お米で料理して炊き込みご飯にしてもいいですし、もち米を使っておこわにしても楽しめますよ。この季節に一度は作ってほしい和食料理です。

詳しいレシピはこちら

 

秋の和食献立《人気の副菜おかず・汁物》

秋の味覚で絶品副菜!根菜唐揚げレシピ

秋の味覚で絶品副菜!根菜唐揚げレシピ

gucci_fuufu

続いて秋の和食献立の中から、人気の副菜おかずと汁物を紹介していきましょう。

根菜唐揚げは、旬の蓮根、人参、ごぼうを使った人気の副菜おかずです。根菜ならではの香ばしい風味に、山椒が効いてご飯もお酒もどんどんすすむ味ですよ。

この料理は、たれに漬け込むのがポイントです。味がしみるので、仕上げに山椒をかけるだけで美味しくいただけます。

簡単に作れますので、和食献立だけでなくおつまみにおすすめです。

詳しいレシピはこちら


 

簡単♪長芋きのこのめんつゆバター炒めレシピ

簡単♪長芋きのこのめんつゆバター炒めレシピ

gucci_fuufu

長芋は夏と晩秋が旬の野菜です。秋の長芋はシャキシャキの食感とみずみずしさが特徴で、サラダや炒め物など幅広い料理に使えます。

和風献立に副菜として加えるなら、長芋きのこのめんつゆバター炒めがおすすめです。

秋が旬の風味の良いきのこも使っているため、シンプルで簡単な味付けでも美味しくなります。

めんつゆバターのコクのある味わいと長芋の食感の良さは、和食献立のアクセントになるでしょう。

詳しいレシピはこちら


 

ご飯おかわり!蓮根の黒酢きんぴらレシピ

ご飯おかわり!蓮根の黒酢きんぴらレシピ

harapecovegan

きんぴらと言えばごぼうや人参を使った料理が人気ですが、蓮根だけでも美味しいきんぴらが作れます。

秋の和食献立に副菜料理として合わせるなら、人気の黒酢きんぴらを作ってみましょう。

この簡単レシピで使う食材はきんぴらのみです。黒酢やみりんを使った甘酸っぱい味付けが白ご飯によく合い、おかわりしたくなる美味しさですよ。

和食献立の中でも、メインに負けない存在感を放つ副菜です。

詳しいレシピはこちら


 

食卓を鮮やかに!みょうがの甘酢漬けレシピ


みょうがは夏〜秋にかけて旬を迎える食材です。秋のみょうがは色の鮮やかさが特徴で、甘酢漬けの副菜にすると和食献立を彩り豊かにしてくれます。爽やかな風味の甘酢漬けは、こってり味の献立の箸休めにもなりますよ。

料理方法は茹でて漬けるだけですので、簡単にすぐ出来上がります。茹で時間はたったの30秒という短さなので、忙しい時の献立作りにもぴったりですね。

詳しいレシピはこちら

 

秋の具沢山味噌汁♪さつまいもの豚汁レシピ

秋の具沢山味噌汁♪さつまいもの豚汁レシピ

gucci_fuufu

豚汁は食べごたえのある人気汁物です。秋の和食献立を作るなら、人気のさつまいもの豚汁はいかがでしょう?

甘いさつまいもと風味の良いきのこをたっぷり使っており、味噌汁だけでも満足感がありますよ。

作り方は、だしを入れた鍋に材料をどんどん入れて煮込んでいき、最後に味噌を溶くだけです。

とても簡単で栄養たっぷりですので、和食献立の栄養バランスも良くなります。

詳しいレシピはこちら


 

ほっこり美味しい♡鶏と里芋の味噌汁レシピ

ほっこり美味しい♡鶏と里芋の味噌汁レシピ

gucci_fuufu

里芋は、秋〜冬が旬の食材です。煮物料理としての使い方が人気ですが、味噌汁に入れても美味しいんですよ。

人気の鶏と里芋の味噌汁なら、和食献立にほっこり美味しい汁物が加わります。

この簡単レシピでは鶏もも肉で旨みがしっかりと出ますが、仕上げにゆずを入れるためしつこすぎない味付けです。

お肉が入っていますので、魚がメインの和食献立に合いますよ。

詳しいレシピはこちら


 

献立に合わせやすい!秋の具沢山味噌汁レシピ

献立に合わせやすい!秋の具沢山味噌汁レシピ

harapecovegan

お肉が入った味噌汁は具沢山で食べごたえがありますが、和食献立のメインとの組み合わせに迷うことがありますよね。

そんな時は、肉を使わない具沢山味噌汁を作ってみましょう。

里芋、ごぼう、きのこ、人参といった旬の食材を使い、豆腐やこんにゃくも入っているため、肉なしでも具沢山で満足度の高い味噌汁です。

基本の料理方法を覚えれば、具をアレンジするのも楽しいですよ。

詳しいレシピはこちら


 

秋の和食献立はバランスを考えて選ぼう

旨みも栄養もたっぷりな旬の食材を使えば、シンプルな味付けでも献立全体が美味しくなります。

ただ、どんな食材や料理でも食べ過ぎや偏りすぎは体によくありませんので、バランスに気を付けましょう。例えばメインにお肉を使ったら、副菜や汁物は野菜を多めにしたり、濃い味付けと薄い味付けを合わせたりといった工夫が大切です。

絶品レシピを参考に、秋の味覚で美味しい和食を作ってくださいね!

こちらもおすすめ☆